成田 帰国 検疫。 最近海外から日本へ帰国した方へ質問です。

コロナ禍での帰国!成田空港での検疫&PCR検査について【2020年6月29日】

成田 帰国 検疫

検疫に関するツイートのインプレッション大きいので、私のフライトステータスについて書いておきます。 コロナウイルスに関する成田空港での検疫情報 日本時間4月3日15時頃成田空港に到着して、検疫を受けました。 私の検疫体験談を紹介します。 状況はかなり頻繁に変わっていると思うので、現状と一致するかはわかりません。 ご了承ください。 1:成田空港での検疫—全体の流れ— 成田空港の検疫で書いた書類シェアします。 そのに。 帰る場所の住所、連絡先等も記入しました。 1-5:検査 書類を書き終わったら、検査待ちの列に並びます。 書けた人からどんどん並ぶから、並ぶってほどでもなかったです。 係員の方に書類を渡して、おでこで測るタイプの検温をして、パーテーションで仕切られた検査室へ。 集団健康診断所のイメージって言えば伝わるかな… 検査は、インフルエンザ検査のような感じでした。 長い棒を鼻につっこんで、粘液を採取するやつです。 検査官と一対一で、ぱっと終わりました。 所要時間約2分。 検査は無料です。 1-6:待機場所まで移動 検査後、5人程度の集団で迎えを待つ場所まで移動しました。 迎え待ちの人の待機場所。 指定ホテルに向かう人は、この画像の右側にあるパーテーションで仕切られたところでシャトルバスを待っていました。 迎え待ちの人は、ここから引き渡し場所まで職員さんの付き添いで向かいます。 職員の方に迎えが来ていることを伝えたら、 引き渡しまで見届けるとのことだったので、しゃべりながら親の元へ。 職員の方には、ホテルについて聞きました。 聞いた内容は後述します。 2:成田空港検疫所でもらったよくある質問集.

次の

成田空港検疫所PCR検査について情報が錯綜していて経験者の方...

成田 帰国 検疫

新型コロナウイルス感染症は政令により「検疫法第34条の感染症の種類」として指定されました。 当該指定により、外国から日本へ入国しようとする方に対する質問・診察の実施、患者等の隔離・停留のほか、航空機等に対する消毒等の措置を講じています。 新型コロナウイルス感染症に関し、全国の検疫所において実施されている検疫強化の概要は次のとおりです。 (厚生労働省ホームページ「」から抜粋) 海外から入国・帰国の前後で以下の対応をお願いします。 着陸から降機まで、降機から入国までは到着時間帯、乗客数により、最長で6時間近くかかる場合があります。 またPCR検査の対象となる方には公共交通機関を使わずにご自宅に帰ることが可能な方以外は、検査結果判明まで、検疫所長が指定する待機場所(ご自身では選択不可)にて待機していただきますので、さらに6時間以上のお時間がかかっております。 今後、入国制限緩和が進めば、検疫に要する時間が長くなることが予測されます。 このような状況をご理解いただいた上で、帰国・入国くださいますよう、お願いいたします。 日本での感染拡大防止には皆様の協力が必要です。 検疫時の必要書類 ・質問票 Qestionnaire(、、、、) ・健康カード Health Card(、) ・ (参考) その他、到着する 空港別に記入が必要な書類がありますので、到着時にご確認ください。 また、質問票、健康カードは対象国が変更になると更新されますので、入国時に最新のものでなければ書き直して頂くこともございますので、ご了承ください。 船舶で港から入国する場合は、入港する港を管轄する検疫所にお問い合わせください。 外務省 海外安全情報HP() 業務などで流行地域にやむを得ず渡航せざるを得ない場合 ・航空会社や渡航先の日本国大使館・領事館などが公表する情報を参照するなど、十分な事前の情報収集と準備を行い、職場や産業医などと相談し検討をしてください。 流行地域ではない地域への渡航の場合 ・渡航先の最新の新型コロナウイルスの流行状況を確認してください。 補償内容(新型コロナウイルス感染症が補償対象となるか、補償限度額や医療サービスの範囲など)の確認もしてください。 次のページをご参照ください。 かかりつけ医にご相談ください。 ・咳やくしゃみをする時は、使い捨てのティッシュを使用し、使用済みのティッシュは慎重かつ速やかに捨ててください。 ・気分が悪いと思われる人との密接な接触を避け、個人的なものの(タオル、箸、スプーンなど)共有を避けてください。 ・生きている鳥や動物が売られている市場、裏側または養鶏場を訪問することは避け、野生または飼育されている鳥(生きている又は死んでいる)に触れないでください。 ・動物や鳥の糞で汚染されている可能性のある動物、鳥との接触を避けてください。 ・鶏肉、卵料理、鴨料理など、加熱が不十分な肉や生の肉を食べたり取り扱ったりしないでください。 外国で具合が悪くなった場合 ・渡航先で咳や発熱、息切れなどの症状が出た場合は、他の人たちとの接触を避けてください。 ・医療機関や保険会社、旅行会社へ相談をしてください。 ・旅行を始める、または旅行を続ける前に医療機関の案内を探してください。 ・完全に体調がよくなれば、旅行して問題ないか医療機関に相談してください。 帰国時・帰宅後に体調が悪くなったら ・空港や港に設置されている検疫所では、渡航者の方を対象に健康相談を行っています。 渡航中や帰国時に発熱や咳、下痢、具合が悪いなど体調に不安がある場合、又は健康上心配なことがありましたら、検疫官までご相談ください。 ・帰国後、渡航中あるいは帰国直後に症状がなくても、潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)と言われている14日の間にしばらくしてから具合が悪くなることがあります。 その際は、「 厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について」をご覧いただき、「 帰国者・接触者相談センター」または最寄りの「 保健所」(にお問い合わせしていただき、渡航先、滞在期間、渡航先での職歴や活動内容、患者との接触の有無などについて必ず伝えてください。 その他一般的な相談を行いたい場合は、新型コロナウイルス一般電話相談窓口(0120-565653)にお問い合わせください。

