ノートpc 性能比較。 失敗しない! ノートパソコンの選び方

【2020年版】高性能ノートパソコンのおすすめランキング14選。最強機種をご紹介

ノートpc 性能比較

ノートパソコンのおすすめな選び方 1. CPU CPUとは、パソコンの頭脳のことです。 CPUはパソコンの処理速度に関係しており、性能が優れているほど処理速度が速くなります。 CPUには主に 「Atom」「Celeron」「Core シリーズ」があり、用途によって必要なCPUを選んでおくとよいでしょう。 「Atom」「Celeron」 は文書作成・ウェブサイト閲覧であれば問題なく動きます。 その分価格も安いモデルが多いのが特徴です。 「Coreシリーズ」には「Core i3」「Core i5」「Core i7」の3種類があり、数字が大きいものほど、CPUが優れています。 「Coreシリーズ」の特徴は、画像や動画編集などの重い処理が必要な作業でも快適に動かすことができる点です。 中でも「Core i5」以上を搭載しているモデルであれば、長期的にも使えますし、かなり重いデータ処理でもサクサク動かすことができますよ。 メモリとストレージ パソコンの処理速度を左右するのは「メモリ」です。 容量が大きいほどソフトを複数開いても快適に作業が行なえます。 CPUを助ける機能だと思ってください。 メモリは「2GB〜64GB」と幅広く、 数字が大きいものほど処理速度が早いです。 2GB〜4GBの少ないメモリでも、文書作成程度であれば問題ありません。 音楽やPCゲーム・動画編集であれば8GB以上のもメリを選びましょう。 ストレージはノートパソコン内に保存できるデータ量のことです。 ストレージには「HDD」と「SSD」の2つがあります。 「HDD」に比べ「SSD」はデータ読み書きを高速で行うため、コピーや保存などといった処理速度が早いのが特徴でしょう。 しかしHDDよりも容量は少ないですが高価格である点には注意してください。 目安としては写真・動画の保存がしたい人には128GB以上のストレージを選んでおくと良いでしょう。 OS 主なOSは 「Windows」とApple社の「mac OS」の2つです。 「Windows」のノートパソコンの特徴は「Word」「Excel」「PowerPoint」といったoffice製品が搭載されている点でしょう。 特にビジネスの場面ではoffice製品があるととても便利ですよ。 「mac OS」はiPhoneやiPadなどとスムーズな連携ができるのが特徴でしょう。 ビジネス面での汎用性はWindowに比べ高くはありません。 しかし映像や音楽・動画制作などのクリエイティブ系の仕事では非常に活躍してくれます。 操作性も非常にシンプルでi直観的に動かせるのがポイントです。 ノートパソコンの比較!おすすめのノートパソコン人気ランキングTOP5 1位:Dell Inspiron 14 5000 プレミアム• 通常価格 87,980円• 特徴 日経BPのノートPC部門顧客満足度調査で1位を獲得した、Dellのノートパソコンです。 Windows10を搭載しており、メモリ8GB・258GBのSSDと高性能ながら価格は10万円以内とコストパフォーマンスに優れたノートパソコンです。 CPUもCore i5と重い処理であってもサクサク快適に動かすことができます。 ビジネスシーンではとても活躍してくれるでしょう。 口コミ 12~14インチ、Core i5以上でなるべく軽いもので考えてたところ、本品を発見。 プロセッサが上記のモデルより新しく性能も良いWhiskey Lakeであったことが決め手で購入に至りました。 使用してみて、起動が早く動作もモッサリ感がなく快適です。 ネットするだけなら多分有り余るくらいの性能。 多分職場のデスクトップより性能が良いので仕事で使いたいくらい… () 使ってみて動作も遅くなく、サクサク動いて快適です。 東芝の物より値段も安く済みました。 画面はベゼルが狭くできているので大きく見やすいですし、バッテリーも60%残量で残り5時間22分と出ているくらいですので、丸一日とはいかなくてもAC無しでも程々作業ができます。 () 色合い、さわり心地、ともいい感じです。 もちろんスペックの方もこの値段にしては、十分と思います。 Core i5 + メモリ容量8Gですので、どんな作業(オフィス、インターネット、動画などなど)をするにも事足りますし、重くなることはほとんどありません。 メモリの増設はできませんが、8Gなので問題ないですね。 ビデオチップには、Intel UHD Graphics 620が搭載されていますし、SSDも256GB搭載されているので、快適です。 () 2位:HP Pavilion 15-cu0000• 通常価格 71,000円• 特徴 最新の第8世代のCoreを搭載しており、前世代よりもさらに高速な処理速度を実現しています。 SSD搭載モデルを選ぶことができ、最大1TBもの保存が可能です。 ビジネスシーンのみでなく、はじめて購入する方でも非常に使い勝手がよく価格もお手頃なため、非常におすすめです。 口コミ Pavilion 15-cu0000は、HPで一番人気だったPavilion 15-cc100の後継機種です。 いくつかのマイナーチェンジが施されていますが、基本的な部分に大きな変化はありません。 6型フルHDのIPS液晶、必要十分なスペック、リーズナブルな価格と条件がそろっており、「一般ユーザーがPCを1台だけ所有するとしたらこんなPCがいいな」というツボを押さえていると思います。 ただし、液晶は光沢で、ここは好き嫌いが分かれるところです。 () Pavilion 15-cu0000は、多くの方にちょうどいいスペックの15. 6型ノートPCです。 UシリーズのインテルCoreプロセッサーに、フルHD IPSの見やすい液晶を搭載しており、一般的な用途であれば、快適に作業できるでしょう。 価格は7万円台からと比較的安いのに、見た目は高級感があり、他の人に自慢できるデザインです。 1年間のなんでも相談できるサポートのセット販売もあり、初心者にもおすすめです。 SSDを搭載することで、Windowsやアプリの起動速度が速いです。 また、1TBの大容量のHDDも搭載しているので、動画や写真などのかさばるデータも容量を気にすることなく保存できます。 ただし、残念ながら、SSDのみの構成としたり、SSDを大きな容量に変更したりといったカスタマイズはできません。 128GBのSSDでは容量が少ないと感じる方も多いと思うので、256GB以上のSSDが選べると良かったです。 () 3位:Surface Pro 6• 通常価格 129,384円• 特徴 ノートパソコンとしてもタブレットとしても使うことができる、Microsoft社が発売している製品です。 超薄型で重量はわずか770グラムしかないため、外出の際でも気軽に持ち運びができます。 他のノートパソコンとは異なり、取り外しができるキーボード・タッチパネルを搭載しているのが特徴でしょう。 価格は10万円を超えてしまいますが、その分機能性が優れているため、買い替えを検討している方などにはとてもおすすめです。 口コミ 画面:今まで使っていたノートの中では1番きれいに感じます。 キーボード:予想以上にキーボード感がしっかりしていて手に馴染みます。 長文を打つといった用途だともっとしっかりしたものが欲しくなるかもしれませんが、普段使いには十分です。 タッチパッド:操作性はいい感じです。 やはり、マウスカーソルがあると操作性が上がります。 性能:core i5バージョンですが、3D等の重いゲームは厳しいでしょうが普段使いの性能としては十分です。 全体としては、カバー付きで3万5千円割引で買えて大満足の一品でした。 () 初めてのタブレットの購入だったから、アップルを取るかSurfaceを取るか迷いましたが、キーボードとタブレットの角度調整が、アップルよりSurfaceの方が良かったのでSurfaceを購入しました。 テクニカルサポートが1年間ついています。 わからないときはマイクロソフトにTELして遠隔操作して問題解決しています。 () 仕事の持ち運び用に買いました。 軽量でバッテリーの持ちも良く、非常に満足してます。 通勤時はタブレット、コーヒーショップではタイプ付と使い分けています。 おススメです。 () 4位:マウスコンピューター mouse ノートPC MB-FC08SZD• 通常価格 57,811円• 特徴 マウスコンピューターといえばコストパフォーマンスに優れているのが最大の特徴でしょう。 こちらのノートパソコンもメモリ8GB・SSD128GB・windows10を搭載していながら、価格は6万円を切っています。 CPUはCeleronですが、とりあえず1台ノートPCを持ってお規定という人にはピッタリのモデルですよ。 口コミ CPUスコアはどちらも低い2000前後の低レベルですが違いはHDDとSSDでしょう。 別次元の速さで電源入れてコーヒー作ってる暇もありません。 立ち上げ速度だけでなく例えば左に動画再生、右画面にブログ書き込み作業しててもなんら問題なくこれ以上スピード必要な方はゲームや動画編集といったマニアックな使用だけだと思います。 () 約5年ぶりにノートパソコンを購入しました。 スマホも国産メーカに変更したので、パソコンも国産メーカに変更しました。 まず、5年間でだいぶ進歩しているなと感じました。 