平成天皇誕生日はどうなる。 天皇誕生日2019年はどうなるの?新たな祝日の動きは?

2019年以降、12月23日はどうなるのか――平成最後の天皇誕生日を迎えて(山下晋司)

平成天皇誕生日はどうなる

Contents• 2019年の国民の祝日は何日?2018年と比較すると! 2019年の国民の祝日は、 どのようになっているのでしょうかその日にちを2018年と比較してみます。 国民の祝日 2018年 2019年 元旦 1月1日 1月1日 成人の日 1月8日 1月14日 建国記念日 2月11日 2月11日 春分の日 3月21日 3月21日 昭和の日 4月29日 4月29日 憲法記念日 5月3日 5月3日 みどりの日 5月4日 5月4日 こどもの日 5月5日 5月5日 海の日 7月16日 7月15日 山の日 8月11日 8月11日 敬老の日 9月17日 9月16日 秋分の日 9月23日 9月23日 体育の日 10月8日 10月14日 文化の日 11月3日 1 1月3日 勤労感謝の日 11月23日 11月23日 天皇誕生日 12月23日 このようになります。 ただ1点違うのが 天皇誕生日がなくなっているということです。 ちなみに 振替休日や祝日にはさまれることによってできる「休日」は、 2018年は、 2月12日、4月30日、9月24日、12月24日、 2019年は、現在のところ 5月6日、8月12日、11月4日となります。 天皇誕生日は、慣例により日本の国家の日とされ、 昭和23年(1948年)までは、『 天長節(てんちょうせつ)』と呼ばれていました。 平成天皇在位の1989年(平成元年)からは 12月23日ですね。 伊勢神宮を始め、 各地の神社では 天長祭が行なわれます。 ちなみに 皇后の誕生日は 『天長節』に対して『 地久節』と呼ばれますが、 国家の祝日ではありません。 平成天皇在位の1989年からは、 天皇の誕生日の国民の祝日は、 平成天皇の御誕生日である12月23日でした。 ちょうどクリスマスイブの前日 年末のその年の最後の祝日ですね。 しかし、 2019年は12月23日の時点では、 平成天皇は退位されています。 皇太子徳仁親王の天皇即位されています。 そして、新天皇の誕生日は、 2月23日です。 その新天皇の天皇誕生日は、 2017年(平成29年)6月16日に公布された 天皇の退位等に関する皇室典範特例法で 2020年から 天皇誕生日が2月23日なると決められているのです。 こういった理由で 2019年は天皇誕生日がない年になるのです。 天皇誕生日がない年というのは、 1948年の祝日法の施行以来、 初めての年 となります。 天皇誕生日が祝日となったのは 明治天皇の時代からです。 それ以前は、お祝いの日ではあっても 休日扱いにはならず、普段通り仕事はありました。 ・明治天皇 11月3日 ・大正天皇 8月31日 ・昭和天皇 4月29日 ・平成天皇 12月23日 大正天皇の御誕生日である 8月31日というのは、 猛暑の時期なので式典は10月31日に行われていました。 ですので 祝日は 8月31日と 10月31日の両方だったようです。 現在、 明治天皇の誕生日11月3日は文化の日です。 昭和天皇の誕生日4月29日はみどりの日です。 昭和天皇の崩御後は「みどりの日」と言われ祝日であることは変わりませんでしたが、 その後、「昭和の日」と改名され、みどりの日は5月4日になりました。 そして、 大正天皇の誕生日8月31日は平日です。 平成天皇の誕生日12月23日は祝日になるのでしょうか? もしかしたら12月23日も昭和天皇のように何かしら形を変えて残るかもしれませんが、 2019年以降の12月23日については、 それまでに天皇誕生日に代わる新たな名称の祝日が 国民の祝日に関する法律で定められない限り、平日となります。 ま と め このように2019年は天皇誕生日がないというめずらしいカレンダーとなってきます。 1948年の祝日法の施行からみても天皇誕生日の「国民の祝日」がない年ははじめてなのですね。 平成天皇の誕生日12月23日は今度どうなるのかわかりませんが、年の最後の祝日としてなんだかの記念日の祝日として 残してほしい気もしますね。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の

