タロットカード意味。 タロットカード隠者の正位置・逆位置の意味!恋愛・気持ち・復縁・浮気

タロットカードの意味(各カード)|タロットカード・オラクルカード専門店『カードの履暦』

タロットカード意味

補足説明 グラウンディングとは、その人が現実の世界に、どれくらい心が根差しているのかを表す言葉。 地に足がついている状態。 詳しくはこちらの「 」で解説しています。 正位置の意味 キーワード:希望、夢、直感、閃き、発想、霊感、願いが叶う、将来の目標 正位置の星のカードが表すのは、 煌めくような現実の到来です。 夢や希望を感じられるようなポジティブな現実や、気持ちの変化が訪れて、闇に包まれていたような暗い現実に、光明が差し始めるでしょう。 ただ注意が必要なのは、その現実がしっかりとした経験や、努力によって到来するのではなく、 インスピレーションや直感によって、与えられるものだということです。 ですから、正位置といえどもその気分に酔いしれては、儚く消えてしまいかねません。 その幸運を、将来に繋げられれうような取り組みができれば、なお吉となるでしょう。 逆位置の意味 キーワード:失望、絶望、無気力、高望み、空回り、幻想的、地に足が着かない 逆位置で星のカードが開かれると、まさに 足をすくわれるような現実の到来を意味します。 希望や夢とされる願いは、無残に打ち砕かれて、無気力になってしまったり、自信を失うようなこともあるかもしれません。 また時には、 現実から逃避して、夢見心地の儚い理想に心奪われるなど、星のカードの悪い側面が前面に出てきます。 どのような現実が訪れても、ポイントは地に足をついて、現実的に考え直すことなので、その点を意識して向き合うようにしましょう。 北イタリアのスカラベオ社製の美しいクロスと上品なポーチ タロット占い 星のカードの解釈<仕事、恋愛> ではさらに具体的に、 仕事や 恋愛に関する、星のカードの意味を見ていきましょう。 ポイントは、もうおお判りのように 願いが叶うことと、地に足がつかない現状です。 そのバランスを読み計ることが重要になってきます。 仕事についての占いの解釈 仕事についてタロット占いをした際に、この星のカードが正位置で開かれれば、 願が叶うような幸運の到来や、煌めくような喜びの到来を意味します。 ですから、降って湧いたかの様に訪れるその幸運を逃さずに、地に足をついて将来の計画へと、着実につなげられるように意識しましょう。 特に転職や独立では良い話が舞い込みやすく、まさにチャンスがやってきます。 しかしながらそのチャンスを、どのように生かすかはあなた次第、ここは浮足立てしまうことがないように、 喜びつつも慎重にものごとを進めたいものです。 また仕事の占いで、逆位置の星のカードが開かれたなら、出足をくじかれるような、ガッカリする現実や、空回りしている現状を意味します。 将来のことや夢にばかり意識を向けずに、まずは足元を固めるように意識しましょう。 恋愛についての占いの解釈 恋愛のタロット占いで、この星のカードが正位置に開かれれば、まさに 心躍る現実の到来を意味します。 相手を探している方なら、理想の異性が目の前に現れたり、意中の相手に声をかけられるなど、ドキドキするような現実が突然訪れるでしょう。 