フルハイビジョンのグレア液晶のノートパソコンをこの価格で購入できて満足です。 最初Windowsの壁紙がうすい緑色なのでグレア液晶なのかノングレア液晶なのかよく分からなかったのですが、乃木坂46のスクリーンンセイバーを起動させると鮮やかなカラーでグレア液晶だなと思いました。 添付されていた仕様書にもグレア液晶と記載されていました。 写り込みみも特に気になりませんでした。 また、SSDのためなのか、アプリをクリックすると1秒程で立ち上がるので満足しております。 () ブラウジングや動画再生など使用法を限定すれば安くてSSDなので起動も速く便利です。 セカンドPCとしてオススメ。 () 5位:Apple MacBook Air 13インチ, 1. 6GHzデュアルコアIntel Core i5)• 通常価格 145,573円• 特徴 Apple社が2018年に発売したMaBook Airの最新モデルです。 ディスプレイの綺麗に加え、圧倒的な軽さがMacBookの最大の特徴でしょう。 指紋認証にも対応しているなど最先端の技術が搭載されているノートパソコンと言えるでしょう。 Apple製品との親和性がとても高いため、Apple製品を持っている・仕事のメインPCとして使いたいという方におすすめです。 口コミ 2015年製のMacBook Air 11-inch, Early 2015 からの買い替えですが、まず感じたのは「爆速!」でした(特に起動)。 仕事用に使用するメインマシンであり、また最近はPCの使用寿命が長くなっていると感じて、メモリを16GB、ストレージを512GBに増設しましたが(合計200,800円にアップ)、IllustratorやPhotoshopを使った作業をしていますが、主にWEB制作でデータが軽いせいか、速度的な不満を感じたことはありません。 (ちなみに以前のマシンから使っていたCS6が今のところ問題なく使用できています。 MicrosoftOfficeも同様です)() IPS液晶のRetina ディスプレイは綺麗です。 macOSというかUNIXに憧れもあるので選びました。 個人向けのUNIX系OSを搭載したメーカー品のパソコンはMacだけです。 標準のフォントがWindowsよりも綺麗だと思います。 自分は重い処理が必要なことはしないのでMacbook Airでも遅いと感じたことはありません。 でも値段がやはりお高めですね。 () 5年ぶりくらいの機種変更。 とにかく画面の見た目が綺麗になるのはインパクトが非常に大きかった。 あと、指紋認証は非常に便利で、いちいちパスワードを入れなくても良いのはとても快適。 また、キーボードは独特の音はでるものの非常に打ちやすく、トラックパッドのクリック感も個人的に好み。 久しぶりに機種変して良かったな、と思うデバイスでした。 () 比較表 順位 1位 2位 3位 4位 5位 商品名 Dell Inspiron 14 5000 プレミアム HP Pavilion 15-cu0000 Surface Pro 6 マウスコンピューターMB-FC08SZD Apple MacBook Air(2018) 価格 87,980円 71,000円 129,384円 57,. 811円 145,573円 CPU Core i5 Core i5 Core i5 Celeron Core i5 メモリ 8GB 8GB 8GB 8GB 8GB ストレージ HDD256GB SSD128GB SSD128GB SSD128GB SSD128GB 重量 1,48kg 約2. 07kg 770g 2kg 1. 25kg Q&A Q:ゲームができるスペックで、おすすめのノートパソコンは? ゲーミングノートパソコンを選ぶときには、以下の設定がおすすめです。 CPU Core i7• メモリ 16GB以上• ストレージ SSD1TB 上記3点の性能があれば、処理速度も速くゲームが途中で止まってしまったり、起動が遅くもならず快適にゲームが行えるでしょう。 この性能を選んだ上で、グラフィックスや液晶を決めてください。 おすすめのゲーミングノートパソコンは「HP OMEN by HP 15」です。 機能性に加え、グラフィックスの処理・液晶ががとても優れており非常に高いスペックのゲーミングノートパソコンです。 価格も16万円〜と機能とのバランスも良いため、初めて購入する方に非常におすすめですよ。 まとめ ノートパソコンは、自分の用途と予算を把握した上で必要な性能のモデルを購入しましょう。 年々進化を遂げているノートパソコンですが、毎年買い換えるものではないため、慎重に選ぶ必要があります。 ぜひ購入の際には、この記事を参考にしてみてください。

