ダイキン エアコン 水 漏れ。 5秒で故障診断!ダイキン製エアコンが壊れる原因やエラーコード|ピッタリ住設

業務用エアコンから突然の水漏れ!原因は?対処方法は? |業務用エアコンならエアコンコム

ダイキン エアコン 水 漏れ

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に 「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4人に1人以上は、エアコンの水漏れを経験したことがあるという結果に!案外たくさんいるのですね。 ただ、そんな水漏れも原因を突き止められれば、落ち着いて対応することができますよ! ということで、今回は、 水漏れの原因と解決する方法がカンタンにわかるフローチャートを作りました。 フローチャートを使って、原因を突き止めてみましょう! そして、エアコンが水漏れした時にどうするのか、原因別にそれぞれ解説しました。 水漏れに焦る方は必見ですよ! ・外のホースからきちんと排水されているか? ・お掃除をして水漏れが直らないか? この2つを確認するだけで、エアコンからの水漏れの原因と対処法がすぐにわかるんです! エアコン水漏れの原因は7つ エアコンからの水漏れには、 7つの原因が考えられます。 そして、その7つの原因は、次の 3つのパターンに分けることができるんです。 パターン1: ドレンホースに原因がある 原因1. ドレンホースの詰まり 原因2. ドレンホースのたるみ・劣化 パターン2: エアコン内部に原因がある 原因3. フィンの結露 原因4. ドレンパンの汚れ 原因5. 部品の故障 パターン3: 超例外 原因6. エアコン(室内機)の傾き 原因7. 実は、 暖房の時は、ほとんど水漏れしません。 暖房を使っていて水が漏れるとしたら 室外機。 ただ、室外機から水滴が落ちるのは 正常です。 故障ではないの安心してくださいね。 約8割の原因はドレンホースの詰まり エアコンから水漏れが……! 実は、その水漏れの原因の多くが「 ドレンホースの詰まり」なのです。 ・エアコン(室内機)の吹き出し口にタオルなどを当てておく ・ハンドルを押すときには、ドレンホースからポンプを取り外す 部品の交換 家の中以外でも、水漏れは発生しているんですよ。 具体的に言うと、ドレンホースの 屋外に露出している部分ですね。 プラスチックでできているドレンホースは、 紫外線により劣化していきます。 当初はやわらかかったホースも、時間が経てばカチカチに。 ふとした拍子にひび割れて、水が漏れてしまうなんてことも。 こうなると 交換するしかありませんね。 直径を意味する記号ですね。 こう聞くと、難しくないですよね。 ではどんな違いがあるのか、見ていきましょう。 ・排水の容量 上でもお話したように、一番の違いは 直径の大きさです。 ですが、エアコンの水はそれほど大量に流れる訳ではありません。 常に少しずつ排水されていきます。 あれ?大きさに意味が無いように思えてきましたね。 ・詰まりにくさ そう、 ゴミなどの詰まりにくさに関係しています。 通常運転の時もそうですが、お掃除の時にもゴミが出ますよね。 これらが詰まってしまうと、水がうまく排出されずに溢れてしまいます。 これが上でもお話した、 ドレンホース詰まりの水漏れ。 聞きなれない単語ですが、とても大切なポイントなので覚えておきましょう。 ・耐候性とは 読んで字のごとく、 気候変化に耐性があるということ。 直射日光に含まれる紫外線が、ドレンホースをボロボロにするとお話しましたね。 この 紫外線に対して強い作りになっているのが、耐候性と呼ばれる商品です。 他にも、温度変化や雨風にも強いと言った特徴があります。 ですが、ドレンホース自体にも大きな違いがあるので、そちらもご紹介。 ポイントはホースの 内側。 外側は白い素材なのに対して、内側には 黒い素材が使われています。 この 二重構造こそが耐候性の特徴なんです。 交換の時に見てみるのも、おもしろいかもしれませんね。 プロにエアコンクリーニングを頼む手もある ちなみに、ドレンホースは「 エアコンクリーニング」でも綺麗にしてもらうことができます。 自分でお掃除するのはちょっと…、という場合には、プロにお願いしましょう。 そこで 「ユアマイスター」では、エアコンクリーニングのプロに「」と聞いてみました! プロにお掃除を頼むときは、エアコンクリーニングを予約した後に、 「ドレンホースの掃除もお願いしたいです」と伝えておきましょう。 事前にちゃんと伝えておくことで、クリーニングもスムーズに進みますよ。 ドレンホースの劣化は自分で解決できない? ドレンホースの詰まりを解消したのに水漏れがする! そんなときは、 ドレンホースのたるみや劣化を疑いましょう。 ドレンホースがたるんだり、劣化したりしていると、そこに水が溜まって、水が流れなくなります。 そして、水が外に排出されないと、水が逆流してきて水漏れになってしまうのです。 劣化したドレンホースは、取り替えなければなりません。 自分で取り替えるのは難しいですよね… そのため、 エアコンの取り付け業者さんや、修理業者さんを呼びましょう! エアコン内部に潜む3つの原因も掃除で解決 外のホースからきちんと排水されているのに水漏れしてる! そんなとき、原因はエアコン(室内機)の内部にあると考えられます。 エアコン内部にある原因として考えられるのは、 3つ。 雨水の侵入 雨が降る時にばかり、水漏れが発生する場合、雨水が侵入していることが原因の可能性があります。 いわば雨漏りの一種ということですね。 雨水の侵入も、自分で解決するのは難しいです。 修理業者さんに連絡しましょう! まとめ 今回は、 エアコンが水漏れする7つの原因とそれぞれの解決方法を紹介しました。 水漏れする原因の圧倒的No. 1は「 ドレンホースの詰まり」。 お掃除で解決しましょう! 他にも、 フィンの結露や ドレンパンの汚れが水漏れの原因になっていた場合も、お掃除で解決できますよ。 ・自分でお掃除するのは、大変…。 ・お掃除する時間が作れない! そんな方には、 プロのエアコンクリーニングがおすすめです。 水漏れ以外にも、 カビや嫌なニオイもいっぺんに解決できますよ! これからエアコンが大活躍する季節です!突然の水漏れにも、焦らず対応できるようになりたいですね!.

