環境 問題 と 孤立 した 個人。 環境保全のために普段の暮らしの中でできること |WWFジャパン

個人ができることで、かつ、最大の効果がありそうな、地球環境に…

環境 問題 と 孤立 した 個人

13 pt 1回お風呂を沸かすのと、5km車を走らせるのが同じエネルギーですね。 共に対価としてCO21kgが放出される相当のエネルギーが使用されます。 毎日水風呂に入れば大体365kgのCO2が減らせます。 毎日5km車を運転するのをなくせば、約365kgの節約になります。 風呂桶10杯分で1kgの消費量なので、毎日水を換えると年間36. 5kgのエネルギー。 水を換えるのを2日に一回にすれば、18. 25kg浮きますね。 13 pt 家で簡単に出来ることは・・・ ・ ストーブやエアコンは、使わない。 ・ お風呂は追いだきをしない。 ・ こまめに電気を消す。 ・ 人をたくさん集め、手回し発電機で電気を作る 何をしようと、基本は3Rだと思います。 又、最近CO2の問題が出ていますが実は違うかもしれないのです。 少し難しい説明です。 CO2を削減したいのであれば、以下のサイトをごらんになって下さい。 どちみち、地球環境にやさしいのは確かですので、試してみて下さい。 13 pt 本気で地球環境に優しくあろうとするならば 電気を使わず、それこそ晴耕雨読の暮らしをし。 明るさが要る仕事は明け方から日没までに終わらせ、日が沈めば育ててある菜種の油などで明かりを灯して 早く寝る。 ガスや電気を使わず薪の火でや囲炉裏で暖をとり料理を作る。 トイレの肥は田に入れ肥料にする。 移動は歩き、遠いなら自転車、重い荷物は荷台で運ぶ! ・・・などなどと自給自足の暮らしをすれば間違いなくいいでしょう。 原始的でしょう?もっと最先端的な案がいいですか?そうですか・・・ なら個人責任でできることですが細胞に葉緑体を入れミトコンドリアのように自己増殖できる独自のDNA体として定着できるように遺伝子操作すればナメック星人のように水と日光だけで生きれるはずです。 人体実験なのでむしろ個人でなければできません。 ですからこのくらいはしないと・・・ とはいえ、いきなり大きな所からはじめるのでは長続きしません。 息の長い活動をしてこそ初めて意味があるというものです。 だから窓際に広葉植物を置くとか パピルスのように二酸化炭素の吸収率の良い草花を一つ二つ育てる・・・。 そういったことから始めることを勧めます。 12 pt 一般的に言われている環境対策を一つずつきちんと行うことが基本的に大事だと思いますが、 一般市民、消費者の立場として考えると、消費というものをいかにきちんと考えるかが非常に重要なことになってくると考えます。 一般的に、環境にいい、ECOな商品を謳いつつ、その実環境負荷が高い商品も少なくありません。 環境に配慮されている商品についている認証マークについて知り、 良い商品を選んで買うこと、環境に良くない商品を買わないこと、 これらを徹底することは非常に重要です。 市民のニーズに合わせて企業は製品、サービスを作るわけですから、 環境配慮商品を市民が求めているニーズ自体を自分たちが作り出すこと、 環境によくない商品のニーズが下がっている状態を自分たち自身で作り出すわけです。 そしてその判断をするためには、いろんな環境問題に対する知識が必要です。 10人くらい集まってということでしたら、一人ひとりなにかお題を持ち寄って、 どういった商品が環境に良くて、あるいは、悪いのかといったことの勉強会などされてはいかがでしょうか? ふだん私たちが食べているマグロはもう絶滅しかかっており、その責任が私たちの食にある。 こういったことは悲しいことですが、本当にありふれています。 この商品の事を考え、また可能であれば企業に問い合わせをするなど、 市民の問題意識、ニーズを伝えることが非常に重要だと考えています。 エネルギー関係に絞って欲しいとのことなので補足をします。 ・コンビニを利用しない コンビニは通常の小売店やスーパーと比較して単位当たりの蛍光灯照明数が多いです。 また冷ケースも多く、扉がついた場所とない場所があり扉がないところは常に冷気を吹き出さなくてはいけません。 また、構造上もガラス張りの面が多いので断熱効果が低いのでその分空調を強くする必要があります。 この熱空調関係は非常に電力を消費します。 これを24時間365日営業している訳ですから莫大なエネルギーを消費していることになります。 web. infoseek. html ・買った食品消費期限内に全て食べきる 農作物といった一次産業品から既にビニールハウスで温度・湿度管理しており、 そういった管理が必要ない野菜でも輸送や品質検査にエネルギーが必要です。 (イチゴは本来の旬とは異なる需要が高い時期に流通しているので石油を食べているような物です) それを他国から輸送するのにトラック、船、場合によっては飛行機を利用します。 調味料や総菜はそれをさらに加工する訳です。 ですから自給率といった面では変化はありませんが食べ残さないようにすることはエネルギー節約になります。 ・ファストファッションに踊らされない 自然素材か化学繊維 機能性繊維 かによらずともに生産する際にはエネルギーを消費します。 (綿の場合は刈り取り機、化学繊維の場合は合成や生産機の消費エネルギー、ウールは紡ぐ行為) これらを更に被服にするためには工場で大量生産し輸送されます。 それをワンシーズンしか着ないもしくは着られないのでは いくら再生繊維があるといっても免罪符にならないでしょう。 japanfs. html ・寒かったら一枚下着を着る これは体感温度を上げることで空調や暖房器具の設定温度を低くするまたは使わなくするという意味です。 電力から熱を作り出すのは非常に大きな負荷がかかります。 また電力以外でも灯油やガスを使っているには変わらないので地味ながら一番効果的な方法です。 ただ昨今の猛暑については我慢をしていると死人が出る状態なので 空調を使うなとは言えないですね。 猛暑を冷房なしで乗り切ったという友人がいますが、普通に勤務中は冷房の入った環境におり、 帰宅して就寝する際も窓を開けて寝られるといった牧歌的な環境に住んでいるためでしょう。 (それでも夏は5kg痩せたといっていました)• 電気を使うことをやめれば、暖を取るために薪や石炭が必要なわけですが、その場合環境負荷として電気よりましなのか?という問題になると思います。 森林資源の消費がちょっと洒落にならなくなりそうです。 農耕にしても、森を破壊して畑にしたとき、それは環境破壊ではないかという話になります。 現在の農業は生産量維持のために化学肥料に頼っており、「石油を食べている」と呼ばれるくらいですし、それをやめたら人口を維持するだけの生産量は期待できないと思います。 では、野生の動物でも食べるかとなると、狩猟圧が強まってターゲットが絶滅したりするわけです。 つまり、エネルギーに絞って節約しても他の分野を含めたトータルでは損をしている可能性もある、ということです。