次の

ノートパソコンのCPUベンチマークと性能比較【2020年最新版】

ノートpc 性能比較

「子どもが使えるパソコンが欲しいけれど、悪影響のあるWEBサイトが多くて心配」小学校のプログラミング教育が必修となり、お子様も安心して使えるパソコンをお探しの 方は多いのではないでしょうか。 ASUSのノートパソコンは、 「Google ファミリーリンク」対応でWEBサイトの閲覧やアプリのインストール制限ができるため、お子様でも安心・安全に使えます。 非光沢タイプの液晶画面なので、光の反射が少なく目も疲れにくいですよ。 重さも約1. 43kgと軽量で、持ち運び楽々なのもお子様用パソコンとして嬉しいポイントですね。 「子どもが騙され不正サイトにアクセスしてしまって請求書を見てびっくり!」なんて事態も避けられる安全性が高いノートパソコン。 子供が使う機会があるなら、ぜひおすすめです。 商品ステータス 「ノートパソコンで作業をしているけど、動作が遅くてイライラする」起動やデータの読み込みが遅いパソコンは、作業効率も悪くなって使うのも嫌になりますよね。 HPのノートパソコンは、HDD搭載のパソコンに比べてデータの読み込み、書き込みで圧倒的な優位性を持つSSD搭載。 速度が速いだけでなく、「衝撃に強い」「バッテリーの持ちが良い」など利点が多いのも注目ポイントです。 非光沢ディスプレイなので、目も疲れにくく長時間作業をする方にもおすすめですよ。 少しパソコンを使いたいだけなのに起動にばかり時間がかかってうんざりしていた方も、高速起動でサッと調べ物ができますよ。 ぜひ試してみてくださいね。 " 商品のステータス バリバリ働くサラリーマンの方は、電車や新幹線の中などいろんな場所でパソコンを開きたくなる場面に直面することはないでしょうか。 HPのノートパソコンは、 360度回転ディスプレイで、タブレットモードや接地面が狭い場所でのテントモードなど場所を選ばずに使用することが可能です。 高精細で美しいディスプレイはタッチ対応スクリーンで、電車の中でも簡単に資料確認できますよ。 最大11時間のロングバッテリー搭載で外出先でも充電の心配なし。 このパソコンを手に入れれば、パソコン内の資料確認のためにいちいち途中下車してベンチでパソコンを開く必要はありません。 問い合わせがあっても「今確認します」とすぐに対応できるスマートなサラリーマンになってみませんか。 " 商品のステータス.

次の

PCのスペックの比較方法について詳しく分かりやすく解説!OS・CPU・メモリ・ストレージの選び方の基準とは?

