また何かの機会に。 「また今度」「機会あれば」と返事をする男性の心理とは?

「またの機会に」の使い方・例文・返信の仕方・類語・失礼なのか

また何かの機会に

「この度は弊社にご応募いただきありがとうございました。 大変申し訳ございませんが、弊社で検討した結果、今回の採用は見送らせていただきました。 またの機会に宜しくお願いいたします」 「またの機会に」に代わるやんわりと断る言い方 相手からの誘いを断る時にも使用できるのが「またの機会に」です。 気が乗らない誘いを断る時にも、やんわりと断らなければその後の人間関係に支障が出てしまう事があります。 ここでは、「またの機会に」に代わるやんわりと断る言い方について解説していきます。 「ぜひご一緒させていただきたいのですが~」 相手に対して、「一緒に行きたい」という気持ちを表現しつつ、断る言い方です。 「ぜひご一緒させていいただきたいのですが、その日は家庭の用事がありまして…」など、誘いに乗れない理由も添えれば、やんわりと断る事ができます。 「お誘いありがとうございます」 相手に対して断りを入れる前に、「誘ってもらった事に対する感謝の気持ち」を添えつつ、やんわり断るフレーズです。 「お誘いいただきありがとうございます。 ですが、その日はあいにく外せない用事がございまして…」と、同じく理由を添えてやんわり断りましょう。 「とても残念ですが」 相手の誘いに応じられない、残念な気持ちを添えてやんわり断れるのが「とても残念ですが」「誠に残念ですが」です。 「とても残念ですが、今回はご期待に添える事ができませんでした」「誠に残念ですが、今回の採用は見送らせていただきました」など、ビジネス上でもやんわり断るフレーズとして使用される事が多くなっています。 「とても残念ですが~」+「またの機会に」をセットで使用すると、否定的なニュアンスでもやんわり断れるフレーズとして汎用性が高くなりますので、ビジネスマンとしては覚えておきたいフレーズです。 直訳では「雨次第で」という意味ですが、英語では定番のやんわりと断るフレーズとしても知られています。

