尿 潜血。 尿検査で潜血反応がプラスに。 意味や原因には何があるの?

ウリエースKc|尿検査薬|テルモ 一般のお客様向け情報

尿 潜血

尿潜血(血尿)の概要 この項目は、血尿であるかどうかを調べる検査です。 尿潜血検査は試験紙(定性法)で行われ、厳密に言うと、血液に存在する赤血球中のヘモグロビンが尿中に存在するかどうかを調べています。 主に腎・尿路系に炎症や損傷、腫瘍などがあると、そこから出血し、尿の中に血液が混入(血尿)するため、尿潜血検査は陽性を示します。 また、溶血性貧血などのように体内で赤血球が大量に壊される疾患の場合、赤血球に含まれるヘモグロビンが大量に放出されるため、結果的に尿の中にヘモグロビンが排泄されるので尿潜血検査は陽性となります。 尚、筋肉疾患などでミオグロビンと呼ばれる、ヘモグロビンに似た蛋白が尿中に存在しても、試験紙法の場合、尿潜血検査は陽性を示します。 肉眼的血尿と顕微鏡的血尿の違い 通常、血液が尿に混じったものを血尿といいますが、尿が赤く見た目で血尿と分かるものを「肉眼的血尿」と呼び、肉眼では分からず顕微鏡を用いた検査によって血尿と判断されるものを「顕微鏡的血尿」と呼びます。 通常、肉眼で尿潜血が陽性と判断できる肉眼的血尿は、尿1 リットル中に血液が1 ミリリットル以上混入している状態になります。 肉眼では分からない顕微鏡的血尿の場合、顕微鏡を用いて400 倍まで拡大し、1視野に5 個以上赤血球が存在していれば試験紙は陽性を示します。 健康診断で尿潜血陽性(血尿)と診断されたら・・・ この尿潜血検査は、健康診断の尿検査の項目に含まれていることがあり、みなさんのなかにも陽性と診断されたかたもいらっしゃると思います。 この尿潜血検査が陽性になる割合は、男性より女性の方が多く、年齢が高くなるにつれて陽性率が上がる傾向があります。 この尿潜血陽性になる原因には、激しい運動後や発熱・過労などにより起こる生理的な血尿や、女性では生理中のために尿に血液が混じってしまうために起こる血尿などがあり、病的でないものが多くあります。 また、尿潜血が陽性と判定され、二次検査で尿潜血が陽性になる原因が特定できるのは30~40%前後で、その特定された原因のなかでも、すぐに治療を必要とされるのは40%程度といわれています。 乳幼児の血尿は、一般的に7歳くらいになると半数近くの方が尿潜血が陰性となります。 また、ナットクラッカー現象や良性家族性血尿などによって陽性とあらわれることがありますが、ともに予後は良好です。 このように尿潜血陽性のなかには、生理的に出現するものや、良性疾患によって出現するものが多くありますが、なかには、尿路(腎臓、膀胱、尿管など)の悪性腫瘍や腎炎、その他の尿路系疾患などが原因であらわれていることがありますので、尿潜血が陽性といわれた方は、定期的に尿検査を実施するようにしましょう。 補足 1)ナットクラッカー現象(くるみ割り現象) 左腎静脈が腹部大動脈と上腸間膜動脈に挟まれて狭窄を起こす現象です。 狭窄が起こることにより、左腎静脈圧が上昇し、その結果血尿が出るようになります。 2)良性家族性血尿 遺伝性のもので、腎臓にある糸球体基底膜と呼ばれる膜が生まれつき薄い病気です。 一般的に予後の良い病気です。 尿潜血が陽性を示す病態 腎臓の病気 急性、慢性腎炎(糸球体腎炎、ループス腎炎など)、腎結石、腎腫瘍、遊走腎、腎外傷、のう胞腎 など 尿管の病気 尿管結石、尿管腫瘍 など 膀胱の病気 膀胱炎、膀胱結石、膀胱腫瘍 など その他泌尿器関連の病気 前立腺炎、前立腺がん、尿道炎 など 泌尿器以外の病気 白血病、溶血性貧血(発作性夜間ヘモグロビン尿症など)、心筋梗塞、筋ジストロフィー、筋損傷、重症の火傷、発作性寒冷血色素尿症 など 検査時の注意事項 女性の場合、月経中や月経後数日は経血により尿潜血が陽性となることがありますので、可能であればこの期間は尿潜血の検査は避けたほうが良いでしょう。 尿潜血の検査は一般的に試験紙で行われます。 この検査方法の場合、大量のビタミンC(アスコルビン酸)が尿中に存在すると、偽陰性(実際は陽性でも陰性になってしまう)になることがあります。 ビタミンCは大量に摂取してもそのほとんどが24時間で尿の中に排泄されますので、前日から清涼飲料水やジュースなどビタミンCを多く含む飲料や食物は摂取しないように注意しましょう。