次の

Chevron

環境 問題 と 孤立 した 個人

若者の社会的孤立 [ ] が社会的孤立する主な原因としては人間付き合いの希薄化が存在しており、この原因としては近年になって悪化してきている雇用情勢が考えられており、若者が勤労という形で社会参加できないがために社会的孤立するとのこと。 近年に発生しているやなどといったの犯人の背景にも社会的孤立が存在する。 また現代では情報化社会によりを活用することで気軽に対人関係を築き上げることができる反面、自分から一方的に関係を断ち切り自分の意思で孤立することを選択できるというも存在する。 社会的孤立とは若者が経済的に自立できないということでもあり、の原因となると考えられている。 高齢者の社会的孤立 [ ] 他国と比べた場合、日本の高齢者の他者との交流は、物のやり取りや立ち話など表面的な付き合いで済ませる傾向がある。 と同居しているよりも一人暮らしの老人の方が他人と会話する頻度が低く、男性の7%は週に一度も会話をしていない状態である。 困ったときに頼れる人がいない割合が高いのも一人暮らしの男性であり、約2割が該当する。 男性は近所との人付き合いよりも、配偶者や仕事仲間との関わりを中心に人間関係を築く傾向が強く、死別や引退によって人間関係の脆弱性が現れやすいと見られている。 多くの高齢者は地域との繋がりを必要と考えているものの、地域との繋がりを感じられている高齢者の割合はそれを下回る。 また都市の規模が大きくなるほど地域との繋がりが感じられている割合は低下している。 いずれにしても、その地域での居住年数と関連があると考えられている。 社会的孤立に関連して社会問題も発生してきており、の高齢者の被害や高齢者による犯罪やも社会的孤立が原因となっている場合がある。 雇用労働者化の進行に伴う世帯構成の変化、家族・地域関係の変化、低所得問題、政策による医療・介護環境の変化が論点となっている。 また、社会的孤立によって生活の活動水準が低下し、「」と呼ばれる外出頻度が極端に低い状態になるケースもある。 閉じこもりによってフレイル(虚弱)状態に陥り、やがてやが必要になるなど、老化の進行や健康状態の悪化と関連がある可能性が指摘されている。 脚注 [ ] [].

次の

2050年に地球環境が崩壊し人類は滅亡する!その”予兆”と個人でできる対策

環境 問題 と 孤立 した 個人

国立環境研究所では、平成28年6月に、全国3000名の18歳以上男女を対象に、日本人の環境意識についての世論調査を実施いたしました。 その結果、1,640名(54. この調査は、気候変動問題とエネルギー問題に関する日本人の認知や政策対応への態度について明らかにすることを目的として実施したものです。 環境省研究総合推進費1-1406「一般市民の科学技術リテラシーと環境政策に関する合意形成のあり方に関する調査研究」の一部として毎年実施しているもので、本年は、昨年12月にパリで開催されたCOP21で合意されたパリ協定の認知などについての設問も追加しています。 6 環境問題や原発、放射能の問題などについて信頼できる情報源について聞いたところ、最も選択されたのが「ジャーナリスト・評論家」で39. 6%、「大学や様々な研究機関の研究者・学者」34. 4%、「環境保護団体」が33. 8%、「国や国の外郭団体」が28. 0%、「国連などの国際機関や外国政府」が26. 3%、「地方公共団体やその外郭団体」が24. インターネット関連の選択肢も、「大学や様々な研究機関の研究者や専門家が自分で書き込んでいる個人のホームページ、ブログ、ツイッターの情報」が11. 2%「特に専門家ではない人のインターネットの個人のホームページや、個人が書きこむ掲示板 ブログなど 」2. 9%、と合計では15%にせまる数字を得る結果となりました。

次の