約束 の ネバーランド 141。 【約束のネバーランド】16巻ネタバレ感想|鬼のボスの正体・七つの壁・もう一つ約束の謎が明らかに!

約束のネバーランドネタバレ最新141話驚愕!約束は仲間の裏切りによって結ばれた!

約束 の ネバーランド 141

スポンサーリンク 前回、着々とティファリの準備が進む王都には、ギーランとその配下が迫っていました。 一方、謎の黒い穴から「読めない文字」に会うため先に進んだエマとレイ。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」141話より引用 全ての鬼の頂点である「読めない文字」と新たな約束を結ぶ。 エマはそれに対し、ミネルヴァのペンが映し出すとある部分を示します。 お互いがお互いを狩り合わず、世界を棲み分ける。 続いて場面は現在へと戻り、「読めない文字」とエマの対面へ。 対する「読めない文字」の返答は……? 「いいよ」 とあっさり! なにがのぞみ?と呑気に聞いてきます。 そのやり取りでちょっと緩んだ空気ですが、続く「読めない文字」の言葉で再び引き締まります。 無事に帰れなくなるような無理難題でないことを祈りたいですが、そう簡単にはいかなそうでもあります。 スポンサーリンク 鬼との戦争! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」141話より引用 場面は再び変わり、1人の人間の男と共に歩くイヴェルク公。 望みを叶えたいなら何を望まれても断るな、と。 伏兵に苦しめられる兵達を、フクロウを肩に乗せた男・ラートリーが鼓舞します。 最後の伏兵を倒せばこの拠点は人類のもの、また一歩平和に近づく、勝って故郷に帰ろう、と。 士気を上げた兵達はラートリーの号令に続き、敵に立ち向かっていきます! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」141話より引用 それは人間と鬼とが互いを狩り合う、血で血を洗う戦い。 見開きの雨の中での戦闘描写はまさに戦争で、その激しさが伝わってきました! また、ラートリー家の祖先も本格的に登場しましたが、その肩にはフクロウが。 現在では主に諜報で活躍しているフクロウですが、約1000年前のラートリーにとっては、戦場でも共に戦う相棒だったようで、その絆は強そうです。 スポンサーリンク 全人類の勝利を目指して 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」141話より引用 そして多くの犠牲を出し、戦闘が一段落した夜。 兵達を取りまとめる存在なのか、6人の男女が火を囲んで話し合います。 長く続く戦いに憔悴する6人。 ある者は拠点を落とせたことに安堵し、ある者は、次はどう勝つ、と好戦的な様子です。 そんな中、1人の男が和平という手はないかと話を出します。 驚き、考える面々。 敵は了承しないだろう、徹底抗戦だ、と様々な意見が出る中で、ラートリー家の祖先・ユリウスも考えを述べます。 「一部の人間を差し出す…というのはどうだろう」 完全に人間を絶たないなら奴らも応じるということですか、と女性。 頷き、さらに考えを述べるユリウス。 予め果樹の苗を与えるかのように人間を差し出すのだと。 悪人や奴隷・敵を崇める者、あるいは……と言いかけ、そこでハッとします。 仲間達もお主らしくない、あまりに義に欠けると止めに入ります。 どうかしている、忘れてくれと謝り頭を抱えるユリウス。 女性は疲弊した兵達を思えばこそでしょうとなだめます。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」141話より引用 そこで最初に和平の話を出した男が、一度差し出せば永久に要求されかねないとユリウスの策を退けます。 そして、奇しくも出会った我々が、今こうして国や民族を越えて力を合わせ戦っている、と続けます。 和平、抗戦、どちらにしても全人類の勝利を目指そう、国や貴賤、思想も関係なく全ての民を守ろう、という力強い言葉。 あと少し、ようやく勝ち目も見え始めている、と仲間を励まします! 「先祖代々続いたこの戦争を俺達の代で終わらせる 食われない世界を掴み取るんだ!!」 男の言葉で全員の士気が高まっていきます! 人類全員を守ろうと無事まとまった話し合いですが、ただ1人ラートリー家の祖先・ユリウスだけは一部の人間を犠牲にする策を提案していました。 やはりこの策が農園システムの基礎なのでしょうか? 兵達を鼓舞し、仲間達からも義に厚く思われているような彼が本当にそんな決断をしてしまうのか、ここまでを読む限り信じたくない気持ちになります。 スポンサーリンク レウウィス出現! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」141話より引用 そうだあと少し、と自分に言い聞かせ、再び戦場に戻るユリウス。 かけがえのない戦友と人類を守る使命、そして勝利が近づいているという感覚がユリウスを支えていました。 逃げろと言いかけた兵士も一瞬で首を刺し貫かれてしまいます。 兵達の屍の中を歩き、ユリウスに近づいてきたのは、王族・レウウィスでした! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」141話より引用 「月が綺麗だねぇ さて残るは君だけか」 王族の規格外の強さと絶望を感じさせるレウウィスの登場でした。 エマ達は銃を駆使してレウウィスと相対したわけですが、そんな武器もない様子のこの時代では、倒す術があるのか疑問です。 現代でも複数の視点が入り乱れる中で、次回の展開は予想がつきませんが、それだけに続きを楽しみに待ちたいですね!.

