中西 セミヌード。 義足アスリート中西麻耶がカッコイイ!意外すぎる素顔が話題に!

中西麻耶の事故原因って?結婚や妊娠は?カレンダー画像がかわいい

中西 セミヌード

中西麻耶さんのカレンダー 中西麻耶さん(26)は、高校時代にはソフトテニスで高校総体、国体に出場。 将来を期待された選手だった。 だが、2006年9月、勤務先の塗装店で5トンの鉄骨に足をはさまれ、右ヒザから下を切断する大事故に遭った。 その半年後の07年3月 日本スポーツ義足の第一人者 義肢装具士・臼井ニ美男氏と出会った彼女は、陸上競技という新たな夢を得た。 そして、ジョギングから始め、半年後には100メートル・200メートルの大会に出場。 見事、日本記録を樹立した。 08年、九州チャレンジ陸上競技大会で北京パラリンピックA標準記録を突破。 パラリンピック日本代表を決め、09年のジャパンパラリンピックでは走幅跳びでも日本記録を達成した。 ロンドンパラリンピックまで残り5カ月。 だが、渡米中の中西選手は新聞の取材にこう答えている。 「昨年6月に完全に資金が底をついてしまいました。 トレーニングを続けるには年間500万円は必要。 競技に出るには義足も3つは必要ですが、1つ120万円はかかる。 日本に戻っても練習はバイトの合間か、バイト前の早朝に走るぐらいしかできない」 中西選手は昨年末、プロ・カメラマンの越智貴雄氏(33)へメールを送った。 越智氏は10年以上も国内外のパラリンピックスポーツの撮影取材に携わっており、04年にはパラリンピックスポーツ専門サイト「カンパラプレス」を設立していた。 中西選手は越智氏に「自分を撮影してほしい。 カレンダーにして売って資金を調達したい。 これは私だけの問題じゃない。 後輩には資金難でつらい思いをさせたくない」と訴えた。 越智氏はそれに応えた。 「一昨年、彼女が資金難で苦しみ、国際大会への出場すらままならなかった経緯を知っていたこともあり、彼女の人並みはずれた突破力と力強いエネルギーを写真で表現したいと思った」 2月上旬、都内のスタジオで撮影が行われ、資生堂の全面協力でヘア&メークアップアーティストの篠塚豊良氏がメイクを担当。 「中西麻耶セミヌードカレンダー」が完成した。 中綴じA4サイズで1200円(税込・送料無料。 Amazonでも購入できる。 売上金の一部は選手活動の資金に充てられる。 (今一生).

次の

パラリンピックを目指す女子陸上選手、「義足ヌード」カレンダーを発売 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

