堺 ブレイザー ズ。 堺ブレイザーズ

堺ブレイザーズの歴代選手・スタッフ一覧

堺 ブレイザー ズ

優勝決定戦の前に行われた 3位決定戦では、東レアローズがサントリーサンバーズにストレート 25-22、26-24、25-16 で勝利しました。 優勝した堺ブレイザーズには、ブランデージトロフィーと副賞の 1,000万円が贈られました。 最高殊勲選手賞( MVP)は堺ブレイザーズのペピチ ,ミラン選手、敢闘賞はパナソニックパンサーズの川村慎二選手、最優秀新人賞は堺ブレイザーズの千々木駿介選手がそれぞれ受賞しました。 最高殊勲選手賞を受賞したペピチ選手は「この賞はチーム皆の賞だと思う。 今日は堺ブレイザーズが現時点で最高のチームだと示すことができた。 オポジット セッター対角の選手 がいない中、いいゲームをしてくれたパナソニックにもおめでとうと言いたい。 堺に移籍する前にチームのビデオを観た時、このチームにはポテンシャルがあると感じていた。 優勝できて本当に嬉しい」と喜びました。 堺ブレイザーズのキャプテンの石島雄介選手は「クラブチームの堺ブレイザーズは、ファンやスポンサーの皆様に育ててもらっている。 そしてチームの素晴らしい仲間が支えてくださっている。 今日はファンの皆さんと勝ち取った優勝。 皆に感謝している。 若い選手からベテランまで『勝つ』ということを知ることができたので、これをいい形で結びつけて、常勝できるように頑張る」と歓声に応えました。 また優勝決定戦をもって、全日本男子チームで長年セッターを務め、 2009年からはキャプテンとしてチームを率いていた宇佐美大輔選手 パナソニックパンサーズ が現役生活を終えました。 試合後に宇佐美選手は「優勝できず悔しいが、自分がやるべきことはやれたと思う。 今日の試合の反省を活かして、後輩たちには頑張っていってほしい。 現役引退にあたり 昨日までは自分の調子を上げることを考えてきたが、今日になって、最後だなという気持ちと、最後は笑って終わりたいという気持ちになった。 もう 1回頑張りたいという想いもあるが、次の道に進むと決めたので、これまでの経験を次の道に活かしていきたい」と次のステージでの飛躍を誓いました。 宇佐美選手はこの 4月から秋田県の高校の教諭として教壇に立っています。

次の

堺ブレイザーズ

堺 ブレイザー ズ

優勝決定戦の前に行われた 3位決定戦では、東レアローズがサントリーサンバーズにストレート 25-22、26-24、25-16 で勝利しました。 優勝した堺ブレイザーズには、ブランデージトロフィーと副賞の 1,000万円が贈られました。 最高殊勲選手賞( MVP)は堺ブレイザーズのペピチ ,ミラン選手、敢闘賞はパナソニックパンサーズの川村慎二選手、最優秀新人賞は堺ブレイザーズの千々木駿介選手がそれぞれ受賞しました。 最高殊勲選手賞を受賞したペピチ選手は「この賞はチーム皆の賞だと思う。 今日は堺ブレイザーズが現時点で最高のチームだと示すことができた。 オポジット セッター対角の選手 がいない中、いいゲームをしてくれたパナソニックにもおめでとうと言いたい。 堺に移籍する前にチームのビデオを観た時、このチームにはポテンシャルがあると感じていた。 優勝できて本当に嬉しい」と喜びました。 堺ブレイザーズのキャプテンの石島雄介選手は「クラブチームの堺ブレイザーズは、ファンやスポンサーの皆様に育ててもらっている。 そしてチームの素晴らしい仲間が支えてくださっている。 今日はファンの皆さんと勝ち取った優勝。 皆に感謝している。 若い選手からベテランまで『勝つ』ということを知ることができたので、これをいい形で結びつけて、常勝できるように頑張る」と歓声に応えました。 また優勝決定戦をもって、全日本男子チームで長年セッターを務め、 2009年からはキャプテンとしてチームを率いていた宇佐美大輔選手 パナソニックパンサーズ が現役生活を終えました。 試合後に宇佐美選手は「優勝できず悔しいが、自分がやるべきことはやれたと思う。 今日の試合の反省を活かして、後輩たちには頑張っていってほしい。 現役引退にあたり 昨日までは自分の調子を上げることを考えてきたが、今日になって、最後だなという気持ちと、最後は笑って終わりたいという気持ちになった。 もう 1回頑張りたいという想いもあるが、次の道に進むと決めたので、これまでの経験を次の道に活かしていきたい」と次のステージでの飛躍を誓いました。 宇佐美選手はこの 4月から秋田県の高校の教諭として教壇に立っています。

次の

堺ブレイザーズという男子バレーボールチームがありますが、普段はバレーボー...

堺 ブレイザー ズ

優勝決定戦の前に行われた 3位決定戦では、東レアローズがサントリーサンバーズにストレート 25-22、26-24、25-16 で勝利しました。 優勝した堺ブレイザーズには、ブランデージトロフィーと副賞の 1,000万円が贈られました。 最高殊勲選手賞( MVP)は堺ブレイザーズのペピチ ,ミラン選手、敢闘賞はパナソニックパンサーズの川村慎二選手、最優秀新人賞は堺ブレイザーズの千々木駿介選手がそれぞれ受賞しました。 最高殊勲選手賞を受賞したペピチ選手は「この賞はチーム皆の賞だと思う。 今日は堺ブレイザーズが現時点で最高のチームだと示すことができた。 オポジット セッター対角の選手 がいない中、いいゲームをしてくれたパナソニックにもおめでとうと言いたい。 堺に移籍する前にチームのビデオを観た時、このチームにはポテンシャルがあると感じていた。 優勝できて本当に嬉しい」と喜びました。 堺ブレイザーズのキャプテンの石島雄介選手は「クラブチームの堺ブレイザーズは、ファンやスポンサーの皆様に育ててもらっている。 そしてチームの素晴らしい仲間が支えてくださっている。 今日はファンの皆さんと勝ち取った優勝。 皆に感謝している。 若い選手からベテランまで『勝つ』ということを知ることができたので、これをいい形で結びつけて、常勝できるように頑張る」と歓声に応えました。 また優勝決定戦をもって、全日本男子チームで長年セッターを務め、 2009年からはキャプテンとしてチームを率いていた宇佐美大輔選手 パナソニックパンサーズ が現役生活を終えました。 試合後に宇佐美選手は「優勝できず悔しいが、自分がやるべきことはやれたと思う。 今日の試合の反省を活かして、後輩たちには頑張っていってほしい。 現役引退にあたり 昨日までは自分の調子を上げることを考えてきたが、今日になって、最後だなという気持ちと、最後は笑って終わりたいという気持ちになった。 もう 1回頑張りたいという想いもあるが、次の道に進むと決めたので、これまでの経験を次の道に活かしていきたい」と次のステージでの飛躍を誓いました。 宇佐美選手はこの 4月から秋田県の高校の教諭として教壇に立っています。

次の