クランベリー 効能。 クランベリーティーの効能!豊富なビタミンで美白・美肌効果!疲労回復の効能!妊婦さんは要注意!

犬に「クランベリー」を与えるときの全知識|本当に効果ある?|ドッグフードの達人

クランベリー 効能

クランベリーの果実は1cm程度の大きさで、熟するとのように赤くなりますが、果実自体の酸味や渋みが大変強く、生食には適していません。 現在、アメリカにおいて品種改良が加えられ広く栽培されており、シロップ漬けにして食したり、他の果汁に混合してジュースにしたり、料理用のソースやお菓子として利用されています。 クランベリーの原産地である北米では、コンコードグレープと並んで北米三大フルーツのひとつともいわれているほど有名な果実です。 クランベリーの品種は、主に4系統に分けられ、ツルコケモモ 蔓苔桃 、ヒメツルコケモモ 姫蔓苔桃 、オオミノツルコケモモ 大実蔓苔桃 、アクシバ 灰汁柴、青木柴 などが存在します。 アメリカ先住民の部族によって異なりますが、当時クランベリーはイビミ、サッサマネシ、アトカなどの名前で呼ばれていたといわれています。 古くはアメリカ先住民が食料や染料などにもクランベリーを役立てており、特に医薬品として重宝されていました。 当時の医薬品としてのクランベリーの用途は、泌尿器疾患や傷の治療、血液の解毒、胃や肝臓の不調、熱、下痢など、多岐に渡っていましたが、特に100年に渡って航海中のビタミンC不足による壊血病予防に利用されてきました。 19世紀頃、クランベリーの本格的な栽培が始まり、様々な加工や製品の開発が知られるようになりました。 20世紀末になると、クランベリーの特性に対する研究が進められ、クランベリーの抗菌作用による尿路感染症、歯周病への効果が明らかになってきました。 プロアントシアニジンはクランベリー以外の果物にも含まれていますが、クランベリーに含まれているプロアントシアニジンはその働きが特に強力で、英語のスペルを省略してPACSとも呼ばれています。 クランベリーは非常に高いプロアントシアニジン含有量を誇り、クランベリー100gに対して418. 8mgものプロアントシアニジンが含まれています。 また、クランベリーにはポリフェノールの一種であるアントシアニンの他、キナ酸や、類も含まれており、他の果実に比べて、多種の健康成分を含有しているといわれています。 腎臓は、体内の不要な分などを尿として排泄させる臓器です。 プロアントシアニジンは、抗炎症作用と抗酸化作用を持つため、細菌感染や酸化による腎臓のダメージを防ぐという報告があります。 このため、プロアントシアニジンは腎臓の機能を維持し、利尿作用を高めて、むくみの原因となる体内の余分な水分や老廃物の蓄積を防ぎます。 つまり、むくみの解消につながるのです。 また、プロアントシアニジンが持つ抗酸化作用によって、むくみの原因となる血液の滞りを改善する働きも知られています。 さらにそれが血管内壁に付着して、血流の妨げになります。 クランベリーが含んでいるプロアントシアニジンは、抗酸化作用によって悪玉 LDL コレステロールの生成を抑制することができるため、血流を促進し、余分な水分や老廃物を体内から排出する効果が期待できます。 <豆知識>むくみが女性に起こりやすい理由 むくみは、男性にも起こり得る症状ですが、一般的には女性に起こりやすいことで知られています。 朝起きた時に何となく頬や顎がふっくらして見えたり、靴下の跡が取れにくかったり、夕方になると朝履けていたブーツに足が入らなかったりなど、特にむくみは足に出やすいといわれています。 むくみが女性に多い理由は、男性よりも筋肉量が少ないことに起因しています。 心臓から送り出された血液は、足に辿り着いた後は、ふくらはぎの筋肉によって心臓へと戻されます。 ふくらはぎの筋肉は、重力に逆らって足の血液を心臓に戻す、ポンプのような役割を担っているのです。 女性は男性よりも筋肉が少ないのでポンプの力が弱く、足の血液の流れも悪くなりやすいため、むくみやすいといわれています。 細菌が取りついた患部は赤く炎症を起こし、悪化すると排尿時などに激しい痛みや残尿感を覚えたり、頻尿や血尿などの症状が現れます。 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンが持つ抗酸化力によって、大腸菌などの感染菌が尿管の上皮に付着するのを防止する作用があります。 馬尿酸によって感染菌が増殖する原因である尿のpHが、健康な尿と同じ弱酸性に保たれます。 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンとキナ酸の相乗効果によって、尿路の健康維持に効果を発揮するのです。 尚、この効果に関しては、尿路感染症に感染した女性を被験者とした臨床試験も行われています。 クランベリージュースを飲用させたグループと、飲用させていないグループに分け、尿路感染菌の生菌数を比較したところ、クランベリージュースを飲用した被験者において尿中の尿路感染菌の減少が認められたとの結果が報告されています。 歯周病とは、歯周組織が歯垢に存在する歯周病菌に感染することで歯茎が腫れたり、出血する病気で、悪化すると歯が抜けてしまう場合もあります。 クランベリーに含まれているプロアントシアニジンの抗酸化力は、口内でも発揮されます。 口内で発生した歯周病菌や歯垢に対しても、プロアントシアニジンが作用すること増加を防ぐことができるため、クランベリーを摂ることで歯周病を予防することが可能であるといえます。 クランベリーには、ポリフェノールやビタミンCをはじめとする抗酸化作用を持った物質が豊富に含まれています。 抗酸化作用を持つ物質は、健康に対する働きかけだけではなく、美容に対しても極めて重要な働きをもちます。 過剰に発生した活性酸素は、肌の細胞にも悪影響を及ぼすため、シミやたるみなどの大きな原因となります。 クランベリーに含まれる抗酸化作用を持つ栄養素が、活性酸素を除去することで肌の細胞を健康に保ち、美肌に対して効果があると考えられています。 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンやアントシアニンは、抗酸化作用が高く、血管内で動脈硬化などの原因となる、悪玉 LDL コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。 心臓病の多いアメリカでは、民間療法としてクランベリーが一般的に用いられています。 体内で過剰に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化の原因になるとされます。 膀胱炎と同様の症状が発生するといわれています。 【3】感染症を誘発させて酸化的な腎臓傷害を起こさせた膀胱尿管逆流 VUR のウサギにおいて、抗酸化作用が知られているクランベリー果実の予防効果を評価した研究があります。 ウサギに人工的に膀胱尿管逆流を起こさせたうえで、大腸菌に感染させ腎臓の酸化ダメージをマロンジアルデヒド濃度を測定することで調べました。 大腸菌に感染させることでウサギの腎臓のダメージは増大していましたが、クランベリーを摂取させることで酸化ダメージが抑えられました。 この研究では、クランベリーによって酸化を防止することで腎臓の炎症を抑え、腎臓のダメージを防ぐ可能性が示唆されました。

