猫 ハロウィン。 【ハロウィン】なぜ黒猫がシンボル?意外と知らないハロウィンの由来と黒猫の意味|猫の総合情報サイト ペットスマイルニュースforネコちゃん

ハロウィン【猫メイク】簡単なやり方!かわいい・セクシーなメイク方法は?

猫 ハロウィン

ハロウィン折り紙 黒猫(猫)の簡単な折り方・作り方 おすすめはコレ! では早速、猫の作り方をご紹介しますね。 準備するものは、 ・折り紙2枚 ・糊 ・顔を作るのに必要な、マジックやシール ぜひ参考にしてみてくださいね。 折り紙で猫を作る 折り方その1 折り紙を裏返して、三角に折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その2 さらに、もう半分に折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その3 一回開き、写真のようにします。 折り紙で猫を作る 折り方その4 中央に折り線に合わせ、左右の三角の角と中央の角が合わさるように折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その5 三角が出るように、写真の線のあたりで折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その7 裏返して、折り紙を1枚めくり、内側に折りこみます。 折り紙で猫を作る 折り方その8 下の残りのもう1枚を、上に折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その9 線のあたりで、下に折り返します。 折り紙で猫を作る 折り方その10 裏返して、上の三角部分を下に折り曲げます。 折り紙で猫を作る 折り方その11 目を書いて、顔の完成です! 折り紙で猫を作る 折り方その12 次は、折り紙で猫の体を作ります。 顔と同じく、折り紙を三角に折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その13 角と角を合わせて折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その14 猫の顔と体を合わせます。 猫の顔を裏返して、差し込みます。 折り紙で猫を作る 折り方その15 糊や両面テープで、猫の顔と体を張り付けて動かないようにしましょう。 猫の目は、シールを貼ってもいいですね! この猫の作り方なら、子供でも簡単に作ることできるのでおすすめです。 ハロウィン折り紙「黒猫の作り方」 おすすめ2 こちらはちょっと難しいですが、とってもかわいい黒猫を折り紙で作ることができます!かなりクオリティーの高い猫が出来上がりますよ。 猫の顔をジブリ映画の「魔女と宅急便」のジジ風にすれば、まさにジジの黒猫が出来上がります! 手順通りに折っていけば、間違いなくかわいく作れるのでおすすめです。 準備するものは、 ・折り紙2枚 ・糊 ・顔を作るのに必要な、マジックやシール ぜひ、参考にしてみてくださいね。 まずは、黒猫の顔を作りましょう 折り紙で猫を作る 折り方その1 まずは、黒猫の顔を作ります。 折り紙を三角になるように折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その2 さらにもう半分に折り、一度広げます。 折り紙で猫を作る 折り方その3 今度は、長方形になるように折り、さらにもう半分に折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その4 一度広げます。 折り紙で猫を作る 折り方その5 下の角を中央に合わせて折ります。 さらに、左右も同じよう角を中央に合わせて折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その6 赤線の部分から上に折り、三角になるように、折り目に沿って折りたたみます。 この部分は、始めて折る人はちょっと難しい箇所です。 慣れれば簡単ですよ。 折り紙で猫を作る 折り方その7 三角に折りたためたら、裏返します。 折り紙で猫を作る 折り方その8 赤線同士を重ねように、中心線に合わせて折ります。 右を折ったら、左も中央線に合わせて折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その9 8で折った部分を戻し、三角の部分をめくって下に開きます。 折り紙で猫を作る 折り方その10 赤線に沿って、中に折り込みます。 ここも折るのが難しい場所です。 頑張りましょう。 折り紙で猫を作る 折り方その11 右側に1枚めくって、写真のようにします。 折り紙で猫を作る 折り方その12 赤線の中央線に沿って、三角に折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その13 さらに、少し幅を残して、上に折り返します。 折り紙で猫を作る 折り方その14 左に2枚めくって、13と同じように中央線に沿って三角に折り、さらに幅を少し残して、上に折り上げます。 折り紙で猫を作る 折り方その15 一枚めくって、下の写真のような形にします。 折り紙で猫を作る 折り方その19 下に向いている三角形を、上に折り上げます。 折り紙で猫を作る 折り方その20 上に上げた三角の部分を、1cmほど残してまた折り返します。 折り紙で猫を作る 折り方その21 中央線に沿って、下から折っていき、上の部分の三角の袋をつぶします。 折り紙で猫を作る 折り方その22 反対側も、同じように中央線に沿って下から折り、上に出来た三角袋をつぶします。 折り紙で猫を作る 折り方その23 上の部分を、中央線に合わせて折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その24 折り紙で猫を作る 折り方その25 裏返したら、完成!お疲れ様でした! ちょっと難しいですけど、完成度はかなり高く立体的です。 つぎは、猫の体部分を作ります。 ひと息ついて、胴体部分に取り掛かりましょう。 次は黒猫の体を作りましょう 折り紙で猫を作る 折り方その1 まず、折り紙を三角に折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その2 中央線に合わせて、左右を折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その3 丸で囲んだ角を合わせて、赤線のように折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その4 反対側も、同じように折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その5 折り目を付けたら、一度広げます。 折り紙で猫を作る 折り方その6 裏返して、下の三角部分を上に折り曲げます。 折り目を付けたら、元に戻します。 折り紙で猫を作る 折り方その7 また裏返し、折り目に沿って内側に折りこみます。 折りこむと、ひし形になります。 折り紙で猫を作る 折り方その8 ひし形部分を、中央線に合わせて折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その9 下の部分を上に折り、また元に戻します。 折り紙で猫を作る 折り方その10 折った部分を開き、中に折りこみます。 ツルを作る時の要領ですね。 折り紙で猫を作る 折り方その11 上の部分をひし形の先端に合わせて、下に折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その12 ひし形で折った部分を、広げます。 折り紙で猫を作る 折り方その13 赤点線のように、左右を折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その14 折り目が付いたら、再度、ひし形の形に戻します。 折り紙で猫を作る 折り方その15 左右を、中央の線に合わせて折ります。 折り紙で猫を作る 折り方その16 下の部分を、折り目に合わせて上に折り上げます。 折り紙で猫を作る 折り方その17 最後の手順です。 16で上に折り上げた部分を引っ張り、底の部分を内側に折りこみます。 すべてが谷折りになるように、折りたたみます。 ここは難しいところですが、ここが上手にできれば終わりですので、頑張りましょう! 折り紙で猫を作る 折り方その18 猫の体が完成しました!長かったですね!お疲れさまでした。 内側に折りこむと、こんな形になります。 これが猫のしっぽになりますよ。 折り紙で猫を作る 折り方その20 表に返します。 分からないところがある人は、動画を参考にしてみてくださいね。

