みず 炒め煮。 日東ベスト ホスピタグルメ 福祉施設・病院向け冷凍食品 2017

水菜とベーコンのシンプル炒め(副菜)のレシピ・作り方

みず 炒め煮

水菜と油揚げの炒め煮 菜っぱが食べたい。 そんなとき、青菜と油揚げがあればできる手軽な副菜が「青菜の炒(いた)め煮」です。 切って、さっと炒めて、味をつけたら、ひと煮するだけ。 だしもいりません。 「手際よくして、青菜のしゃきしゃきした歯ごたえを残したいですね」と家庭料理研究家の土井信子さん。 水菜はゆでなくてかまいませんが、小松菜は茎が太いのでさっと下ゆでして水にとり、きれいな緑に。 油揚げも湯通しする必要はありません。 「うまみになるし、炒めるとき、お揚げさんから出る油が生きるんです」 調味はしょうゆと酒だけ。 この酒がいい風味を出します。 炒め煮したら火を止め、冷ましておくと味がしみていっそうの味わいです。 青々とした色も鮮やか。 しゃきっとして、青菜の味がしっかりします。 油揚げの代わりにさつま揚げやベーコン、豚肉の薄切りにして変化をつけてもいいでしょう。 煮浸しという調理法もあります。 しょうゆで薄く味つけしたたっぷりのだし汁で、青菜や油揚げをさっと煮たものです。 その後、だし汁に浸したまま冷まします。 「私もよく作りました。 でも、昔より水菜はやわらかく、クセもなくなったでしょ。 浸しているとすぐクタッとするし、色も茶色っぽくなってしまう」。 土井さんはそれが気になり、煮浸しより炒め煮にすることが多いそうです。 京野菜として有名な水菜は関西では鯨肉のハリハリ鍋にも欠かせません。 以前は大株で売られましたが、小束でサラダ用の繊細なものが出まわり、すっかり全国区に。 収穫量は京都をおさえて茨城がトップです。 歯切れのよさとほどよい辛み、ほのかな香り。 鍋の季節、出番が多そうです。 小松菜や水菜はカロテンやビタミンC、カルシウムや食物繊維といった栄養豊かな食材です。 1日に1回は青菜類の1品を食卓にのせたいものです。 献立例=ごはん、根菜汁、カキフライ、みかんゼリー (管理栄養士・宗像伸子)•

次の

ふきの煮物(炒め煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

みず 炒め煮

水菜と油揚げの炒め煮 菜っぱが食べたい。 そんなとき、青菜と油揚げがあればできる手軽な副菜が「青菜の炒(いた)め煮」です。 切って、さっと炒めて、味をつけたら、ひと煮するだけ。 だしもいりません。 「手際よくして、青菜のしゃきしゃきした歯ごたえを残したいですね」と家庭料理研究家の土井信子さん。 水菜はゆでなくてかまいませんが、小松菜は茎が太いのでさっと下ゆでして水にとり、きれいな緑に。 油揚げも湯通しする必要はありません。 「うまみになるし、炒めるとき、お揚げさんから出る油が生きるんです」 調味はしょうゆと酒だけ。 この酒がいい風味を出します。 炒め煮したら火を止め、冷ましておくと味がしみていっそうの味わいです。 青々とした色も鮮やか。 しゃきっとして、青菜の味がしっかりします。 油揚げの代わりにさつま揚げやベーコン、豚肉の薄切りにして変化をつけてもいいでしょう。 煮浸しという調理法もあります。 しょうゆで薄く味つけしたたっぷりのだし汁で、青菜や油揚げをさっと煮たものです。 その後、だし汁に浸したまま冷まします。 「私もよく作りました。 でも、昔より水菜はやわらかく、クセもなくなったでしょ。 浸しているとすぐクタッとするし、色も茶色っぽくなってしまう」。 土井さんはそれが気になり、煮浸しより炒め煮にすることが多いそうです。 京野菜として有名な水菜は関西では鯨肉のハリハリ鍋にも欠かせません。 以前は大株で売られましたが、小束でサラダ用の繊細なものが出まわり、すっかり全国区に。 収穫量は京都をおさえて茨城がトップです。 歯切れのよさとほどよい辛み、ほのかな香り。 鍋の季節、出番が多そうです。 小松菜や水菜はカロテンやビタミンC、カルシウムや食物繊維といった栄養豊かな食材です。 1日に1回は青菜類の1品を食卓にのせたいものです。 献立例=ごはん、根菜汁、カキフライ、みかんゼリー (管理栄養士・宗像伸子)•

次の

きゅうりのレシピ

みず 炒め煮

水菜と油揚げの炒め煮 菜っぱが食べたい。 そんなとき、青菜と油揚げがあればできる手軽な副菜が「青菜の炒(いた)め煮」です。 切って、さっと炒めて、味をつけたら、ひと煮するだけ。 だしもいりません。 「手際よくして、青菜のしゃきしゃきした歯ごたえを残したいですね」と家庭料理研究家の土井信子さん。 水菜はゆでなくてかまいませんが、小松菜は茎が太いのでさっと下ゆでして水にとり、きれいな緑に。 油揚げも湯通しする必要はありません。 「うまみになるし、炒めるとき、お揚げさんから出る油が生きるんです」 調味はしょうゆと酒だけ。 この酒がいい風味を出します。 炒め煮したら火を止め、冷ましておくと味がしみていっそうの味わいです。 青々とした色も鮮やか。 しゃきっとして、青菜の味がしっかりします。 油揚げの代わりにさつま揚げやベーコン、豚肉の薄切りにして変化をつけてもいいでしょう。 煮浸しという調理法もあります。 しょうゆで薄く味つけしたたっぷりのだし汁で、青菜や油揚げをさっと煮たものです。 その後、だし汁に浸したまま冷まします。 「私もよく作りました。 でも、昔より水菜はやわらかく、クセもなくなったでしょ。 浸しているとすぐクタッとするし、色も茶色っぽくなってしまう」。 土井さんはそれが気になり、煮浸しより炒め煮にすることが多いそうです。 京野菜として有名な水菜は関西では鯨肉のハリハリ鍋にも欠かせません。 以前は大株で売られましたが、小束でサラダ用の繊細なものが出まわり、すっかり全国区に。 収穫量は京都をおさえて茨城がトップです。 歯切れのよさとほどよい辛み、ほのかな香り。 鍋の季節、出番が多そうです。 小松菜や水菜はカロテンやビタミンC、カルシウムや食物繊維といった栄養豊かな食材です。 1日に1回は青菜類の1品を食卓にのせたいものです。 献立例=ごはん、根菜汁、カキフライ、みかんゼリー (管理栄養士・宗像伸子)•

次の