スープ ジャー。 1週間スープジャーレシピ!これでデスクランチも温かい

スープジャーの選び方 おすすめ保温弁当箱・フードポット

スープ ジャー

スープジャーを使った手作りコーンスープの作り方を紹介します。 まず、スープジャーに沸騰したお湯を入れ、蓋なしで5分程度放置して容器を温めます。 ブロッコリーは小房に分け、にんじんはピーラーで薄くスライス、ベーコンは細切りにカットします。 フランスパンはトースターで焼きます。 次に、ピザ用チーズ以外の材料をすべて小鍋に入れて1~2分煮込みます。 最後に、スープジャーのお湯を捨てて煮込んだスープを入れます。 ピザ用チーズをトッピングして蓋を閉めます。 1時間半ほど放置したら完成です。 フランスパンは、食べる直前に乗せましょう。 手作りコーンスープレシピは、コーンクリーム缶を使った野菜たっぷりレシピです。 コンソメ味のコーンクリーム缶を使えば、味付けも必要ありません。 前日に作って、当日に温めたものを入れてもOKです。 スープジャーを使ったじゃがいも入りチャウダーの作り方を紹介します。 まず、スープジャーに沸騰したお湯を入れ、蓋なしで5分程度放置して容器を温めておきます。 新じゃがいもは7mm角にカットします。 ツナ缶は油を切ります。 次に、材料をすべて小鍋に入れます。 片栗粉が溶けるまで混ぜたら、1~2分煮込みます。 火を止めて塩こしょうで味をととのえます。 最後に、スープジャーのお湯を捨てて煮込んだスープを入れます。 蓋をして2時間程度放置したら完成です。 じゃがいも入りチャウダーレシピは、新じゃがいもを普通のじゃがいもに、牛乳を豆乳に代用してもOKです。 大根やキャベツ、シーフードなどお好きな具材を足して調理しましょう。 こしょうは粗挽きがおすすめです。 塩にもこだわってみましょう。 今回はツナ缶の油を切りましたが、気にならなければ入れた方がコクが出てより美味しく仕上がります。 スープジャーを使った中華風野菜スープの作り方を紹介します。 まず、スープジャーに沸騰したお湯を入れ、蓋なしで5分程度放置して容器を温めておきます。 ロースハムは短冊切り、白菜とにんじんは千切り、はるさめと青ねぎは長さ4cmにカットします。 もやしのひげは取りましょう。 次に、小鍋に具材と水・鶏がらスープの素・酒・おろし生姜・塩・黒こしょう・ごま油を入れ、1~2分煮込みます。 最後に、スープジャーのお湯を捨ててはるさめと青ねぎ・白いりごまと煮込んだスープを入れます。 蓋をして2時間程度放置したら完成です。 中華風野菜スープレシピは、生姜たっぷりで体が温まる具たっぷりの和風スープです。 はるさめを水で戻す必要がないので、手軽に調理できます。 おろし生姜はチューブタイプでもOKです。 スープジャーを使ったスパイシーカレースープの作り方を紹介します。 まず、スープジャーに沸騰したお湯を入れ、蓋なしで5分程度放置して容器を温めておきます。 たまねぎとにんじんはみじん切りにします。 次に、お鍋にオリーブオイルとおろし生姜を入れ火にかけ、たまねぎ・にんじん・むきえびを炒めます。 たまねぎが透き通ったら、水・鶏がらスープの素・カレー粉・みりん・しょうゆとプチトマトを入れて1~2分煮込みます。 最後に、スープジャーのお湯を捨てて煮込んだスープを入れます。 蓋をして2時間程度放置したら完成です。 保温調理にすることで、むきえびが硬くなりにくいというメリットがあります。 スパイシーカレースープレシピは、みりんを入れて味をマイルドにしています。 たまねぎは、新たまねぎを使うと甘みが増します。 おろし生姜はチューブタイプでもOKです。

次の

スープジャーを使い倒す!人気レシピ10選+超簡単最速レシピ5選!

