アイコス 故障。 アイコス3とマルチはすぐ故障する?故障した時の対処法まとめ

アイコスが壊れる3パターンと故障した時の対処法【IQOS2.4・2.4PLUS】

アイコス 故障

IQOS(アイコス)が壊れる3パターン【故障】 喫煙者に人気の加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」。 今では2台持ち、3台持ちのユーザーも少なくありません。 が、しかし、加熱式たばこアイコスは 購入後1ヶ月もしないうちに故障するというケースも稀ではありません。 ちなみに、アイコス(IQOS2. 4PLUS)の購入価格は、2019年12月時点で4,980円です。 IQOS 3 DUOが9,980円、IQOS 3 MULTIが6,980円ですので、やや安く購入することができますが決して安い買い物ではありません。 特に既婚者の男性は、自分のお小遣いからアイコスを購入したという方も少なくないはずです。 貴重なお小遣いからアイコスを購入したはいいが、すぐに壊れてしまっては気持ち的にも怒りがおさまりませんよね…? いや、むしろ『また無駄使いをして…』といった怖い奥さんの顔が思い浮かびます。。。 以下それぞれ解説していきます。 アイコスのホルダーが充電できない、又はポケットチャージャーが充電できない まずダントツで一番多いアイコスの故障は、 アイコスのホルダーが充電できない、又はポケットチャージャーが充電できないという故障です。 いわゆる ホルダーやポケットチャージャーが赤点滅、赤点灯してしまって使用することが出来ないという症状です。 アイコスは所詮機械ですので接触などによる故障は仕方のないことですが、実際に自分が故障に遭遇した場合は仕方ないでは済まされませんよね。 保証期間内であればカスタマーサポートに問い合わせをすることで新品と交換してくれるようですので、まずはカスタマーサポートに連絡して交換申込をしてください。 アイコスが充電できない場合の対処法については別記事でも詳しく解説していますので、以下リンクも併せてご覧ください。 アイコスの加熱ブレードが折れた 次に多いアイコスの故障は、 アイコスのホルダー内部にある加熱ブレードが折れたという故障です。 アイコスホルダーの加熱ブレードは、この商品の最も重要な部分です。 加熱ブレードはそもそもが薄い形状で作られていますので、慎重に扱わないと折れる可能性があります…汗 ヒートスティックを挿入する際やクリーニングをする際には、強引に扱わず丁寧に挿入するようにしましょう。 またアイコスの加熱ブレードが折れた際には、カスタマーサポートに問い合わせすることで、保証期間内であれば1度だけ新品と交換してくれるようです。 ポケットチャージャーの蓋が閉まらない、又は開きっぱなし状態になる 続いて多いアイコスの故障は、 ポケットチャージャー(充電器)の蓋が壊れて閉まらない、又は開きっぱなしの状態になってしまうという故障です。 私自身はポケットチャージャーの開閉ボタンが破損したことはないのですが、兄弟や知人には何人かいます。 こちらも保証期間内であればカスタマーサポートに問い合わせることで新品と交換してくれますので、対処法については記事後半でご説明していきます。 IQOS(アイコス)が故障した時の対処法 ではここからは、お手持ちの IQOS(アイコス)が故障した時の対処法を掲載していきます。 上述したようにアイコスの故障が発生した場合には、すぐに交換申込をする必要があります。 まずは アイコス自体の保証期間を確認して、 落ち着いてカスタマーサポートに連絡をするようにしましょう。 電話番号:0120-190517 営業時間:9:00〜21:00 また現在は24時間対応可能のチャットで問い合わせをすることが出来ますが、電話の方が早いですし担当者も丁寧なので電話が一番良いと思います。 IQOSストアに持参して交換申込をする 次に、アイコスが故障した時の対処法は、 IQOSストアに持参して交換申込をする方法です。 2019年12月時点で全国にあるIQOSストアは、以下10店舗です。 IQOSストア銀座(東京都)• IQOSストア札幌(北海道)• IQOSストア仙台(宮城県)• IQOSストア原宿(東京都)• IQOSストア名古屋(愛知県)• IQOSストア名古屋2(愛知県)• IQOSストア梅田(大阪府)• IQOSストア心斎橋(大阪府)• IQOSストア広島(広島県)• IQOSストア福岡(福岡県) 他にもIQOSショップ等がありますので、詳しくは公式ページにて確認してください。 お住いの近くにIQOSストアがある場合には、故障したアイコスを直接IQOSストアに持ち込むことで、即日交換対応をしてくれます。 (一部例外有り) IQOSストアの所在地や電話番号は別記事にて掲載していますので、以下リンクも併せてご覧ください。 IQOS公式サイト内「デバイス診断」にて交換申込をする 続いて、アイコスが故障した時の対処法として私が一番おすすめする方法は、 IQOS公式サイト内にある「デバイス診断」を利用して交換申込をする方法です。 アイコスの会員登録をしていることが前提になってしまうのですが、そもそも保証を受ける為には デバイス登録が必要です。 ご自身の故障パターンに合わせて選択していくだけで、アイコスが故障しているのかが分かります。 中にはデバイスの再起動(リセット)をするだけで直る可能性もありますので、まずはデバイス診断をしてみましょう。 別記事にてデバイス診断の使い方を詳しくご説明していますので、以下リンクも併せてご覧ください。 まとめ まとめになりますが、アイコスは画期的なものではありますが所詮は電子機器です。 故障する可能性は十分あり得ますので、故障した際には落ち着いてカスタマーサポートに連絡して対応してもらいましょう。 故障の種類によっては何回でも交換してくれるものもあれば、1度だけしか交換してくれないものもありますのでご注意ください。 また中には保証期間を過ぎた後でも対応可能の故障事案もあるようですので、まずはカスタマーサポートに連絡するのが一番です。 故障についての報告です。 皆様の参考になれば… 私のアイコスさんは通算ホルダー4回、チャージャー1回交換していただきました。 全て、ホルダーが充電できないという症状でした。 オレンジ点滅の場合は半日で復旧した場合もありました。 (ひたすらリセット繰り返しと充電で復旧する場合もあります) カスタマーセンターへの連絡はメールより、待ちは長いですが断然電話が対応早いです。 電話でリセットをオペレーターの指示通り行い、症状の改善が無ければ交換品の発送手続きに入ります。 交換品は平日であれば翌日到着、土日等挟むと三日目には到着します。 スムーズに交換ができる前提として製品登録は必須です。 交換に関してはすべて無料交換でした。 在庫不足と巷では大騒ぎしておりますが、交換品ストックはかなりあるようです。 予想以上の不具合多発でこの先も不安な面はありますが、製品の改良も進むかなと期待もしております。 皆様のご参考になれば幸いです。