明仁

平成天皇誕生日はどうなる

元号が昭和だった時代には、天皇誕生日は4月29日でした。 現在は名称が変わりましたが、4月29日はもともと「天皇誕生日」という名の祝日でした。 昭和が終わり、新元号の平成になってから、4月29日は天皇誕生日ではなくなり、「みどりの日」という名前に変わりました。 2007年の改正祝日法により、「みどりの日」は「昭和の日」という祝日名に改称されています。 そして、「みどりの日」は5月4日に移行されたのです。 昭和以前の天皇誕生日は、明治天皇の誕生日である11月3日が「明治節」として祝日でした。 これは明治天皇がご崩御されてから15年後の1927年に制定された祝日です。 明治節は1948年に「文化の日」と名前が改められています。 今上天皇の退位に向けた特例法により、2019年の皇位継承時に天皇誕生日も変わることが定められました。 次の新天皇の誕生日は「2月23日」です。 皇太子が天皇に即位される日は2019年5月1日であることから、2019年の天皇誕生日はなくなることになります。 今後、天皇誕生日がなくなるということではなく、次の2020年から新しい天皇誕生日は2月23日になります。 ただ、2020年の2月23日は日曜日のため、月曜日が振替休日となります。 尚、2019年の祝日はほかにも変更があります。 2019年5月1日のご即位日は国民の祝日とされ、祝日と祝日に挟まれる4月30日と5月2日も休日と定めらました。 2019年の5月5日のこどもの日は日曜日のため、5月6日の月曜日が振替休日となり、2019年のゴールデンウィークは10日連続の大型連休となります。 また、即位礼正殿の儀が行われる2019年10月22日も国民の祝日となります。 先ほども触れましたが、昭和天皇の誕生日だった「昭和の日」について、もう少し詳しくお話ししましょう。 昭和天皇の天皇誕生日は4月29日でした。 この天皇誕生日は、1948年までは「天長節(てんちょうせつ)」と呼ばれていました。 昭和天皇の「天皇誕生日」として4月29日が祝日だったのは、1949年から1988年までとなります。 平成元年となる1989年からは新天皇のご即位にともない、「天皇誕生日」としての祝日は12月23日に改められました。 ただ、4月29日はゴールデンウィークを構成する祝日で、国民の生活にも影響が大きいことから、「みどりの日」と名前を改めて祝日として残されました。 その後、昭和という激動の時代を忘れないようにしたいという国民の要望もあったため、2005年の祝日法改正により、4月29日は「昭和の日」と改められました。 みどりの日は5月4日に変更となり、現在も祝日として残されています。 現在の「文化の日」も、もともと明治天皇の誕生日でした。 明治元年に明治天皇がご即位されたときにはまだ旧暦を用いていたため、旧暦の9月22日(新暦の11月3日)が「天長節」として祝日でした。 この天長節は1873年に太陽暦が採用された後に、正式に11月3日になりました。 1912年7月30日の明治天皇のご崩御後、明治時代が終わり、大正元年となります。 この年は11月3日に予定していた明治天皇誕生日を、8月31日(大正天皇誕生日)に変更する手続きが行われましたが、遅れて9月4日になり、結局、天長節が存在しない年となりました。 この1912年以降、明治天皇誕生日である11月3日は平日となりましたが、1927年に「明治節」として休日に定められました。 では、明治と昭和の間の大正時代、天皇であった大正天皇の誕生日はいつだったのでしょうか?「大正天皇誕生日」がいつなのかご存知ですか?大正天皇の誕生日は8月31日です。 でも、なぜその日は「大正天皇誕生日」ではないのでしょう?天皇誕生日でもなければ、ほかの祝日でもありません。 大正天皇の天皇誕生日は8月31日でとても暑い時期です。 盛暑期には各種式典を行うことが難しいなどの理由で、大正元年(1912年)以降は10月31日を天長節(本来なら天皇誕生日とする日の意味)とし、祝日として制定されました。 実際の天皇誕生日である8月31日も、天皇誕生日としての行事などは催されないものの、やはり休日でした。 つまり、天皇誕生日による休日が年に2回あったわけです。 この年に2回あった天皇誕生日がいつ廃止されたかというと、大正天皇が崩御された後になります。 昭和2年(1927年)から昭和天皇の天皇誕生日として、4月29日が「天長節」となりました。 これが戦後の1948年に祝日法が制定されたことにより、「天皇誕生日」と名称が変更されたのです。 ここでやはり疑問として残るのが、なぜ大正天皇の天皇誕生日が祝日として残されなかったのかということです。 これにはいくつかの理由があるとされています。 たとえば大正天皇のご崩御後、大正天皇誕生日を残そうとする動きがなかったこと。 大正時代は15年と短かったこと。 この短い在位期間中、大正天皇には明治天皇や昭和天皇のように後世に伝えたい偉業がないこと。 様々な考え方があるようですが、単純に祝日法で定められなかっただけという意見もあります。 尚、今上天皇は125代目の天皇です。 これまでの天皇誕生日をすべて祝日として残していたら、どうなるでしょう?大変なことになると思いませんか? 大正天皇の天皇誕生日が残されなかったことが特別というより、明治天皇と昭和天皇の天皇誕生日を、名称を変えながらも残していることが特別といえるでしょう。