次の

約束のネバーランド 最新第142話1000年前の”約束”2ネタバレ含む感想と考察。ユリウスの行動の顛末。そしてエマはいよいよ首領に望みを告げる。

約束 の ネバーランド 141

-------------------------------------------------- 二つの約束 エマ達がアジトで作戦を立てていた時の事。 どんな約束をどうやって結ぶのか、鬼達だって人間を喰いたいはずだろうとナットは不安に思う。 それについてエマはモニターのある箇所を指差す。 エマが指差した箇所を見てレイは 約束が一つではない事に気付く。 人間は鬼を狩らない、だから鬼も人間を狩らない。 だから、お互い世界を棲み分けようと言うのが人間と鬼の王達が交わした約束。 そしてレイ達は、 それを利用すれば自分達はこの世界が逃げられると考えた。 -------------------------------------------------- それぞれの考え 物語はあの 約束に至るまでの過去編へ突入する。 「ごほうび?」と鬼に聞き返す人間に対し、鬼は「ああ、望みを叶える代償だ」と話す。 そして、 望みを叶えたければ彼に何を言われても断るなと鬼は人間に告げた。 1000年と少し前、人間と鬼の戦いが繰り広げられていた。 疲弊する兵士達。 うろつく鬼達の背後で、兵士達は伏兵の存在に苦戦していた。 ラートリーは兵士達に、あの伏兵で最後だから、あれを倒せばこの拠点は人類のものになり、また一歩平和に近づくと話し、あと少し、勝って故郷に帰ろうと言った。 士気が高まり 鬼達を殲滅するラートリー達。 夜になり、たくさんの死者を出した両者。 拠点では男女6人の人類側が、今後の戦いについて話し合いをしていた。 また今日も大勢死んだと話す若い男兵士。 褐色の肌の男は、いつまでこの戦いは続くんだと呟いた。 黒髪の男が、ひとまず敵の拠点は落としたからこれは勝利だと話す。 老兵は次はどう勝つと切り出すと、若い男の兵士が、 和平という手はないだろうかと発言した。 黒髪の兵士は考え込んだ。 褐色の兵士は鬼達が了承するはずがないとし、若い兵士は方法を考えると言い、老兵は徹底抗戦だと和平を否定した。 そこにユリウスが、 一部の人間を差し出す事を提案するのだった。 女の兵士はユリウスの発言に対し、 鬼達の食料を完全に絶たなければ鬼達も交渉に応じるということかを聞き返す。 ユリウスはそれを肯定し予め差し出すのだと話し、悪人でも奴隷でも…と話しを続けた後で、仲間達にお前らしくないや義にかけると言われ自分はどうかしているとうつむき謝罪した。 女兵士は、そのユリウスの発言は疲弊した兵達を思ってのことでしょうと庇った。 だが 一度差し出すと永久に要求されかねないと若い男の兵士は懸念し、その意味でも その策はのめないとした。 自分達はこの地で出会い、今こうして国や民族を超えて力を合わせて戦っていると話し出す若い男兵士。 更に、和平にしろ戦い抜くにしろ目指すのは全人類の勝利だと言い、国や思想など関係なく全ての民を守り抜こうとみんなに話した。 その言葉に頷くユリウス。 勝ち目が見え始めている鬼と人類の戦争を自分達の代で終わらせ、食われない世界を掴み取ろうと立ち上がった若い男の兵士が言うと、周りのみんなも賛同し士気を高めた。 -------------------------------------------------- ユリウスの思い そうだあと少し。 掛け替えのない戦友と偉大な使命、我々は勝利に近づいているのだ。 だが、ユリウスは思い出した。 勝ち目など、怪物相手には一瞬で覆されるのだと。 ユリウスは一瞬で斬り殺される兵士達を目撃する。 その先に立っていたのは 王家の鬼、レウウィス大公だった。 月が綺麗だねえと言いながら、殺された人間の兵士の屍の中を歩いてくるレウウィス大公。 不気味な顔でユリウスに、 残るは君だけかと話すレウウィス大公と対峙したユリウスは自覚した。 もう疲れた 帰りたい!! うんざりだ!! 民の為とか兵の為とか、ユリウスはもうどうでも良かった。 ユリウス自身が疲れていたのだ。 じき終わると言った戦争もいつなのかわからない。 全て幻想でキレイ言で、 勝ち目の見えている今こそが好機なのではとユリウスは思った。 そして、 今自分が終わらせるんだという考えにたどり着いたユリウスは、剣を捨てレウウィス大公に言った。 王陛下に合わせて欲しい。 取り引きがしたい、と。 恐らく 何か条件を出してくるのでは無いかと思われます。 その条件がもしかしたらエマに対して不利な条件かもしれませんし、エマが望む複数の未来の内どれか一つを諦めなければならない可能性もあります。 儀祭に選ばれた子供とは? 儀祭で言われた あの方へ捧げる御膳が用意されている様子でした。 あの方へ捧げる御膳とは、もちろんエマ達のような 素晴らしい脳を持つ優秀な子供です。 他の農園から選ばれた子供なのかもしれませんが、もしかすると フィルの可能性もあるのでは無いでしょうか? 年齢的にまだまだ選ばれないとは思いますが、登場してきた農園の子供で御膳に出されてもおかしく無い脳の持ち主というとフィルが浮かびます。 もしくは新しいキャラクターの登場となり、 儀祭でどのように御膳に出され処理されるのかを読者に見せる存在として登場する可能性もあります。 -------------------------------------------------- 約束のネバーランド141話ネタバレまとめ 儀祭に向けて準備が進む中、 バイヨン卿はギーランが良かったとノウム卿とプボ卿に話すのだった。 果たしてエマは約束を結び直す事は出来るのか? そして元の世界に戻りノーマンを止める事は出来るのでしょうか? 次回も見逃せない展開が続きます! 次回の『約束のネバーランド』第141話を楽しみに待ちましょう! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

