ウイイレ 比較ツール。 NDN:AOSign|お知らせ

【ウイイレアプリ2020】全選手の一覧|総合値比較|ゲームエイト

ウイイレ 比較ツール

配色とは 配色(Color Scheme)とは、2色以上の色を選び、組み合わせてデザインの中に配置すること、またその色の組み合わせを意味します。 配色パターンを決めるツール26選 それでは、配色パターンを決めるのに役立つツールやサイトをご紹介していきます。 原色はもちろん、和色や洋色、Web216(Webセーフカラー216色)、パステルカラーなどの色見本もあります。 また、背景色と文字色を設定して、配色のプレビューを確認することもできます。 また、その配色パターンでウェブサイトを作成した場合のプレビューを確認することもできます。 カラーコードをクリックするだけでコピーできるので便利です。 また、Latest PalettesまたはPopular Palettesをクリックすると、それぞれタイトルの付いた5色のカラーパレットが並びます。 1色を固定して他の組み合わせを生成したり、色の色相や彩度、明度などを調整したりすることもできます。 また、画像をアップロードして、そこから色をピックアップしてカラーパレットを作ることもできます。 iOS、Android向けのアプリもありますが、こちらは有料(99円)です。 配色を決めるのに便利なツールです。 iOS、Android向けのアプリもあります。 この8色は、Your Paletteとしてダウンロードしたり、Twitterでシェアしたりできます。 Color Hunt 【用途】 色の組み合わせを決める 【色数値】 Hex(16進数) 【配色パターンの色数】 4色 【URL】 4色で構成されたカラーパレットが新着順に並びます。 これは、人気順やランダムに並べ替えることもできます。 それぞれの色にカーソルを合わせると、その色の色数値が表示されます。 気に入ったものにはLike(いいね)をつけたり、自分オリジナルのカラーパレットを作成したりすることもできます。 また、色名やカラーコードを入力して、その色が含まれるカラーパレットを探すこともできます。 左側にあるカラーパレットで、背景や文字の色を変更すると、サイトデザインのプレビューに反映されます。 また、色だけでなくフォントを変えることもできます。 色を選択すると、背景がその色に変わります。 選んだ色と相性の良い色も表示されるので、色の組み合わせを決めるのにも役立ちます。 人気順に並べ替えることもできます。 1色にカーソルを持っていくと、その色のカラーコードが表示されます。 色を選択していくと、選択した色が順に画面下部に並びます。 iOS 7 colors 【用途】 色を探す 【色数値】 Hex(16進数) 【URL】 iOS 7で使用されている色をまとめたサイトです。 単色だけでなく、グラデーションもあります。 気になる色にカーソルを合わせると、カラーコードが表示されます。 1色にカーソルを合わせるとカラーコードが表示され、クリックするとコピーされます。 気に入った配色にはいいねをつけたり、シェア、保存したりすることができます。 また1色を選択して、その色を含む配色パターンを探すこともできます。 配色の割合や、似た配色のサイトなどが表示されます。 書籍全般、ファッション誌、スポーツ誌の3つの検索窓があり、名前を入力して本や雑誌を探します。 Photoshop用カラーパレットをダウンロードすることもできます。 ウェブ配色ツール Ver2. 0 【用途】 Webサイトの配色パターンを決める 【色数値】 Hex(16進数) 【URL】 ベースとなる1色を決めると、自動的にウェブサイトの配色を決めてくれるツールです。 サイトのプレビューがあるので、完成形をイメージしやすいですね。 CINEMA PALETTES 【用途】 色の組み合わせを決める 【配色パターンの色数】 10色 【URL】 映画のワンシーンに使われている色を集めたカラーパレットを投稿しているTwitterアカウントです。 実写からアニメまで、幅広いジャンルの映画のシーンがあるので、見ているだけで楽しくなります。 こちらは、「ティファニーで朝食を」のワンシーン。 何気ないシーンの中に、たくさんの色が使われているのですね。 Breakfast at Tiffany's 1961 dir. Blake Edwards — CINEMA PALETTES CINEMAPALETTES そして、こちらは「塔の上のラプンツェル」のワンシーン。 カラフルな配色が印象的です。 Tangled 2010 dir. カラーパレットを作ると、おすすめの色やカラーパレットも提案されます。 また、色数、色合い、明度の3つを設定して、ランダムにカラーパレットを作成することもできます。 とてもシンプルで簡単に操作でき、デザインに使いたい色を探すのには最適です。 ワンクリックで色数値をコピーすることができます。 便利なツールを活用して配色パターンを決めよう! いかがでしたか?色の組み合わせを決めるのに便利なサイトをはじめ、色の詳細情報を調べるのに役立つサイトなど、様々な特性を持つツールや色見本サイトがありましたが、どれも上手く活用すれば、配色パターンを考えるのにとても役立ちそうです。 配色パターンを決める時には、ぜひこれらのツールを活用してみてください。 考えが煮詰まった時に、アイディアを引き出す手助けになってくれるかもしれません。