次の

機会(きかい)の類語・言い換え

また何かの機会に

ビジネスシーンやプライベートなど、さまざまなところで「機会があれば」という言葉を耳にしたり、使用したりすることがあります。 何気なく使用しているけれど、結局のところ、「機会があれば」とは、どういった意味を示しているのでしょうか。 ここでは、「機会があれば」という言葉のシーン別の使い方や、別の言い方などを紹介します。 「機会があれば」の意味は、こちらが相手に行ってほしい物事に対して、相手がそれを行うことができると判断したら伝える、ということです。 しかし、行うことができると判断したら伝えるという意味を含んでいない場合があります。 それは、「機会がきたら」を社交辞令で用いる場合です。 「機会があれば」は、社交辞令で用いられる場合もありますので、注意しましょう。 「機会があれば」の敬語表現 「機会があれば」は敬語ではありません。 よって、そのまま目上の人に用いると大変失礼にあたります。 ここでは、「機会があれば」の敬語表現を紹介しますので、ビジネスシーンや目上の人に対して「機会があれば」という意味合いの言葉を用いるときに役立ててください。 「機会があれば」を敬語で表現すると、「また機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします」という言い回しです。 「あれば」を「ございましたら」と表現することで丁寧な言葉になります。 この表現は、相手に断られた際にはもちろんのこと、相手の提案を断る際にも用いることができます。 ですから、「また」とつけることで断るときの気まずさを軽減することができます。 「機会があれば」の敬語での使い方 ここでは、「機会があれば」の敬語の種類、使い方、メールでの使い方を紹介します。 ビジネスシーンや目上の人に対して「機会があれば」という言葉を用いる場合に役立ててみてください。 敬語の種類 「機会があれば」の敬語の種類は、丁寧語です。 「あれば」を丁寧語の「ありましたら」に変換して、「機会がありましたら」という丁寧語として用います。 「機会があれば」は、基本的に相手からの提案を断るときに用いることが多いので、どんな相手にも敬語を用いて、誠意を見せることが大切です。 「機会」のほかにも、「チャンス」や「折」など、他の言葉に変えて用いることができます。 別の項目で紹介していますので、手紙やメールでも用いてみてください。 使い方 「機会があれば」の使い方としては、大きく分けて2種類あります。 まずは、相手からの提案に対する答えの場合です。 相手からの提案に応えることができた場合には、「またこのような機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします」などと用います。 相手からの提案に応えることができず断る場合には、「またの機会がありましたら」などと、含ませて述べるとよいでしょう。 目上の人からの誘いなど、断りにくい場合にはこのように丁寧に述べるとよいのではないでしょうか。 そして2種類目は、自分の提案を相手から断られた場合です。 「機会があれば」は、相手から断られた場合にも用いることができます。 「今回は残念でしたが、またの機会がありましたら、ぜひよろしくお願いいたします」などと用いるのが良いでしょう。 メールでの使い方 「機会があれば」をメールで用いる場合ですが、「機会があれば」を敬語の「機会がありましたら」に変えて用いましょう。 また、相手に話す場合には「また機会がありましたら」とやんわり断ることができますが、メールではそうはできません。 曖昧に「機会がありましたら」という文面で終わってしまっては、その真意が相手に伝わりません。 相手からの提案を断る場合には、「今回は参加することができません。 またの機会がありましたら、よろしくお願いいたします」というように、断りの文面を入れた後、「またの機会がありましたら」と続けるのがよいでしょう。 ただ断りの文章を述べるよりも、「機会がありましたら」と続けることで断ることへのマイナス面をカバーすることもできますので、「機会があれば」はぜひとも用いたい敬語表現です。 手紙での使い方 「機会があれば」の敬語表現、「機会がありましたら」を手紙で用いる場合にも、メールでの用い方と同じく、はっきりと断りの文面を入れた後、「機会がありましたら」と続けるのが良いでしょう。 また、手紙の最後に相手を気遣う文章を入れると、印象も良くなります。 「機会があれば」を敬語表現するときの例文 「機会がございましたら、ぜひよろしくお願いします。 」という敬語表現方法があります。 この場合は、「あれば」を「ございましたら」という丁寧な言葉に言い換え、「ぜひ」と付け加えることで、相手の期待に沿うことができなかったという申し訳なさを表現することができます。 