ハッカー の 技術 書。 ハッカーになるには何を学ぶ?ハッキングのためのプログラミング言語学習 | プログラミング学習入門者向けサイト(プログラミングジャパン公式ブログ)

ITエンジニア本大賞2020技術書・ビジネス書の各ベスト10を発表!|ITエンジニア本大賞 事務局(翔泳社)のプレスリリース

ハッカー の 技術 書

ハッカーになるために,必要なスキルのまとめ 求められるスキルを列挙:• セキュリティ• Linuxとカーネル• アセンブラ• コンピュータの仕組み• リバースエンジニアリング• プログラミング言語• 生産性の高いメインの作業言語,例えばPython• Lisp• 情報共有• Webで発信• 上手な人から技を盗む• オープンソースへのコミット• コードリーディング• 自動化• 問題解決意識• 粘り強さ• 技術的な文書の読み書き• コードの読み書き• 当たり前の作業言語として使いこなすこと• 論理的な思考力• 集合やブール代数,グラフ理論など,抽象的な構造をうまくあつかう知識• 法令・コンプライアンス 根拠 以下は参考になるサイト。 ハッカーになるための具体的なスキルセットについての情報: サイバー犯罪と戦う注目の職業「ホワイトハッカー」って何だ!? ネットエージェント杉浦隆幸氏に聞く - エンジニアtype• 1人の有能なハッカーは 1000人のエンジニアに匹敵するもの• セキュリティのプロに対する需要が増えている• IT業界では「新しいデバイスやネットサービスが生まれると、大体5年以内にはそれを悪用し た犯罪が一般に蔓延する」という不文律がある• セキュリティの専門分野の分類は、 SW、web、NW、OSの4つ• 数学は重要• 10進法、16進法くらいは頭の中でできるレベルの 数学力が必要• アセンブラレベルの低層の理解と, リバースエンジニアリング• 法律・法令への理解と法令遵守• 技術だけ優れていても、倫理観や人間性が備わっていないと、堕落してブラックハッカーになってしまう• 孤独感を克服したり、未解決の問題を解きたいという欲求から悪の道に走らないことも大事。 性格的に 粘り強く慎重なタイプであることも大切 How To Become A Hacker: Japanese• ハッカーたちはインターネットを築き,UNIX オペレーティングシステムを今日のような形にまで作りあげ,Usenet を運営し、World Wide Web が使えるようにした。 ハッカーはものをつくります。 クラッカーは壊します• ハッカーになるためには、 問題を解決することにゾクゾクするような喜びを感じるようでなければいけません。 車輪を発明しなおすような無駄なことをしてはいけません• 考える時間は貴重であると信じなければなりません。 それをとことん信じて、 情報を共有するのがほとんど道徳的な義務であると思えるようになりましょう。 問題を解決し、その解答を提供すれば、他のハッカーたちは古い問題にいつまでも取り組みなおし続けずに、新しい問題を解決できるのです• 退屈な部分はできるだけ たくさん自動化• もしコンピュータ言語をなにも知らないなら、まず Python から始めることをおすすめします。 設計がきれいだし、ドキュメントもしっかりしているし、初心者にもそこそことっつきやすくできています。 でも入門言語として最適でも、おもちゃではありません。 強力で柔軟で、大きなプロジェクトにもじゅうぶん対応• Java より先にまず C や Lisp を学んだほうがいい• 本気でプログラミングをするなら、C を勉強するしかありません。 これは Unix の中核となる言語です。 片方を知っていれば、もう片方を学ぶのはそんなにむずかしくありません。 が、どっちも真っ先に勉強しようとするのには向いた代物ではありません。 マシンの時間を少し非効率に使っても、あなたの時間をずっと効率的に使う言語を使うほうが賢明でしょう。 ですから、Python をお奨め• LISP は、それをモノにしたときのすばらしい悟り体験のために勉強しましょう。 この体験は、その後の人生でよりよいプログラマーとなる手助けとなるはずです。 たとえ、実際には LISP そのものをあまり使わなくても。 本や講習会のコースではダメ。 多くの、いやひょっとして ほとんどのハッカーたちは我流で勉強してきた• 新米さんがハッカー技術を習得するための唯一最大の重要な一歩は、Linux かフリーの BSD UNIX 類か OpenSolaris のどれかを入手し、それを自分のマシンにインストールし、動かすこと• MS Windows マシンやその他ソースがクローズドなシステムでハッキングを学ぼうとするのは、全身ギプスをつけてダンスを学ぼうとするようなもの• 2006-2007 年に、ほんものの最高の選択が登場しました: Ubuntuです。 