中西 セミヌード

略歴 [ ] 生まれ、出身。 大分県にある在学中に、の選手として(インターハイ)及びに出場。 2004年3月に高校を卒業した後は、2008年に地元で開催されるへの出場を目指していた。 2006年9月に、仕事中の事故で右足の膝から下を切断。 2007年3月に義肢装具士のと出会い、陸上競技を始める。 2007年10月には早くも、で日本記録を樹立。 2008年3月には北京パラリンピックのA標準記録を突破して日本代表となる。 2008年9月に開催された北京パラリンピックでは、100mで6位入賞、200mで4位入賞の成績を残した。 2009年9月のジャパンパラリンピックではでも日本記録を樹立した。 自己ベスト記録:• T44 100m 13秒84 - 2009年9月22日、、2009年ジャパンパラリンピック兼第20回日本選手権 (2014年7月27日に高桑早生選手に塗り替えられるまで日本記録)• T44 200m 28秒52(日本記録) - 2008年5月3日、、大分陸上2008• T44 走幅跳び 5m51(日本新記録・アジア記録) - 2016年5月1日、、第27回日本パラ陸上競技選手権大会 しかし、活動資金の調達に苦しみ、2011年の世界選手権には出場できなかった。 2012年3月には資金捻出のためセミヌードカレンダーを発売した。 2012年6月4日、日本身体障害者陸上競技連盟は、日本パラリンピック委員会に対して、ロンドンパラリンピックへの出場選手として中西を推薦。 2012年7月3日、日本パラリンピック委員会は全126名の日本代表選手団選手名簿を発表。 正式にロンドンパラリンピックの出場選手となる。 100m・200m・走り幅跳びに出場予定。 2012年6月7日、AFP()が東京発で、3月に発売したカレンダーの話題を配信し 、以降、シンガポール・インド・イギリスなど世界各国でWebニュースなどのメディアに取り上げられる。 パラリンピックロンドン大会での結果:• F44 走幅跳び 4m79 - 全参加12選手中予選突破8名、決勝参加8選手中8位• に、大分県のにてを務めている。 2013年3月8日、再開した自身のBlogで現役続行を表明。 2013年10月13日、第13回全国障害者スポーツ大会に出場(100m、走幅跳び)。 走幅跳びで自己ベストを更新し、の持つ日本記録を16cm上まわる5m18cmで優勝。 しかしこの大会では招致に絡み佐藤がクローズアップされていたため、優勝した中西に対して「空気読めよ!」と心ない声を浴びせる者もいた。 また日本記録についても、この大会は「障害者の社会復帰が目的」という理由でIPC公認大会ではなく、幻の新記録となった。 2014年9月7日、2014ジャパンパラ陸上競技大会に出場(100m、走幅跳び)。 100mはフライングで失格。 走幅跳びで自己ベストを更新し5m27cmで優勝。 IPC公認大会であり日本記録を公式に更新した。 なお、第一跳躍で5m3cmを跳びその時点で新記録であった。 また、2. 7mの追い風参考記録ながら第二跳躍では5m33cmを跳び会場をどよめかせた。 2016年4月9日、新日本製薬大分パラ陸上2016 に出場(100mは棄権、走幅跳び)。 走幅跳びで5m27の自己ベストを更新し5m48cmで優勝。 IPC公認大会であり自己の持つ日本記録を更新した。 2016年5月1日、第27回日本パラ陸上競技選手権大会 に出場(100m、走幅跳び)。 100mは13秒90。 走幅跳びで今季二度目となる自己ベスト更新。 5m51cmで優勝。 自己の持つアジア記録・日本記録を更新した。 パラリンピックリオデジャネイロ大会での結果:• F44 走幅跳び 5m42 - 4位 2018年10月9日-10日 ジャカルタ アジアパラ大会に出場 100m、走幅跳び。 9日走幅跳び 5m44で優勝。 10日 100m 14秒48。 2019年11月7日-15日 ドバイ 世界パラ陸上選手権大会に出場。 11日走幅跳び 5m37で優勝。 出場が内定した。 出演 [ ] ドラマ [ ]• 、2012年3月7日• ヘルスエンジェルス• 朝日新聞、2012年3月24日• 日本身体障害者陸上競技連盟• 日本障害者スポーツ協会• AFPBB News• Web Sportiva• スポーツナビ• オフィシャルブログ• presents -• 2014ジャパンパラ陸上競技大会• 新日本製薬大分パラ陸上2016• 第27回日本パラ陸上競技選手権大会兼リオ2016パラリンピック選手選考会• 東京新聞、2019年11月12日 外部リンク [ ]• (2011年6月 全5回) 二宮清純の視点,挑戦者たち• ・ ・ (2012年3月 全3回) いま、この人,デイリースポーツonline.

