オタク デブス。 認知の先に(オキニになるか)(オキラになるか)

推しくん好きってブスが言うな

オタク デブス

都道府県 :• 全国のデブス• 青森 0• 岩手 0• 宮城 0• 山形 0• 新潟 0• 富山 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 岐阜 0• 三重 0• 静岡 0• 兵庫 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 岡山 0• 山口 0• 徳島 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 佐賀 0• 熊本 0• 大分 0• 長崎 0• 宮崎 0• 沖縄 0 カテゴリ :• 全てのメンバー募集• スポーツ 0• ボランティア 0• 街コン 0• 婚活 0• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のデブス• 青森 0• 岩手 0• 宮城 0• 山形 0• 新潟 0• 富山 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 岐阜 0• 三重 0• 静岡 0• 兵庫 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 岡山 0• 山口 0• 徳島 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 佐賀 0• 熊本 0• 大分 0• 長崎 0• 宮崎 0• 沖縄 0.

次の

【疑問】オタクってなんでオタクらしい見た目になるんだwwwwwwww

オタク デブス

東京・の電気街 ・からを望む おたく( オタク、 ヲタク)とは、 にで誕生した呼称でありのを指す。 元来は・・などの、なかでも嗜好性の強いやの愛好者の一部が二人称として「お宅」と呼び合っていたことを揶揄する意味から派生したで、期に一般的に知られはじめた。 その頃は「お宅族」、「オタッキー」、「オタッカー」と呼ばれた。 明確ながあるわけではなく、現在はより広い領域のファンを包括しており、その実態は一様ではない。 英語では「(geek)」「(nerd)」という語があり、しばしばマスメディアなどでは安易に訳語として当てられたりしていることも見られるが、 どちらも「おたく」とは著しく重ならない部分がある(「ギーク」にはは含まれず、「ナード」は・に対するである)。 そのためもあり、21世紀頃から、日本語発音をそのままラテン文字転写した「otaku」も広く通用しはじめるようになった。 黎明期にので出没していた は後のなオタク像にも多かれ少なかれ影響を与えたとされる。 「おたくとは何か」という定義は、未だに確立していない。 その時々により、また論者によりその言葉が意味するものが一定ではない。 俗には、やといったキーワードと強く結び付けられることがある。 辞書的には、ある趣味・事物には深い関心をもつが、他分野の知識や社会性に欠けている人物として説明される。 おたくという言葉はもともととして使われる言葉であり、のアニメ・SFファンの一部の間でも使われていた。 おたくという語はしばしばや、などと強く結び付けられ理解される傾向にあるが、や、SFファンや電子工作ファン、や、あるいは勉強しか取り柄のない「」などまでイメージさせる語であった。 にが『』()6月号から『』の出張版 として連載したコラム「」において「」に集まる集団を「この頃やたら目につく世紀末的ウジャウジャネクラマニア少年達」とか「友達に『おたくら さぁ』なんて呼びかけてるのってキモイと思わない? 」等と評し、「彼らを『おたく』と命名する」と蔑称・名詞として用いた。 以後アニメ・SFファンはおたくを自認するようになったという。 辞書の定義にあるような否定的な人物像は、アニメ・SFファンによって自嘲的な自己像として語られていたものである。 この言葉はアニメ・SFファンだけに限らず、普通とは見なされない趣味を持つ人、社交性や対象となる趣味以外の常識に欠ける人に対しても使われるようになった。 特に一般の流行から乖離した趣味であればある程、また一般社会人(特に女性)が理解が困難な趣味のおたくは、現在でも嘲笑や差別の対象になるケースが多い。 おたくは広い意味をもつ言葉となったため、おたくとその文化を再定義する試みはたびたび行われてきた。 のはおたく文化を創作作品の職人芸を楽しむ文化としてとらえていた。 のはセクシュアリティがおたくの本質であり、を持つのがおたくだとした。 のはとの結び付きを重視した。 1989年にがセンセーショナルに取り上げられ、犯人がビデオの収集家だったことから、メディアに拡大解釈、歪曲されて拡散され、オタクは犯罪を起こす、危険人物である、というが大々的になされた。 現在もオタクを否定的に捉える人々は、この事件にまつわる報道に影響を受けている場合が多い。 またとして活動していたが「おたく評論家」と自称し、まるで精神異常者のような扱い(宅本人も、狂人を演じていた)でテレビ番組などに多数出演したことも「オタクは趣味に没頭し過ぎて精神が破綻した狂人、異常者」というレッテルが貼られた大きな要因となっている。 なお、はにおけるオタク像のベースとしてので知られた・の こそが起源であると主張しており 、宅のスタイルについても蛭児神をメディアに出せるようマイルドにしたものに過ぎないと評している。 ちなみに岡田によれば、頃からは否定的な意味は薄れ、おたくという言葉は肯定的に用いられるようにもなったという。 また、なにかの趣味に強いこだわりをもつ人物という意味でも使われている。 この意味では、こだわりの対象に対して、所得や余暇時間のほとんどを費やす「消費性オタク」と、「自分の趣味を周りに広めたい」「創造活動をしたい」と考える「心理性オタク」とに分類される。 類語・類型 [ ] 古くは伊達者や酔狂者ともいい、「伊達や酔狂ではない」といったは、本来は生業と趣味の違いをさしたものである。 いわゆる生業としての糧を得るために物事に没頭や陶酔するのと、「」に没頭や陶酔することを分け隔てて考えていた。 その他にや物狂いなどがあり、現在では、とされるが、物狂いや酔狂からの転用で、「~狂」や「~」など乱暴な言い回しがある。 マニア・知識人・学者との違い [ ] 強い興味や関心を持つという点でおたくは・・とあまりかわらない。 上、あるいは評価者が個人的に許容しにくい趣味、外見的な容貌や行動様式の場合、偏見をこめ否定的におたくと呼ばれ、好意的に表現する際にはマニアと呼ばれるという意見も見られる。 概して、作品などについてなど生産的活動を行ない、それが社会に受容されていれば知識人・と名乗ることも可能だが、おたくは消費のみにとどまる(「アニメ評論家」として著名なのはのみ。 「声優評論家」は未だ存在しない)。 違いに関する意見 [ ]• は、それが民俗といえるかどうか、すなわち独自文化を作り上げるかどうか、がオタクとマニアの違いであるとしている。 