他のディストリビューションも独自の強みはありますが、 Ubuntu は Linux 新人にとって圧倒的に一番とっつきやすい• 英語はハッカー文化やインターネットでの作業用言語なんだということ• ハッカーコミュニティーで役に立つには英語を知らないとダメ• 英語は技術用語がほかの言語よりも豊富で、だから英語のほうがとにかくこの仕事に向いている• 英語で書かれた技術書を訳した場合、多くは不満足な出来• 形式論理やブール代数を多少知っているのはいいことです。 有限数学の基礎( 有限集合論、組み合わせ数学、グラフ理論)も役に立ちます• もっと重要なことがあります。 数学者がやるのと同じように、 論理的に考えて、厳密な理由づけの連鎖をたどれる必要があります。 あなたが新米なら、興味が持てる開発途中のプログラムを見つけて、よいベータテスタになりなさい• 多くのハッカーは「geek」という言葉さえ、誇りをこめて受け容れる• 遊びと同じくらい熱心に働き、働くのと同じくらい熱心に遊びましょう。 真のハッカーにとっては、「遊び」「仕事」「科学」「芸術」の境界はすべて消滅しがちだったり、すべてが高次の 創造的な遊技に融合• ハッカーに本気でメールして助言を求めるなら、まず一つは、 作文がだらしなく手抜きな人物は、通常は思考もだらしなく手抜きなので、よいハッカーにはなれないようだということ。 だからスペルはきちんとしましょう。 文法も句読点もきちんとしましょう。 そうでないとたぶん無視されます 誰にでも実践できる、ハッカーになるための具体的方法—《楽天》技術理事 吉岡弘隆氏からの提言。 時代の流れが速い業界にあって、技術者としてあり続けるために必要なことは、「ハッカーマインド」を持つこと・「ハッカー」たること。 失敗してもいいんだという前提で, 好奇心を大事にしてチャレンジし続けること• チャレンジのために必要なベースとなるスキルは学習し続ける。 教科書に書いてないことは 上手な人から盗む。 例えば勉強会に足を運んで, トップ企業のベストプラクティスや暗黙知を共有する。 そして人脈を作る• 「チャレンジできる環境を常に探していく。 同じ職場で同じ仕事をずーっとしていれば、成長が止まってしまう」• エンジニアがやっておくべき準備の一つとして明確に分かっているのは語学, 特に英語に抵抗が無いこと。 経験や勘ではなく,キャリアアップしていくための道しるべみたいなものをMBAみたいに形式知化すべき Googleエンジニアから学ぶ、ハッカーになるための勉強法 - 久保清隆のブログ• ハッカーは 共有を善と考え、実践する。 googleも社内での共有が推し進められ、どのソースコードにもアクセスできる• 設計しつつ実装。 ハッカーはこうしている場合が多い。 こまめにマイルストーンを設定。 小さい単位で動くもの・あとで使うものから。 サブシステムだけで使えるようなものをまず考え、作る• ハッカーはドキュメントはあまり書かない• アルゴリズムとデータ構造、デザインパターン。 こういう場合はこうすると良い、など知っていると速度があがる• 正規表現などの知識• コンパイラ、ライブラリ、OS、ハードウェア。 下の方で何が行われるか知っていれば、設計する上で無駄なことをしないですむ• コンピュータが好きで好きで24時間365日コンピュータを触っている結果ハッカーの称号で呼ばれるようになる• MS officeのマクロでも面白いことはできる ハッカーになる方法 - SSS研究所• スクリプト言語で エラーを出しまくってエラーの対処法を知るところから• コンピュータの仕組みを知る。 そのためにアセンブラかC言語でPICマイコン• 作業環境が整えやすい linux上でいろいろな言語で開発• gentooを 手動で全部OSインストールし、足りないものも自前で足してゆく• OS自作の本を読んで実際にトライし、 linuxカーネルのソースコードを読む• オープンソースのパッチを書きまくる• この時点で立派なハッカー。 単なるスクリプトキディにはなるな。 アメリカでは「Computer Forensics Investigator( コンピューター犯罪捜査官)」という地位が確立している。 コンピューター犯罪に関する学部も存在し,有名な大学はFBIがバックアップしている。 (日本では単なる公務員)• 具体的な資格名としては,CISSP,CISM,CISA,CCSP,CEH,CHFI。 お金に余裕があれば、アメリカで短期集中コースで1週間で取得できるものもある。 中学生「ハッカーになりたい、真面目な話です、ハッカーになるにはまず何を勉強すればいいんですか?」 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲板• マシン語を読めるのは当たり前• ハッカーじゃなくてセキュリティ関連の仕事を目指せばいい• 英語を学べ、マジで。