次の

皇太子の誕生日は2月23日|平成以降の天皇誕生日どうなる?祝日/即位

平成天皇誕生日はどうなる

天皇誕生日は在位期間だけの祝日ですから 天皇の退位等に関するでは、 今の皇太子様が新しく天皇となれば「天皇誕生日」を2月23日に改める、 としているものの、2019年以降の12月23日については触れていないそうです。 このまま特例法にも「国民の祝日に関する法律」(祝日法)にも定められなければ 12月23日は平日に戻るのです。 過去の天皇誕生日はどうなっているかというと 明治天皇誕生日は文化の日(11月3日)、昭和天皇誕生日は昭和の日(4月29日) となっています。 大正天皇誕生日は8月31日ですが、この日は祝日になっていません。 大正時代は、文化的には「大正モダン」と呼ばれるほど華やかな時代でしたが 政治的には日本の近代化の大きなうねりが起きた激動の時代だったようです。 (大正デモクラシー) そんな時代に天皇になった大正天皇は病弱で特に政務の功績を残せなかったこと、 短命であったことなど様々な理由から崩御後に祝日として残すということにはならなかったようです。 平成の天皇は125代目。 歴代の天皇の誕生日が次々と祝日になったら、平日がなくなっちゃいますしね。 天皇誕生日が祝日になることのほうが「特例」なのですね。 「国民の祝日」と「国家の日」と「祭日」 休日にも色々あって、土・日などは民間の休息日であり、これは人によって違います。 カレンダーは赤い字で表記することが多いですが、 法律でも、 国民全員に関係する法律では日曜日を休日とする定めはありません。 祝日や祭日もカレンダーの日付は赤くなりますが、 カレンダー通りに仕事をする人はお休みかもしれないけど仕事をする人もいます。 カレンダーの数字の赤い日がお休み なのは会社勤めの人だけですねぇ。 法律で「休日とする」と定められていても、休めるかどうかは人によって違いますね。 さて、法律で「休日とする」と定められているのは 「国民の祝日」です。 「祝日」の定義は「国民の祝日に関する法律」に説明されていて、 『自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、 ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。 』 (祝日法第1条) とあります。 元日(1月1日)、成人の日(1月の第2月曜日)、建国記念の日(2月11日)などです。 他に 振替休日(国民の祝日が日曜日にあたるときに、その後の最初の平日に該当する。 ) 国民の休日(その前日及び翌日が「国民の祝日」である平日は、休日とする。 ) があります。 この中に 「国家の日」(National Day)というのがあります。 「国家の日」 とは、 その国にとって最も記念すべき日、その国の歴史上重要な出来事があった日 です。 日本では 2月11日の建国記念の日と、 天皇誕生日の2日です。 建国記念の日についてはをご覧下さい。 アメリカでは7月4日の独立記念日が「国家の日」です。 「祭日」は、「宗教儀礼上重要な祭祀を行う日」のことで、祝日とは違い、休日にはなりません。 「祝祭日」と言って一緒になってしまうのは 2月11日建国記念の日が 祭日の「紀元節祭」であったり、 11月23日勤労感謝の日が 祭日の「新嘗祭」であったりするからですね。 祝日も祭日もひっくるめて祭日と言ったりしますが、正しくは別のものなのです。 天皇誕生日だったから祝日になる、のではないんですね ということで、天皇誕生日が「祭日」になることはない、のは確かです。 天皇誕生日が祝日になりうるかどうかは、 その日が「国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日」になるのかどうか、です。 例えば、4月29日の昭和天皇誕生日は、昭和天皇が自然を愛していたことに由来し、 2006年までは自然の恩恵に感謝する「みどりの日」とされ、その後「昭和の日」となることに伴い5月4日になりました。 「昭和の日」は、 『激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす』意義がある として改名されました。 つまり、天皇の誕生日だということの他に 国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する ような理由があるかどうか(付けられるかどうか)? ということなのでしょう。 政府の見解は、 政府は特例法の制定過程で、平安時代などの上皇が「院政」を敷いて実権を握った歴史を踏まえ、「陛下の公務を全て新天皇に譲る」と説明するなど権威の二重性が生じないよう努めてきている。 政府関係者は「上皇の誕生日を祝日にすれば権威付けになりかねない。 上皇に感謝する民間行事が開かれる可能性もある。 少なくとも上皇在位中の祝日化は避けるべきではないか」と話す。 政府内では「陛下の誕生日を祝日にする場合、『過去の天皇誕生日』だけではない別の意味を加える必要がある」との見方が強い。 天皇が代替わりする度に祝日が増えることの是非も慎重に議論する見通しだ。 (毎日新聞2017年12月21日配信) だそうです。 「みんなの声」としては、 12月唯一の祝日をなくすなんて反対! とか クリスマス商戦に悪影響が とか 祝日のままにしてほしい人たちの懇願の叫び? もある一方で、 祝日なんて大ッキライ!運送業より とか 祝日は普段より忙しくなるから平日に戻してほしい とか 祝日であることがメイワクな人たちの悲痛な叫び? もあります。 実際、我が家が商売をしていた頃はこの年末の追い込みど真ん中の「休業」には 本当に参りました。 ウチが営業したとしても取引先が休業になります。 曜日の関係によっては、年内最後の出・入荷・配達などが大幅に繰り上がってしまったり 間に合わなかったりで、調整が大変、てんてこまいでした。 その時は本当にメイワクな休日でしたねぇ・・・(天皇陛下、ごめんなさい!) 今は・・・どちらでも良いです! まぁ、年の瀬の押し詰まっての「休日」がもたらす影響は良くも悪くも大きいですね。 クリスマスイヴの前日、師走の後半、学校の冬休みなどなど、 ココが平日か休日かはそれぞれ個人的に大きな違いがありそうです。 あなたはどちらが良いですか?.

次の