打ち上げ花火 考察。 【感想・ネタバレ】打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?|なずながただのメンヘラにしか見えない|Roopinfole

DAOKO×米津玄師『打上花火』歌詞の意味・解釈と考察

打ち上げ花火 考察

打ち上げ関連記事2つ目です。 1つ目はあらすじから感想まで書き尽くしましたが今回は核心に近い部分での考察を主にしていきたいと思います。 これも前回同様ネタバレを多く含んでいます。 というかネタバレしかありません。 何か思いつくたび更新していきたいと思います。 注 以下の文章には、「1st if」「最初の世界」など、私独自の表現をしている箇所があります。 説明は前の記事に書いてあるので、読む上で支障に感じる場合は先にそちらを読むことをお勧めします。 日常モノでもあり、恋愛モノでもあるでしょう。 解釈は人それぞれなので、これから述べる私の考察も数多くあるうちの一つの参考として頭の隅にでも置いていただけると幸いです。 なずなは最初夏休みの間に転校する由を教師に伝えておいたため、予めそうなることはわかっていました。 となると、彼女はその日に限って母親たちから逃げる必要がなかった。 祭りのどさくさに紛れて逃避しようという想いが少なからずあったのかもしれませんが、その時はまだ逃走先の当てがありません。 あまりにも無謀すぎます。 では本気で逃げていなかったのか?自分の衣服などを詰め込んだ荷物が入ったスーツケースを引いているところは良いのですが、浴衣姿なのが引っかかります。 浴衣は祭りの服装ですが、これで「本気で逃げている」と思われることはまずないでしょう。 ですがこうなると、典道に助けを求めたシーンと矛盾してきます。 なずなは典道に、「典道が水泳勝負で勝つはずだった」と予測していました。 彼女もまた、後の典道同様水晶玉を投げて典道が勝つ未来に収束することを望んだのでしょうか。 はたまたそうだとしたら、祐介が勝った世界では全てうまく行かなかったのか。 典道が勝つ世界にしか、彼女の願いは叶わなかったのか。 私はこの記事を書くまでずっと「観客が最初に見た光景、平凡な田舎での日常生活こそが"元の世界"」と思っていましたが、この仮定を考慮してからは想像の幅が広がったような気がします。 これが成り立つなら、最初に見たあの世界ですら"元の世界"ではなく、"なずなが改変 してきた何番目かの世界"ということになります。 冒頭のシーンで水泳水着で海の底に落ちる二人が描かれていますが、終盤の海に沈む二人のシーンによく似ています どちらも背景に花火が映っている。 彼女が気付いていないだけで、実は二人にとって理想の世界があったのではないでしょうか。 ただこの仮定においては重大な疑問が残ります。 以前まで水晶玉を投げ続けていたとするなら、なぜその後も投げなかったのでしょうか?母親に捕まりスーツケースから落ちた水晶玉を典道が拾ったことで、所有権がなずなから典道に切り替わったということでしょうか。 その後は水晶玉を投げるのは決まって典道です。 なずながいるシーンでも、「なずな、投げるぞ」とだけ許可を貰い投げています。 なずなの所持品なのに他人に託すものなのかな、とこの点はずっと謎に包まれています。 典道が一回水晶玉を投げた後の教室のシーンにて、なずなが彼に思わせぶりな表情を向けていましたが、あれは色々な意味に捉えることができるかもしれません。 「典道が私の思う通りに動いてくれた」、「典道を恋人として見ている」、「典道の今後の行動に期待したい」など。 何かしらの願望があったことは間違いなさそうです。 なずなが物語中盤から口にしている「駆け落ち」とはどういうことでしょうか。 定義は上記の通りですが、この意味ではないと私は考えました。 「駆け落ち」に対して「心中」と表現を間違えた典道ですが、あながち間違いではないと思います。 典道のこの時の願いは、「とりあえず彼女を救ってやりたい」。 しかしこの時点でのなずなの願いは分かりません。 「典道と一緒に逃げたい」というより、「典道が必要」なニュアンスのように取れます。 要は親から逃げる云々より、典道という存在を確保することが彼女にとって重要だったのではないでしょうか。 それが恋人という形であっても、心中というバッドエンドで終わる関係であっても。 典道がの頂上で水晶玉を投げる直前、走ってきた祐介に突き飛ばされますがあの行動は少し疑問に感じました。 水晶玉の能力が改変にせよにせよ、典道が「もし〜〜〜なら」と願う以前の世界がどれを引きずっているのかが分かりません。 なずなに最初の世界の出来事を伝えても「知らない」の一点張りだったことから、恐らく水晶玉を投げる人以外の人間が保持できる記憶は、その世界と直前の世界が限界かと思われます。 もしそうなら、祐介が激昂して突き落とす前の世界は「自転車になずなを乗せて祐介を置いていく」という世界なのでしっくり来ます。 私は一応これで勝手に納得しています。 花火は希望の象徴、だそうです。 そんな花火が見たこともない上がり方をしているというのは不幸を表しているのではないでしょうか。 典道がそれを察したのかは分かりませんが、「こんな世界、あってはいけない」と、おかしな世界を全てやり直しています。 そんなおかしな世界が直ったのが、花火師が水晶玉を打ち上げた世界というわけなのですが、これがまたどんな世界か分からない。 花火師は酔っ払っていたので何かを望んでいたわけでもなく、また典道が何かを望んだわけでもない。 ある意味何の干渉も受けていない、純粋な世界になったということでしょうか。 玉虫色な回答になってしまいますが、「もしも」が詰まった氷が二人の目の前で砕け散った描写は、もう他の可能性は完全に消えてしまったことを意味するのかもしれません。 結局、最後はどうなったのでしょうか。 ヒントは教師が典道を呼ぶ声、祐介の表情ぐらいしかないと思います。 ------- 近日編集予定 ------- "なずな"のなのですが、「あなたに全てを捧げます」らしいです。 畑がかなり描かれているので意味があると思いますが、果たして誰に捧げているのでしょうか。 というのは愚問ですね、ではなぜ捧げるのでしょうか。 典道に全てを任せられる、と思ったのは最初の世界で典道を必要としていた点から分かりますが、どうも捧げる点だけがうまく解釈できません。 結果としては主人公である典道、ヒロインのなずなが救われていません。 ラを個々の解釈に委ねてしまうと意見も無数に出てきますが、二人が愛し合うのは 改変 後の世界での出来事です。 しかもその世界が全て存在してはいけないものだとしたら、彼らは恋仲であるべきではなかったことになります。 これでは報われない。 そういう想いも込めて、典道は水晶玉を投げ続けたのではないでしょうか。 花火を下から見るのは花火師の方々くらいですかね。 同じ映画で2記事書くこと、多分これからもないのでは?普段は何も考えずに映画を楽しむ派なので、慣れないことをすると頭が疲れますね。 楽しいことですが、皆さんも考察は程々に。 じゃあな。 yuu-lightprogrammer.

