コロナ禍ってなんて読むの。 【「コロナ禍」ってなんて読むんでしょうね?】~日創研「逆境を乗り切る業績アップオンラインセミナー」~

コロナ鍋もトレンド入り「コロナ禍」一体何て読む?

コロナ禍ってなんて読むの

コロナ渦・コロナ渦中の読み方「うず」は間違い? 世界中で猛威を振るっている新型肺炎コロナウィルス。 世界中でも多くの死亡者を出して、私たちの日本でも猛威を振るい自宅待機など生活や経済に多大な影響をもたらしていますよね。 そんな中で皆さん 「コロナ渦」「コロナ渦中」という言葉や文字もよく目にしませんか? これ・・実際に皆さんなんて読んでいますか? 「 渦」というのは、「 うず」と読むのですが「 コロナ渦中」は「 コロナうずなか」? 実は、この漢字を読めない人が最近大勢いて勘違いが発生しているそうです! 「 渦(うず)」という漢字は存在するのですが、 「コロナ渦」という日本語は存在しません。 という所で大きな驚きですが、ではどうしてテレビや新聞などで「 コロナ渦」という文字を私たちは目にするのでしょうか? 実はテレビや新聞で使用されているのは「渦」という漢字ではないのです。 正しい漢字はこちらです。 「 禍」で、皆さん読めますか? この「禍」は、音読みで「 カ」と読むので「コロナ禍」と書かれていると「 コロナカ」と読むことになります。 訓読みでは「わざわい」とも読むらしく、漢字って難しいですね・・。 コロナ禍・コロナ禍中の意味は? ではそもそも 「 コロナ禍」ってどういう意味なのでしょうか。 日本人を30数年やってきましたが、全く知らない言葉なのですが皆さんいかがですか?笑 コロナ禍の意味はこちらです。 「 新型コロナウィルスが招いた危機的、災厄的な状況」 コロナ禍という言葉に、そこまでの意味が含まれていたなんて知りませんでした。 そしてもう一つ目にする「 コロナの禍中」の意味は分かりますか? こちらです。 「 新型コロナウィルスが原因で混乱した騒ぎの中」 ~の禍中という言葉は聞いたことがありますので「コロナの禍中」の意味は理解できますが、日本語は奥深いですね・・。 コロナ禍・コロナ禍中の使い方は? コロナ禍の意味は理解しましたが、では日常的に私たちはどのように「 コロナ禍」という言葉を使えばいいのでしょうか? 「 コロナウィルスによって私たちがもたらされる不幸」 というのが、大体の意味ですので「まじで、最近コロナ禍だよね~(最近、コロナで私たち不幸だよね~」という様な意味で使うのが正しいのかちょっと難しい所だと思います。 しかし調べてみると、私が上記で書いた「 最近コロナ禍だよね~」という意味の使い方ではなく、正しい使い方があるようです。 例文をいくつか見つけました。 「 コロナ禍によって客足が激減し、閉店を余儀なくされた。 」 政府から出された全国緊急事態宣言によって、営業を自粛に追い込まれた飲食店やホテルなどの現状もニュースなどで連日取り上げられています。 外出自粛などによって、客足が激減し閉店するしかなくなった。 という状態を「コロナ禍」と表現するのですね! 「コロナ禍は学生たちの就職活動にも多大な影響を与えている。 」 新型コロナの影響で、営業などが悪化し内定を受けていた学生たちの多くが営業不振で内定取り消しになった。 というニュースも多く目にしました。 そのような学生たちの現状も「コロナ禍」になるのですね! コロナ禍の間違いやすい漢字まとめ コロナ「禍」の漢字って一目見て、一発で「カ」と読む人って少ないのではないでしょうか。 実際に間違いやすい漢字が多く存在しています。 事実、私自身も恥ずかしいですがずっと「 禍」ではなく「 渦」と読んでいました。 他にも「 渦」だけでなく「 鍋」と勘違いしていた人もいたようです! 「コロナ禍ってずっと、コロナ渦(うず)だと読んでた。 恥ずかし」 「え・・コロナ「カ」って読むの?コロナ鍋だと思ってたんですけど!!なんか鍋の中でコロナに煮られているみたいな表現なんだ。 と思ってたww」 と勘違いしていた人が多いようで、私だけでなくちょっと安心しました。 笑 なんでコロナ禍って言われるの? 「コロナ禍」と言われるようになった理由については、分かっていません。 しかし、確実にコロナが世界で特に日本で猛威を振るうようになったのは2020年からです。 なので2020年以降にコロナが猛威を振るいだして、その現状を伝えるために 新聞やネットニュースなどのマスメディアで使用されることが増えたからなのではないか。 と言われています。 なので、コロナが発生していなければ「 コロナ禍」という言葉は存在しなかったわけです。 まさに新しい日本語が誕生した。 という事になります。 今回は、コロナ渦・コロナ渦中の読み方や正しい漢字、そして意味について記載しました。 見たことがある漢字にどうしても思えてしまうんですね。 恥ずかしい思いをしないように、これからはしっかりと見たいですね!.