次の

水が漏れるダイキンエアコン

ダイキン エアコン 水 漏れ

水が染み込むようにする特殊塗料です。 エアコンの熱交換器に親水塗料が使われています。 (すべてのエアコンが当てはまるかは不明。 ) フィンの表面はツルツルしています。 ツルツルしていると言う事は、 「撥水性が有る」訳です。 エアコンの室内熱交換器というのは基本的に撥水してはいけません。 冷房運転中、結露した水が発生するからです。 撥水していると、結露した水が玉になってしまいます。 車のワックスで考えると分かりやすいですね。 雨が降るとワックスがけしている車は、水玉になりプルゥンっと綺麗に流れ落ちます。 しかし、ワックスかけていない車は、ベタぁ〜っと染み込んでいるような感じになりますよね。 エアコンの熱交換器の理想は、ワックスがけしていない「ベタぁ〜」なんです。 水玉の発生=水漏れというか、水玉が飛んで来てしまうのです。 ファンの風の力で水玉がピュンっと飛んでしまうようになります。 そうすると、水玉がドレンパン(水受け)外に落ちてしまい、結果として水漏れになってしまうのです。 だから親水塗料というものを使い、発生した結露水がフィンにベタぁ〜となるような感じにする訳です。 で、怪しいのはその親水塗料です。 この塗料が酸っぱいニオイを発している可能性が高い。 高いというか、それしか可能性が無いんだけどなぁ〜という感じと言った方が正しいか。 熱交換器に使われている部材なんていうのは、• アルミ• 枠は鉄?ステンレス?(結構錆びてたりするから鉄?)• U字部分溶接に使うロウ材(ロウ材=金属の棒) ニオイなんて発しないですよね。 金属の臭いは有るかもしれませんが、金属の臭い=酸っぱくないですよね。 そうすると臭いを発するのは薬剤系しか無いような…。 使われている薬剤を考えると、酸っぱいニオイを出しているのは「親水塗料」しか無いんじゃないかと思うという訳です。 全く同じモデル(メーカー・グレード・サイズすべてね)のエアコンを2台設置した家。 使い方も、部屋の条件も部屋の臭いも変わらない。 設置後1ヵ月で片方は何もない、もう片方は酸っぱいニオイが。 製造番号も近い。 この条件でも酸っぱいニオイが出る物と出ない物が有ります。 説明がつきません。 目に見えるカビもホコリも有りません。 ぴかぴかです。 ちなみにこの状態で、臭いが出る方を薬品洗浄実施。 エアコンクリーニング屋さんがやっているような、壁につけたまま洗う方法ではない。 外してバラバラにして細部まで薬品洗浄ね。 ) 結果、水の黒い汚れは無し。 (そりゃそうです。 汚れてませんから。 ) もちろん新品でも使い始めた時から、カビは発生し始めますよ。 それが原因かどうかを確認する為、バラバラにして細部まで徹底洗浄してみた。 洗っても無駄でしょうという予想の元、実験として。 その結果はどうだったか?。 洗った直後はニオイしない。 だが、3日ほどで再び酸っぱいニオイが発生し始めたとの事。 ・・・予想通りですので、 エッ!とはならないが。 しょうがないので熱交換器を新しい物へ交換して・・・解消です。 こんな感じだから、親水塗料も同じものが使われているでしょうが、疑うべきは親水塗料しかないような・・・という考察です。

次の

エアコンからの水漏れ。14の原因と自分で出来る対策が分かる!