逆に星のカードが逆位置で開かれると、あなたの 夢や希望が奪われるような、現実に直面することとなりそうです。 特に恋愛では相手の思わぬ一面に気付いて幻滅したり、希望が立ち消えになるような、失望感を味わうかもしれません。 どちらにしても、気持ちが大きく揺れやすいときだと意識して過ごしましょう。 一人で悩んでしまうなら、プロのネット鑑定で占ってもらおう! 大アルカナ:星のカードの種類別の特徴 それでは、代表的な6種類のタロットカードの 「星のカード」について、種類別にその特徴を見ていきましょう。 なお、タロットカードの種類について、マルセイユ版やウェイト版の違いが解らない方は、こちらの「 」を参考にしてください。 マルセイユ版の星のカード 3種類 タロットカードの星のカードは、どのマルセイユ版のデザインも、とても美しく カラフルで幻想的な絵柄に仕上がっています。 伝統的な星のカードは、「」の、3色の星が織りなす煌めくようなデザインとなりますが、それ以外のマルセイユ版も、すべてがどこか繊細で、明るいイメージで描かれているようです。 星のカードは、 願いが叶うなどの 希望を意味するカードなので、ソーサラーズ・タロットカードの絵柄のように、手に浮かぶ星に願いを込めるような構図も存在します。 3種類のどのカードを手にしても、どこかスピリチュアルに、直感やインスピレーションを駆り立てるような、そんなイメージを感じさせるカードです。 アーサー・エドワード・ウェイトは、自身のタロットカードを作る際に、大アルカナカードの構成を含め、多くの変更点をその絵柄にも与えました。 それは、彼の所属していた「黄金の夜明け団」の、神秘主義思想に影響を受けたものでしたが、この 星のカードについては、構図がほとんど変更されていません。 大きな変更点といえるのは、 中央の大きな星が黄色1色で描かれ、周囲の星々も白色のみで描かれていることです。 なお、ウェイト版タロットカードの誕生と、画家パメラの数奇な運命については、こちらの「 」にその詳細を紹介しています。 空高く掲げられた杯からは、自身に水が注がれて、地に向けて注いでいる杯から出た水は、クリスタルへと変容を遂げています。 バックに存在する月のようなイメージは、天球技であるとされており、まるで宇宙が左上の六芒星の回転に、吸い込まれて行くかのようです。 六芒星のスピリチュアルなパワーについては、こちらの「 」で、詳しく解説されています。 トートタロットを作った、 は、 エジプト神話の影響を色濃く受けていましたが、この星カードにもそんな一端が垣間見れるようです。 トートタロットは、他のタロットカードに比べ特殊なため、こちらの「 」でも詳しく解説しています。 画像参照、トートタロットの星のカード: タロット占いに必要な全てが揃う初心者に人気のタロットセット タロットカード 関連記事一覧 それでは最後にタロットカード関連の記事を紹介します。 初心者向けの紹介記事になりますので、気なるものをチェックしてみてください。 特にタロットの歴史を知ることは、正位置や逆位置の解釈が生まれた経緯を知ることもでき、占いへの神秘性を高めてくれるので、さらにタロット占いが楽しくなるでしょう。