スープ ジャー

今シーズン最初のスープ本が、マガジンハウスから本日発売されます! タイトルは 『朝10分でできる スープ弁当』。 そうです、スープをお弁当に持っていきましょう、というご提案です。 保温できるミニ魔法瓶みたいな スープジャー(1千万個売れているんですって。 驚き)にスープを詰めて持っていくのがスープ弁当です。 スープジャーは スープの温かさをキープしてくれるだけでなく、なんと、具材をジャーの中で 保温調理してくれます。 朝10分以内でサッと煮るだけで、お昼には具だくさんのスープができている、というわけです。 今日はスープジャーの性質と使い方を、かんたんに解説します。 本ではサーモスの300mLを使ったので、それを使って紹介していきますね(スープジャー比較はまた別の機会にやろうと思います。 ) サーモスのスープジャー300、サーモス公式では2,728円(税込)です。 ネットの実勢価格はもうすこし安く、気軽に手に入ります。 大手スーパーや家電量販店などにもコーナーがありますよ。 スープジャーってどんなもの? スープジャーのふたをあけると、 本体・内ぶた・外ぶたという風になっています。 ふたパーツにはそれぞれパッキンがついていて、しっかりと密閉されます。 ドリンクボトルほど凹凸のあるパーツはなく、シンプルです。 この写真の左のもののように、ふたが空きやすいよう空気抜きのダイヤルがついているのも。 色や形、サイズもさまざまです。 ちなみにサイズは一人分のスープなら、300か380、せいぜい400mLがいいのではと思います。 ちなみに、お椀や片手のスープカップに入るのはだいたい200mLぐらいです。 500mLなどのでっかいサイズは、何に使うんでしょうね。 スープなら二人分ですね。 現代人に嬉しいスープジャーのふたつの機能 スープジャーには、2つの機能があります。 普通に作ったスープや味噌汁を朝にジャーに詰めて持っていけば、昼まで温かさをキープ。 一生懸命働いてお昼のランチにあったかい汁物、嬉しいものです。 魔法びんと同じなので、もちろん冷たいものもクールにキープ。 そしてもうひとつ、ささっと肉や野菜を煮て、 まだ半煮えでもスープジャーに入れて置くと、数時間で中までじっくり加熱されて、お昼には食べられます。 これまた、忙しい現代人にありがたい特長ですよね。 4時間ジャーで保温したじゃがいも。 入れたときは生でも、昼にはちゃんと食べられます。 使い方のコツは「保温」に尽きる 保温調理をするときの最大のポイントは、当然すぎですが 「保温」です。 最近のスープジャーは性能がよく、保温力も高いです。 それでもサイズが小さいため、ぬるい状態で持っていくと、冷めやすく保温調理もうまくできません。 ちょっとしたコツを知っておくだけで断然違います。 あっためポイントはこの4点。 最近はティファールみたいな電子ポットですぐお湯がわくので気軽ですよね。 もちろん、使うときには湯は捨てます。 残念ながら レンジにはかけられませんので、お気をつけください。 しかしこの場合、野菜は熱湯で温める必要があります。 それぐらいなら鍋で煮ちゃった方が早いし確実、ということで、私のレシピは小鍋でサッと煮しています。 具材は完全に煮る必要はありません。 肉、魚、卵には火を通したいのですが、じゃがいも、大根、にんじんなど煮えにくいものはまだ固くても大丈夫。 さっと煮立てて味をつけたら、ジャーにいれてOK。 (最初は具が大きすぎないほうが失敗しにくい) 先にオイルで炒めたり、焦げ目をつけたりすれば、味わいに変化もつきます。 汁がちょっと多めだったりすると、内ぶたの真ん中についた穴からスープが出てきます。 そんなときはあわてず内ぶたをはずし、はみでた分を捨てましょう。 外ぶたも閉めたら完成! このまま持ち運べるのですが、 できれば何かでくるみましょう。 これも保温に役立ちます。 専用の保温袋も売っていますので、利用するのもいいと思います。 なければタオルでくるむだけでも全然違います。 私は冬に家で作るときなど、セーターやダウンを巻いてしまったりします。 寒いところに出しておくとその分早くに冷めるからです。 こうして保温に留意すると、熱々のおいしいスープがお昼に食べられます。 ぜひ、お試しください。 スープジャーの注意点 ここまで読むと万能感のあるスープジャーですが、いくつか注意点があるので、お伝えしておきますね。 また、一度開けたジャーにふたをすると、今度は雑菌の温床になるので、開けたら食べ切ってください。 レンジを使いたいときは、一度お皿などに移してから。 言うまでもないと思いますが、火にかけるなんていうのも絶対ダメです。 また、温玉などもできるのでは?とつい考えてしまいますが、卵の生はキケン。 かきたまやオムレツ、ゆでたまご的なものならOKです。 牛乳もしっかり温めた状態で。 切りかたが大きすぎると、火が通りにくいのと、そもそもジャーに入らないので、最初はやや小さめで試し、慣れたら大きくしていくとよいと思います。 スープジャーの洗い方 スープジャーは密閉するためにパッキンがついているので、これをきちんと洗うのが清潔をキープするコツ。 これが、スープジャーの基本のパーツ。 内ぶたと本体を密閉する輪のパッキンと、内ぶたの穴をふさぐ小さなパッキンがあります。 小さいので、キッチンハイターなどで つけ置き洗いがラクかなと思います。 ジャーのほうは、このサイズについては手を入れて奥まで洗えます。 スープジャーによって、多少パーツの数が変わります スープジャーで自分を大切にする昼休みを みなさん、毎日どんな昼休みを過ごされていますか? ランチはどこで食べているでしょうか。 環境が限られていて、場所も食べるものもそれほど自由にはならないかもしれません。 それでも、午前中仕事、また夕方や夜まで長いこと仕事をするのですから、一度しっかりリセットしたいところ。 毎日とは言わないまでも、野菜たっぷりのほっと休まるスープ弁当が週のうち何回か入ると、身体にエネルギーをチャージし、心の空気を入れ替えられると思います。 おいしい昼休みを過ごせたら、午後の活力が沸いてきそうです。 ぜひ、スープジャーを活用してみてください。