次の

やばっ「アイコス」故障かも! 症状別対処法をメーカーに聞いてきた

アイコス 故障

でも、純正品以外だと、上手く充電できないかもしれません。 でも、USBケーブルの形状が変わりました。 アイコス3は、「Type C」なんです。 今までのものより、横幅がある形をしていますよ。 旧型アイコス• 新型アイコス3マルチ では、充電の差込口み違うので注意。 ちなみに、容量が足りず、パソコンで充電できない事もあります。 色々な充電元で試すことが大切ですね。 ケーブルの断線かも 急に充電が出来なくなった場合は、USBケーブルの断線かもしれません。 断線は、見た目では、なかなかわからないものです。 他の機器で、充電ができるか確認すると良いですね。 「Type C」の機器は• iPad• iPhone• 最近発売した新型Android など。 また、電源アダプタの故障を、疑う事も忘れずに! 接触不良で充電できない 本体の掃除をしばらくしていないと、接触が悪くなる事があります。 内部にたまった汚れが、電気の流れを、邪魔してしまうんです。 また、充電器の刺さりが悪くても、ダメですね。 汚れが原因になるって、結構意外ですよね。 そもそも本体が故障してる 本体の故障で、充電が出来なくなってしまう事があります。 赤ランプが点滅• ランプが点かない など、明らかにおかしい場合は、本体の故障が原因ですね。 充電できない原因はわかりましたね。 では、充電できない時はどうしたら良いのでしょう。 対処法を確認しましょう。 アイコス3マルチが充電できない時の対処法 接触を良くするため、掃除をする 掃除をすると、本体と充電器の電気の流れが、良くなります。 汚れが溜まっていると、接触不良になってしまう って事ですね。 汚れが充電できない原因になっているケースは多いです。 キレイに掃除をして、通電を良くしてあげましょう。 クリーニング後、充電器の抜差しだけで、改善する事もあります。 充電器を変えてみる 使用している充電器が原因で、充電ができないのかも。 充電できない時の対処法は、わかりましたね。 そもそも 電源が入らない時は、どうしたら良いのでしょう? 以下で、見ていきましょう。 アイコス3マルチの電源が入らない時の対処法 数分待って、熱を冷ます 「充電したばかりなのに、電源が入らない!」 という時は、数分放置してみましょう。 バッテリーが高温になってエラーになってるだけかもしれません。 熱を冷ますように、充電器からは抜いた状態で、少し待ってみてくださいね。 だいたい5分~10分程度経ったら、再度電源を入れなおして下さい。 充電ケーブル、充電器を変えてみる 本体が故障でなければ、充電器やケーブル自体がおかしくなってる可能性も大きいです。 いちいち買い直しをしてると時間もかかるので、予備の充電ケーブルを持っておくと、もしもの時に対処できますね。 消耗品と思って、いくつか用意しておくと安心です。 やはり純正品だと長く使えますね。