次の

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?/最後の考察とネタバレ

打ち上げ花火 考察

もくじ• 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」とは イントロダクション 原作は『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』の岩井俊二。 脚本は『モテキ』『バクマン。 』の大根仁。 独創性溢れる演出と映像表現でアニメ界に多大な影響を与える奇才が、アニメーションスタジオ「シャフト」と最強タッグを組み、イマジネーション豊かな世界を紡ぎ出す。 声の出演は、話題作への出演が相次ぐ広瀬すず。 声優初挑戦となる菅田将暉。 同世代のなかでも圧倒的な人気・実力を誇る二人のほか、声優界のトップランナー・宮野真守、国民的女優のひとり、松たか子と、ジャンルの垣根を越えた豪華キャストが集結。 「もしも、あのとき…」「もう一度、時間を戻せたら…」 2017年夏、最高峰のスタッフ・キャストが、未体験の恋の奇跡を打ち上げる。 ストーリー 夏休み、とある海辺の町。 花火大会を前に、「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか? 平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。 そんな中、典道が想いを寄せるなずなは、母親の再婚が決まり転校することになった。 「かけおち、しよ」 なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。 それを見ているだけで助けられなかった典道。 「もしも、あのとき俺が・・・」 なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。 すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた・・・。 何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道が辿り着く運命は? 繰り返す、夏のある一日。 花火が上がるとき、恋の奇跡が起きる。 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の感想 最初の「なんだこれ?」が最後まで「なんだこれ?」 とにかく終始意味不明でした。 ガラス玉みたいなのを投げて「もしも〜だったら」って言うと、時間が巻き戻ってその通りになる までは解るんですが、それ以外はよく解りません。 あのガラス玉は何なのか? なんで願いが叶うのか? なんで願いを叶えると世界がおかしくなるのか? 世界がおかしくなると何が問題なのか? あらゆる設定に理由づけがされてないので、疑問が無限に湧き出てきます。 巷では「 難解だ」とか「 ちゃんと考えないと理解できない」とか言われてますが、最早そういう問題じゃない気がします。 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」に大した意味はない すごく意味深な本作のタイトル。 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」 最後にはこのタイトルに隠された本当の意味が解る! みたいなのを期待してたんですが、たいした意味はありませんでした。 途中まで横から見てて、最後に下から見た。 本当にそれだけ。 特に深い意味はない。 というか「打ち上げ花火」自体、ストーリーの核心部分にはあんまり関係してなかったような。 追記:深い意味ナッシングなのは原作からでした 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のWikipediaにタイトルの由来が書かれてました。 もともと深い意味を持つタイトルではなかったみたいですね。 この作品が放送された番組である 『If もしも』は本来、主人公の選択によってその後のストーリーがどう変化するかを見せるドラマシリーズであり、どちらかが主人公の空想であったりやり直しであったりしてはいけない、というルールがある。 その意味では、この作品のシナリオは厳密には番組のルールから逸脱しており、『If もしも』側のスタッフは不満を示したと言われる。 