次の

尿潜血が陽性と言われたら(尿蛋白が陰性の場合)・・・

尿 潜血

たばこは様々なメカニズムによって腎臓に悪影響を与えることが知られています。 煙の中の物質により直接腎臓が障害される• 喫煙によって高血圧となり、高血圧が腎臓に悪影響を与える• 喫煙は腎臓を栄養する血液の量を低下させ、腎臓の栄養不足により腎臓が障害される 実際に喫煙者の方が非喫煙者と比べて腎臓の機能が悪化するスピードを早めてしまうことが知られています。 我々日本人においても、喫煙自体が慢性腎臓病のリスクになることが示されています。 さらには、喫煙はある種の高血圧治療薬の効果を弱めてしまう働きもあります。 上記より、当科外来では皆様に禁煙を行って頂くようお話しております。 腎臓を守る「治療」として、禁煙をお願い致します。 血尿とは尿が腎(じん)臓で作られてから尿道から排せつされるまでのどこかで、血液が混じってしまった尿です。 正常の尿は血液は混じっていませんので、血尿が出るということはどこかに異常があるということになります。 血尿の原因として挙げられるのは、結石症や腫瘍(しゅよう)(悪性、良性)などの尿が流れる過程の異常(泌尿器科疾患)と、腎炎・腎症など尿を作る過程での異常(腎臓内科的疾患)があります。 尿に混じった血液などの量と形を観察しますと、異常の場所がおおよそ見当がつきますので、病院や医院ではまず顕微鏡的に尿を診る尿沈渣(にょうちんさ)を行います。 そして手軽な超音波断層やレントゲンで腎臓や尿管、膀胱(ぼうこう)に異常が無いかどうかを調べます。 怪しいと思われますと尿中の悪性細胞を診るため尿細胞診をしたり、CTやMRIを撮って詳しく調べます。 また、腎臓内科的疾患が疑われる場合は腎臓の働きが鈍っていないかどうか、腎臓を傷めるような全身的な病気が無いかどうかを併せて調べます。 血尿で気がつく病気の中には、早めに対処したほうがいい疾患が含まれていますので、血尿と診断されましたら、かかりつけ医に相談の上、腎臓内科もしくは泌尿器科を受診することをお勧めします。 特に自覚症状もない尿潜血陽性が健康診断の検尿で指摘されたとのことですが、目に見えるほどの血尿ではなかったものとしてご説明いたします。 尿潜血は慢性腎(じん)炎や全身疾患由来の腎疾患(膠原=こうげん=病、動脈硬化、糖尿病など)でも見られるほか、尿が流れ出る経路の途中で混じる微量の血液でも陽性となります。 すなわち腎臓だけでなく、尿管やぼうこう、尿道さらに外陰部の病変による血尿のこともあり、しかも直接の原因が石や腫瘍(しゅよう)や炎症など、多岐にわたっています。 そのせいか60歳以上の女性では5. 8%で尿潜血陽性ですが、特に性器からの分泌物の混入があるため、正確に中間尿を検査しないと意味がありません。 今一度尿の採取方法を確認しましょう。 正確に採取した尿の潜血が陽性である場合は、一般的にその程度(頻度と量)をみながら尿潜血を来している病変の特定をするために、採血、尿沈査(尿の中にある細胞などの固形成分を遠心分離して顕微鏡で見る検査)、腹部超音波断層検査などをルーティンに行いますが、状況に応じてレントゲン、CT、尿の細胞診等を追加します。 また、ぼうこう腫瘍など疑う場合はぼうこう鏡も早急に行います。 本例のような無症候性の顕微鏡的血尿の場合でも約20%に腎臓の疾患が、約16%に泌尿器科的疾患が見られます。 良性、悪性の腫瘍の頻度は1. 2%と少ないのですが、主治医と相談されるがよろしいかと存じます。 一般的に尿潜血陽性は血尿があると考え、血尿をきたす腎尿管などの結石、悪性や良性の腫瘍、炎症による「ただれ」など泌尿器科的な病気のほか、慢性急性の腎炎、出血傾向、膠原病などの全身疾患などを疑って検査を進めます。 尿潜血は赤血球の中のヘモグロビンという赤い色素が持つ性質を利用して検出するのですが、必ずしも尿中に赤血球が存在しなくても陽性になることもあります。 そこでまずは尿沈渣で赤血球の存在と数と形を顕微鏡で観察します。 ついでにそのほかの異常なものが尿に混じっていないかどうかも見て、疾患の存在を憶測します。 