「今回は残念でしたが、また次に機会をください」という意味を込めることができます。 今後とも 「今後とも機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。 」という敬語表現があります。 この場合は、「機会があれば」に応えられた場合に用いることができます。 「今後とも」とは、「今」付き合いがあり、「後」のちも付き合いが続くという意味があります。 「今後ともよろしくお願いいたします」という言葉を使う時がありますが、これは、取引先などとこれからも関係を続けていこうとするときに用います。 そこに「機会がありましたら」と入れることで、また何かの物事を求められた時には、それに応えたいという意思表示になります。 またご縁がありましたら 「またご縁がありましたら、よろしくお願いいたします。 」という敬語表現があります。 「縁」の意味の中には、「機会」という言葉も含まれています。 この場合は、「機会があれば」が「縁があれば」に代わっており、「あれば」が「ありましたら」という敬語表現になっています。 また、「縁」の前に「ご」を付けることで、「縁」も敬語にしています。 「ご縁」には、人との出会いといった目に見えるものだけではなく、「機会」のような「事」にも当てはまりますので、目上の人や大切な物事の際に用いると良いのではないでしょうか。 「機会があれば」の別の敬語表現例 ここでは、「機会があれば」の別の敬語表現例を紹介します。 「機会があれば」という意味合いで相手に伝えたいけれど、「機会があれば」よりも軽い言い方はないか、いつも「機会があれば」と言っているので、違う敬語表現方法が知りたいなどといったときに役立ててみてください。 基本的に「機会があれば」は相手が行なってほしい物事に対して、応えられない場合に用いることが多いので、目上の人に対してだけではなく、どんな人にも誠意を込めて伝えるべき言葉ですので、目下の人だからと言って敬語を使わないということは避けたほうが良いでしょう。 機会があったなら 「機会があったなら」という敬語表現は、「機会があれば」という敬語表現よりも相手の望む要求に応えられる可能性が低いときに用いると良いでしょう。 そして、それは一般的だと思われている事柄です。 よって、「またの機会があれば、参加させていただきます」というのは、「参加」するためには「機会」が必要であり、機会があれば参加します、という意味になります。 つまり、「機会があれば」よりも、「機会があったなら」の方が、要求に応えられる可能性が低いといえます。 折があれば 「折があれば」の「折」とは、「機会」という意味を持っています。 よって、「機会があれば」は「折があれば」と言い換えることができます。 しかし、「折があれば」は物事を行う側が用いる言葉ですので、行ってほしいと提案した側が用いるべきではありません。 よって、目上の人に用いると失礼にあたりますので、注意しましょう。 目上の人に対して「機会があれば」というニュアンスの言葉を用いる場合には、「機会がありましたら」とする方が良いでしょう。 チャンスがあれば 「チャンスがあれば」という敬語表現は、「機会があれば」という敬語表現よりも軽めの言い方になるでしょう。 目上の人に対して「チャンス」という言葉をあまり使いませんし、「機会」よりもよりライトな印象になります。 「チャンス」と「機会」の違いですが、「機会」は人が生み出したものや努力によってなされるものをいいます。 「チャンス」はその反対で、偶然によって生まれたものをいいます。 ですから、ビジネスシーンで「チャンス」という言葉はあまり用いません。 「チャンスがあれば」を敬語表現で用いる場合は、「チャンスがあれば、ぜひ挑戦してみたいです」など、自分に好機が巡ってきたときには行動を起こす気があります、という意味合いで使うのが良いでしょう。 「機会があれば」の表現方法はいろいろある いかがでしたか。 「機会があれば」の敬語表現は、使う相手やシーンによってさまざまなものがあります。 「機会があれば」は、話す言葉で用いられることが多いので、手紙やメールで用いるときには注意が必要です。 メールや手紙では、必ずはっきりと断りの言葉を述べた後、「機会がありましたら、またお願いいたします」と述べるようにすると、誤解を招くことがなくなります。 「機会があれば」を別の敬語で表現することもできます。 しかし、その場合は、自分が提案する側なのか、提案された側なのか、提案に応えることができるのか、できないのかなど、その時の状況や相手によって使えるべき敬語と使うことができない敬語がありますので、注意しましょう。 「機会があれば」はとても便利な言葉ですが、使い方によっては相手に上手く伝わらなかったりという事態も考えられますので、意味を理解したうえで用いましょう。