また、岩井俊二が作成した初期の脚本段階での原題は『少年たちは花火を横から見たかった』であったが、撮影前に『If もしも』側のスタッフの強い意向により、現在のタイトルに差し替えとなった。 これは、 各エピソードのタイトルは「〜するか、〜するか」という形で統一するというルールが番組にあったためである。 登場人物の誰にも感情移入できない 登場人物の行動・心情も意味不明で、誰にも感情移入できませんでした。 主人公 なんでいきなり祐介(友達)を殴ったのか謎。 癇癪持ち? 共感できない。 祐介 なんでなずな(ヒロイン)との約束を破るのか謎。 恥ずかしいから? 共感できない。 なずな なぜか不気味で性的な描写が多い。 家庭に問題があるミステリアスなキャラクターなのも相まって、ただのメンヘラにしか見えない。 電車と並走した車の助手席から「なずな〜! 戻ってきなさ〜い!」はどう考えても頭おかしい。 主人公への暴力。 頭おかしい。 突然始まる、なずなのミュージカル ヒロインのなずなが突然 私、結構アイドルもいけると思うのよね? と ほざきだして松田聖子の「 瑠璃色の地球」を歌い出します。 エアーマイクを手にして、上手でも下手でもない、なんとも微妙な歌唱力で歌います。 だんだん気分が乗ってくると、背景はメルヘンな世界に変化します。 最近ミュージカル(アナ雪、ララランド、美女と野獣)が流行ってるからこういうシーンを取り入れたのか? それとも原作にもこんなシーンがあるのか? どっちでもいい。 どっちにしてもイカれてる。 ただのメンヘラにしか見えない。 まとめ:良いところが思いつかないレベル タイムリープ物は最近観た「君の名は。 」で既視感があるし、ミュージカルシーンは失笑だし、登場人物はみんな頭おかしいし、話は意味不明だし…。 画は綺麗っちゃ綺麗でしたが「君の名は。 」には到底及びません。 そもそも作品の核となるストーリーやキャラクターが滅茶苦茶なので、いくら画が綺麗でもダメだと思うんですよね。 例えるなら「 見た目はキレイだけど食べたら超マズい料理」って感じでしょうか。 ということで散々酷評しましたが、あくまで個人的な感想です(予防線)。 でも中には「 超良かった!」とか「 めっちゃ泣けた!」っていう人もいるみたいなので、食わず嫌いせずに一回観てみると良いかもしれません。 Amazonビデオで視聴可能です。 追記:原作のドラマ版をHuluで観てみた Huluで原作のドラマ版が配信されていたので試しに観てみました。 全体的にノスタルジック漂う作品になっていて、昭和臭がすごいです。 平成生まれのくせに「うわー! 懐かしー!」とか思いながら観てました。 人によっては号泣かもしれません。 アニメ版との比較ですが、まず尺が倍近く違います(ドラマ版は50分、アニメ版は90分)。 これだけで アニメ版は相当水増しされていることがうかがえますね。 まぁ一本の映画を上映するのに「50分」ってわけにはいかないでしょうから、やむなく水増ししたんだと思いますが…。 それから原作ドラマ版はアニメ版と比べて、SF・ファンタジー要素もほとんどありません。 変なガラス玉とか出てこないやんけ。 やっぱりあれ、絶対要らなかったと思う。 あとヒロインのなずなが全然メンヘラじゃない(重要) 松田聖子の「瑠璃色の地球」は歌わなかったし、性的な描写も全然ありませんでした。 なにより、なずな役の奥菜恵が可愛すぎる。 撮影当時14歳だそうです。 天使かな? 原作のドラマ版はこんなに良いのになんでアニメ版は…。 今回のアニメ版でがっかりした人は、ぜひ原作のドラマ版を観てみてください。 ノスタルジックな雰囲気漂うすばらしい作品でした。 ちなみに僕が利用した「Hulu」は月額1008円(税込)でラインナップされた動画が見放題というサービスですが、 初回登録時のみ2週間の無料体験が用意されてます。 なので、原作ドラマ版も完全無料で視聴可能です。 登録は数分あれば終わると思いますので、無料体験を使ったことがない方はぜひチェックしてみてください。 追記:U-NEXTでも配信されてました U-NEXTの初回登録時の 無料体験は31日間です。 さらに無料体験には、U-NEXTのサービス内で使える 600円分のポイントもついてきます。 600ポイントあれば 新作の映画を1本無料で観られますので、まだの人は必ずもらっておきましょう。