次の

ハッカーの技術書 本の通販/黒林檎、村島正浩の本の詳細情報 |本の通販 mibon 未来屋書店の本と雑誌の通販サイト【ポイント貯まる】

ハッカー の 技術 書

コードの書き方によるデバッグのパフォーマンス• プログラミング言語毎のコード内容に応じた処理速度• プロジェクト規模に応じた開発時間 また、個人的に非常に役立った内容としては上巻9章の中で解説されていた、「疑似コードプログラミングプロセス(PPP)」という内容でした。 疑似コードプログラミングプロセスとは実際にコードを書き始める前に、疑似コード(プログラミング言語に依存しないコード)で設計を行うことです。 このレベルで一度設計をしておくことで、どの関数やメソッドに対し、何の制御を入れるかをプログラミングの前に明確化できるようになりました。 おかげで開発スピードや不具合発生も大きく減り、未だにこの書籍には感謝しています。 プログラミング言語に依存しない概念を書かれている書籍なので何の言語のプログラマでも 絶対読むべきです。 達人プログラマー• Code Completeよりも実際に書かれているコードは少な目ですが、プログラミングをする上で知っておくべきテクニックが満載です。 本書ではプログラマーなら知っておくべき、同じことを何度も繰り返してはいけないというルール 「DRYの原則」や、あるモジュールを変更した際に他のモジュールに対して変更を与えてはいけないようにする考え方 「直行性」について詳しく解説しており中堅以上のプログラマにとって非常に勉強になります。 また、それ以外にもプログラマなら自分の身を守るための一つの手段である正確な見積もりをするためのテクニックについても解説があり、まさに達人プログラマーを目指すなら読みたい書籍です。 Clean Code アジャイルソフトウェア達人の技• 著者はポール・グレアムというハッカーで、エッセイ集のような読み物。 プログラミングのテクニックが記載された技術書では無いので、実践的な技が知りたい人にはあまりおすすめしませんが、ハッカー(コンピュータについて普通の人より深い技術的知識を持っている人)がどのような考え方をしているかというのが分かります。 別にLispなんか知らなくても良いという人でも、読んでおくと新しいエンジニアリングライフが見えてくるかも。 UNIXという考え方• スモール・イズ・ビューティフル• 一つのプログラムには一つのことをうまくやらせる• できるだけ早く試作を作成する• 効率より移植性• 数値データはASCIIフラットファイルに保存する UNIXの設計当時はまだ今の時代のように統合開発環境や高スペックPCといった開発のための環境が整っていた時代ではありません。 C言語とEmacsを使ってゴリゴリ書いていた時代に、生き残るOSを作るために何を考え何を残したのかが分かります。 オブジェクト指向プログラミングとかにも共通的に通じる概念も書かれているので、 UNIXとか使わないし縁も無いって人にもおすすめです。 今使われているLinuxやAndroid等のベースになったUNIXというOSがどのような考え方で作られたのか知りたいなら読みましょう。 リファクタリング• コード修正に対しての考え方が変わる一冊です。 質の悪いコードに対し、「動いているから修正しないで置いておこう」という守りの考え方から、「質の悪いコードは悪、積極的に良いコードに改善しよう」という攻めの考え方へ思想が変わります。 「コードの臭い」「リファクタリングカタログ」の部分を読み進めることで、何が悪いコードなのか?どのように書いていると設計が崩壊する前兆なのか?どのように改善すべきなのか?というのが分かります。 私もこの本を読む前は感覚程度でしか修正タイミングが分かっていませんでしたが、本書で明確にソース修正すべきタイミングが分かるので不具合が出て手に負えなくなる前に対処できるようになりました。 本書の中ではJavaでコード解説されています。 JUnitを使ってのテストの書き方なんかも詳しく書かれているのでテストケースの作り方が分からん!という人にも丁度良いです。 コードが気づいたら滅茶苦茶になってメンテができない!リファクタリング学びたい!という人は読んでおきたい書籍です。 オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン• デザインパターンというのはオブジェクト指向プログラミングで頻繁に使われる設計のパターンです。 オブジェクト指向といのは使いこなせば非常に有効な設計テクニックですが、レベルの低い人が設計すると滅茶苦茶で分かりにくいコード内容になってしまったりします。 自由度が高いからこそ諸刃の剣にもなるので、上手く使いこなすというのが非常に重要です。 上手く使いこなしたいという人のために、本書では先人たちが苦労をしながら作り上げてきた 有効なオブジェクト指向の設計パターンが書籍にまとまっています。 以下のような考えの人にはおすすめです。 クラスにメンバやメソッドを定義して使えばオブジェクト指向だ• 継承が上手く使えない• クラス同士の良い役割の割り当て方が分からない アジャイルソフトウェア開発の奥義• プログラマーをやっているとコーディングや設計に関する書籍は沢山読むと思いますが、テスト手法についてはあまり知らないという人が多いのではないでしょうか? 作成したプログラムには必ずバグが入るものなので、それらに対してどのようにテストするかというが本書で基礎から学べます。 「テストを作るためにはテスト対象をよく理解しなければいけない、そうしないとテスト仕様は作れない」というは当たり前のことをテスト初心者の時に読んで知り衝撃を覚えました。 他にもデシジョンテーブルやバグ報告の書き方等も詳しく書かれています。 テストエンジニアとしてのキャリアを目指している方、もっと品質の良いソフトを作りたいと思っているプログラマそれぞれにもおすすめの一冊です。 ソフトウェア見積もり• プログラマにとって仕様通りに品質の良いソフトを作成するというのは重要な考え方です。 でもそれ以上にビジネスの場面では納期に間に合わせるという考え方がさらに重要視されます。 この書籍では正確な見積もりを出すのがいかに難しく、見積もりに影響する要素としてどのようなものがあるか書かれています。 普段上司からこのソフトどの位でできる?見積もって?と言われて見積もったあげく、見積もりの2倍以上工数かかってしまった。 見積もりってなんて難しいんだ!と 正確な見積もりができなくて苦しんでいる人にとっては必ず読むべき書籍でしょう。 見積もりのテクニックを知ることでデスマーチに巻き込まれないようにするため身を守れるようになります。 人月の神話.