次の

配色パターンを決める時参考にしたい色見本・カラーパレット作成ツール26選

ウイイレ 比較ツール

ロゴを作成できるサイト(ロゴジェネレーター)を活用すると、デザイナーが作成したようなおしゃれでクオリティの高いロゴを簡単に自動で作成できます。 「おしゃれなロゴを作りたいけど、どのサイトを使うべきか分からない」と思い、この記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。 この記事では、おすすめのロゴ作成サイトを無料のものから有料のものまで8個ご紹介します。 各サイトの特徴・料金はもちろん、どんな人にオススメなのかまで解説します。 記事の最初には8個をまとめて比較できる表も収録しています。 なお、重要度を客観化するために既存のロゴ作成サイトを紹介したサイト10個を調査し、出現頻度をスコアリングしました。 出現頻度の高い順に掲載しているので、この記事を読めば効率よく良質なロゴ作成サイトを探すことができます。 日本語名については、ローマ字表記で判断しています。 ロゴ作成サイトを選ぶ際に着目すべきポイント 具体的なロゴ作成のサイトの比較に入る前に、選ぶ際に着目すべきポイントを5つ説明します。 更新頻度の高いサイトを選びましょう 更新頻度の高いサイトには、最新のロゴ・デザインが反映されますので、できれば更新頻度の高いサイトのデザインを参考にし、最新の傾向を研究しましょう。 業種毎にカテゴリ分けされたサイトを選びましょう 業種ごとにロゴのデザイン方針は異なります。 自社と同じまたは、関連のある業種のロゴデザインが掲載されているサイトを選ぶとよいでしょう。 業種ごとにカテゴリ分けされているサイトもあります。 操作性が高いサイトを選びましょう ほとんどのロゴ作成サイトでは、「ロゴ作成」のボタンがあり、そこをクリックすることで、「作成画面」へと移動し、順次作業を進めていくとロゴができることとなっています。 無料でお試しできるサイトがあれば、一度試し操作性を実感した上で、ご自分が操作しやすいと思えるサイトを選びましょう。 料金を確認しましょう 無料で作れますというサイトが多いです。 ただし、無料だと画像の質が悪かったり、サイズが小さかったりします。 無料でお試しできるサイトがあれば、一度試してみて、無料でどこまで使えるのかも確認した上で、選ぶ方がよいでしょう。 おすすめのロゴ作成サイト8選 サイト名 特徴 価格 制作実績 業種に合わせたシンボルデザインを用いてロゴを作成できる。 99~ 非公開 直感的な操作で簡単に作れる。 00 (高解像度 2000px 、透明背景、30日間ダウンロード可など) 非公開 ポップなテキストロゴを作成可能。 規定のスタイルから選択する。 無料 非公開 設定項目が少なく、シンプルで簡単に作業を進められる。 無料 非公開 テキストを入力するだけでロゴを作成できる。 色などは後に変更できる。 無料 非公開 1分で簡単にプロ品質のロゴを作成可能。 99~ MARISHKA・PEACH Pitなど 立体的な図形や美しい陰影を含むデザインを使用することが可能。 業種に合わせたデザインのロゴを作成できる「」 サイト概要 Logo Gardenは様々な素材を用い、無料でロゴを作成できる英語サイトです。 有料登録すればこのロゴを用いて名刺やTシャツ、スマホケースなどもデザインできます。 業種を選ぶと業種ごとのシンボルデザインを提示してくれます。 提示されたものの中から好きなものを選び、そのシンボルに文字を追加するなどしてロゴを作成します。 