次の

「分からなかったというの人の為に解説」打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? T@KOさんの映画レビュー(ネタバレ)

打ち上げ花火 考察

カテゴリ• 花火が開くその一瞬に2人の心が結びつく様子をサビで描いているのです! 花火を一緒に見る二人、けれども花火はじきに終わりを迎えてしまいます。 花火を通じて深まった絆ですが、いつまでその絆が長持ちするかはわかりません。 いつかは終わってしまうと思い、焦りを感じます。 せっかく、花火のおかげで二人の距離を近づけるチャンスを得ることができたものの、時間が足りずにうまくいかなかった、そんな一夏の後悔が今も残り、消化しきれていません。 ずっと後悔が残り、心はいつまでたってもあの夏のままです。 じりじりと二人の時間は過ぎ去っていってしまいます。 最終列車も迫り、二人の時間の終焉が暗示されているようです。 後悔を胸に、君の名前を叫びます。 何もできなかったあの日の自分を悔やみながら。 絆も花火のようにあっという間に消えてしまいました。 残ったのは、一瞬の二人の時間だけ。 けれども、未練は自分の心の中に残っています。 もう少し、何かが足りていればという思いが感じられます。 過ぎ去った時をただ思い出す あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ 砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿 パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだ この夜が 続いて欲しかった またしても、もう一度あの夏の日のことを思い出します。 打ち上げ花火を二人の関係にみたてて。 花火を見て過ごした時間は、二人の絆を固くする絶好のチャンスでした。 けれども、何もできずにチャンスを失ってしまい、今はもう離れ離れ。 今となっては、あの時こうしていればと後悔するほかありませんでした。 メロディーも歌詞の雰囲気や世界観と非常にリンクしており、とてもいい曲だと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。 S Sorry for being off-topic but I had to ask!

次の