次の

「機会があれば」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

また何かの機会に

「またの機会に」のビジネスでの意味 「またの機会に」は誘いをやんわりと断るときの決まり文句 「またの機会に」は、飲み会など、何かの誘いを受けて断りたいといった場合に、 誘いをやんわりと断るときの決まり文句として使用されるフレーズです。 ビジネスシーンなどで何かに誘われたときに「気持ちが乗らない」「都合が悪くていけない」といった場合に、「行けません」と無愛想に断ってしまうと角が立ってしまします。 「またの機会に」は、 「今回は無理ですが、また別の日に」というニュアンスが含まれているので、非常ひ肯定的な断り方であるといえるでしょう。 「またの機会に」の漢字は「又の機会に」 「またの機会に」を、漢字で表記すると「 又の機会に」となります。 「又」は、訓読みで「また」と読む漢字で、「 また・そのうえ・ふたたび・さらに」という意味があるので「又の」で「別の」「他の」「次の」という意味使用することが可能です。 したがって、「又の機会に」で「別の機会に」「他の機会に」「次の機会に」という意味になることがわかります。 「またとない機会」の意味は「二度とない機会」 「またとない」という表現には、「 二つとない・これ以上のものはない」「 二度とない」という意味があり、「またとない機会」は、「 二度とない機会」という意味で使用される言葉です。 例えば、「商品の半額セールはこの時間帯のみ!このまたとない機会に、ぜひお買い求めください」 といったように、「もう二度とないチャンス」といったような意味で使用することができます。 従って、このように 「また別の機会に」と「またとない機に」は意味の異なる言葉であるため使い分ける必要がありますので、混合しないように注意してください。 例文 ・尊敬している先輩とお食事をすることができるなんて、こんなまたとない機会を逃すわけにはいかない。 ・セールは本日10時より開催されます!またとない機会をどうぞお見逃しなく! ・本人に直接会えるなんて、このような、またとない機会ご用意いただき大変感謝しております。 「またの機会に」の使い方と例文 「またの機会にぜひお願いいたします」が定番 相手からの誘いなど、お声がけを断る場合は、「 またの機会にぜひお願いいたします」が定番のフレーズとして使用されます。 「是非」は、「心を込めて強く願う様子」を言い表した言葉です。 この場合は、相手に敬意を示して「次の機会を心から願っていますのでよろしくお願いします」といったニュアンスで相手に伝ることで 誘ってくれた相手を配慮する表現になります。 「言う」の謙譲語である「申す」を使用して、「お願い申し上げる」という表現をすることもありますが、非常に堅苦しい表現であるため、直接お誘いをお断りするような会話の中で使用する場合であれば、「お願いいたします」としたほうが自然であると言えるでしょう。 例文 ・今回は日程が合わず、非常に残念ですがまたの機会にぜひお願いします。 ・残念ながら、販売は終了いたしましたが、再販する可能性もあるので、またの機会にぜひお願いいたします。 ・今日はお話時間があまりもてなて残念でしたが、またの機会にぜひよろしくお願いいたします。 ・今回抽選に外れてしまった方も、またの機会に是非よろしくお願いいたします。 「また機会がございましたら、何卒よろしくお願い申し上げます」だとより丁寧 「 またの機会がございましたら、何卒よろしくお願い申し上げます」だとより丁寧な表現になります。 「何卒」は、「どうぞ」をより堅く表現した言い回しです。 「期待する」というニュアンスが含まれていて、相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となります。 依頼の強調表現になります。 「申し上げます」は、「言う」の謙譲語である「申す」を使用した言葉でなので、「何卒よろしくお願い申し上げます」で「どうぞよろしくお願いします」という意味の丁寧な表現になります。 「何卒」を使用することにより、改まった文章にはなりますが、上述しているように 話し言葉として使うと、相手に仰々しい印象を与えてしまうので注意しましょう。 例文 ・またの機会がございましたら、ぜひ弊社商品のご利用を何卒よろしくお願い申し上げます。 ・承知いたしました。 では、またの機会がございましたら何卒よろしくお願い申し上げます。 ・今回は非常に残念なのですが、またの機会がございましたら、何卒よろしくお願い申し上げます。 「またの機会にお声がけ/お誘い/ご一緒〜」もよく使われる 「またの機会に」は、 ・またの機会にお声がけいただければと存じます ・またの機会にお誘いいただければ幸いです ・またの機会にぜひご一緒させてください ・またの機会にぜひご提案いただけるよう〜 ・またの機にご連絡いただければ〜 というように、「お声がけ/お誘い/ご一緒〜」などを後ろにつけた言い回しで使用することも可能です。 使い方を例文を参考にしてください。 例文 ・ぜひご一緒させていただきたかったのですが、またの機会にお声がけいただければと存じます。 ・今回は非常に申しわけないのですが、またの機会にお誘いいただければ幸いです。 ・体調を崩してしまっているので、大変申しわけありませんがまたの機会にご一緒させてください。 ・今回はとても残念ですが、またの機会にぜひご提案いただけるようお願いいたします。 ・その日はあいにく外せない予定がありますので、またの機会にご連絡いただければ幸いです。 「またの機会をお待ちしております/楽しみにしております」だと実際に待望している意味合いが出る 「またの機会に」の後ろには、 ・お待ちしております ・楽しみにしております ・心待ちにしています といった表現を続けると、実際に待望している意味合いが含まれるので、印象がよくなります。 