約束のネバーランド141話ネタバレ考察と感想「1000年前の“約束”1」(16巻収録)

約束 の ネバーランド 141

スポンサーリンク 前回、アイシェと彼女を育てた鬼との親子のような絆や、アイシェがノーマン達を親の仇と思っていることなどが明らかになった『約ネバ』。 ドン・ギルダもムジカ達を守りたい気持ちをアイシェに伝え、打ち解けます。 しかしそんな中、真の刺客であるハヤトやジン達は、ノーマンの命でムジカ達を殺害すべく暗躍していました! そして今回、視点は着々とティファリの準備を進める鬼の貴族達に移り、そこには王都に迫るギーランの姿も。 それは当代バイヨン卿の夫人と子どもでした。 行き先を尋ねる子どもに、お父様達がいらっしゃる王都だと夫人が答えます。 「皆が集まるとても大切なお祭りがあるの」 イヴェルク、ノウム、ドッザ、プポ、その他の五摂家の領地からも、着々と鬼達が王都に向け出発しているようです。 ノウム領では魚のような乗り物、プポ領では馬車のようなものなど、それぞれ移動手段にも個性があって面白いです。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」140話より引用 一方、11月7日、王都。 ティファリが3日後に迫り、イヴェルク公は準備についての報告を受けていました。 各地からの供物が到着し、五摂家の家族もそれぞれ領地を出発したこと。 そして、「読めない文字」の御膳も明日には届くということ。 「読めない文字」の御膳となると、エマ達フルスコアクラスなのでは、と思います。 一体誰が犠牲となってしまうのか気になるところです。 スポンサーリンク 王都に迫るギーラン 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」140話より引用 そしてティファリの準備に追われる五摂家の面々。 ドッザの姿を探すプポ卿を、ノウム卿が無駄だと止めます。 面倒な仕事を押しつけて遊んでいるのだと。 ドッザの横暴下卑には吐き気がする、陛下やイヴェルク公が甘いからつけ上がるのだ、と辛辣です。 その発言にあわあわする温厚な性格らしいプポ卿。 もう1人のバイヨン卿は、ティファリの間の辛抱、自分の領地に戻れば奴ともサラバですと、ノウム卿に同調します。 そして正直を申せば、と自らの本心を語り始めます! 「ギーラン様の方が私は良かった」 驚くノウム卿、プポ卿もそれは思っても口に出しては、と慌てて止めます。 それでも、幼な心に覚えていますと続けるバイヨン卿。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」140話より引用 「あの方は美しく清廉で民のことを真に考えていた」 あれ程の知性が野良に落ちるなど、なぜあのようなことに、と納得できない気持ちを明かすバイヨン卿。 その気持ちはノウム、プポの両卿も分かるところがあるようです。 これまでギスギスした雰囲気が多かった五摂家ですが、3人が普通に会話している様子から、ギスギスの原因の大半はドッザにありそうです。 125話で明かされたギーランの失脚は、ムジカの存在が確認された時期とも重なる700年前。 バイヨンの口ぶりから、ドッザはその頃失脚したギーラン家の後釜に座る形で五摂家入りしたと分かります。 そこにあったのは、宙に浮かぶ四次元の立方体と、その中の360度球形の黒い穴。 