次の

100円ショップで買える猫のハロウィングッズ&猫の仮装アイテム

猫 ハロウィン

ハロウィンの子供用(女の子)猫の手作り衣装 引用: まずは、どんな猫ちゃんにするのか?色は?など子供と相談しながら決めるのも楽しい時間ですね。 色や、デザインが決まったら、 後はコツコツと作るのみ! 手作りと聞くと、裁縫は苦手だし、不器用だしなぁ〜と諦めることはないんです。 猫は意外と簡単にできちゃいます。 Tシャツやタンクトップ、タイツを履いて、チュチュかパニエでふんわりさせればかわいい猫ちゃんがあっというまに完成! 後は、小物の耳(カチューシャ)や、靴のトーンを合わせればいいんですから。 ほら、何だか簡単に出来ちゃいそうな気がしてきませんか?(笑 全身を全て手作りしなくても、手持ちの服にちょこっと手を加えたりするだけで、人とかぶらないオリジナル衣装が作れますよ。 ハロウィンの子供用(女の子)手作り衣装・猫 まずは、猫の耳から作り方を紹介します。 猫耳 猫耳は超簡単! 材料• カチューシャ• 布(フェルト)黒とピンク• 布用ボンド(グルーガン)• 針金(無くても可) これだけです(笑 全て100均で揃っちゃいますね。 というか、女の子のいるご家庭なら買わなくても、お家にあるのでないでしょうか。 針金は、ピン!と耳を立たせる為に使った方がいいかな〜と思っただけなので、フェルトなら無くても大丈夫ですね。 作り方• 耳の形(ほぼ三角形になっていればOK)に切った紙を大小2枚。 黒いフェルトに大きい方の耳型紙を合わせてカット。 ピンクのフェルトに同様に内側用の一回り小さい耳型紙を合わせてカット。 フェルトなら切り端の始末も要らないので楽チン。 黒とピンクのフェルトを重ねます。 黒のフェルトをカチューシャの幅と長さに合わせてカットしボンドで貼る。 耳型のフェルトの下部分を少し折り目をつけてから、カチューシャにボンドで貼る。 洗濯バサミなどで挟んで乾かします。 はい、完成!あっという間でしょ。 針と糸さえ必要ない(笑 耳の位置などは、子供の頭のサイズに合わせて大体でOK。 チュチュ(スカート) 材料• チュール(手芸店などで売っています)• ゴム(ウェスト用) あれ?これだけ?そうですこれだけで、ふんわり可愛いチュチュが作れちゃいます。 作り方• 子供のウェストサイズ長さにゴムをカットし、縫い止めるか、結びます。 チュールをチュチュの長さの倍の長さにカット。 例えば40㎝長さの丈のチュチュを作りたければ、80㎝くらいの長さです。 幅は5㎝くらいでOK。 これをウェストゴムにひたすら結びつけていくだけです。 分かりやすい動画がありましたのでご紹介しますね。 ボリュームたっぷりなら、こんなにキュート!黒のスカートのインナーにパニエ的な感じで着用すれば、カラーが少し覗いて可愛いですね。 猫のシッポ シッポはちょと手が込んでますよ〜(笑 材料• フェルト芯• 針と糸• フェルト(布) 作り方• フェルト(布)を長方形にカットし中表にして縫います。 あまり細長くしてしまうと、裏返せなくなるので注意。 ミシンがなくても手縫いでいけちゃいますよ。 先端を少し丸めた針金(尖ってると危ないので)にフェルト芯を巻きつけてザックリ縫い止めておきます。 1で作った筒状のフェルト(布)に、2を差し込み、最後に口を閉じて完成。 簡単でしたね。 シッポの長さも好みですが、 子供でも50㎝もあれば充分かと思います。 身長に合わせて作ってみてください。 フェルト芯を巻きつけると、筒状に作った布に入れづらくなりのでそんな時は、ラップを巻きつけると滑りが良くなって入れやすくなるので試してみてください。 ラップは最後に引き抜くこともできます。 