断られたとしても、またの機会が来ることを楽しみにしていることが伝わってくれば、次の機会を楽しみにしてくれているならまた誘ってみよう」というような前向きな気持ちになりますね。 相手を嫌な気持ちにさせない為にも、肯定的なニュアンスでお断りをするということが大切です。 例文 ・今回は非常に残念なのですが、またの機会をお待ちしております。 ・今回は参加することができなかったのですが、またの機会を楽しみにしております。 ・今回はスケジュールの関係で訪問することができませんが、またの機会を心待ちにしておりますので宜しくお願いいたします。 「またの機会に」の使う際の注意点 「またの機会に」は敬語ではないので、前後を敬語表現にして使う 「またの機会に」という表現は、敬語表現ではありませんので、目上の人に使う場合は使い方に注意しないと、「失礼だな」と思われてしまう可能性があります。 例えば、目上の人に対して「すみませんが、今日は予定があるのでまたの機会に」といったように、 敬語表現を含めずに使用するのはNGです。 同等の立場である同僚や、友人間である場合は問題ありませんが、上司など目上の人には必ず、「今回は都合により参加することができませんが、またの機会によろしくお願いいたします」など、 前後の文章に必ず敬語表現をいれましょう。 「またの機会に」の使用例文は、上述していますのでそちらを参考にしてください。 「またの機会に」はデキる人は言わない説 「またの機会に」は、 ・食事など何かに誘われて行くことができないとき ・ビジネスシーンでの社交辞令で「またの機会に何かご一緒できればいいですね」 など、様々な場面で使用できる便利な言葉で他社とやりとりをするときなど多様している人もなかなか多いのではないでしょうか。 しかし、「またの機会に」という言葉をデキる人は言わない説があります。 それは、本当にデキる人は「またの機会に」と有耶無耶にすることなく ・次の機会を提案する ・機械を作り出す ことができるからであると考えられます。 「またの機会に」と言ってしまうと、なんとなく社交辞令で終わってしまいがちなのですが、それではシャンスを逃してしまうのと同じことですよね。 「またの機会」を本当に望む場合は、日時を確認すべし 上述したように、本当に「またの機会」を望むのであれば、「またの機会に」で終わらせてしまうのではなく、 日時を確認するなど自分から「機会」を作ることが大切です。 「またの機会に」だけで終わらせてしまうと「社交辞令」だと思われがちですが、自ら日時を確認することで、前向きな姿勢が感じられ、印象が良くなります。 「次の機会に」だと断れるのは今回限り 「次の機会に」という断り方をしてしまうと、断れるのは今回限りとなりますので注意しましょう。 「次の機会に」だと、次に同じように誘われたときに断ってしまうと「この前次って言ったよね・・・?」と思われてしまうことがあります。 つまり、「次の機会に」だと、「次はOKです」という意味に捉えられてしまう可能性があるということです。 「次って言ったからまら誘ったのに」と相手を不愉快な気持ちにさせてしまうことがあるので、「次の期会に」を頻繁に使用することはオススメできません。 「またの機会に」に対する返信 「承知いたしました」と一旦受け止める 「またの機会に」と相手に断られた場合は、その旨を一旦受け止めた返信をしましょう。 相手に詳しい理由などを聞く必要はありませんし、「そこをなんとか!」としつこくお願いをする必要もありません。 「〜につき承知いたしました」と納得したことを伝えるのが一般的な返信の仕方となります。 「ではまたの機会にご参加ください」などと付け足すとベター 「来れない・参加できない」といっったことに対して承知したことを伝えた上で、さらに ・ではまたの機会にご参加ください ・次回お会いできるのを楽しみにしております などの言葉を結びとして付け足すとベターです。 相手からの返信にこちらも「またの機会に」と返信をすることで、 「またの機会に」と思っている相手に共感していることを伝えることができます。 「またの機会に」は恋愛では脈なし! 恋愛での返信で「またの機会に」は、ただの社交辞令 では、恋愛でやり取りをしている場合に「またの機会に」と言われた場合はどうでしょうか。 恋愛でデートの約束や、お食事に異性を誘ったときの返信で「またの機会に」と言われた場合は、社交辞令であり、 誘ってくれた人を傷つけないために当たり障りのない断り方をしたと考えるべきです。 本当に行けなくて残念だと思い、またの機会を願っているのであれば「今月は予定が詰まっていて厳しいので来あたりはいかがですか?」というように代案を出す場合は前向きな返信をすることでしょう。 「またの機会に」と言われても、もう一回はトライしよう 「またの機会に」に言われたしまった場、脈なしであることが考えられますが、そこで諦めずにもう一回はトライしてみましょう! 「社交辞令だ」と自分が思い込んでいるだけで、相手は本当に都合が悪いだけだったかもしれませんし、何回か誘っていくうちに、「一回くらい食事に言ってもいいかな」と思ってもらえる可能性があります。 それでも断られたら諦めよう 何回か声をかけて、それでも断られたら諦めましょう。 何回も「またの機会に」と言われてしまうのなら、それは完璧に「社交辞令」であると言えるでしょう。 しつこくしてしまうと、気になる人に嫌われてしまうだけです。 1回〜3回誘ってそれでも「またの機会に」と言われてしまうようであれば、引き際も大事なので一度引いてみて、暫くしてからまたアタックしてみると良いかもしれません。 