シンボルデザインは比較的シンプルなものが多いです。 シンボルと文字の位置やそれぞれのサイズ、色などは自由に設定できます。 最後に登録が必要です。 日本語サイトがありません 価格• 99~ こんな人にオススメ 業種ごとにカテゴリ分けされたサイトをお探しの方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 2. 直感的な操作で簡単にロゴ作れる「」 サイト概要 ONLINE LOGO MAKERは無料で簡単にロゴを作成できる英語サイトです。 日本語のサイトもあり、直感的に操作しやすく簡単に作業できます。 フォントや素材などの種類も豊富です。 テキストや素材絵を配置したり、テキストのフォントを変更するなどの操作が直感的でわかりやすく、サクサクと作業を進められます。 記号がカテゴリ分けされていて、わかりやすいです。 無料版では画像サイズが小さく、最大300pxまで。 プレミアム会員に登録すれば、2000pxの高解像度での保存やベクトル形式(EPS, SVG)での保存が可能になります。 00 (高解像度 2000px 、透明背景、30日間ダウンロード可など) こんな人にオススメ 直感的に使える、簡単なツールを探している方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 3. ポップなテキストロゴを作成できる「」 サイト概要 Cool Textは、124種類のロゴスタイルの中から好きなものを選ぶと、打ち込んだ文字をそのスタイルに変換してくれる無料サイトです。 フォントは1900種類の中から選ぶことができます。 スタイルとフォント、サイズ等を選び、文字を打ち込むだけでロゴが作成できます。 ただし規定のスタイルに好みのものがあるとは限らず、自由度は低いです。 スタイルの色や影の大きさ、向き、色など細かい部分のデザインを変更可能。 規定のスタイルをさらにアレンジすることができます。 価格 無料 こんな人にオススメ ポップなテキストロゴを作成したい方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 4. 設定項目が少なく、シンプルで簡単に作業を進められる「」 サイト概要 Logo Factoryは、画像とタイトル、サブタイトルを設定してロゴを作成することができるサイトです。 Flashを動作する必要があります。 画像、タイトル、サブタイトルの内容やサイズを設定し、その位置を決めます。 設定項目が少なく、シンプルで簡単に作業を進めることができます。 価格 無料 こんな人にオススメ 面倒な作業が少なく、簡単にログを作れるツールを探している方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 5. テキストを入力するだけでロゴが作成できる「」 サイト概要 flamingtextは、テキストを入力すると幾つかのスタイルに加工してくれるロゴ作成サービスです。 特徴 テキストを打ち込むだけでロゴを作成できる簡便さが特徴です。 スタイルの種類には限りがありますが、規定のスタイルをアレンジすることで好みのデザインを作り上げてみると良いでしょう。 スタイルはフォント、フォントサイズ、ロゴの色とその塗りつぶし方、背景色とその塗りつぶし方、影の色、向き、種類、透明度を変更することができます。 価格 無料 こんな人にオススメ 簡単な作業で、テキストロゴを作成したい方。 