次の

【楽天市場】ドライフルーツの選び方 > クランベリーの選び方 効能 効果 栄養 など:ドライフルーツナッツ専門店小島屋

クランベリー 効能

そもそもクランベリーとは?どんな成分が豊富? お菓子作りをよくする人は、クランベリーという言葉を耳にしたこともあるかもしれません。 日本ではグラノーラなどに、ドライフルーツとして含まれていることがほとんどで、基本的に加工して食べるフルーツです。 そんなクランベリーは北原産のフルーツで、やコンコードグレープとともに北アメリカ三大フルーツの1つにも数えられている、 直径1cmほどの赤い小さな木の実です。 北アメリカ以外にも、日本やヨーロッパの寒冷な地域に自生しています。 古くから北アメリカ先住民がや食用、または染料として活用しており、北アメリカでは現在もお菓子やジャムなどに用いられています。 クランベリーに含まれる注目したい成分は? 古くから医薬品として活用されていたクランベリーには、品種改良を経た今でも様々な効果が期待されています。 特に注目したい、3つの成分を紹介します。 膀胱炎予防に作用がある、 プロアントシアニジン クランベリーの中でも注目される成分が、A型プロアントシアニジンという成分です。 A型プロアントシアニジンは、尿路感染の原因となる細菌を膀胱に付着させず、尿とともに体外に排出するという効果を持っている成分です。 抗細菌付着効果とも言います。 そもそも、プロアントシアニジンは植物自身が他の生物から身を守るために分泌する成分の1つで、リンゴやブドウなどにも含まれています。 しかし、ほとんどは抗細菌付着効果を含まないB型です。 クランベリーの場合は、ブルーベリーの2倍も、このA型プロアントシアニジンが含まれているとされます。 またこうした作用から「頻尿に効果がある」とする意見も見られますが、完全に頻尿が治まるのではなく、尿が適切に出る感覚がある、とする人が多いようです。 この予防については、2012年の研究では「膀胱炎の経験がある女性」において、予防効果を発揮する可能性があるとされています。 眼精疲労に効果あり、 アントシアニン 目の疲れやかすみに対処するために、アントシアニンを使用したサプリメントを飲んでいる人も多いかもしれません。 アントシアニンはビタミン様物質のビタミンPに似た働きを示し、様々な効果を発揮してくれます。 特に注目されるのがを改善する効果や作用で、様々な目にかかわる健康食品やサプリメントに活用されています。 尿を弱酸性にする、 キナ酸 キナ酸は、体内において尿を弱酸性にする効果があり、尿が健康的な状態になるよう働きかけてくれるとされています。 この尿を健康にする働きが、膀胱炎や尿路感染症といった男女を問わず悩みがちな泌尿器系の疾患を予防するといわれています。 また一説にはアルツハイマー病を予防するとも言われており、注目される成分の1つです。 クランベリーサプリメントに期待できる効果とは?副作用はある? クランベリーサプリメントには、大きく分けて3つの効果が期待できます。 むくみ解消と尿路感染予防 は、体内に不要な水分が溜まった結果起こります。 水分を排泄するために重要な臓器が、です。 A型プロアントシアニジンは、 高い抗炎症・抗酸化作用を持つことから、この腎臓における細胞の酸化に伴う機能低下や、細菌感染といったダメージを防ぐとされています。 すでにいくつかの研究で、クランベリーを摂取した結果、尿路感染症の再発が抑えられたという報告もみられています。 加えて、プロアントシアニジンはその高い抗酸化力を持って、血液中の悪玉(LDL)コレステロールが発生するのを抑え、血流を良くしてくれます。 その結果、腎臓の機能を維持しつつ血流をアップしてくれるので、体内の不要な水分であるむくみが解消されるといわれています。 美肌効果 プロアントシアニジンが持つ抗酸化力や抗菌力に加え、クランベリーには同じく 抗菌作用を含む成分が豊富です。 これらの豊富な抗酸化作用を持つ成分が、肌の細胞に悪影響を及ぼすとされる活性を除去するため、にも効果があると考えられています。 生活習慣病予防効果 血管内でなどの生活習慣病にかかわる変化を引き起こすのが、悪玉 LDL コレステロールです。 