次の

中西麻耶の事故原因って?結婚や妊娠は?カレンダー画像がかわいい

中西 セミヌード

中西麻耶 なかにしまや のプロフィール・経歴 出典: 【名前】中西麻耶 なかにし まや 【生年月日】1985年6月3日 【正座】双子座 【出身地】大分県由布市庄内町 【血液型】A型 【身長】158cm 【体重】50kg 【出身高校】明豊高等学校 【ジャンル】走幅跳び 【活動期間】2007年に陸上デビュー 【所属】北海道ハイテクAC 2016年9月現在で31歳の中西麻耶選手。 大阪府大阪市で生まれ、大分由布市で育ちました。 中学時代に軟式のテニスを始めて、高校は地元の明豊高校に進学します。 この高校は大分では多くの有名スポーツ選手を輩出しているスポーツ校だそうです。 現在は走り幅跳びなどの陸上ですが、初めはテニスに打ち込んでいたのですね。 中西麻耶選手はこの軟式テニスでインターハイや国体に出場するほどの実力の持ち主だったようです。 2003年高校を卒業し、2008年に地元大分で開催される「チャレンジ!おおいた国体」を目標に日々軟式テニスの練習に励んでいました。 軟式テニスはプロがないので、この国体を最後に引退を考えていた中西麻耶選手。 しかし2006年の9月にある悲惨な事故が中西麻耶選手に襲い掛かることになります。 関連記事 同じリオパラリンピックでメダルを目指すかわいいアスリート辻紗絵選手のご紹介です! 中西麻耶の事故の原因は?鉄骨の落下によって足を切断? 出典: 2006年9月14日、軟式テニス国体代表を決める2日前に、大分建設現場で友人の建設現場の仕事を手伝っていた中西麻耶選手。 女性が建設現場というのは珍しく感じますが、中西麻耶選手は高校卒業後、「肉体労働ならトレーニングになる」と思い、塗装工になりました。 このときに重さ5トンもある鉄骨が崩れ落ちてきて、右足の膝下に落下するというアクシデントに見舞われます。 切断か接合か。 大きな事故ではありましたが、まだこのときは接合して時間をかけて神経をひとつひとつつないでリハビリする方法もありました。 しかし中西麻耶選手は「切断」を選びます。 理由はなんとしても軟式テニスの国体に出場したいという強い想いからでした。 「足を切断して義足になったほうが早く復帰できる」と思ったそうです。 普通ならなんとかして足をつなぎとめる方法を考えるものですが、中西麻耶選手は国体に出る方を最優先に考えて切断を選んだということであります。 もちろん両親をはじめ周りは猛反対でした。 それでも 「まったく迷いがなかった」というほど決意は固く、切断を行ったそうです。 本当にすごい覚悟ですよね。 切断か結合か、多くの人は迷いに迷って答えを出しそうなところを、中西麻耶選手の場合は自分の大事な価値観や想いというのを迷いなく貫いたということです。 手術中は下半身麻痺のみの状態だったので、 意識はあり頭の中は復帰のことでいっぱいだったそうです。 ただ現実はそう甘いものではありませんでした。 必死のリハビリをして半年ほどで義足で立ってプレーできる状態にはなったものの、義足でのテニスはそう簡単なことではないことがわかります。 テニスは左右前後に動きが必要なスポーツですので、中々思うように動けませんでした。 結局は軟式テニスを続けることを諦めることになります。 関連記事 同じスポーツ選手として日本に勇気と元気を与えてくれる、先日リオ五輪で見事金メダルを獲得した登坂絵莉選手のご紹介です! 臼井二美男との出会いで陸上の世界へ Sponsored Links 失意の中、インターネットで義足について調べているときに、陸上競技を始めるこきっかけになる運命の出会いをします。 その方はスポーツ義足制作の第一人者である臼井二美男さんでした。 出典: 臼井さんは中西麻耶選手のテニスへの情熱を知り、陸上競技で再起を図ってみないかと陸上への道を勧めました。 こうして中西麻耶選手は陸上競技を始めることになります。 実際に始めてみるとすぐに陸上の面白さにハマり、本格的にその道に取り組むことになりました。 陸上競技を始めてからはいきなり100メートルと200メートルの日本新記録を更新する大活躍を見せます。 2008年には国際A標準記録を突破して、北京五輪に出場し、100メートルで6位、200メートルで4位に入賞を果たします。 これらは陸上競技を始めてわずか1年半での記録でした。 才能と努力が結びついた結果だと思いますが、すごいの一言ですね。 その後、走り幅跳びにも挑戦し、2009年には見事日本新記録を打ち出します。 そうして2012年にはロンドン五輪では100メートルと200メートルでは予選突破ができませんでしたが、走り幅跳びでは8位入賞を果たしました。 ロンドン五輪後は一時は引退を考えましたが、周囲の後押しもあり現役を続行し、これからいよいよリオ五輪へと臨みます。 