次の

ダークウェブの教科書 匿名化ツールの実践 (ハッカーの技術書)

ハッカー の 技術 書

How To Become A Hacker: 基本的なハッキング技術 ハッカーの態度は力強いものですが、技術はなおいっそう力強いのです。 態 度だけでは能力の補いにはなりません。 さらにハッカーの誰かからあなたにお 呼びがかかるのを夢を見る前に、あらかじめ身につけておかなくてはいけない ある程度の基本的な技術の用具一式があります。 この用具一式は科学技術が最新の技術を開発し旧式の技術をすたらせるので、 時代を越えて徐々に変化します。 たとえば、かつてはマシン語によるプログラ ミングが含まれていました。 また最近になるまで HTML は含まれていませんで した。 しかし、1996 年の末には明らかに次のようなものを含めています。 当然のことながら、これがハッキング技術の基本です。 1997 年にあなたが ぜひ学ばねばならないひとつの言語は C です。 しかしあなたがひとつの言語 を知っているだけだとしても、あなたはハッカーではないか、プログラマです らないかもしれません。 あなたは一般的な方法、つまりあるひとつの言語に依 存せずプログラミングの問題について考えるために学ぶ必要があります。 真の のハッカーになるために、すでに知っていることすべてに対するマニュアルと 関連づけて、あなたは新しい言語を学ぶ足場を得る必要があります。 あなたは いくつかの違った言語を学ぶべきだということです。 C のほかにも、さらに少なくとも LISP と Perl そして Java はリストに あげるもののなかで特にお勧めします を学ぶべきです。 もっとも重要な言語 に挑戦するだけでなく、それぞれにはプログラミングのために違ったアプロー チ法があり、そしてすべてのものは有益にあなたを訓練します。 ここで私はプログラムを学ぶ方法について完全な説明をすることは出来ませ ん。 複雑な要素がある技術ですから。 しかし、書籍や講習会のコースでは学 べないことがあります たぶん、多くの、ほとんどのハッカーたちはコードを 読むことやコードを書くことを自分で学ぶでしょう。 役に立つのは、コー ドを読みそしてコードを書くことです。 プログラムを学ぶということは、よい自然な言語を書くのを学ぶようなも のです。 学ぶのにもっともよい方法はフォームをマスターした者によって書か れたものを読むことです。 自分で何かを書く、もっとたくさん読む、少し書く、 もっとたくさん読む、もっと何かを書く...... そしてあなたの書くものが、手 本で理解できた長所を取り入れ無駄がはぶかれた美しいものに進展しはじめる まで繰り返しなさい。 以前は読むためのよいコードを見つけることは難しいことでした。 なぜなら 駆け出しのハッカーが読んだり、いじくりまわすのに向いているようなソース で入手できる大規模なプログラムなどほとんどありませんでしたから。 しかし このような状況は劇的に変化しています;オープンソースソフトウェア、プロ グラムツール類、そしてオペレーティングシステム類 すべてはハッカーによっ て作られています は、現在では広く利用できます。 それらは我々の次の話題 へと適切に私を導きます。 あなたは自分のコンピュータを持っているか、1台のコンピュータにアクセ ス出来る 現在、子どもたちがコンピュータを持つのはとっても簡単なことで すから と仮定しています。 新米さんがハッカー技術を習得する方向に向かう ひとつの最も重要な段階は Linux のコピーか、 BSD UNIX 類のひとつを入手 し、それを自分のマシンにインストールし、それを動かすことです。 