次の

アイコス(IQOS2.4PLUS)の故障対処法!LEDの点滅パターン・リセット方法

アイコス 故障

iQOS(アイコス)を購入した方で「iQOS(アイコス)が故障した。 」とお困りの方はいませんか? 実際、iQOS(アイコス)の故障は決して珍しいものではなく、利用を初めて1年目でも故障したという意見は多くなっています。 一度故障したiQOS(アイコス)は、iQOS(アイコス)の公式のサポートセンターで修理対応や交換対応となる場合もありますが、自分で簡単に治せる可能性があります。 それが、iQOS(アイコス)のリセットです。 今回は、iQOS (アイコス)をリセットして故障を直す方法について紹介していきます。 iQOS(アイコス)が充電できなくなると、もちろんiQOS(アイコス)ホルダーが起動しませんので、iQOS(アイコス)を利用することができません。 そんな時に試してほしいのがiQOS(アイコス)のリセットです。 iQOS結構壊れる人いますね。 リセット?再起動?みたいなのすれば回復するらしいっすよ🚬 — U助 チョコボ鯖 25usuke25 一度充電ができなくなってしまったiQOS(アイコス)でも、再起動をすることによって、再び回復する可能性があります。 iQOS(アイコス)が反応しなくなると、不安になってサポートセンターにすぐに電話してしまう方もいると思いますが、まずは冷静にiQOS(アイコス)のリセットを試してみましょう。 IQOS のリセット方法は「電源ボタン」と「クリーニングボタン」の同時長押しです。 知らなかったよ。 充電が正常に出来るようになった。 何故か、蓋は開きにくいが。 リセットするのはiQOS(アイコス)本体のホルダーではなく、充電する方のポケットチャージャーです。 方法は至ってシンプルで、ポケットチャージャーの横にある「電源ボタン」と「クリーニングボタン」を長押しするだけです。 リセットを行なうと一度全てのランプがつきますが、すぐに正常な元の状態に戻ります。 簡単ですがこれでリセットが完了します。 リセット後にランプが赤ランプから緑ランプに変化すれば再び充電ができるようになりますよ。 ちなみにホルダー側の赤ランプも「故障のようで故障でない」という場合が多く、気温などの影響により赤ランプがついて故障しているように見えて利用できないことがあります。 ホルダー側がこのような状態になっても、充電が正常に行なわれれば回復することがあります。 洒落乙なレイコーしていたら、氷がごそっとアイコスに掛かって、今充電が💦💦ネット検索してアイコスの電源をリセットしたら、復活💡いやはやネット住民ありがたや。 — チーズ太郎 guten116 iQOS(アイコス)リセットで故障が直るという意見で多いのが、ぶつけたり落としたりなどをせず突然壊れてしまったというものです。 外傷がないのにいきなり壊れてしまったという場合には、このiQOS(アイコス)のリセットは非常に有効的に働きます。 しかしこの方のように、氷や水をかけてしまった場合でもiQOS(アイコス)リセットを試したら復活したという情報もあります。 そのため、iQOS(アイコス)本体に衝撃が加わったことで故障した場合でも、一度リセットを試してみる価値はありそうです。 リセットしても変わらない場合にはサポートセンターに相談を ありがとうございます。 チャージャーをリセットしてもホルダーが赤ランプ点滅するのでiQOSストアに持って行こうと思ってます。 — 北千住のWataru nobullsongs iQOS(アイコス)をリセットしても赤ランプが変わらない場合には、iQOS(アイコス)のサポートセンターに相談をして修理対応もしくは交換をしてもらいましょう。 iQOS(アイコス)故障のサポートを保証期間に受けるためには、必ずiQOS(アイコス)公式サイトからの製品登録が必要になります。 製品登録をしていない場合、サポートを無償で受けることはできませんので注意が必要です。 製品登録は、iQOS(アイコス)公式サイトよりログイン後に右上に表示される「My Account」から「あなたのiQOS(アイコス)をすべて見る」をクリックし「登録はこちらから」から必要事項を入力して登録を行ないます。 中古などで購入している場合には、すでに別の人の名前で製品登録されている可能性もありますので、注意が必要です。 もしも、すでに製品登録がされているものの場合には、前の所持者に製品登録の解除を行なってもらうようにしましょう。 iQOS(アイコス)の故障とリセットに関するまとめ そもそもiQOS(アイコス)の寿命はおよそ1年ほどとなっており、スマホなどに比べてマメに交換が必要になる電子機器です。 そのため、故障も頻繁に発生することが多いのですが、故障したと思った時に一番最初に試してほしいのがiQOS(アイコス)のリセットです。 リセット方法はとてもシンプルでポケットチャージャーの「電源ボタン」と「クリーニングボタン」の両方を同時に長押しするだけで赤ランプから正常である緑ランプに戻ることがあります。 ホルダーに赤ランプがついた場合にも、充電すると正常に戻ることがありますので、一度、リセットを試してみる価値は十分にあります。 リセットを試してもiQOS(アイコス)が復活しない場合には、故障の可能性が非常に高くなりますので、iQOS(アイコス)のサポートセンターに相談してみることをおすすめします。 製品登録がされているもので保証期間内のものであれば、無償交換などで対応してもらえますよ。 「故障かな?」と思ったら、まずはリセットを試してみてくださいね。

次の