しかし、なんかヤベェ気がする、とその後も思考が止まらず、内部の重力や時間の流れについてブツブツつぶやきます。 それでも、一度時空を越えたからか、やがて思い直すレイ。 咄嗟に起き上がり、エマを探すものの、耳に入ったのは電気をつける音と、よく知った別の声でした。 そこにいたのはアンナ、トーマ、ラニオン。 気づけばレイはアジトに戻ってしまっていました! これまで散々時空を無視した迷路で悩まされてきたレイは、突然再会した家族に、本物!!? とパニック。 今は何年何月何日だ、と叫びながら、エマを探して走り始めます! まさかのレイだけ先に戻ってきてしまう展開でした。 迷路でおじいちゃんになるほど苦しんだにも関わらず目的地に辿り着けないという、レイにとっては酷な結果に。 実際レイが戻ったのがいつなのか、時空を超越した世界と現実は時間の流れが同じなのかも気になるところです。 水面のような夜の世界と、太陽が輝く昼の世界が交わったような不思議な空間。 そしてどこからともなく竜が現れ、水面を歩くかのように1人の鬼もエマに近付いてきます! 近付くごとに若返り、ついには子どもの姿となった鬼。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」140話より引用 「やっとあえたね エマ」 「ちゃんと入口から来たよ」 エマはついに「読めない文字」との対面を果たしました! 「なにもないけどなんでもある」この場所に、エマなら来れると思っていたという「読めない文字」。 レイのことを問うエマに、家族のところに帰ったから大丈夫だと言います。 レイはまだ自分の中の壁に囚われていて、頭では分かっていたけれどその先には行けなかった、だからあと少しでここに来ることができなかった。 「読めない文字」は、彼が世界で世界が彼、この世界に壁なんてどこにもないのに、と続けます。 「つまりはきみがおもっているよりむずかしいんだよ じぶんをせかいをときはなつのは」 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」140話より引用 「イイ脳だね 君はとても美味しそう」 「読めない文字」が突然見せた食欲に一瞬怯えるエマ。 それでも、何をしに来たのかという「読めない文字」の問いに、すぐに気を取り直します! 思い出されるのは、ムジカやミネルヴァの導きの言葉、グレイス=フィールドで待つフィル達、レイ、送り出してくれた家族、ノーマン……。 みんなを思い、エマは改めて自分が望む未来を強く思い描きます! 全食用児を解放し、鬼絶滅を回避し、ノーマンに1人で全ての責任を背負わせないために。 何といっても、物語の核心に迫るエマと「読めない文字」との対面が印象的でした! それまであどけなかった口調が一変し、食欲を見せたシーンでは、子ども姿とはいえ「読めない文字」の迫力を感じました。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」140話より引用 約束を結び直したい意思を伝えたエマですが、いくらなんでもこのまますんなりと望みを聞き入れてもらえるということはないと思います。 何か代償はあるのか、あるとしたらどんな物事なのか? この後エマと「読めない文字」との間でどんな会話が交わされるのか、注目です。 一方で、進軍するノーマンの動向や、ドン達のムジカ捜索の行方も気になるところ。 次回どの視点の続きが描かれるのか、楽しみに待ちたいです。

次の