シッポの取り付けは、先ほどのチュチュのゴムに針金を巻きつけても良いですが、 小さなお子様は針金が危ないので気をつけてくださいね。 きっと、可愛いのが出来ると思います。 ハロウィンの手作り衣装・魔女 猫に続いて人気があるのが魔女。 簡単で可愛くて、魔法が使える!という設定も女の子人気の理由でしょうね。 魔女の特徴は、マント・とんがり三角帽子はマストですね。 黒のワンピースを着れば、もう完璧な魔女の完成。 可愛い魔女にしたいならマントよりケープ! フードがありでもイイですが、今回は簡単に作りたいのでフードはナシの物をご紹介しますね。 生地(フェルトやフリース生地)を肩幅の2倍くらい• リボン(生地プラス60㎝くらいで、幅は好みで) 作り方• ケープ用の生地を四つ折りにして円になるようにカット。 カットしたら一度開いて、今度は二つ折りにして、首が通るように穴をカット(ど真ん中ではなく、どちらか側にちょっとずらす)• 広げたら、前開きの部分を穴に向かって真っ直ぐカット• 前開きの首の位置より少し下あたりにリボンやスナップボタンを縫いつけて完成。 生地は、サテン生地でもドレープが出て綺麗ですが、ほつれの始末をする必要があるため、切りっぱなしでもほつれにくいフェルトや、フリース生地が便利で簡単です。 ハロウィンカラーのオレンジリボンをアクセントにすると、ハロウィンムードも盛り上がりますね。 三角帽子 材料• フェルト生地(とんがり部分とつば部分用2枚)• リボン 作り方• 魔女の帽子は結構簡単です。 まずは用意したフェルトを三角形にカットし、円錐状に丸めて底の部分をカット. もう1枚のフェルトをドーナッツ状にカットし、つばになる部分を作る。 1と2のパーツを縫い合わせる。 縫い合わせた部分にリボンをぐるっと巻きつける。 これで、魔女の帽子は完成。 帽子の先っぽを少し倒し(曲げる)たり、リボンにビーズなど飾りをつけても可愛いですよ。 帽子のサイズをピッタリにするのが難しければ、耳の上あたりにくる位置にリボンを縫い付けて、アゴで結んでもOKなので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。 フェルト生地なら割と張りがあるので一枚でも大丈夫ですが、心配な時は厚紙を中に仕込むか、 100圴のパーティー用三角帽子を土台にしてフェルトを貼るのも手ですよ! 100圴グッズなども上手に取り入れれば、手作りといってもぐっとハードルが下がるのではないでしょうか?.

次の

猫メイク&猫耳ヘアのやり方~ハロウィン仮装にも! [メイク・メイクアップ] All About

猫 ハロウィン

可愛く仮装したワンちゃん、ネコちゃん 多くのワンちゃんネコちゃん達も100均グッズで可愛く仮装しています。 どの子もとってもお似合いですね。 100均グッズでしたら、時間もお金もあまりかけずに手軽に仮装できそうですね。 我が家のわんこも、セリアの帽子とコウモリで仮装してみました。 特に帽子は長い紐をあご下で結ばなくてはいけないので、絶対にかぶってくれないだろうと思っていましたが、オヤツをチラつかせる方法で成功しました。 (完全に目線はオヤツに…カメラ目線は無理でした。 ) 100均では「猫・小型犬用」と書いてあるものが多数で、残念ながら中型大型のわんちゃん用のグッズはありませんでした。 Amazonなどの通販サイトでは種類もサイズも豊富にあるようです。 また100均では取り扱えないようなとてもクオリティの高い仮装グッズもあり、見ているだけでも楽しかったです。 ワンちゃんネコちゃんと、今年は可愛い仮装でハロウィン過ごしてみてはいかがでしょうか。

次の