マニアはできないが、オタクは「オタクっぽい服や口調」のように独自の文化を作り上げることができる、とオタクをポジティブに評価している。 は、マニア・学者とオタクの違いとして、前者は(例えばマニアであれば、学者であればの研究など)その趣味を好むこと自体には他者にとっても理解可能であるが、後者については、そのなどが他者には理解不可能であるという違いを挙げている。 また別の説明として、マニアの没入対象には性の自意識が関係していないが、オタクの場合はそれが関係しているという点 を挙げることもできるという。 宮台の整理によると、1977年頃から若者の間で「オタク系とナンパ系の分岐」が発生しており、(魅力的ではなくなった現実を乗り切るために)現実を記号的に装飾し性愛に積極的にコミットするという方法(現実の虚構化)を選択したのが「ナンパ系」であり、逆に性愛から退却し虚構を駆使して現実から遠ざかる方法(虚構の現実化)を選択したのが「オタク系」となる。 は、おたくと専門家・趣味人の区別として「意味の重さと情報の密度の不均衡」を挙げている。 すなわち、通常であれば意味がある情報だからこそ集積されるという比例関係にあるのに対し、オタクの場合は意味の繋がりを持つことなく情報の集積それ自体が目的化しているのだという。 は、1970年代には(単なるマニアではなく)コミュニケーション能力や時代への適応能力の欠如といったネガティブな面がオタク(文化)の重要な特徴となっていたが、近年ではマニアを含めた広い意味で用いられる傾向があるとしている。 語史 [ ] 「御宅」という呼びかけ [ ] 用語としては私的な場面で用いられる二人称敬称(「お宅様」=あなたさま)であり、庶民が使う「おまえ」「あんた」などの粗野な響きを嫌ったであった。 いわゆるオタク趣味者が互いを指して「二人称敬称として」使っている例は、1980年頃の彼らを描いた作品中に既に見られる。 おたく族 [ ] が『』()誌上で1983年6月号から全3回にわたって連載した『「おたく」の研究 』において、「中学生ぐらいのガキがコミケとかアニメ大会とかで友達に『おたくら さあ』なんて呼びかけてるのってキモイと思わない?」「この頃やたら目につく世紀末的ウジャウジャネクラマニア少年達を『おたく』と名づける」と、その人間類型をおたくと呼ぶことが提案された。 この文章は当時の読者から猛反発を買うことになり、同誌の編集者であったとの間で論争が繰り広げられた。 最終的に中森は大塚により、本誌から弾劾され永久追放されることになる。 この件の背景については、ホーテンス・S・エンドウ(のペンネーム)によれば 最近では、 中略 求人広告にまで使われているこの言葉は、もとはといえば、私の仲間らで、かれこれ7年ほども前に使い始めたものなのだ(この間の事情は当時某誌に連載された「おたくの研究」に詳しい) — 近代プログラマの夕(ゆうべ)p. 52(1991年9月)アスキー とのことであり(雑誌掲載が1989年10月号、単行本が1991年刊なので、文中の「7年ほども前」は1983年のことであり符合する)、中森や遠藤らによる『』関係者の内輪の用語から発したものとの説をとる。 1989年発行の104号『おたくの本』では中森が「僕が『おたく』の名付け親になった事情」というタイトルで寄稿しており、「おたくの名付け親」は中森による自称でもある。 なお、『戦後SF事件史 日本的想像力の70年』では、日本SFファンダムの父であるが「年齢や立場の差を越えて、対等な関係を築ける、話し相手への呼びかけ語」として、「おたく」をポジティブな意味で使い始め、SFファンの間で流通したことが言及されている。 なお、「 おたく」がマスメディアに取り上げられ始めた頃には、「」や「」に準じて、「 おたく族」と呼称された(ラジオ番組「」より『おたく族の実態』など)。 また、初期のが開催された大田区産業会館「PIO」が語源なのではないかという俗説があるが、駄洒落でしかない。 「おたく」と「オタク」 [ ] は「おたく」と「オタク」の違いについて、著書で以下のように述べている。 「おたく」なる語が「オタク」と片仮名に書き換えられるあたりから文部科学省や経済産業省や、ナントカ財団の類がちょっとでもうっかりするとすり寄ってくる時代になった。 ぼくのところでさえメディアなんとか芸術祭 という国がまんがやアニメを勝手に「芸術」に仕立て上げようとするばかげた賞がもう何年も前から「ノミネートしていいか」と打診の書類を送ってくるし(ゴミ箱行き)、そりゃやは今や国家の誇りってことなんだろうが、しかし「オタク」が「おたく」であった時代をチャラにすることに加担はしたくない。 国家や産業界公認の「オタク」と、その一方で見せしめ的な有罪判決が出ちまった「おたく」なエロまんがはやっぱり同じなんだよ、と、その始まりの時にいたぼくは断言できる。 国家に公認され現代美術に持ち上げられ「おたく」が「オタク」と書き換えられて、それで何かが乗り越えられたとはさっぱりぼくは思わない。 だから「オタク」が「おたく」であった時代を「オタク」にも「おたく」にも双方にきっちりと不快であるべく本書を書いた。 ぼくにとって『おたく』は、ひらがなです。 を含むからね。 がで「オタク」って言葉を使った時点で、「宮崎の問題は置いておいて」とされてしまった。 いわば「おたく」が脱色されたものがカタカナの「オタク」であって、そこから先に一連の論議が展開していく。 それこそ、ひらがなとカタカナのあいだの引き算の中で消費されていったものの中になんかはいるわけだから。 また、「気持ち悪いオタク」の略で「キモオタ」と称されることもある。 秋葉原とおたくの関係 [ ] 詳細は「」を参照 消費者層としてのおたく [ ] の調べでは、マニア消費者層(いわゆる「オタク層」)の2004年の市場規模は主要12分野で延べ172万人、金額にして約4,110億円に上り、オタクに共通する行動特性を抽出したところ「共感欲求」「収集欲求」「顕示欲求」「自律欲求」「創作欲求」「帰属欲求」の6つの欲求にまとめられるという。 近年では「」など、地域振興に役立てる例も各地で見られる。 またそれに便乗した異業種からの参入も見受けられる。 それらには消費者層としてのおたくの購買意欲を刺激するものから、安易な便乗商法まで玉石混淆である。 おたくの変遷 [ ] 時代的遷移 [ ] オタクは「時代」に合わせて変遷してきた。 前史 [ ] オタクという語が成立する以前にも趣味に生活より多くの時間と金銭をつぎ込むものはおり、古くは趣味人や(和歌や茶道に熱心な者)と呼ばれた。 たとえば戦国時代の武将などは「オタクの大先輩」と言われることもある。 また近世では海外の文物を受容する傾向は、、あるいはディレッタント と呼称されることが多かった。 海外文化の受容については表面的な模倣を重視する層を、と蔑視し、あるいはその軽薄で表層的な受容態度を逆に珍重してみずからをそう呼称することもあった。 は古くからおり、や、などの玩具コレクターは大人の趣味として一定の評価があり、隠然として存在した。 映画スターや歌手を熱狂的に応援する嗜好はマスメディアの発展と軌を一にし、原点は江戸時代のにまで遡れるかもしれない。 