このようなわずかな血尿は原因が同定しにくいことが多く、大まかに原因となりそうな疾患の有無を調べ、それでもはっきりしなければ、腎臓の働きがよければ良しとします。 しかし大事なのは、1回大丈夫といわれただけでその翌年からも過信してしまわないことです。 中には徐々に病気が進行していても過信のあまり、尿毒症とか進行がんとなるまで来院されない方もいらっしゃいます。 毎年の検診結果は謙虚に受け止め、その都度来院していただきたいです。 囊胞腎とは腎臓の尿を作る部分に小さい袋が数限りなくできる病気で、その中に液体がたまって大きくなることにより尿を作る部分が圧排されて、だんだんに腎臓の働きが低下する先天性の疾患です。 専門的ですが、常染色体優性の遺伝であることがほとんどです。 一人ひとりの子供に遺伝する確率は50%となります。 したがって一人も遺伝しないこともあれば、子供全部に遺伝することもあるのです。 囊胞は大きくなると腎臓全体が膨らんできて、おなかが張って邪魔なだけではなく、外力によって破裂したり、出血したり、正常に機能している部分の尿の流れを妨げたり、また、たまった液に感染を起こしやすくなります。 また、中には脳動脈瘤になりやすい家系もありますので、心当たりがある場合は脳神経外科などの受診をお勧めします。 胃機能が悪くなるスピードと程度は人それぞれですが、同じ家系の中では似たような経過をとる場合が多いように思います。 平均しますと60歳までに透析を受けるようになる確率は約45%と言われています。 腎不全への進行は遺伝子のみによって決まるのではなく、高血圧、囊胞(ふくろ)の中への感染、尿の流れ出る経路の閉塞などの合併の有無によって決まります。 したがって、腎機能を長持ちさせる秘訣は、血圧をしっかりとコントロールし、おなかをぶつけるような運動や仕事を避け、多めの水分を取り、多めの尿を出しておくことです。 また運動はストレッチやウオーキングなどの軽い運動はむしろお勧めします。 心雑音は血液の乱流が生じた時に生じます。 川はゆっくり流れている時にはあまり音がしませんが、速く流れると大きな音がしますね。 心雑音も同じで、心臓の弁の病気や先天的に心臓の構造に異常がある場合と、心臓自体には病気がないが活発に大血管に血液を送り出している場合に生じます(若い人によくある)。 あなたの場合、心エコー図などで異常がなかったのですから後者にあたると考えます。 従って心雑音自体はあまり気にすることはありませんが、やはりあなたの血圧と脈拍数はやや高めです。 あなたの年齢なら血圧は上が120-130、下は80-85日以下、脈拍数は毎分60-80日回です。 高血圧の原因ですが妊娠中毒症を経験されていますので、いわゆる本態性高血圧が早期に現れた可能性が高いと考えます。 ご両親などの肉親に高血圧の方はおられないでしょうか?可能性は低いですが甲状腺などの内分泌系の病気や軽い腎障害の影響も考えておく必要があると思います。 なお高血圧の治療ですが原因によりますが、すぐに薬をのむのではなく、塩分制限や運動療法や生活習慣の改善も非常に大切です。 いずれにしろかかりつけ医にご相談されることをお勧めします。 腎疾患についての血液検査データとして主なものは尿素窒素、クレアチニン、尿酸です。 5~1. 7~7. いずれも腎臓の尿を作る働きが落ちると上昇するデータです。 特にクレアチニンは、筋肉量によって多めの人と少なめの人がいますが、時間とともに上がることは腎機能の低下を意味します。 しかし、尿酸や尿素窒素は腎機能以外の要因でも上がることがよくあります。 なかでも、尿素窒素は大量のタンパク質を食べた時、逆に長期にわたって食事量が十分取れないとき、長期の炎症があるとき、脱水、胃や腸に出血があるときなど、大幅に上昇します。 ですから、尿素窒素はその時々によってかなり上下しますので、1回の値のみで腎機能を判断しないほうがいいでしょう。 もっとも、持続的に30以上では軽度の腎機能低下があると思います。 尿素窒素を下げるためにはまずは上がっている原因を調べ、特に原因がはっきりしなければ、食事中のタンパク質を減らして、心臓に異常がないといわれている方は水分を多めに取っていただければと思います。 その他分からないことがあったら、積極的に主治医に相談しましょう。