1からデザインすることはできないが、細かい色や影などの調整を行ってロゴを作成したい方。 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 6. 1分でロゴを作成できる「」 サイト概要 LOGASTERは数分でプロ品質のロゴ、名刺等を作成することができるサイトです。 企業名、業種などを選択するだけで自動的にロゴを作成してくれる使いやすいサービスです。 画面の案内に従うだけで、自動的にプロ品質のロゴを作成可能。 複数のバリエーションを作成して比較検討できる。 費用の支払い前後に関わらず、デザインの色やフォントなどを変更できます。 作成したロゴを保存しておくことができます。 制作実績が公開されています。 無料:ロゴ制作・スモールサイズ 1024px未満 のロゴのダウンロード• 99:1024pxスクリーン用のロゴのダウンロード• 99:5000pxスクリーン用のロゴのダウンロード• 99:プリントおよびスクリーン用 こんな人にオススメ できるだけ短い時間でロゴを作成したい方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 7. 立体的な図形や美しい陰影を含むデザインを使用することが可能な「」 サイト概要 YouiDrawは英語ロゴ向けの高品質有料ロゴ作成サイトです。 日本語を選択もできますが、ゴシック体しか指定できません。 また無料でも使用できますが、透かしが入ってしまいます。 GoogleかDropbox、メールアドレスでログインする必要があります。 直感的な操作。 立体的な図形や美しい陰影を含むデザインのロゴを作れる。 商用共に利用可)• 参考: 8. 英語ロゴを自動生成してくれる「」 サイト概要 LOGOTYPE MAKERは英語専用のロゴ作成サイトです。 テキストを入力するとロゴが自動で生成されます。 生成されたロゴは後に編集することができます。 英語専用のロゴ作成サイトで、日本語のロゴは作成できません。 自動生成されるロゴはやや古い、ポップなものが多くなっています。 基本的な機能は無料ですが、有料版もあります。 有料版では高品質なロゴの保存ができるほか、使用できるフォントの種類が増えます。 こんな人にオススメ 英語ロゴを作成したい方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: まとめ ロゴ作成に便利な8サイトを人気順にご紹介しました。 人気なものは汎用性が高く、英語、日本語のロゴを高品質で作成することができますが、高解像度のデータをダウンロードするには費用がかかる場合が多いです。 カテゴリ分けされていて見やすいサイトをお探しの方には、「Logo Garden」「ONLINE LOGO MAKER」をおすすめします。 簡単にロゴが作れるサイトをお探しの方には、「LOGOTYPE MAKER」「Logo Factory」「LOGASTER」をおすすめします。 テキストのみのロゴを作りたい方には「Cool Text」「flamingtext」を、立体的なロゴデザインを作りたい方には「YouiDraw」をおすすめします。 人気順位が高くなくても、設定項目が少なくシンプルでデザインしやすいサービスやロゴデザインが自動生成されるものなど使い勝手の良いサービスがあります。 本記事が素敵なロゴ作成につながることを願っております。 おまけ:出現頻度が低かったサイト一覧• 参考にしたサイト.