次の

【徹底比較】スープジャーのおすすめ人気ランキング10選

スープ ジャー

INDEX• 具材を切って、入れておくだけで、ホカホカのスープがランチでいただけるスープジャー。 野菜をたっぷり摂りたい女性たちに大人気ですが、この高い保温効果はもちろん保冷にも役立ちます。 保冷効果を利用すれば、暑い夏にぴったりなひんやり冷たいお弁当を手軽に持っていくことができるんです。 会社や学校、そしてレジャーや、運動会など活躍するシーンはたくさん! 夏の冷たいお弁当をスープジャーで作るポイント 冷たい麺やサラダなど、ひんやり夏弁当をスープジャーで作るのに大切なポイントをいくつかご紹介します。 まず、あらかじめスープジャーを冷やしておくことが大切。 氷水を入れてふたをしておくか、ふたを外してラップをかけて冷蔵庫に入れておきましょう。 ただし冷凍庫はNG。 具材を切ったら、氷水を捨て、調味して入れれば、保冷効果が持続して、ひんやり夏弁当がおいしくいただけます。 スープジャーの保冷(保温)の目安は6時間です。 (お使いのスープジャーによって異なるので、事前に取扱い説明書で確認を)。 それを超えると保冷効果が下がり、腐敗する可能性も。 朝作ったら、ランチで食べきるようにしましょう。 また、食べ終わったジャーを放置すると、カビやにおい移りの原因になるので、食べ終わったら水ですすいで、衛生を保つ気配りも大切です。 暑い日におすすめ!スープジャーで作る冷たい麺レシピ集 「ぶっかけそうめん」 さっと食べられるそうめんは、夏のランチにぴったりです。 薬味で変化をつければ、食欲が落ち気味な日でもツルっといけそう。 トッピングを工夫すれば、コンビニのそうめんとはひと味違った自分好みの1杯が完成します。 食べごろは、作ってから4時間くらいまで。 [材料]1人分(300mlのスープジャー使用)糖質:21. 4g、144kcal そうめん ……50g ごま油 ……小さじ1 青じそ ……3枚 みょうが ……1本 すだちの薄切り ……1枚 <A> 水 ……150ml 麺つゆ( 2倍濃縮)……50ml 氷 ……2個 [作り方] <1>青じそ、みょうがはせん切りにする。 <2>そうめんはかためにゆで、流水で洗って水気をきる。 ごま油であえ、<1>とすだちといっしょに密閉容器に入れる。 <3>スープジャーに<A>と氷を入れ、ふたをして4時間以内にいただく。 食べるときに<2>のそうめんを加え、薬味をのせる。 「冷やし中華」 夏の定番、冷やし中華をスープジャーで作れば冷たいまま味わえます。 お酢の酸味と香ばしいごまの風味が食欲をそそるので、食欲が落ちがちな暑い日のお弁当にぴったりですね。 いろいろなシーンで重宝するスープジャーを使って、暑い夏もおいしく乗り切ろう。 レシピ考案:フードコーディネーター・星野奈々子 ほしのななこ。 慶応義塾大学卒業後、日本IBMにてITエンジニアとして働きながら、本格的に料理を学ぶ。 退社後、ル・コルドン・ブルー代官山校 フランス料理ディプロマを取得、祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し、独立。 フレンチから和食、エスニックと幅広いジャンルを得意とし、作りやすくておしゃれなレシピが人気。 『スープごはんと煮込みごはん』、『下ごしらえして漬けるだけ!焼くだけ! ほったらかしレシピ』、『簡単! おいしく作れる! スキレットレシピ』(すべて小社刊)、『焼きっぱなしフルーツの香ばしレシピ』(辰巳出版)など著書も多数。 本書ではスープジャーで作るとっておきの弁当レシピを紹介し、スタイリングも手がけている。

次の