次の

新型コロナウイルスによる海外からの帰国状況まとめ

成田 帰国 検疫

成田空港においては、法務省、厚生労働省等の関係機関及び空港内事業者と連携し対応に努めてまいります。 成田空港へお越しになるお客様につきましては以下内容をご確認いただき、ご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。 【空港内における感染症予防について】• 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、空港内スタッフへのマスク着用を奨励しております。 航空会社カウンターや保安検査場などの列に並ぶ際は、人と人の前後の間隔を広めにとるようお願いいたします。 空港にお越しになる際は、咳等の症状がなくてもマスクを着用し、咳エチケットの実施にご協力ください。 利用者の皆様におかれても、感染拡大防止のため、手洗いを積極的に行っていただくよう、お願い申し上げます。 また、ターミナル各所にアルコール消毒液を設置しておりますので、ご利用ください。 ご利用の皆様におかれましては、空港や航空機内、公共交通機関ご利用時におけるこれらの取組に加え、マスクの着用や会話を控えることにご協力をお願いいたします。 参考:厚生労働省 HP 【日本国出入国在留管理庁からのお知らせ】 日本国出入国在留管理庁より、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、日本に入国することができない外国人の対象が拡大され、2020年7月1日午前0時からは、以下の通りとなります。 過去14日以内に表の国・地域への滞在歴がある方は、検疫官へ申し出てください。 入国時に咳や発熱等の症状がある場合や、咳止め剤や解熱剤を服用している場合は、検疫官にお申し出ください。 入国後においても、表の国・地域に渡航歴・滞在歴がある方で上記の症状が出た場合は、マスクを着用し、事前に表の国に滞在していたことを帰国者・接触者相談センターに電話連絡し、指定された医療機関を受診してください。 (機内で配られた健康カードもご参照ください。 全ての地域から入国・帰国する方は、検疫所長が指定する場所で14日間待機し、日本国内において公共交通機関を使用しないでください。 これらの国・地域への渡航を検討される際には、各国当局のホームページを参照する他、在京大使館に確認する等、最新の情報を十分にご確認ください。 日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限(外務省ホームページ) 【成田国際空港内従業員からの新型コロナウイルス感染者の発生について】 成田国際空港内に勤務する従業員において、新型コロナウイルスの感染者が発生いたしましたので、お知らせいたします。 詳細は、をご確認ください。 【参考】 現在、中華人民共和国または大韓民国を出発し日本の空港に到着しようとする航空機(旅客の運送に係るものに限る。 )については、その到着空港を成田国際空港及び関西国際空港に限るよう、関係する航空会社に対して要請しています。 (2020年3月9日午前0時~) 詳細につきましては、下記のホームページをご覧下さい。 新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ホームページ) 新型コロナウイルス感染症の対応について(内閣官房ホームページ) 新型コロナウイルス感染症対策本部(首相官邸ホームページ) 新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸ホームページ) また、日本政府観光局(JNTO)では、非常時の外国人旅行者の安全・安心確保のため、365日、24時間、多言語で対応するコールセンター「Japan Visitor Hotline」を開設しており、新型コロナウイルス関連のお問い合わせにも対応しています。

次の