また、中盤から末にかけてのが、後のオタクの母体となったという指摘もあり、子供向けと考えられていたものの中に、大人でも楽しめるものが存在し、また、作品から派生する二次創作、サークルやイベントでの交流など、オタクの特徴とかさなる部分がある。 昭和50年代のアニメブーム(後半~中期) [ ] この頃のアニメーション作品の中には、従来の児童向けに混じって、中高生などの層を対象とした、比較的ドラマ性の高い物が増えたことも、アニメーションブームを加速させた要因に挙げられる。 この現象において『』『』『』といった、一連のテレビ放送・劇場公開作品の大ヒットが、アニメ産業の急速な成長を促した。 この頃は、侮蔑や否定的な意味合いが比較的少ないと言う言葉で呼ばれていた。 やや遅れて、当初は子供向けとして企画された『』が登場。 中高生のアニメファンに人気を博し、「ガンダムシリーズ」と呼ばれる一連の作品群と固有ファン層を派生させた。 バブル景気時代(末期~初期) [ ] の頃から、プロダクション制導入に伴う大量生産期となり潤沢な資金力・労働力を背景に表現力が高度化したアニメーションに対し、尋常ならざる興味を抱く人が増加した。 また同時期、バブル景気に伴う余暇時間と可分所得の増大からや・高価なを個人用に購入するケースが増え、それらに耽溺する人が増えたことも、おたく増加の要因として挙げられる。 この頃、「おたく」という人間類型の呼称が確立し一部では社会現象として着目され始めたと言われる。 1985年(昭和60年)にはが爆発的にヒットしファミコンおたく・が登場し、ゲームに没頭し学業を疎かにする児童・学生が次第と社会問題となる。 従来はサブカルチャー趣味を持つ者の間で使われる隠語に過ぎなかった「オタク」であったが、(63年)から(元年)にかけて起きたの犯人がオタクという一面も持っていたことから世間一般にも知られるようになり、事件ならびに犯人像の異様さも相まってが起きるようになる。 エヴァンゲリオンとテレビゲーム(後半) [ ] 哲学的な問いを視聴者に対して想起させる『』の登場は、学歴偏重社会の崩壊や景気鈍化傾向にあって漠然とした不安を抱える青少年層に強い影響を与え、関連事象()は社会現象とまで言われた。 一方、やの高度化と普及に伴い、ゲーム市場が広がったことは、ゲーム関連企業にとっては大きな福音となり、多数のゲーム制作会社が勃興を繰り返した。 1995年(平成7年)に、が発売され、家庭へのパソコン普及が進んだことで・などが一般化した。 またなどがとなり家庭用ゲーム機の世代交代が進んだ。 エヴァ放映直後の1996年(平成8年)5月に、は自著『入門』その最終章で、「オタクは日本文化の正統継承者である」と主張している。 一般市場化と氾濫() [ ] 数多くの作品が登場する一方、の普及により、かつての「ビデオテープ・ソフト一本1万円弱」などという傾向がなくなり、3千円〜5千円で安価に販売される映像ソフトの販売が一般化した。 店頭でも数多くの映画・ドラマ・アニメのDVDが販売されるようになると、「ビデオソフトを買って見る」という、かつてはコアなマニアやおたくに限定されたことを一般の消費者がするようになり、一般の社会でも普通に売られ普通に買われていくようになる。 このため文化、などの、かつてはおたくと縁遠いと見られていた要素とおたく文化の結合も観察されるようになっている(の要素を取り入れた、渋谷系を取り込んだアニメソング「」など) またパソコンやゲーム機の普及は、かつての専門家やマニア主導ではなく、の一種として家電製品並に普及したこともあり、裾野の広い市場を形成している。 その一方でおたく向け商品の市場も拡大し、電気街として知られたの様相を、漫画・アニメ・ゲームの街として激変させるに至っている。 2005年(平成17年)には、により第一回が実施され、またこれがTV、雑誌、ネット、日本以外の国の通信社からも大々的に取り上げられるという事象も発生した(その後、ビブロスが2006年に倒産したため2回目が実施された時点で消滅、終了。 この結果は発表されていない)。 同2005年にドラマ、映画などでおたくを肯定的に描いた『』が映画、ドラマ共にヒットした。 こうした状況は経済界も注目している。 たとえば、の調査ではオタク市場(自作パソコン、アニメ、ゲーム、アイドル、コミック市場の合計)の市場規模は2900億円である。 また、経済産業省は、日本のコンテンツ産業の国際展開の促進という観点から注目している。 しかしコアなおたく向け商品が一般市場から見て特殊な商品群()であることには余り変化はない。 の『』編集長である高野希義は(平成16年)の「CEDEC 2004」において、おたく市場向けのいわゆる「萌えゲーム」がキャラクターの特徴のみを先鋭化させた、マニアにしか分からない世界と成りつつあり、衰退してしまうおそれがあるとするを述べた。 高野は談話においてを紹介する際、を広告塔として使いつつ王道に戻って10歳代の開拓を目指すと語った。 ごろから、といった、作品が評価され、インターネットコミュニティでもやソーシャル・ネットワーキングサービスといった多くのサービスが産み出され、鉄道業界においてはやなどといった萌えキャラに加え、アニメとのコラボレーションが次々と行われるようになる。 またやと称されるイベントが盛んとなり、特にと滋賀県の、となどの例が挙げられる。 ゲームでは、で多くのソフトが発売され、特には脚光を浴び、モンハン持ちという独特のプレイスタイルが知られるようになった。 PC用ゲームソフトではのやによる、シリーズの同人作品が有名となる。 またこの時期からコンテンツないしそれに触れる人口が急増したことにより一般的な文化になりつつあった。 この時代に、オタクの聖地として、やの存在が世界的に有名になり、オタクでない日本人の他に、外国人観光客も訪れるようになった。 オタクのメインストリーム化(2010年代) [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年12月) 2010年以降、テレビ,電子掲示板,SNSなどでオタク文化が拡散したことで、マニアックな話題で交流を行うことが広く理解された。 外国人からの注目もあり、日本政府がクールジャパン戦略で観光資源として活用するまでに至っている。 後半から半ばにかけて、オタク文化の中心的存在の一つだった(エロゲー)がソフトの高価格やコンテンツの多様化などの様々な理由で、衰退傾向に歯止めがかからなくなっている。 一方、やなどによるの急速な普及により、美少女キャラを起用したやなどがおたく界で主要な位置を占めるようになった。 中国語圏(、、、)では日本のアニメや声優、漫画、ライトノベル、ソーシャルゲームなどがすっかり浸透し、逆に日本に輸入される中国・台湾産コンテンツも増えはじめている。 1990年代後半から徐々に進んできた、おたくの低年齢化、カジュアル化の傾向がより一層進んでいる。 おたく文化にカジュアルに親しんできた世代(おたく第三世代)が社会の中核を担う年代にさしかかりはじめ、おたく文化はかつての「」ではもはやなくなり、に取り込まれつつある。 地方自治体や公的団体、企業などにおいて、おたく文化で地域のPRやイベントに取り組むの動きが盛んになっている。 