プロアントシアニジンやアントシアニンは、この 悪玉コレステロールの酸化を抑える働きがあるとされています。 アメリカのように心臓病の多い地域では、民間療法の1つとして一般的に取り入れられています。 クランベリーサプリメントで子供の産み分けができるって本当? 結論から言うと、現在、子供を確実に男女希望する性別で産み分ける方法はありません。 人の性別は性染色体という、性別を決める遺伝子を持つ染色体の組み合わせによって異なります。 この組み合わせが起きるのは、精子と卵子が出会い、着床した時に限られます。 クランベリーサプリメントにはこれらに 働きかける作用はなく、また、産み分けに関する医学的根拠もありません。 クランベリーに副作用はある? このように優れた効果が豊富なクランベリーですが、サプリメントとして摂取するときに気になるのがそのです。 基本的に、クランベリーサプリメントは摂取量を守れば悪影響はありません。 これは果汁100%のクランベリージュースを飲む場合も同様です。 中にはクランベリージュースを1日に3L飲んだ結果お腹を壊した、という話もありますが、そのレベルまで 大量摂取をしなければ基本的に無害と言えるサプリメントです。 ただし、飲んでいる薬や既往歴によっては、クランベリーサプリメントを飲まないことをおすすめします。 まずクランベリーサプリメントはワーファリンなど抗凝固剤の作用に影響を及ぼし、出血傾向を強める可能性があるため、必ず医師に相談してから利用しましょう。 クランベリーそのものがシュウ酸を多く含んでいるため、すでに腎結石の既往があり、尿酸結石やシステン結石、シュウ酸結石ができやすい方にも不向きです。 またサリチル酸を豊富に含むため、を既往に持つ方や、アスピリンの方はアレルギー反応が起きる恐れがあります。 pHを調整する薬を飲んでいる方も、薬の効果に影響を及ぼすため、避けた方が良いでしょう。 現在通院治療中という人は、まずはかかりつけ医や薬局で相談してから飲み始めてみましょう。 クランベリーサプリメントの飲み方・飲むタイミング 基本的には、クランベリーサプリメントは各メーカーごとに 決められた量を、数回に分けて摂ることをおすすめします。 たとえば1日2粒なら、朝1粒、夜1粒に分けて飲みましょう。 食事の影響を受けにくい就寝前もおすすめです。 クランベリーサプリメントの選び方 水と一緒に飲みやすいタブレットやタイプのものから、おやつのように食べられるチュアブル錠 口腔内で噛み砕いて服用 など、様々なタイプがあります。 クランベリーサプリメントは長く続けることが前提となるため、 自分が飲みやすく、かつ続けやすいサプリメントを選びましょう。 自分が飲みやすい量を選ぼう クランベリージュースでいえば、現在も予防に有効な量というのは定まっていません。 市販のサプリメントは1粒あたりの果汁の量もまちまちなため、そのサプリメントで指定された飲む量を守るように心がけましょう。 アメリカ産のクランベリーサプリメントを知りたい! アメリカではクランベリーは日常的に手に入るフルーツの1つとして親しまれており、サプリメントにもカプセルタイプだけでなく、チュアブルタイプなど様々なものがあります。 まずは、サプリメントを豊富に扱うでのお得な購入方法を解説します。 1日3粒と食事毎に摂れるため忘れにくく、継続して続けたい人におすすめです。 おすすめのクランベリーサプリメント3選! 様々な健康効果を持つクランベリーですが、日本でジュースやドライフルーツ、ジャムとして購入するのは経済的にも決して安くはありません。 またジャムやジュース、ドライフルーツの場合、糖分や虫歯を気にする必要も出てきます。 サプリメントなら、糖分を気にすることなく摂取できるのでおすすめです。 ここでは、の信頼できるメーカーが販売する、おすすめのクランベリーサプリメントを3つ紹介します。 気軽に飲める、 DHC クランベリーエキス 大手化粧品・サプリメント販売メーカーであるが発売する、クランベリーエキスをぎゅっと濃縮したサプリメントです。 飲みやすい小粒のサプリメントで、1日5粒で総重量2,652mgの中に、クランベリーエキスがおよそ800mg配合されています。 販売場所も豊富なので、比較的手に入りやすいサプリメントと言えます。