「またの機会に」の類語・言い換え 今回は見送ることにします 「見送る」という表現には、 ・人が帰るときにある場所までついていく ・遠ざかるものや人を眺める ・計画していたことの実行を延ばす ・見逃す といった意味があります。 「今回は見送ることにします」の場合の「見送る」は「計画をしていたことの実行を延ばす」または、「せっかくのチャンスですが見逃します」といった悔しさを感じるニュアンスで使用されています。 例文 ・せっかくお誘いいただいたのですが、予定があるので不本意ながら今回は見送ることにします。 ・せっかくのお誘いに心苦しい限りですが、今回は見送ることにします。 ・質問に答えていただいておいて大変申し訳ないのですが、今回は購入を見送ることにします。 また今度 「また今度」は、「またの機会に」を砕けた表現にしたものです。 「また」には「再度」という意味もありますが、 断る場面での「また」は「今回ではなく、この次」という意味になります。 自分と同等の立場の人間や、目下、友人といった間柄である場合など「またの機会に」では少々堅苦しさを感じるときは「また今度」を使用しましょう。 またご縁がありましたら 「またご縁がありましたら〜」は、「またの機会に」の 「機会」を「ご縁」に言い換えた表現です。 「ご縁」は、「 そのうようになるだろう巡り合わせ」というような意味があります。 つまり、「またそうのようなチャンスがあれば」というニュアンスで使用されています。 ・今回は参加することができないのですが、またご縁がありましたらよろしくお願いいたします。 また何かの折には 「また何かの折には」は、 「またの機会」の「機会」を「折」に言い換えています。 「折」には「 過ぎゆくときの中の、区切られたある時点・機会」という意味があります。 例文 ・今回は見送らせていただきますが、また何かの折にはどうぞよろしくお願いいたします。 ・非常に残念なのですが、また何かの折にはお声がけいただければ幸いです。 ・今回はスケジュールの関係で訪問することができませんが、またの折にはどうぞよろしくお願い申し上げます。 「またの機会に」の前に置けるクッション言葉 ぜひご一緒させていただきたいのですが〜 「ぜひご一緒させていただきたいのですが〜」は、「 ぜひ一緒に行かせてもらいたいのですが」という残念な気持ちを「いただきたいのですが〜」という謙譲語を使用して丁寧に言い表しています。 本当は断りたくないけれどという前向きな気持ちを伝えることで、相手を不愉快な気持ちにしてしまうことを避けることができるクッション用語です。 例文 ・ぜひご一緒させていただきたいのですが、予定が入っておりますのでまたの機会にお願いいたします。 ・ぜひご一緒させていただきたいのですが、またの機会にお声がけいただければ幸いです。 ・ご一緒させていただきたいのですが、またの機会にご連絡いただければと存じます。 お誘い大変有り難いのですが〜 「お誘い大変ありがたいのですが〜」は、誘ってもらったことに対して 「ありがたいと思っている」という感謝の気持ちを表現するクッション言葉です。 「ありがたい」という表現は、「ありがとうございます」という感謝の気持ちを砕けた表現にしているものなので少々丁寧さに欠けると感じる人もいます。 きちんと敬うべき目上の人などに使用する場合は、一度 ・お誘いいただきありがとうございます。 ・お誘いいただき感謝しております。 といったようにきちんとお礼の言葉を述べたほうが印象がいいでしょう。 例文 ・お誘い大変有り難いのですが、参加することができないのでまたの機会がございましたら、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・この度はお誘いいただきありがとうございます。 しかし、申しわけないのですがその日は予定があるため参加することができません。 またの機会にお声がけいただければ幸いです。 誠に残念ですが〜 「誠に」は「本当に」という意味があり、「誠に残念ですが」とすることで、「残念に思っている気持ち」を強調することができます。 「 本当に残念なのですが・・・」という残念な気持ちを表すクッション言葉です。 例文 ・誠に残念ですが、またの機会にお声がけいただければ幸いに存じます。 ・せっかくのお誘いであるにもかかわらず誠に残念なのですが、今回は参加することができませんので、 またの機会によろしくお願い申し上げます。 ・誠に残念なのですが、今回は見送らせていただきます。 また機会がございましたら、何卒よろしくお願い申し上げます。 せっかくのお誘いに心苦しいですが〜 「心苦しい」は、「相手に申しわけなく、すまない気持ちでいっぱいである」という 断ることに対する申し訳無さを言い表したクッション言葉で、相手の気持ちに答えることができないという意を伝えるときの前置きとして使用されます。 例文 ・せっかくのお誘いにも関わらず心苦しいのですが、今回は参加できないのでまたの機会にご連絡いただければ幸いです。 ・大変心苦しいのですか、今回は見送らせていただきます。 またの機会がありましたら、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・心苦しいのですが、予定がありますのでまたの機会を心待ちにしております。 「また機会があれば」の中国語は「以后有机会」「下次有机会」 「また機会があれば」の中国語は ・以后有机会 ・下次有机会 となります。 「以后」は「今後」という意味です。 「后」は「後」の略字です。 「下次」は「次回」という意味です。 「机」は「つくえ」という意味ではなく、「機」の略語です。 よって、「机会」=「機会」です。 「有」はそのまま「ある」の意味で、英語の「have」にあたります。 してがって、「以后有机会」で「今後機会があれば」、「下次有机会」で「次回機会があれば」の意味になります。

次の