また、おたく文化の一般化と多様化に伴い、若い頃はおたく文化との接点をあまり持たなかった人が、熟年となってからおたく文化に関心を持ち、趣味を通じて下の世代のおたくと交流を持つ例も見られるようになってきた。 世代的遷移 [ ] 時代的変異についてであるが、ここではオタク文化についての世代について述べる。 時代の変化に合わせておたくも変化してきた。 1960年代生まれを第1世代とし、1970年代生まれを第2世代、1980年代生まれを第3世代とする、の行った分類が現在の議論で広く用いられている。 ここでは個人の違いは捨象し、世代ごとの傾向を概観する。 プレおたく世代(1950年代生まれ) 基本的にファンで、の登場により漫画は大人も読むものとして認められつつあったが、「アニメは子どものもの」という風潮の中で育った。 「 」と言われた世代にあって、成人後も趣味的に漫画を描いたり、漫画・アニメ・SFを特に好み玄人はだしの評論を行う一群が現れ、彼らは マニアと呼ばれた。 彼らが開催したやなどは、その後の同人誌即売会に繋がる文化の先駆けとなった。 オタク第一世代(昭和三十年代/1960年代生まれ) 『』に始まるアニメブームを起こし、など現在に至るイベントの基礎を築いた。 「 」と言われた世代であり、幼少期には『』『』『』といった怪獣・変身ブームの洗礼を受け、しばしばへの嗜好を持つ。 少年期にが世界的なブームを迎え、その作品は日本のおたく文化にも大きな示唆を与えた。 彼らが好んだ漫画やアニメ、SFは、を主導したやの抱いていた社会変革思想の対抗物として意識されていたため、彼らのオタク趣味全般に韜晦や理論化・体系化への指向が強い場合が多く、オタクコミュニティ内のとしてキーワード化を行っていた。 オタク第二世代(昭和四十年代/1970年代生まれ) 幼少期に『』に代表されるアニメブームの洗礼を受け、広くアニメなどが趣味の範疇に受け入れられた。 これらの作品がSFを基底として、架空の技術体系を構築する手法をとったため、提供される側はその架空の技術体系を網羅したがる方向性も見られる。 「ガノタ」(ガンダムオタク。 末期新人類()と、後半生まれ(つながり世代)に相当し、のテレビゲーム・パソコン趣味の担い手となり()、『』に代表されるの隆盛期を担った。 またこの時期にはが成立し、この世代以降、日本のおたく文化の影響を受けた海外コンテンツの"逆輸入"が盛んになる2010年代までは海外作品とおたく文化の繋がりは希薄になる。 最盛期に育った世代でもあり、もこれらの作品に関連した製品が登場して一大市場を築き、その受け手(消費者)となった。 なおこの世代の親(1940年前後生まれ)は、『仮面ライダー』のや『機動戦士ガンダム』の、『風の谷のナウシカ』のなど、アニメ、特撮の大作家が多い世代である。 オタク第三世代(昭和五十年代/1980年代生まれ) 後半に『』の洗礼を受け、と言われるムーブメントの担い手となった。 この時期にはアニメやコンピュータゲームが趣味の一つとして市民権を得るようになり、メインカルチャーとサブカルチャーの差が薄れた時代に育った。 そのため、オタク趣味に後めたさや韜晦意識を持たず、単に多様な趣味の一つとして、アニメやゲームを楽しむ者も増えた。 後半に生まれた世代(ネット娯楽世代)は、高校時代までにインターネットが普及し始めた世代であり、インターネットをテレビや雑誌などと同質の情報媒体として利用していることが窺える。 これは、後半に生まれた世代(つながり世代)が、インターネットを独立した一つのメディアとして捉えたのとは対照的である。 第三世代以降の世代ではオタク趣味が一般的なものとなり、おたくコミュニティの拡散化と嗜好の分裂化・多様化がかなり進んでいる。 オタク第四世代(1990年代生まれ) インターネット利用が一般的な環境の中に育ち、従来の世代がや友達・仲間を広場や公園・路地裏に求めたのと同質の感覚で、コンピュータネットワーク上のにも求めていった世代である。 インターネットなどを通じて知った海外のアニメ・コミック作品に傾倒したり、復刻ブームから~のアニメや漫画や玩具が容易に手に入るようになったことから、親(オタク第一世代)の少年時代に流行した作品に熱中するおたくも相当数生まれている。 第三世代と第四世代は世代文化に大きな違いがなく、嗜好や文化のかなりの部分が重なる。 第三世代以降のおたくは、おたくであることに誇りを持ち、おたく趣味を楽しむことに対する恥や韜晦の意識がほとんどないことが、従来の内輪で楽しんでいた第二世代以前のおたくからは違和感を持たれることが多い。 おたくと地域性 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2016年10月) 日本 [ ] おたくの在り様に関しては、日本でも地方によって専門店の有無・関連媒体の流通量やコミュニティによって、若干の地域性が見出せる。 この中には21世紀に入って急速にを中心に、おたく向け専門のが進出するなど一様化も進むが、それでもなど大都市圏に集中しがちな大規模な催しもの()や、地域によって放送本数の格差もあり、2000年代以降でも依然として「」「政令指定都市および・・・」「県庁所在地」「その他の市・町・村」において「おたくの地域格差」も見られる。 するように、特定の地域にそれら文化発信拠点が集中して発展する様子も見られる。 一般的に、やはおたくにとって厳しい環境だといわれていた。 しかし北海道・東北地方の中心都市である・などのでは・などの出店が進んでいる。 ただしがある宮城県にはおたく文化の発信源の一つである系列局がない事情がある。 2011年以降テレビ東京系列局が開局する計画があったが、ネット社会到来の影響からか2014年現在でも実現していない(仮に開局されたとしても、仙台市以外の地域で視聴できるとは限らない)。 なお、東北地方や新潟県に関してはな地域と思われがちだが、大都市圏以外の地方と比較して特に保守的であるという根拠はなく、宮城県・岩手県・新潟県などはむしろ全国的にも突出して多くの漫画家やクリエイターを輩出している。 同じ「地方」でも、瀬戸内の・・や、北陸の・は大手ショップなどがある程度進出しており、また地場資本のショップも多いなど、おたくにとって比較的暮らしやすい地域であると言われている。 また、では年に2回が行われ、地域ぐるみでのイベントが充実している。 ケーブルテレビやBS・CSデジタル放送放送の普及、またYouTubeの登場やネット通販の浸透などによって地域格差は若干ながら緩和されつつある一方で、大都市圏から外れた地域(特に周辺以外の東北地方、送信エリア外(方面)の北海道地方、石川県・新潟県以外の地方、以外の地方、福岡県以外の九州・沖縄の各県(特に長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)はネットやCS環境が整っている現代においても、オタク文化が育たないとされている。 しかし、そうした地域においてもオタク文化が盛んになって来ているところがある。 