次の

クランベリーの効能 効果と注意点

クランベリー 効能

クランベリーとは クランベリーは、ツツジ科スノキ属の植物の一種。 原産地および主な生産地はアメリカカナダなどで、高さ10㎝程度の短い木に真っ赤な実を付けるのが特徴です。 クランベリーの味は、酸味が強いためジャムやジュース、ドライフルーツ、ハーブティーなどに利用されることが多いといわれています。 クランベリーティーに含まれる主な成分はビタミンC、クエン酸、キナ酸、ポリフェノール、アントシアニン、アルブチンなどです。 クランベリーティーの味・香り クランベリーティーは、ほのかな甘みと酸味が混ざった味わいをしています。 香りはフルーティーで甘酸っぱい香りです。 クランベリーティーの効能・効果 クランベリーティーはビタミンCやクエン酸を多く含むため、美容面に高い効果のあるお茶です。 特にお肌の健康に働きかけ、シミや肌荒れを予防するなど美白美肌対策に役立ちます。 むくみの改善や老廃物の排出を促す作用もあるため、デトックス効果にも期待できます。 美容だけでなく健康にも役立つ効能があり、血行を良くしたり、目の疲労を回復させたりなどの働きも備えています。 尿路関係の感染症にも有効で、膀胱炎や尿道炎、尿路結石などの予防にも役立ちます。 また、悪玉コレステロールの酸化を防止する作用もあることから、動脈硬化や高血圧などの対策にも効果的です。 さらに抗ウイルス作用もありますので、風邪やインフルエンザなどの予防やケアにも役立ちます。 そのほか、歯周病や歯肉炎、歯周炎などのトラブルにも有効だといわれています。 他にも美肌の効果があるハーブを紹介 クランベリーティーの副作用デメリット 妊娠中授乳中の方はクランベリーティーの摂取に注意が必要です。 また、尿路感染症の治療中の方は、薬による相互作用を防ぐため事前に医師に相談しましょう。 クランベリーティーの入れ方・飲み方 クランベリーティーの入れ方 1.ティーポットとティーカップにお湯を注ぎます 2.温まったらティーポットのお湯のみを捨てます 3.ティーポットにクランベリーを入れます 4.お湯をティーポットに入れ、フタをして10分ほど蒸らします 5.ティーカップのお湯を捨て、出来上がったクランベリーティーを注ぎます クランベリーティーの飲み方 クランベリーティーは、1日2杯ほど飲むと生活習慣病の危険性が下がるといわれています。 また、眼精疲労が気になる方はできるだけ毎日摂取することをおすすめします。 まとめ クランベリーティーは、パソコンやスマホの普及によって起こりやすくなった目の疲労に効果的なのも嬉しいですね。 ジャムやジュースと違って低カロリーなので、気軽に生活に取り入れて美容と健康に役立てましょう。

次の