次の

「コロナ禍」ってなんて読むの?最近よく目にする「禍」は「渦」(うず)ではない!?

コロナ禍ってなんて読むの

大ヒット曲のタイトル『紅蓮華』、正しく読めますか?いまさら聞けない読み方をおさらい! 今年の夏はコロナ禍の影響で、例年通りにレジャーを…というわけにもいかなそうですね。 そんな中、筆者がぜひご提案したいのが「お花見」です。 「お花見」というと春の桜を連想しますが、この時期に見頃を迎える美しいお花もたくさんあります。 アジサイ、ラベンダー、蓮(はす)、ヒマワリ、キキョウ、キバナコスモスなどなど・・・。 これらの花の名前と、お住まいの地区名を合わせてネット検索してみてください。 意外にも比較的近所の、今まで気に留めたこともなかったような何気ないスポットが、お花のプチ名所になっている…という発見に出くわすかもしれませんよ! また、東京・上野の不忍池(しのばずのいけ)で見頃を迎える蓮の花や、京都・亀岡で五万本のキキョウが咲き誇る「ききょうの里」など、全国の花の名所の写真や動画を、ほぼオンタイムで、ネット上にアップしてくださる方もいらっしゃるでしょう。 実際に名所までは行かれない時にも、どなたかの「美しい風景のおすそ分け」をいただいてみてはいかがでしょうか? というところで、本日の1問目です。 【問題1】「綻ぶ」ってなんと読む? 「綻ぶ」という日本語の読み方をお答えください。 ヒント:「花の蕾(つぼみ)が少しひらく」などの意味を持つ言葉です。 <使用例>「蓮の花は午前中しか咲かないから、思い切って早朝に出かけて、花が綻ぶ瞬間から見たいわ!」 「破綻(はたん)」の「綻」だと気づいた方は、スムーズに読めたかもしれません。 「綻ぶ」という日本語には「花の蕾が少しひらく」という意味のほか、「表情がやわらぐ」というプラスイメージの意味もあるのですが、 「破綻(はたん)」という言葉の「綻(たん)」という漢字であることから「綻(ほころ)ぶ=縫い目がほどける」というマイナスの意味を、まず連想しがちです。 こぼれるように花が開く瞬間や、硬い表情の方はふわりと口元をゆるめる優しい表情…そんな美しいイメージも表現している漢字なのです。 同じ状況でも、見方を変えるだけで意外な発見がある…と教えてくれるような日本語です。 コロナ禍の続く夏ですが、意外な、素敵な発見を探して楽しみましょう! さて、2問目のクイズも、お花関連?です。 【問題2】2019年から今年の大ヒット曲『紅蓮華』ってなんと読む? 社会現象とも言われる大ヒットコンテンツ、『鬼滅(きめつ)の刃』のテレビアニメーションの主題歌でもある大ヒット曲『紅蓮華』の読み方をお答えください。 読み間違えると恥をかくシチュエーション…ありそうです。 ぐれんか、べにれんげ、ぐれんばな・・・知らないと迷いそうですが、正解は「 ぐれんげ」です。 ブームになるほどヒットしている事象であっても、自分に親しみがないと良くわからない…ということ、ありますよね? しかし、社会現象といわれるほどのヒット・コンテンツにまつわる大ヒット曲の名前くらいは読めないと、意外な場所で恥をかいてしまうかもしれません。 大人のたしなみとして、覚えておきましょう(笑)。 本日は、 ・綻(ほころ)ぶ という日本語の読み方と、複数ある意味をおさらいしつつ、 話題のヒット曲で読み方の難しい ・『紅蓮華(ぐれんげ)』 をご紹介しました。

次の

コロナ鍋もトレンド入り「コロナ禍」一体何て読む?