宮崎県は中心市街地にある一番街にメイド喫茶が、前のビルにはアニメグッズを取り扱うカフェもオープンしたりオタク系DJイベントが開催されたりしている。 ただし、オタク文化が育たないとされている地域は元々それらが盛り上がる土台がなく、そもそもおたく向けのアニメが放映されていない場合が多い。 そのため、オタク系イベントをしていても地元出身の展のような小規模の物のみである。 県外からの集客を期待できる大規模なオタク系イベントを開こうと企画できる人物に乏しい上、ほとんどの県の関係機関も協力に消極的であるため開催できない。 実際、同人誌即売会もの関わらない小規模の物しか行われていない。 さらに以外の大手アニメショップが進出する気配が全くなく、や都市への若者流出、でオタク街ができる程にはならないなどオタク文化が育つ可能性はゼロに近い。 大都市の以外の町村部や地域では、ネットは今も最高でが関の山で、さらには接続だけの地域もあり、ネット配信ができにくい環境も一因である(もちろんYouTubeも容易には見られない)。 オタク文化の海外での受容傾向とその変化 [ ] 海外では1990年代中後半より、一種の尊敬の意味を込めて オタク Otaku が使われていた。 アニメ Anime を始めとする日本発のポピュラーカルチャー愛好者を指す名称であり、好んで自らを Otaku と称するものも存在した。 でも おたく(御宅族)は日本と同様にゲームやインターネットなどといった屋内で遊べる娯楽に没頭、あるいはサブカルチャーなど特定の分野に詳しい人を指す言葉として定着している。 そのイメージから、一般的な人々と比べると外出頻度の少ない人を指すこともある。 現代では日本のコスプレ文化やアニメ・漫画・ゲーム(ACGと総称)に触れることが容易になっており、若年層を中心にサブカルチャーに興味を持つ人が増え、中国独自の文化も育ってきている。 メディアによって誇張されたそのイメージから本来の意味とは別に「外出頻度の少ない人」の意味として使用されることもある。 なお、日本のポップカルチャー全般を熱心に愛好する「日本おたく」はと呼ばれる。 オタク文化に対する日本と他の国における認識・受容の違い [ ] オタク文化に対する受け止め方は、日本および中国語圏と、それ以外の国においてはいくつかの点で異なる。 その一つが欧米で古くから盛んに行われているファン大会 Convention という活動で、その年齢層も幅広い。 においては、 Fan-cos や Reenactment (史的事実再現)と呼ばれるが行われる。 SFやファンタジー映画の公開に観客がコスプレをしてくることが一般的であるように、ファン大会会期中、会場外でもコスプレを行うことが許されており、会場となる地域の市民もそれをイベント的なものとして受け止めている。 コスプレ自体は日本でもファン活動として一般的だが、日本では会場外でコスプレ衣装のまま行動するのは「禁忌」という暗黙のルールが存在する。 軍装や警察官のスタイルをする者もおり、これが(第1条第15項)に抵触するためである。 むしろ、採算を度外視して純粋に活動を楽しみ、ファン大会では交遊や情報交換を楽しむといった傾向が強い。 英語における「おたく」の類似語 [ ] 英語(米語)では、日本でのオタクに近い意味を表すためには ()という言葉で表現され、パソコンオタクや電子工作オタクを指す場では ()が用られる。 また(wizard)ウィザードの略語である(wiz)ウィズを単語の後に付けコンピューターウィズなどと使う表現もある。 しかしこれは魔法使いと言う意味も含むため宗教的問題から、近年は余り用いられることはない。 また、日本のおたく文化を愛好する層は (ウィアブー)と呼ばれ、日本の(エロゲ)を由来として、オタクのことを(日本語の意味を知らずに)"hentai"と呼ぶアメリカ人もいる。 アメリカのナードに付いて歌われた曲参照。 geek 「」も参照 おたくの文化・消費行動に特化した業態が集中する地域や、またはその地域に関連して発生した事象など。 前〜() - 駅前には大手電化製品量販店、狸小路までの街道にはいくつかのオタク向け店舗がある。 ・周辺() - 特に西口の「」に密集しており、「エンドーチェーン仙台駅前店」時代は人気声優を招いてイベントを行ったりもしていた。 周辺() - 北口のマイムビル(旧)にアニメショップや同人ショップが密集している 他、南口にも家電量販店(かつては北関東唯一のもあった)があり、()には(マイムビルから移転)がある。 両ビルでは近隣の大洗が舞台ののオンリーショップが出店したことがある。 () - 「」にオタク系ショップが密集するほか、近隣にはがある。 また、では唯一がある。 にはが出店し、の激戦区となりつつある。 周辺() - 大宮駅西口にアニメショップなどが集中している。 なおは東口にある。 (東京都) - 電器店で売られるパソコンや家庭用ゲーム機とそれらのゲームソフト、各種映像・音楽ソフトなどからオタクの街へとし発展していった。 男性向けの最新作品を扱う店が多い。 の本拠地でもある。 (東京都) - 過去に1980年代から1990年代初期にかけて、同人誌やアイドル関係のグッズを扱う店が集積するオタクの街として知られていた。 (東京都)- 「」(または「オタク通り」)と呼ばれる地区があり、男性中心の秋葉原に対し、女性のオタクやの人気を集めている。 (東京都) - 「」は「オタクビル」の異名を持ち、を筆頭に様々な書籍やアニメ、ゲーム、模型、フィギュアなどを取り扱う店が多数入居している。 中古品を扱う店が多い。 (東京都) - 本社があるほか、や閉店したに数多くのオタク向け店舗が入居していた。 ・() - 大須は電気街、オタク街でもあるがのような古着の街でもあり、のような老人の街でもある。 の拠点。 なお、全国に出店している大手アニメショップは名駅周辺に多い。 放送会館()- 旧館。 模型屋や同人誌の店が集中している。 近隣にはアニメイトも。 () - 秋葉原、大須と並んで日本三大電気街の一つ。 秋葉原のようにオタクの街でもあり、「オタロード」を中心に多くのオタク向け店舗が軒を連ねる。 「東のアキバ、西のポンバシ」と呼ばれる存在である。 ・周辺() - 密集度は低いものの、アニメ・ゲーム・ホビー関連の店が数多く立地している。 また、四条寺町以南はパソコンショップが目立つ。 京都駅周辺には大手電気店が多く立地し激戦区となっている。 () - 「」西館の2階、3階にアニメショップやホビーショップなどが特に密集している。 () - 中四国随一の街でもあった。 () -「」より西側を中心に家電量販店、パソコンショップやアニメ、ゲーム、同人誌専門店などが並んでおり、さながら広島のといわれている。 ・()- アニメショップやメイド喫茶、コスプレ専門店、ジャニーズショップ、アイドルショップ、アイドル劇場などが集中しており四国最大のオタク街を形成している。 周辺() - 南北2棟の2階建てで構成される屋根付き商店街。 2Fにはサブカル系出版物・キャラクター商品が多数販売されている1・2号店(が運営)がテナント入居。 うち南海ブックス2号店は成人向けのゲームタイトル・商品・出版物を中心に販売している。 