インドシナ 難民。 インドシナ難民2世、3世との結婚の必要書類

難民ビザは存在しない?!難民の就労者が増えている背景と現状 — MTIC Holdings

インドシナ 難民

インドシナ難民問題 6. インドシナ難民問題 1 75年のインドシナ3国における政変後,インドシナ諸国から流出する難民は,ヴィエトナム軍のカンボディア介入,中越紛争などインドシナ地域における情勢の悪化に伴い,79年春以来急激に増加した 7月末,近隣諸国に一時滞在する難民数は約36. 4万人。 大量の難民流出は単に人道上の放置できない問題であるばかりでなく,近隣諸国,なかんずくASEAN諸国に対し経済的・社会的負担を増大させ,アジア・太平洋地域の不安定要因になるに至つた。 かかる情勢に伴い難民問題に対する国際世論は急速に高まり,6月,東京で開催された先進国首脳会議では特別声明が発表され,引き続きインドネシアのバリ島で開催されたASEAN拡大外相会議においても主要議題となつた。 また7月,ジュネーヴで国連の主催によりインドシナ難民問題国際会議が開催され,人道的観点から本問題が取り上げられ,予想以上の成果を挙げることができた。 更に,カンボディア難民のタイヘの大量流入の事態に対しては,11月国連の主催によりカンボディア民衆救済拠出誓約会議が開催された。 このようにインドシナの難民問題は,79年の国際政治の上で最も深刻な問題の一つとなつた。 因みに,79年1月より80年2月までの間に近隣諸国に流入した難民数は,海路難民約20万人 いわゆるボート・ピープルで主としてヴィエトナム人 ,陸路難民約7. 4万人 主としてラオス人 である。 更に,タイ・カンボディア国境周辺及びタイ領内キャンプには,約90万人のカンボディア難民が存在する。 2 わが国はアジアの一国として,人道的見地及び国際協力の観点より,ヴィエトナム政府に対し難民流出を抑制するよう働きかけてきたほか,この問題解決のため次のような貢献を行つた。 更に,タイへ流入したカンボディア難民,カンボディア国内の被災民及びタイ疎開民を救援するため,国連児童基金 UNICEF ,赤十字国際委員会 ICRC ,世界食糧計画 WFP 及びタイ政府に対し,資金協力に加え,米,その他の食料品,車両,医薬品の供与を行つた。 UNHCRへの拠出を含めると,わが国のインドシナ難民に対する79年度の資金協力総額は約9,000万ドル 約200億円 にものぼる。 ロ 医療協力など わが国は資金協力のみならず,医療面をはじめとして難民救援活動に対し官民あげて積極的に協力を行つた。 80年3月末までに政府ベースの医療チーム5班及び日赤チーム3班が派遣されたほか,医療協力の一環として総額3億600万円の医療センターをタイのカンボディア人キャンプに近いサケオに建設した。 同センターは政府派遣の医療チームの活動の拠点となり,カンボディア難民はもとより周辺地域のタイ人住民の検診にもあたつており,タイ政府から高い評価を受けている。 また,水資源調査団が派遣され,カオイダンの難民キャンプにおいて深井戸2本の掘削に成功した。 このようにカンボディア難民に対する救済は一応軌道にのり,今後は難民のニーズを見極めながら,中長期的観点に立つて教育,職業訓練などの方面においても積極的に協力していくこととなろう。 ハ 難民の本邦受入れ わが国は難民の定住受入れについて,国情を踏まえ鋭意努力を行つた。 4月及び7月に定住条件の緩和を行い,80年3月末現在,本邦に定住を許可された難民は325人となつた 定住受入枠は80年3月末現在500人であるが,この定住枠は定住の進捗状況に応じ漸次拡大する方針である。 さらに定住枠とは別にインドシナ諸国から元留学生など約740名に対し定住を許可している。 他方,わが国は難民の本邦定住を促進するため,11月,アジア福祉教育財団 外務省所管 に難民事業本部を設け,本邦定住難民に対する日本語教育,職業訓練,職業紹介などの実施を委託した。 難民事業本部は姫路市及び大和市に定住促進センターを開設し,日本に定住を希望する難民に日本語教育などを行つている。 また,わが国は定住条件適格難民を調査するため,80年3月までに適格者調査団を東南アジア諸国の難民一時収容キャンプに6チーム派遣し,その結果400人余りの定住条件に適格する難民より本邦への定住申請が行われた。 また,海上で救助されて本邦に一時滞在する難民の受入れは3,344人に上り,うち1,369人が現在でも第三国定住を待つてわが国に一時滞在している 80年3月末現在。