ダイキン エアコン 水 漏れ

業務用エアコンからの水漏れ、場合によっては大損害? たかが水だと侮るなかれ。 飲食店で、せっかく作った料理にエアコンから漏れた水が入ってしまったら。。。 オフィスで大事な書類に水がかかってしまったら。。。 お客様に水がかかってしまったら。。。 場合によっては大きな損害を招きかねません。 そんなエアコンからの水漏れ、事前に避けられるのなら避けたいですよね。 エアコンからの水漏れは夏場に起こる 実は、エアコンからの水漏れのほとんどは、夏場に起こっています。 まさに今の季節が要注意というわけです。 では、なぜ夏なのか。 勘のいい人はもうお気づきかもしれませんね。 エアコンの水漏れは、冷房運転するときに起こっているんです。 (おっと、お間違えなく!冷房を使うと必ず水漏れするということではありません) 冷房運転時の冷たい空気は、部屋の中の温かい空気を熱交換器で冷やして作りだされていることは、前にもこのコラムで説明しましたが、その温かい空気が冷やされるとき、空気中の湿気が結露となって、熱交換器にビッシリつくことになるんです。 アイスコーヒーのグラスの水滴や、冬の窓についた露なんかと同じ原理のアレが、エアコンの中で起こっているわけですね。 ただ、水漏れといっても、 この結露が直接漏れてきているわけではないんです。 結露のイメージです! 水を排出するしくみ?もちろんあります 冷房時に水が発生することをあらかじめ見越して、 エアコンはちゃんと排水するしくみを持っています。 具体的には、空気の冷却時にエアコン内で発生した水は、熱交換器の下に設置された「ドレンパン」と呼ばれる受け皿で受け止められて、「ドレンホース」という管をつたって外に出されます。 家庭用の壁掛けエアコンの場合は、壁の向こう側はすぐに外なので、壁の穴から出たドレンホースで、エアコンの高さから下へ高低差を使って排水すればよいだけですが、業務用エアコンに多い、天井はめ込み式(天カセタイプ)は、部屋の中央にあることもあって、そういうわけにもいきません。 ですので「ドレンポンプ」というポンプで、たまった水を一旦吸い上げてから、ホースを這わせて排出しています。 水漏れの原因ナンバーワンは内部の汚れ エアコンには、ちゃんと排水の仕組みもある。 それなのに、なぜ水が漏れてくることがあるのでしょうか。 私たちが、業務用エアコンの水漏れと聞いて駆けつけ、エアコンの中身を見ると、そんなエアコンにはほぼ同じ共通点があります。 それは、エアコン内部がひどく汚れているということです。 長い間掃除されていないエアコンの内部には、カビやホコリがどんどんたまっていきます。 そこに冷房で発生した水が合わさって、ヘドロ状になったものがドレンパンに積もったり、ドレンホースに詰まったりして、うまく水が排出されない状態になっているんですね。 最後には、ドレンパンの容量をオーバーして、水が頭上からポタポタ漏れ出てくる。。。 こんなケースが一番多いのです。 水漏れ対策には、定期的なエアコンクリーニングを! まずはをしたり、をするなど、自分でできることをして、このような状態にならないようにするのが一番の対策です。 (くれぐれも無理に作業なさらないでくださいね!) ただし、水漏れするような状態になってしまうと、エアコン内部の清掃・点検をするしかありません。 普段のフィルター掃除などとは違って、エアコンを分解して掃除する必要があるので、正直、一般の方には簡単にできることではありません。 ですので、そんな時はわたしたちプロを頼ってください! 複雑なつくりの業務用エアコンを分解し、高圧洗浄機を使って内部をくまなく掃除するので、たまりにたまった頑固なヘドロ状の汚れやカビもスッキリきれいになります。 また、水漏れの原因は汚れだけではありません。 ドレンパンなどの部品が、経年劣化や予期せぬ理由で破損していて、そこから水が漏れている場合もまれにあります。 定期的にクリーニングをしていれば、そういったパーツ破損の可能性なども確認でき、故障の芽をを未然に見つけて、防ぐこともできますよ! エアコンコムでは、定期的なエアコンクリーニングをおすすめしています。 エアコンの水漏れが気になったり、そういえば、一度もクリーニングしていないなという方は、ぜひ、エアコンクリーニングをご検討ください! ・業務用エアコンのクリーニング.

次の