次の

タロットカード・塔のカードの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】│ステップアップブログ

タロットカード意味

タロットカード・カップの3の意味 カップのカードは水のエレメントで、愛情や感情を司るカードです。 カップの詳しい意味は「 」を参考にしてください。 カップの3の数字の意味 カップの3の「3番」は、調和を意味する数字になります。 2の数字にある「白と黒」などの相反するものを統合する意味でも使われます。 例えば、「白+黒=グレー」などですね。 カップの3と女帝のカードとの関連性 大アルカナの3番は女帝のカードで、「豊かさ」を表します。 カップの3も周囲から祝福を受けることで、心の豊かさを表します。 金銭面での豊かさも暗示していることもあります。 カップの3のキーワード:祝福・喜び カップの3のキーワードは「祝福」「喜び」です。 カップの2のカードはアプローチをして結ばれるまでを示していました。 カップの3は結ばれた後、周囲から祝福されてる場面です。 カップの3のカード・ウェイト版 ウェイト版のカップの3は、3人の女性がカップを持ち上げ、上を向いています。 空は青空で、下には色んな実が実っています。 【正位置】問題解決・結論・祝福・調和・仲間・幸福・安定・喜び・自己開発・自己改善・成長・交流・他者の影響・誇らしい・絆が深まる・円満・順風満帆 【相手の気持ち】 「みんなと出会えて嬉しい気持ちを分かち合いたい。 」「友達に相手を紹介したい。 」「自分はなんて幸せなんだろう。 」 【恋愛】 周囲から祝福を受ける。 大勢の人から祝われる。 絆が深まる。 嬉しい出来事。 話し合いで問題が解決する。 結婚する。 パーティで素敵な出会いがある。 安定した気持ち。 理想の相手と付き合う。 【仕事】 商談が上手くいく。 功績が認められ表彰される。 円満退社。 理想的な仕事に就く。 大手企業への入社。 プロジェクトの成功。 金銭的豊かさが得られる。 安定感のある職場。 素晴らしい仲間と出会う。 【アドバイス】 周囲の人に、感謝して! カップの3 逆位置の意味 【相手の気持ち】 「あの時は快楽しか考えてなかった。 」「アプローチしたいけど周囲に人がいて出来ない。 」「いまいちタイミングが合わない。 」 【恋愛】 浮気や不倫で三角関係に。 恋に溺れる。 誘惑される。 恋人から悪影響を受ける。 満たされない思い。 複数の相手で気持ちが揺らぐ。 アプローチを邪魔される。 既婚者からの誘い。 【仕事】 周囲に気を使いすぎる。 仕事の流れが止まる。 目標を見失う。 ストレスで暴飲暴食する。 同じようなプロジェクトが立ち上がる。 仕事をしてもやりがいがない。 結果がでない。 【アドバイス】 一度すべてをリセットしてみて! カップの3のカード をもっと考える カップの3のカードは、「祝福」のカードです。 1、2のカードとステップを踏み、実りを収穫できると、みんなで祝っている様子がうかがえます。 今まで頑張ってきたことが、成果になって表れるということですね。 カップの3:恋愛のかたち 人それぞれ恋愛の考え方は違います。 例えば、 という人もいます。 カップの3:2人の調和 毎日会いたいと思う人だと、週2では少ないです。 週2で会いたいと思う人ならば、毎日会うのはめんどくさくなってきます。 お互いにどのくらい会えるのがちょうどいいのか?を話し合う必要があるのです。 知らないままだと、「不満」につながっていくのです。 相手を知る 知らないまま関係を進めていくと、相手が何に対して不満をもっているのかがわからなくなります。 まず相手を知ることが大切です。 相手の様子を探る 「なんか最近相手の様子が変だな?」と思う場合は、そういった「不満」を抱えている可能性があります。 嬉しいときや、喜びを感じているときは、カップの3のように「地に足がついてない」「上だけしか見ていない」こともあります。 相手を知ることで、調和がとれ、良い関係を続けていくことができるのです。 リンクまとめ•