かつてはメイド喫茶やコスプレ用品の専門店が存在したが閉店、アニメイト徳島(こちらも井上書房が運営)はに移転し、オタクの街としての機能は分散した。 主導により毎年数回開催されている大型サブカル系イベントの主要会場の1つである。 () - 「」はアニメ、漫画、ゲーム、ホビー、アイドル、お笑いなどサブカルチャーに特化した新しい商業施設となっている。 () - 北天神地区におたく関連のグッズを取り扱う店舗がやメイド喫茶が増えている。 (福岡市) - アニメショップやアイドル劇場が集積している。 「」はアニメ限定ショップなどのサブカルチャー発信地となっている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• オタクとセクシュアリティを結びつけて捉えるのは、やの斎藤環の論と同様である。 相手の自宅などを「御宅」と呼称する様式は日本全国に見られ、相手に対する一般敬称「御宅様」についても広く見られる。 東京方言の「宅」は直接的には自分の夫を指し、「お宅の」は相手の夫を指す接頭語である。 私的な場面で用いる二人称敬称としての「お宅」はによれば一部のサラリーマン階級から始まったとされ、「あなた」でも「おまえ」「きみ」でもない、ヒエラルキー(身分・階級)に無関係な対称語を求めていた彼らの無意識の努力の現れではないかとする• 文化庁ののことと思われる• 英,伊:、好事家。 学者や専門家よりも気楽に素人として興味を持つ者。 出典 [ ]• 『動物化するポストモダン オタクから見た日本社会』講談社〈講談社現代新書〉、2008年11月20日、9ページ。 /彼らは相手のことを『君は〜』とか『お前は〜』とか言うところを、『お宅は〜』と言っていたのが強く印象に残ったが、のちには『オタク』と呼ばれるようになり、なるほどと納得したのでした。 今では『オタク』は意味が広がって、漫画のロリコンに限らず、とかとか、単にマニアという意味になってしまったように思う。 僕とは、まだオタクという言葉がなかった頃にオタクの元祖に会ってしまったのでした」• , p. 「」『デジタル大辞泉』小学館。 2010年9月2日閲覧。 「おたく」『広辞苑』岩波書店、第6版。 , p. 「考えてみれば、マンガファンとかコミケに限らずいるよね。 アニメ映画の公開前日に並んで待つ奴、フルートレインを御自慢のカメラに収めようとして線路で轢き殺されそうになる奴、本棚にビシーッとSFマガジンのバックナンバーと早川の金背銀背のSFシリーズが並んでる奴とか、マイコンショップでたむろっている牛乳ビン底メガネの理系少年、アイドルタレントのサイン会に朝早くから行って場所を確保してる奴、有名進学塾に通って勉強取っちゃったら単にイワシ目の愚者になっちゃうおどおどした態度のボクちゃん、オーディオにかけちゃちょっとうるさいお兄さんとかね」中森明夫「僕が『おたく』の名付け親になった事情」別冊宝島104(1989年)• 「いまから30年前、私は、『』という雑誌を作っていて、本の町ことのはずれにあるビルのワンルームの部屋を借りていた。 /当時は、『』や『』の元気があったし、『』や『』なんかも頑張っていた時代である。 のや神保町のなど、全国の30くらいの書店が置いてくれた。 そこで、もう少し真面目にやろうかなと思って、オフィスを借りたのだった。 /ここのを稼ぎだすために商業誌やのページ編集なんかをやることになった。 その頃、ここによくいた数人の間でだけ使われていたのが『おたく』という言葉だった。 /クラスターとしてのおたくというのは、この部屋から広がったんだよ」 2013年5月16日. 角川アスキー総合研究所. 2020年6月24日時点のよりアーカイブ。 2020年6月25日閲覧。 , p12,「オタクの正体」. 森川嘉一郎「おたくと漫画」『ユリイカ』第40巻第7号、青土社、2008年6月、 196-202頁、 、。 , p. , p. 353. 『戦闘美少女の精神分析』筑摩書房〈ちくま文庫〉、2006年5月、28ページ。 『動物化するポストモダン オタクから見た日本社会』講談社〈講談社現代新書〉、2008年11月20日、8ページ。 「『オタク』という言葉を知らない人はいないだろう。 それはひとことで言えば、コミック、アニメ、ゲーム、パーソナル・コンピュータ、SF、特撮、フィギュアそのほか、互いに深く結び付いた一群のサブカルチャーに耽溺する人々の総称である。 , pp. 57,62-65. ITmediaニュース. 2005年10月6日. 2010年10月2日閲覧。 , p. 159. 『不可能性の時代』 、2008年、87頁。。 「 2010年11月5日, at the. 」三東のページ• のデビュー作「カッチン」、「宇宙戦艦富嶽殺人事件」、など• 、『リアルのゆくえ』株式会社講談社、2008年8月20日、5頁。 2017年6月11日閲覧。 「マニア消費者市場を新たに推計、04年は主要12分野で延べ172万人、4,110億円規模」野村総合研究所(2005年10月6日)• 50-66. 東、『動物化するポストモダン』。 13ページ。 「オタク現象と日本のポストモダニティ」『ユリイカ』第40巻第7号、青土社、2008年6月、 220-233頁、 、。 2009年3月8日, at the. 「」 2005年11月3日• Jタウンネット. 2019年6月20日閲覧。 2009年10月8日閲覧。 2020年1月20日 NHANLUCNHATBAN 参考文献 [ ]• 『オタク学入門』新潮社〈新潮OH! 文庫,〉、2000年。 岡田斗司夫『オタクはすでに死んでいる』新潮社〈新潮新書, 258〉、2008年。 『オタクのことが面白いほどわかる本 : 日本の消費をけん引する人々』中経出版、2009年。 関連文献 [ ]• 相田美穂「現代日本におけるコミュニケーションの変容 : おたくという社会現象を通して」『広島修大論集. 人文編』第45巻第1号、広島修道大学、2004年9月30日、 87-127頁、。 相田美穂「おたくをめぐる言説の構成 : 1983年〜2005年サブカルチャー史」『広島修大論集. 人文編』第46巻第1号、広島修道大学、2005年9月30日、 17-58頁、。 石井久雄「「おたく」のコスモロジー」『日本教育学会大會研究発表要項』第57巻、日本教育学会、1998年8月23日、 120-123頁、。 難波功士「戦後ユース・サブカルチャーズをめぐって 4 : おたく族と渋谷系」『関西学院大学社会学部紀要』第99巻、関西学院大学、2005年11月8日、 131-153頁、。 山口麻希, 西崎雅仁、「」『経営情報学会 全国研究発表大会要旨集』 2010年秋季全国研究発表大会 セッションID:C2-2 , :, 経営情報学会• 関連項目 [ ]•

次の

[オタデブ]デブはどこで服を買えばいいのか おすすめの服屋とかそんなんのハナシ|ヴォンボ|note

オタク デブス