次の

【ウイイレ2020】監督情報検索ツール【サポート距離・ディフェンスライン・コンパクトネス】

ウイイレ 比較ツール

ゲームエンジンとは? ゲームエンジンとは、名前の通り ゲームを動かすためのエンジン的な役割を持つ開発環境です。 ゲームで使用される共通の処理をまとめて開発に使用することを可能にしており、コンピューターゲームの総合的な開発環境として多くの人が利用しています。 昔のゲームエンジニアは、それぞれの会社や個人が自作でアルゴリズムを製作していたため、一からゲームを作成することが非常に大変でした。 ところが、過去に作成されたアルゴリズムを元に開発したり、オープンソースでライブラリーとして共有されたりする中で、同一の環境でオブジェクトを製作したり、視覚的にデザインを変更する追加することで、ゲームの開発に関わる総合的な環境を作ろうという動きが生まれゲームエンジンが誕生しました。 Unity Unity とは Unityは アメリカのユニティ・テクノロジー社が運営しているゲームエンジンで、2Dはもちろんのこと、3Dのゲームを手軽に製作することが可能です。 また、製作したゲームを実行できる段階までUnity上で行うことができるため、 ゲームエンジンの枠を超えた超総合的な開発環境となっています。 プログラミングができない人でも視覚的にキャラクターを操作したり、デザインを変更したりすることが可能です。 よりこだわって動きを調整したい場合は「Javascript」「C#」「Boo」の3つの言語で操作することができるため、簡単な製作物から本格的な物まで幅広く対応してくれます。 Unityのメリット 様々なプラットフォームに対応 様々なプラットフォームで出力することが可能で、Unityの公式によると モバイルや VR 機器、デスクトップなど合わせて 24 のプラットフォームに対応しています。 豊富なアセットを提供するストア Unityでは 開発者が自身で作成したアイテムやキャラクター、アニメーションやスクリプトといった素材を販売・提供することができるストアが有り、その量が非常に豊富なため自分で作成しなくても簡単に素材を手に入れることができます。 大半が有料で提供されていますが、無料で提供されている物もあるので素材で困ったら確認してみると効率的に製作することが可能になります。 無料で使用することができる Unityには 無料で使用することができる Personal 版が提供されており、収入や資金が 10 万ドルを超えない人はこれを利用することが出来ます。 大々的な製品化を目指していないのであれば無料版でもかなり充実した機能を使用することが出来るため、ゲームの開発初心者にとってはかなり有難い製品設計になっています。 個人で本格的に開発したいという方向けには月25ドルの年間プランが、チームで開発したい方向けには月125ドルのプランが提供されています。 Unityのデメリット Unityに大きなデメリットは無いのですが、強いて挙げるのであればその 充実性が故にアプリケーションの起動が遅かったり、編集画面に英語が頻繁に使われていたりすることが挙げられます。 とはいえ、日本語のプラグインをインストールすれば日本語化出来ますし調べれば簡単に理解できる英語が多く使用されているため、プラグインさえすれば簡単に利用できます。 Unity公式によるサポート体制は? Unityは公式で、様々なサポートを行っています。 多種多様で、 プロジェクトに合わせて適切なサポートを選択・受けることができるでしょう。 ナレッジベースやドキュメント、広告収益に関するAdsのサポートなど、 自分たちの求めている情報を得やすい環境が整備されています。 そして、技術面以外のサポートにも対応。 ライセンスやアカウントにまつわるサポートなども公式で用意しているため、何か詰まってしまった時でも安心です。 Unityのサポート体制は充実しているといえるでしょう。 Unreal Engine Unreal Engine とは? Unreal Engineは アメリカの Epic Games 社が開発したゲームエンジンで、1998年にUnreal Engine1を発表してから現代まで多くの企業が採用しています。 プログラミングの知識が無い人でも直感的にゲームを製作することができるブループリント機能が入っており、簡単に製作活動を行うことが出来ます。 日本のゲームだと、「鉄拳」や「キングダムハーツ」などが Unreal Engine を利用してプロダクト製作を行なっています。 Unreal Engineは積極的にアップデートがなされています。 Unreal Engine4やUnreal Engine5といったように、数字が上がっていくので新旧が分かりやすいです。 通常 「UE4」や「UE5」のように略されることが多いことも頭に留めておきましょう。 Unreal Engineのメリット ハイクラスのグラフィック性能 Unreal Engineの 最大の特徴はその高性能すぎるグラフィック性能です。 自然を描いたグラフィックでは、木の幹、繊維や苔などが実写に見えるほど綺麗に出来上がっており、それを利用して映画を製作する会社も現れています。 