次の

ionadev.ionagroup.com WORLD/世界【占い】タロットカードの意味と象徴の解説

タロットカード意味

タロットカードの色の意味と解釈 白・黒・灰・赤・黄・緑・青 タロットカードの絵には、さまざまな色が使われています。 カードに登場する人物の服、百合や薔薇などの植物、象徴としてのそれぞれのアイテム、背景などに使われている「色」の意味や解釈を知ることで、タロットカード一枚一枚の理解も深まると思います。 同じ色でも、複数の意味を持つ場合もあり、イマイチよくわからないと言うかたもいるようなので、ウェイト版のタロットカードを元に、代表的な「色」について解説します。 「白」について 「白」の多くは、 純粋や純真、無垢、汚れていないこと、などを意味し、場合によっては高貴さなどを表わすこともあります。 タロットカードの絵の中では、主に衣服や植物 百合や薔薇 などで使われています。 さらに、「白」は 光を意味する場合もあります。 光は 物事のプラス面を強める陽性を示し、能動的 積極的に行動すること であることを意味します。 例としては、大アルカナの「」や「」などです。 簡単に言うと神様や宇宙の力と言った類のものだと思ってもらえれば良いかと思います。 「黒」について 「黒」は大きく二つの意味があります。 ひとつは、 邪まな心や恐怖、絶望、終焉、など、です。 例としては、大アルカナの「」や「」、小アルカナの「」などです。 もうひとつの意味は暗闇で、 秘密、隠しごと、不明、などと解釈します。 例としては、小アルカナの「」や「」などです。 さらに、「黒」は白の対比として使われることもあります。 白の光に対し、黒は闇を意味しており、 行動の否定や惰性と言ったマイナス面を強める陰性を示し、受動的 受け身 であることを意味します。 対比例としては、大アルカナの「」や「」などです。 「灰色 グレー 」について 「灰色 グレー 」は、 中性 中正 で、陰陽、プラスマイナス、右左、など二項 または複数項 の、どちらにも傾いていないことで、よく言えば中立、悪く言えばあいまいを意味します。 大アルカナの「」などがわかりやすい例だと思います。 また、中立ゆえに「無」とも考えられ、 何も無い状態、無気力、無関心などの解釈もできます。 さらに、 逆位置の場合に多くなりますが、陰気、憂鬱、質素、悲観的などの意味となることもあります。 灰色 グレー は大アルカナ、小アルカナを問わず、背景を中心に、色々な象徴のシンボルの色で使われています。 「赤」について 「赤」の多くは、 情熱、熱意などの感情のエネルギーを表わしており、場合によっては 欲望などの、行き過ぎた感情を示唆することもあります。 タロットカードの絵の中では、主に衣服や植物 薔薇 などで使われています。 また、赤は血の色と言うこともあり、 闘争本能や争いそのもの、積極的に行動すること、血気盛ん、などの意味もあります。 赤は大アルカナ、小アルカナを問わず、色々なカードで使われているので、特に説明は必要ないと思います。 「黄色」について 「黄色」は、 幸福、祝福、希望、満足感、などを意味し、 豊作や繁栄など、豊かさの象徴の色でもあります。 大アルカナの「」や「」などが、わかりやすい例だと思います。 また、黄色は白と同様に「光」としても解釈でき、陽性 能動性 を表わすとともに、霊的エネルギーと捉えることができます。 霊的エネルギーを表わしているカード例は、大アルカナの「」や「」などです。 黄色は、太陽や月、カップやペンタクル、衣服、背景など、色々な場所に使われており、タロットカードの代表的な色のひとつと言えます。 「緑」について 「緑」は、 若々しさ、成長、安らぎ、生産性、などを表わしています。 タロットカードの絵の中では、森や木々、草原、植物などといった自然を描くのに使われています。 緑も大アルカナ、小アルカナを問わず、色々なカードで使われているので、特に説明は必要ないと思います。 「青」について 「青」は、 冷静さ、知的さ、さわやかさを意味するとともに、冷たさや寒々しさ、淋しさ、困難、などを表わしています。 タロットカードの絵の中では、背景 空 や海、山、小アルカナのソードなどで使われています。 また、青は水 川や海 や空などと関連して使われていることが多く、それらと合わせて、 変わりゆくさまや変化そのもの、流れなどと解釈できます。 余談ですが、水の色として使われている場合は、潜在意識を意味することも多いです。 青も大アルカナ、小アルカナを問わず、色々なカードで使われているので、特に説明は必要ないと思います。 タロットカードで使われている代表的な色としては、上記の7種類ぐらいだと思います。 基本的に色だけで判断するよりも、シンボルと合わせて何を意味しているのかを考える方が良いと思いますので、これらはあくまで参考程度にしてもらえればと思います。 また、ここで説明したものは、あくまでタロットカード内での意味合いであり、現在美術の色彩が意味するものや、カラーセラピーなどの心理的要素は含んでいませんので、ご注意ください。 以上、「タロットカードの色の意味と解釈 白・黒・灰・赤・黄・緑・青 」でした。

次の