もちろん、UNIX の他にも世界にはその他のオペレーティングシステムがあ ります。 しかしそれらはバイナリーで配布されているので、あなたはコードを 読むことも改変することもできません。 DOS や Windows マシン、あるいは MacOS でハックすることを学ぼうとするのは、体にギプスをつけてダンスを学 ぼうとするようなものです。 そのうえ、UNIX はインターネットのオペレーティングシステムです。 UNIX を知らなくてもインターネットを使うのを学ぶことができますが、それを理解 しないでインターネットハッカーになることは出来ません。 このようなわけで、 現在ハッカー文化は見事に強烈に UNIX に集中しています。 このことはいつ の場合も正確ではありませんでした。 過去のある時期、ハッカーたちは UNIX に満足していませんでした。 しかし、UNIX がインターネットと共にあるとい うことは、たとえ Microsoft の勢力が UNIX を本気で打ちのめそうとしても できないほど、とても強固なつながりになっています。 さて、UNIX を登場させましょう。 私は Linux が好きですが他の方法もあり ます。 UNIX を学びなさい。 UNIX をいじくりまわしなさい。 それでインター ネットと語りあいなさい。 コードを読もう。 コードを改変しよう。 あなたは Microsoft のオペレーティングシステムが夢見るどんなあこがれよりも、よく 出来たプログラミングツール C や Lisp そして Perl を含む を入手するでしょ う。 楽しみなさい、そしてあなたがマスターハッカーになってこの時期のこと をふりかえるまで、あなたが学んでいることを理解するよりもっとたくさんの 知識を吸収するでしょう。 UNIX を学ぶことについての詳細は次のところを見てください。 Linux を自分で入手するためには、次の URL を見てください。 ハッカー文化のほとんどのものは表には見えないところでの彼らの働きで築 かれてきました。 つまりハッカーでない人々の生活には直接的にどんな影響も 与えないで、彼らは工場や事務所や大学での管理を陰で援助してきたのです。 Web はひとつの大きな例外で、政治家たちでさえそれが世界を変えているのを 認めているとほうもなく大きな輝くハッカーのおもちゃなのです。 このような 理由からだけでも そしてたくさんのその他のよいものも同様に あなたは Web を使う方法を学ぶ必要があります。 これはブラウザをどのように動かすかを学ぶということを言っているのでは ありません そんなことは誰でもできることです 、Web を作りあげる言語であ る HTML をどのように書くかを学ぶということです。 プログラムが書けないな ら、HTML を書くことは学ぶことを助け、精神的な面でプログラマーの習性を 習うことになるでしょう。 そのためにホームページを組み立てなさい。 しかしながら本当のところは、ホームページを持つというのはあなたをハッ カーにするのに十分適切な場所ではありません。 Web はたくさんのホームペー ジで満ちています。 ほとんどのものはポインターがなかったり、内容がない ゴミであったり、ちょっとよく見えるものもありますが、ゴミはみな同じです から気をつけなさい。 もっと詳しいことについてはここを見てください。 価値のあるものにするために、あなたのページは目次 content がなくては なりません。 それは他のハッカーたちにとって興味をひき もしくは 有益にな るものでなければなりません。 そして次の話題へとわれわれをひっぱって行く ものでなければなりません。

次の