次の

尿潜血が陽性になる原因は病気?ストレスや病気でも出る?

尿 潜血

健康診断や人間ドックで尿検査を行うと、尿蛋白と尿潜血、尿糖など様々な検査が同時に行われます。 尿蛋白の検査は、尿中に蛋白が一定量以上含まれている場合が陽性とされ、尿潜血は肉眼では確認出来ないものの、標準以上の血液が尿に混じっている場合が陽性となります。 尿潜血だけの場合は、泌尿器科を受診する必要がありますが、尿潜血と尿蛋白が同時に検出された場合は、腎臓専門医を受診する必要があります。 尿蛋白と尿潜血が同時に検出されると、どのような病気の可能性があるのでしょう? <尿蛋白と尿潜血が同時に検出されたら> 結論から申し上げますと、尿蛋白と尿潜血が同時に検出された場合は、腎臓病に罹患している可能性があります。 腎臓の皮質には、糸球体(しきゅうたい)と呼ばれる、毛細血管が糸玉のように球状に集まったものがあります。 この糸球体は、腎臓内の血液をろ過し、血球やたんぱく質以外の成分は尿として排出させる働きがあります。 尿蛋白と尿潜血が同時に尿検査で検出されるということは、糸球体に炎症が起こり、蛋白や赤血球が糸球体から漏れ出している可能性が高くなります。 これを糸球体腎炎と言います。 尿潜血は糸球体の毛細血管が何らかの原因で切れ、赤血球が漏れ出すことで発症し、尿蛋白は糸球体からたんぱく質が漏れだすことで発症し、その漏れ出す量によって痛みや腎臓の障害が広範囲になるのです。 よって、尿蛋白と尿潜血が同時に検出された場合は、直ぐに腎臓の検査をし、治療をする必要があるのです。 <尿蛋白と尿潜血が検出されても、問題ないことも> 尿蛋白と尿潜血が検出された場合、上記のように腎臓病の可能性もありますが、問題ないケースもあるようです。 尿蛋白は激しいスポーツの後や発熱時、たんぱく質の過剰摂取やストレスなどで、一時的に尿蛋白が検出されることがあります。 また、尿潜血は痔や膀胱付近の傷、女性の場合生理前後に尿検査をした場合などでも一時的に尿潜血が検出されることがあります。 このような 一時的に尿潜血や尿蛋白が検出された場合は、必ずしも腎臓や尿路の病気ではない可能性もあります。 よって、何度か定期的に尿検査をし、経過観察をしていくことが大切なのです。 <腎臓に異変があると判断されたら?> 尿蛋白と尿潜血が同時に検出され、腎臓に何らかの異変があると判断されたら、すぐに投薬治療を開始します。 尿蛋白と尿潜血が出る腎臓病は、早期発見・早期治療をしないと、薬が効き難くなりますので、治療までのスピードが大切になります。 腎臓病になると、尿蛋白や尿潜血が出て、顔や手足にむくみを生じるようになります。 更にそれを状態を放置していると、貧血や食欲低下、尿毒症、吐き気などの自覚症状が出てくるようです。 自覚症状が出た場合は、すでに重症であることが多いので、少しでもおかしいな、と思ったら、すぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

次の