ノートpc 性能比較

デスクトップパソコンとノートパソコンのメリット・デメリット比較 ビジネスや実用的な用途でパソコンを使用するなら、おのずとデスクトップパソコンとノートパソコンのどちらかが選択肢として見えてくると思います。 近年ではWindows10搭載のタブレットなどの性能の良い小型パソコンも登場してきましたが、やはり使い心地や実用性という面では、デスクトップやノートパソコンの方が優る部分もあるからです。 デスクトップパソコンとノートパソコンではどちらが良いのか、用途別に比較してみました。 性能が高いのは? 性能の高さで比較すると、デスクトップパソコンを選ぶ方が良いです。 特にタワー型などの大きいデスクトップパソコンだと、ビデオカードなどを搭載することができるからです。 グラフィック性能を上げるビデオカードは、パソコン内部に十分なスペースがないと設置することができません。 つまり、内部が狭いつくりになっているノートパソコンでの設置はできないのです。 そのため、ゲームやイラスト作成などグラフィックに重点を置きたいのであれば、デスクトップパソコンの方がメリットが大きいと言えます。 拡張性があるのは? 拡張性の高さは、パソコンのスペックを向上させられるかどうかということです。 拡張性の高さから見ても、デスクトップパソコンの方が良いと言えます。 理由は、パソコンが大きい分、マザーボードも大きく、PCパーツの交換や増設がしやすいためです。 ノートパソコンだとメモリの増設はできるものの、CPUが交換できないなど、拡張性にどうしても限りがあります。 きっちりと詰められて設計されているために、増設などのスペースがあまりないためです。 購入後拡張する予定があるなら、迷わずデスクトップパソコンにした方が良いでしょう。 携帯性が高いのは? パソコンの持ち運びを重視するのであれば、ノートパソコンの方に軍配が上がります。 デスクトップパソコンの場合、パソコン本体の他、ディスプレイやキーボードなどが単体で接続されていることが多く、持ち運びには不向きだからです。 また、電源に接続していないと使用することができません。 一方、ノートパソコンは、たたんで収入できる上に軽量なので、持ち運びも容易にできます。 キーボードやディスプレイは一体式ですし、タッチパッドもついているため、特段外部接続の機器を必要とすることもありません。 また、電源プラグに接続していなくても、一定時間は内部のバッテリーで使用することができるので、電源がない場所でも使用することができます。 スペースを節約できるのは? 限られたスペースでの使用を目的としているのであれば、ノートパソコンの方が便利です。 デスクトップパソコンは、接続しなければならない周辺機器も多いため、充分に設置できるだけのスペースが必要になります。 しかし、ノートパソコンの場合は、ノートパソコンの横幅と奥行きのスペース、つまりA4サイズなら、A4サイズのスペースさえあれば十分です。 さらに、あまり推奨はできませんが、膝の上や床の上など場所を選ばず使用することもできます。 また、折りたたんで収納できるため、収納場所にも困りません。 スペースをできるだけ節約したいのであれば、ノートパソコンの方が良いでしょう。 コストパフォーマンスはどっちが良い? 性能と価格という面でデスクトップパソコンとノートパソコンを比較した場合、どちらのコストパフォーマンスが良いのでしょうか。 単純に大きい方が、コストパフォーマンスが悪いというというのは間違えです。 パソコンなどの精密機器は、小型化するほど価格は上がっていきます。 つまり同じ性能であっても、ノートパソコンの方が、価格が高くなってしまうということ。 性能も交えて比較するのであれば、コストパフォーマンスのよいデスクトップパソコンの方がおすすめです。 ノートパソコンとデスクトップパソコン、どちらが良いかは一概には言えません。 目的によって、両方にメリットもあれば少なからずデメリットも存在するからです。 デスクトップパソコンとノートパソコンで迷った場合は、どちらが自分の目的に合っているのかしっかり吟味したうえで購入することをおすすめします。

次の