概要 オタク(おたく)とは、自分の好きな事柄や興味のある分野に、極端に傾倒する人を指す呼称。 自他に関わらず、自虐や揶揄を伴い「」と表記される場合もある。 略称は(および)。 「」「」などの独立した単語の場合、付加語は属性ではなく、個人の特徴を示す。 の世界においては、世代ごとにオタクは分類されており、70年代にオタク文化に傾倒した世代を第一世代とし、そこから80年代は第ニ世代、90年代が第三世代、00(ゼロ)年代が第四世代とされている。 ジャンルそのものにはまる様を「」「底なし沼」と呼ぶ事もある。 定義 、、、、、、……。 さまざまながあるが、そのような特定のの対象および分野の愛好者、を指す語として使われる。 ではこのような趣味を指して「otaku」でも通じる。 なお、英語圏では「Geek ギーク 」という単語があるが、「(コンピュータ系などの)技術オタク」という意味合いが強い。 その為「Nerd ナード 」が日本で言う「オタク」の意味合いに割と近いとされるがいわゆる学者肌とは似て非なる者といわれたりもし下記の特定の学術方面に対する知識が異常に豊富なタイプはこれらに近いという意見もある。 現在では非常に漠然とした領域のや愛好家を包括する単語となっており、一括りに「オタク」と言っても、以下のように多様な意味がある。 明確な定義は困難であり、その実態や行動様式は一様ではない。 ・・・などに没頭する人。 系の人、。 ~の活動を行う人(例:オタク、オタク)• 異常なまでに自身に係わる行動や情報に拘わる人 (例:オタク、オタク、オタク)• 単なるファンの領域を超えて興味の対象に熱狂する人(例:オタク、オタク)• 専門家ではないにもかかわらず、特定の学術方面に対する知識が異常に豊富である人 (例:オタク、オタク、オタク)• 見た目や言動が気持ち悪い人 (例:) 「」という言葉の起源 おたくという言葉の起源には諸説あるが、一般的によく言われているのは、がが編集長を務めていた雑誌『漫画ブリッコ』(1983年6月号)に記した『』であるとされる。 この時期は第二次ブーム真っ盛りであり、青年向けを目指した漫画やアニメが爆発的に増えていた。 当然、それらに夢中になる思春期以上の年齢層のファンも増えることになった。 中森はこのコラム内で「最近よく見かける、アニメとか漫画に熱中してる世紀末的ウジャウジャネクラマニア少年達がもうキモくてキモくてたまらない」とさんざんディスった上で、以下を提唱した。 「それでこういった人達を、まあ普通、マニアだとか熱狂的ファンだとか、せーぜーネクラ族だとかなんとか呼んでるわけだけど、どうもしっくりこない。 なにかこういった人々を、あるいはこういった現象総体を統合する適確な呼び名がいまだ確立してないのではないかなんて思うのだけれど、それでまぁチョイわけあって我々は彼らを『おたく』と命名し、以後そう呼び伝えることにしたのだ。 」 中森いわくどうして「こういった人たち」をおたくと名付けたのかというと、 「コミケで友達同士で「おたくら さぁ」なんて呼びかけあってるのをよく見るから」ということ。 なので、中森がたまたま目撃したレアケースを無理やり一般化した訳でも無いようだ。 なお、二人称で「お宅」と呼ぶのは元々は丁寧な山の手言葉であり、それ自体はおかしなものでは無い。 彼らがこの呼び方を好んだ背景については諸説あるが、「愛好家同士の間くらいでは職業や年齢なんてヒエラルキーは意識したくはない。 そんな中で、目上にも目下にも万能に使える平等な二人称として自然に「お宅」が選択されていったのではないか」とも言われている。 元々はファンダム界隈で自然発生したらしく、それがコミケやアニメ大会にも根付いたらしい。 ただこの中森のコラムは「おたく」と定義した青少年たちを「が欠如した」「しか受けつけない」「女なんかはオカッパでたいがいは太ってて」などと散々罵倒しており、読者からの批判投書が殺到。 この顛末は当時は界隈でそれなりに話題になったものの、一般にはほとんど広がらなかった。 今で言う・)などと言う言葉が投げかけられていた。 しかし、漫画マニアやアニメファンの青少年はネクラ扱いされやすく、のちのオタクバッシングに繋がる素地は存在していた。 つまり、わかりやすく蔑みやすい対象としてうってつけだった印象だったのである。 「おたく」という言葉が広まったのはに発生した(いわゆる「宮崎事件」)がきっかけであったと言われている この事件及びマスコミ報道からの影響については後述。 期に入るとやが若者の間で流行するようになるが、これらの愛好者が漫画やアニメの愛好者と被っていたので、一緒くたに「おたく」と呼ばれるようになった。 そしてそれ以降もどんどん「おたく」が意味するカテゴリは広がっていき、ジャンル関係なく「愛好家」を意味するスラングとして「おたく」が使われるようになっていく。 ちなみにこの言葉が一般化した影響で、今となってはコミケやSFファンダムで相手のことを「おたく」なんて呼びかけるオタクは滅多にいません。 オタクに対するイメージ 中森が命名した「おたく」という言葉自体がなため、かつては否定的な意味しかなかった。 界隈でこの言葉が広まったのは、当事者が蔑称である「オタク」を的にするようになったことによる。 なお、当時からのようにオタク趣味を持っているも存在していたのであるが、彼らはそれを表立ってアピールすることはなかったため、一般に知られることはなかった。 しかし、現在は多くのや文化人も、オタクであると自称したり、なの持ち主であることを公言するようになり、好感をもって受け止められることすらある。 2000年代後半以降はオタク趣味があまりにも一般化・カジュアル化しているため、「」(岡田斗司夫)という見解がある一方、逆に「今の日本は一億総オタク」という見解もある。 かつてステレオタイプなオタクのイメージは俗にとも言われてきたが、現在ではジャンルの拡散と細分化が進んでおり、もはやオタク像の一般化は困難である。 いずれにしても、 オタク趣味があまりにも拡散・普遍化し、カテゴリー分けの意味を失いつつあるのが現状と言えるだろう。 大塚英志は、ある時期を境に数多くのメディアが「おたく」を「オタク」とカタカナで書くように変化したことに注目しており、「おたく」を社会が受け入れられていったことで、かつてのネガティブなイメージを言葉から消すために無意識に書き換えが行われたと主張している。 現在ではという書き方もあり、こちらの方はかつての「おたく」に近い自嘲的かつネガティブなニュアンスが込められていることが多い。 オタクにまつわる伝説 ネット上では、の東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(宮崎事件)がある種のトラウマとして現在も。 実はこの事件の犯人は1989年3月のに参加していたのだが、これが発覚してコミケ受難・オタクカルチャーの暗黒の時代が来たとも言われている。 この事件の際、マスコミによって 注1 、オタクに対する世間の目は一気に冷酷なもの モラル・パニック になり、学校、地域社会ではあたかものような様相を呈した 有害コミック追放運動など。 多くのオタクが趣味を隠すようになり、場合によっては趣味を捨てざるをえなくなった者までいたという。 しかし、今日ネット上で語られるのエピソードの中には、明らかに事実と異なるもの、真偽が確認できないものも多い。 例えば事件当時に「ここに10万人の宮崎勤がいます!!」