コロナ禍ってなんて読むの

そもそも、コロナ禍って、どう読むの? 〇〇禍ってどんな意味? いったい誰が使い始めて、なんでこんなに広まったの? 気になると眠れなくなる私は、コロナ禍について、 調べてみることにしました。 〇〇禍って?読み方は?意味は? 最近どのニュースをみても、「コロナ禍」の文字を見かけます。 先日会社で、ニュース記事を紹介した際、「・・・ということで、コロナ・・うず?・・なべ?・・か??・・・ えー、コロナウイルスの影響下では…」と言葉を濁してしまいました。 これ、みんな普通に使っているけど、メジャーな日本語なんだろうか、、、 まったくなじみのない私が1から調べてみました。 まず、この字「禍」 「禍」 音読み「カ」 訓読み「わざわい」「まが」 意味 思いがけない災難 前々から使われているかのように、普通にニュース記事などにでてくることになんとなく違和感がありました。 メジャーな言葉だとしたら、まだまだ私の経験不足ですね、、。 「〇〇禍」の使用例 「戦禍」 : せんか。 これは、聞き覚えのある「禍」でした。 戦禍を被った、、などのフレーズは確かに聞きますね…。 意味は戦争による被害。 「舌禍」 : ぜっか。 自分の言論により受ける災い。 他人の中傷や悪口などで受ける災い。 「災禍」 : さいか。 天災や事故によって受けるわざわい。 うーん、やはりあまりなじみがない … 「禍根」 : かこん。 禍根を残すなど… この言い方はよく聞きますね。 ここまで調べると、意味は分かりました。 「コロナ」による「災難」ということですね! いつから使いはじめたの? 過去の新聞や、辞書などを調べて分かりましたが、実は、「病気+禍」という言葉はずっと前からあるようです。 古くは「水俣病禍」という見出しも確認でき、 MARSの際の報道にも「 MARS禍」の文字が確認できます。 今回の「コロナ禍」は1月から2月にかけての新聞や、 SNS上で単語が確認できることから、かなり初期の段階から使われていた言葉だということがわかります。 さすがに、だれがいつ初めて使ったかはわかりませんでした…。 なんでみんなが使っているの? はっきりいってなじみがなく、字も間違いやすい「禍」。 なのにも関わらず、ここまで浸透し、みんなが使用している理由は何だろう…それは、 この状況を表現できるだけの、幅広いニュアンスを含み、1文字で書ける、とても便利な文字だということが言えます。 ちなみに下記の文章を、このフレーズを使わないで、記載しようとすると… 「 コロナ禍で、25日のイベントは中止となります。 」 少しオーバーに書きましたが、文字数にして、46文字必要な情報を、22文字で表現できることになります。 つまり、一文字で ・ウイルスの影響があること ・本来は実施をしたいという意図 ・主語をコロナウイルスに変換できる を伝えられることになります! 確かにこれは便利ですね! しかも、本来は、主催者や発表者の意思として伝えなければいけないことを、柔らかく伝えられ、本来は肯定的であるが、やむを得ないというニュアンスも 伝えることができます。 うーん、素晴らしい! 文字数を減らせることは、 SNSやネット情報で伝える中で、もっとも重要であったと考えられます。 こんな便利な言葉なら使わない手はないですよね。 今回のコロナ騒動は、プラスの面でも、マイナスの面でも、ネットの世界での情報拡散が大きく影響した事態と思います。 情報拡散の中において、文字の選び方もとても重要であることが、今回の「コロナ禍」の文字からも読み取ることができると思います。 今年の流行語? でも、マイナス面を伝えやすい言葉であることはわかったものの、 なぜコロナ禍だけ、こんなに広がったのだろう… 台風禍でも、地震禍でも、人禍でも…これまでも広がる機会のあるものは多数… と思い、それぞれのワードを調べてみたら… こんな説明もありました。 「災」:自然発生的で回避できないわざわい。 「禍」:人為的原因を含むわざわい。 これも含んで考えてしまうと、今回の一連のわざわいを、人災と考える人の造語なのか、、と、なんだか考えてしましました…。 ただ、「台風禍」「地震禍」、そもそも「災禍」という言葉もあるので、上記のことは、私の考えすぎであってほしいと思います。 今年の流行語も遠からずかも…。 まとめ これまであまり聞かなかったことからも、決してよいことで使われる言葉ではないですし、できることならば、今後もなじみのない言葉であってほしいと改めて実感しました。 ウイルスの動きが収まり、老若男女が安心して外出できる日が早くくることを祈ります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます!.

次の