もちろんリオパラリンピックが控えていて、練習漬けの毎日なので彼氏どころではないのかもしれませんが、ご本人のツイッターでこんなつぶやきがございました。 速報!東京にて、カバン電車に忘れるもイケメンだけど結婚指輪はめた既婚者らしきお兄さんに拾って頂き救われる! おしい、私!! 出会いが早ければ!! — Maya Nakanishi MayaNakanishi これを見ると彼氏を欲しがっているように思えますね。 しかも結婚願望もありそうな感じも少し受けました。 陸上一筋でやっているので中々出会いが少ないのかもしれませんが、これだけ容姿が美しく、内面も磨いている中西麻耶選手ですので、いつの日か素敵な出会いが待っていることでしょう。 関連記事 同じスポーツ選手として日本に勇気と元気を与えてくれる、先日リオ五輪で見事金メダルを獲得したバドミントンのタカマツペアのかわいい松友美佐紀選手のご紹介です! 中西麻耶のフライデーとはセミヌードの未公開カレンダー画像? 出典: 中西麻耶選手を調べていると、「フライデー」というキーワードがでてくるのですが、これはいったい何のことでしょう? 実は中西麻耶選手は陸上選手として活動を行うための資金集めに、なんと「セミヌード」を行っていました。 そのセミヌードのカレンダー画像を販売しており、カレンダーの未公開ショットがフライデーにグラビアとして掲載されていたことから、「フライデー」というキーワードが中西麻耶選手に関わっていたということであります。 それではなんで陸上の活動をするのにそこまでして資金集めをしないといけないの?という疑問になりますよね。 日本ではパラリンピックの選手への支援が十分ではなく、中西麻耶選手は年間500万もの活動資金を捻出しなくていけない状態でありました。 大手のスポンサーがつけば話しは別ですが、思うようにはいかず、陸上の練習とアルバイトを寝る間も惜しんで行っておりました。 また海外遠征費などで借金も300万ほどあったそうです。 そこで、練習を続けていくためにはお金がどうしても必要だということから、これまで鍛えあげてきた肉体と障害のあるところを「セミヌード」として表現し販売して活動費にあてることにしました。 しかし、これが世間の大きな非難を浴びることになります。 「障害を売り物にするな。 日本人の恥だ」などの批判を受け、中西麻耶選手は一時はうつ状態に陥ったそうです。 これは難しい問題だと思います。 中西麻耶選手の決断もそれに対する非難というのもわかりますし、何が正しいというのもないですからね。 どうしても陸上活動を続けるためには仕方なかったという中西麻耶選手の想いは尊重してあげるべきかとは思いましたね。 そうして臨んだ2012年ロンドンオリンピックだったので、そのまま引退も考えたそうです。 それでも陸上競技への強い想いから苦しみながらも続けることを決め、2014年の女子走り幅跳びでは日本新記録とアジア新記録を更新し、見事に復活します。 その後2016年日本パラ陸上競技選手権の走り幅跳びで5メートル51の跳躍でさらに記録を更新しました。 そうしていよいよリオパラリンピックを迎えた中西麻耶選手。 中西麻耶選手のご両親とお兄さん、妹さんの5人家族です。 元々は家族全員大阪で暮らしていましたが、中西麻耶選手が8歳の時にお父さんが大阪での仕事を辞めて大分に移り住みました。 お父さんの職業は椎茸栽培で、その大分で20年以上従事しております。 お母さんは常に中西麻耶選手を側で支えている存在です。 お兄さんは東京に住んでおり、中西麻耶選手の事故のことは半年後に知らされたそうです。 その時の妹の事故が相当ショックだったのでしょうね。 中西麻耶選手の事故がきっかけでお兄さんは医者の道を目指し、医者となりました。 妹さんは現在結婚されていて、幸せな過程を築いているようです。 中西麻耶選手が事故をした当時は宮崎で学生をしておりましたが、週末になっては大分の病院へお見舞いへ行っていました。 宮崎から大分まで大変だったでしょうが、すごくお姉さん想いだというのがわかりますね。 こうやってみると、家族それぞれの温かい支えや思いやりがあるのがよく伝わってきます。 事故は大変悲惨なものでしたが、中西麻耶選手にはこんな素敵な家族がいてすごく心強かったでしょうね。 本当に素晴らしいご家族だと思います。 事故で足を切断するという悲劇に見舞われながらも前を向いて陸上に向き合い、これまで一生懸命にすすんできました。 リオパラリンピックではこれまでの努力をすべて出し切り、思い残すことのない走りで日本中に元気と勇気を与えてくれることだと思います。 そんな中西麻耶選手を日本からみんなで応援していきましょう! 中西麻耶選手のリオでの大活躍を期待しております。

次の