Unreal Engineでは、凄く綺麗なポストプロセスが標準で搭載されており、普通に製作するだけで勝手に綺麗なオブジェクトや背景を製作してくれます。 兎に角綺麗なグラフィックの作品を作りたいというのであれば Unreal Engine がおすすめです。 基本完全無料 Unreal Engineは 全ての機能を無料で使用することが出来るという超太っ腹な設定になっています。 2014年以前は月々2,300円を支払う必要が有りましたが、2015年以降誰でも無料で使用することができるようになりました。 その代わり、 Unreal Engine を使用してゲームを製品化し販売した場合にその 5 %をロイヤリティーとして徴収するという形になりました。 今後のアップデートについても全て無料で行うことが出来るため、興味を持ったらすぐに使用することが出来ます。 ソースコードが全て読める Unreal Engineの ソースコードは GitHub 上で公開されており、誰でも内容を全て見ることが出来ます。 これにより、どのような実装をしているのか、どのように動いているのかを確認できるため技術に興味がある人にとっては嬉しいことの一つでしょう。 Unreal Engineのデメリット Unreal Engineはハイクオリティーなグラフィック性能と高品質なプラグインを用意していながら誰でも完全無料で使用できるという凄い利点が有るため、これから作品を作ってみたいという人にとっては大きな門出が開かれています。 しかしその一方で、 今後製品をUnreal Engineで作成する場合は売り上げの5%をロイヤリティーとして支払う必要が出てきます。 高額になる場合は企業様に独自のライセンス契約を結ぶ方法もある様ですが、Unreal Engineでは人気の製品を作れば作るほどライセンス料が高額になる方式になっています。 Unreal Engineの公式サポート体制は? 初心者でも安心な体制 Unreal Engineは、公式でサポートページを用意しています。 新しくUnreal Engineを触ろうとしている人向けの チュートリアルページ「GET STARTED」では、Blueprintなど UE4の用語や使い方を学習することが可能です。 オンラインラーニングも用意されており、本格的にUE4について勉強することもできます。 ドキュメントも非常に充実しているほか、カテゴリごとに分けられているので、 求めている情報を見つけやすく工夫されています。 もちろんUE4の 基礎部分から、応用部分まで幅広い情報が提供されているので、初心者の方でも安心です。 コミュニティ「AnswerHub」 コミュニティによるサポートとして AnswerHubを利用することもできるでしょう。 デベロッパー・クリエイター同士で 悩みや問題点を共有し合い、解決へと導いていくことができます。 自分以外の開発者と意見の交換をしたり、知識を共有ができるということです。 実際にゲーム開発を行っている人同士が交流することになるので、より 具体的な提案や解決方法・共感を得られるでしょう。 結果的に、ゲーム開発への意欲などに良い刺激を得られるかもしれませんね。 Blueprintなど様々なツールを提供しているのが魅力の1つであるUnreal Engine。 公式で提供されている サポートを有効活用すれば、どなたでも使いこなすことができるでしょう。 Unity と Unreal Engineの違い ここまでUnityとUnreal Engineの特徴やデメリットを紹介してきて分かる様に、それぞれに多少ですが違いがあることが分かると思います。 例えば Unityは日本語での説明や記事が充実しており、日本における開発環境においては手軽に始められますが、Unreal Engineの場合は主に欧米で使用されていることが多いため日本語の資料を探すのが多少大変です。 それゆえ、Unityではモバイルゲームが多く、Unreal Engineではよりグラフィックにこだわった作品が提供されているように感じます。 また、Unityの機能を無料で使用できることに対抗して、Unreal Engineでは全ての機能を基本使用料無料で使用することができる様になりましたが、 Unityが一定の機能を有料版から解放しているのに対して、Unreal Engineの場合は売れるゲームを製作した場合に5%のロイヤリティーを徴収する仕組みを採用しています。 上記の点から簡単に両者の違いを説明すると、 手軽に始めてみたいのであれば日本語の資料が多く揃っているUnity、とにかくハイスペックなグラフィックや性能を求めるのであればUnreal Engineを選ぶと良いでしょう。 まとめ 昔はゲームの開発を行う場合、一からコーティングやデザインなど行う必要が有りましたが、現在はゲームエンジンが有るため、 初心者の人でも気軽に「ゲームを作る」体験に触れることが出来る様になりました。 もちろんよりこだわったゲームを作りたいのであれば技術や知識は非常に大切ですが、今回紹介したUnityやUnreal Engineは無料かつ簡単に始めることが出来ます。 まずはダウンロードしてゲーム製作の一旦に触れて見るところから始めてみてはいかがでしょうか。

次の