とコミケ会場の前でワイドショーのレポーターであった東海林のり子女史が報道したとの噂 注2 については、東海林のり子女史自身も そんなレポートをした事はないと否定している。 マスコミによるオタクバッシングが過剰に強調されるようになったのは、嫌マスコミの一部ネットユーザーによる工作が疑われているが真偽は不明。 噂の渦中にあるコミケにおいても当時コミケの主催者であった氏の「マスコミによるバッシング」発言の真偽も米澤氏亡き今では本人への確認の術が失われてしまった。 また、この時代を経験した世代のオタクの中でも彼らが体感した迫害の度合いには温度差があり、「オタク差別はあったが 注3 、宮崎事件の印象は特に強くない」、「宮崎事件よりも、その後出てきたオタク評論家を自称したによって広められたの悪印象が強かった 注4 」という証言もみられる。 このようなオタクバッシング論争は事件から30年過ぎようとしている今なお続いている。 脚注 注1:マスコミの偏向報道に関しては、2001年の「黒磯小2誘拐事件」の犯人像に対する偏見的な記事をが書いた事や2004年の「奈良小1女児殺人事件」においてジャーナリストのが犯人像を「フィギュア萌え族」という造語でメディアに発信した事や、彼がネットユーザーに対して偏執的に見ている事もあって度々論争に発展した事もあった。 なお、「ここに10万人の~」と違うのは噂ではない点である。 注2:有志の検証の過程で動画サイトでアップロードされている過去のニュース・ワイドショーの映像までも捜索したが、件と一致するものは見つからなかったとの事。 また、この噂にも不明瞭な点がいくつかあり「男性レポーターだった」「女子アナだった」等とチグハグな点もある。 東海林女史が何故槍玉に挙げられたかは不明だが、ワイドショーで事件のレポートをよく行っていた著名な人物だった点が可能性が高い。 なお、東海林女史はこの噂を既に耳にしていたらしく、真摯なレポートを心がけるポリシーだった為に ショックを受けていたという。 噂はやがて風化すると思って沈黙を貫いていたが、この件のをインタビューされた際に初めてキッチリ否定した。 注3:「オタク差別」は宮崎事件をきっかけに世間からオタクが差別される事の印象が現在でも強いが、事件前からオタク差別なるものは既に存在していたらしく、本来はオタクカルチャー同士での差別を指していた様子。 早い話が現在における「~厨」と蔑む様なものに近いといえる。 そのため「古くからのオタクは全員が全員事件でいわれなき風評被害による迫害を受けた清廉潔白な被害者だった」とは一概に言えない面もあったのである。 ネットというものが無い時代で隠れていた負の一面があったとはいえ、現在でもあまり変わってないのがなんとも・・・。 ただし、こういった悪評からの名誉回復の為に一般常識を尊主して啓蒙に務めたオタクもいる事も忘れてはいけない。 注4:そもそも宅八郎氏の素の顔は音楽ファンであり、メディアに出る際の出で立ちはわざとダサい服装を意図的かつ戯画的にやっていたという(近年はのHIROと見まがうような風貌に変わっている)。 オタク評論家を名乗りながらオタクカルチャーを熟知していない、単なる売名行為だったとしか見えないとの指摘もある 評論対象が時代によってコロコロ変わっていた為か。 オタクの名言 研究者・探求者でなくてはいけないというのは、オタク資質を持ってしまった者の宿命 模型職人・ オタクは自分自身が納得して喜びを得て追求していく 1人だけで自己満足していると『もったいない』 自己満足している段階ではまだアマチュアの域を超えない この感動を共有しないともったいない は自己満足に終わらせず、世に広めないといけない。 彼をオタクと呼んでいいのかはわからないが、自身のマニアックな趣味 マイブーム を度々世に紹介している 趣味がアニメ・漫画・ゲームっていうのは 言いづらい世の中だと思う オタク が住みにくい世の中だというのが分かりきってる 「それ恥ずかしくないよ」って言ってあげないと 『どんな趣味でもすばらしくないものなんかない!』 の取材に応じてくれたお兄さん 君たちなどオタクではありません! オタクとは一つの世界に真摯に真っ直ぐに極めた者! ゲームのルールを破ってまで勝とうとする貴方達にオタクを名乗る資格などありません!! 第9話『目鏡、立つ!』より この回には他にもオタクに関する名言あり。 いいか、コスプレとは『好き』という思いの結晶! なりたいキャラクターと一体化することで、普段の自分にはない強さ、優しさ、気高さを手にする神聖な行為なのでよ!! 今のお前は借り物の衣装をまとっているだけ。 いうなれば、ハリボテのトラネコでよ!! 人間にはなれないでよ。 …なんてことは、誰でも分かってるはずでよ。 分かってはいても、返事をしてほしい。 気持ちは分かるでよ。 でも、それは自分勝手な思い込み…わがままでよ。 第41話『破滅へのカウントダウン』より 夢中になれる事があれば姿も星も関係ないんですね。 第12話『君に会うために』より ただし、彼自身はオタクではなく、地球のアイドルに感銘を受けたへのセリフ。 伊集院: 落語もも何が良かったかっていうと、普通だったらことやものでもさえすればアリっていう優しさだった。 ヒロト: ももそうだけどさ、が要らないんだよ。 がカッチョイイって思えれば自分を出来るんだよ。 自由なんだよ。 ラジオ番組『』でのとの対談 いろいろだろ? なあ、するしな。 でもさ、それになっても不安だし、を超えてもイライラするから…そのままで良いんじゃないんですか。 物事を解決するよりも、 イライラしたまんまさ…聞きゃいいじゃん。 が世代に向けて言った言葉。 ヲタクを前提にしているわけでないが、ヒロトはこれ以外にも「熱中すること」への大切さを語っている。 *名言募集中 オタクの趣味・文化とされてきたものが一般化した一例• 、:後半に一般化していき、には「使いこなせて当たり前」なものとなった。 ただし、に入るとやの登場でカジュアルユースが侵食され「パソコンは動画編集や仕事で使うためだけの道具」という状況に回帰しつつある。 :1990年代後半のとのブームを境に一般化(1970年代末に流行したは一般の大人にも遊ばれており、黎明期からその素地はあったが)。 2000年代には脳トレブームで高齢者も遊ぶものになった。 :作品を中心に1990年頃までには大人が劇場アニメを見ることが一般化。 2010年前後からは、大人がテレビアニメを録画して見る事も一般化していった。 :官公庁のポスターなどにアニメキャラを使って「」などと揶揄されたのも今は昔、(オタク相手の商売ではない)大企業のPRに使われるのも当たり前になった。 ただし、「漫画絵」のバリエーションとして使われているだけで、 性的なニュアンスを含んだ萌え絵が受け入れられたわけではないので注意()。 :元々オタク用語であったが、従来の「仮装」という語を押しのけて一般化した。 のパレード、ブログやSNSのにも利用されるようになっている。 オタク疑惑のあるキャラ 男子 【ア行】 の兄 , ,,,,,, , 【カ行】 〈, 歴史改変 〉 ,, 【サ行】 , , 【タ行】 , 【ナ行】 【ハ行】.

次の