次の

ニューカマーのまとめ

インドシナ 難民

日本で難民を支援している、によると、難民は次のように定義づけられています。 難民とは、紛争や人権侵害などから自分の命を守るためにやむを得ず母国を追われ、逃げざるを得ない人たちのことです。 世界中にさまざまな難民が存在しますが、日本には、アジア・中東・アフリカを中心に難民が集まってきています。 もともと海外との国交を禁止していた歴史のある日本で、いつから難民の受入れが始まったのでしょうか? 歴史をたどっていくと、1970年代後半のベトナム戦争が終結するころに、ベトナム・ラオス・カンボジアの人々を1万人ほど受入れたことがきっかけと言われています。 その後1981年に難民条約に加入し、2010年に第三国定住難民受け入れを開始しています。 これまでの章で、日本に難民として入国する場合は難民認定申請を行うこと、また難民認定申請を行っている間は仮滞在の許可が下りるので、強制退去はしなくて良いということをご説明しました。 ここで注意いただきたいのは、 難民認定申請をしても在留資格がもらえるわけではないということです。 すなわち、在留資格がない難民は就労許可が与えられず、アルバイトはもちろん正社員として勤務することはできません。 2018年1月14日までは、難民認定申請から6か月経過すれば、一定の就労が許可されていました。 しかし、2018年1月15日からこの制度が見直され、難民条約じょうの難民に明らかに該当しない人は、難民認定申請中であっても日本での在留および就労を認めないと公表されています。 法務省入国管理局『』資料より 2018年1月15日から、難民に対する運用が新しくなり、難民認定申請者は次のように振り分けられるようになりました。 (以下、法務省『』から抜粋)• C案件:再申請である場合に,正当な理由なく前回と同様の主張を繰り返している案件• 申請等から6月経過後:「特定活動(6月,就労可)」 A案件に分類された難民の方は、Aと判定された後すみやかに特定活動が6か月間付与されます。 この特定活動の在留資格が付与されてはじめて就労が許可されるようになるのです。 この6か月の特定活動は、難民認定申請の異議申し立て結果が出るまでは更新が続きます。 また、難民認定申請を通して、条約難民・人道的配慮による在留を認められた者は 、定住者の在留資格または1年・3年の期限付きの特定活動に切り替えられます。 定住者、特定活動であれば、在留資格範囲内での就労が可能になるのです。 今回は、難民ビザは存在しないということ、難民認定申請とはどのような手続きが必要なのかなど、難民についての大枠をご説明しました。 難民によるトラブルや『偽装難民』などのネガティブなワードばかりがメディアで取り上げられることも多いので、もしかしたら難民に対して良くないイメージを感じる人もいるかもしれません。 難民は決して危険な存在ではなく、むしろテロや紛争の犠牲者として、安全に過ごせる場所を探してきた人たちです。 また、 難民は外国人が日本で働くために作られた制度でもないということを理解しましょう。 正しい知識を身に着け、これからどのように難民認定申請を行っている人たちと関わっていくべきか、考えていく必要があるでしょう。

次の

インドシナ難民の第2世代は多くが中卒、30年経っても貧困から抜け出せない

インドシナ 難民

ニューカマーとは? 1970年代以降に来日し、長期滞在する外国人のことです。 英語の「 newcomer」ですね。 ニューカマーの登場以降、日本語学習者の多様化が急速に拡大しました。 主なニューカマー 1. インドシナ難民 1975年以降、 インドシナでの政治的な迫害を逃れる人が、ボートピープルとして国外に脱出しました。 その人たちが日本にも来ました。 日本政府は当初受け入れに消極的でしたが、1981年の 難民条約への加盟をきっかけに、難民認定制度が設けられ、受け入れが拡大しました。 80年代には、 定住促進センター、国際救援センターが設けられました。 その後、 2005年でインドネシア難民の受け入れは終了しました。 中国帰国者 中国残留孤児、中国残留婦人とその家族の総称を中国帰国者と言います。 中国残留孤児は中国人に育てられた子供、 中国残留婦人は中国人と結婚した女性です。 戦前に 満蒙開拓団として送りこまれ、終戦間際に日本に帰国できなかった人たちです。 1972年の日中国交正常化をきっかけに調査が行われ、永住帰国の道が開かれました。 しかし、言葉の壁や文化の違いから日本になじめない人が多く出ました。 その後、全国7か所に 中国帰国者支援・交流センターが設けられ、支援と交流が行われています。 中国帰国者=中国残留孤児、中国残留婦人とその家族• 中国残留孤児=中国人に育てられた子供• 中国残留婦人=中国人と結婚した女性 3. 南米日系人 バブル経済以降の人手不足から、1990年に出入国管理及び難民認定法が改正され、日系人に定住者の資格が与えられました。 その結果、ブラジルやペルーなどの中南米の日系人が多く来日しました。 日系人児童の生徒が増加し、日本語指導をどのように行うかが問題となっています。 また、不況で仕事を失う日系人も増加しました。 農村花嫁 嫁不足に苦しむ東北の農村部で、 農家の男性と国際結婚をしたアジア人女性です。 まとめ• ニューカマー=1970年代以降に来日し、長期滞在する外国人• 主なニューカマー=インドシナ難民、中国帰国者、南米日系人、農村花嫁.

次の