風邪 一晩で治す方法。 引き始めの風邪を一晩で治す方法

風邪を一晩で治す方法

風邪 一晩で治す方法

忙しい時に限って「あれ、風邪かも…」って、なんで起こるんだろ。 長引かせるわけにはいかない…! コスモポリタン イギリス版からの知恵を借りて、困ったときの参考にしてみよう。 AM8時:自己診断 仕事をやり通すか、休むか決めかねている? イギリスのの総合診療医、ジェイソン・ジョーンズ医師は次のように言っているわ。 「もし37. これらの症状は何らかの感染症と戦っている証拠。 無理をすれば悪化する恐れもあるし、寝込むのが長くなるだけかもしれません」 とりあえず、休んで1日で治すことに専念するのが賢い方法。 AM9時:1杯の飲み物 風邪と戦うにはまず水分を十分にとること。 「 オレンジジュースやビタミンCを含む飲み物をグラス1杯飲めば、免疫系が活性化されます」とジョーンズ医師。 「朝グラス1杯のを飲んだ場合は、その日のうちにあと8杯は飲むように。 水は毒素を洗い流してくれるし、熱っぽい時には汗で失った水分を補う必要がある」。 もしうっ血性の偏頭痛の場合には、水分不足だとさらに気分が悪くなることもあるらしいので要注意。 AM10時:風邪薬を飲む ひとりで闘えるなんて考えないように。 ジョーンズ医師によれば「風邪薬に含まれるアセトアミノフェンとイブプロフェンは熱を下げ水分が失われるのを防ぎ、風邪と戦うのを助けてくれます。 また免疫反応を引き起こして体がしっかり風邪に対抗できるようにしてくれます。 朝1錠、そして4時間後にもう1錠飲むと効果的」とのこと。 昼12時半:食欲がなくても。 お昼に栄養を再補充 「免疫系のビタミンを補充する必要があります」とジョーンズ医師。 鶏鍋を試してみるといいそう。 「鶏肉に含まれるタンパク質が免疫防御を立て直し、ネギが感染症と戦い、スープが毒素を洗い流します」。 あと間食にはバナナがいいみたい。 免疫を活性化させるカリウムが多く含まれてるとか。 午後3時:注意して昼寝 休みが必要でも 一日中寝てしまっては、夜眠れずに次の日に気分が悪くなってしまうだけ。 イギリスののアンジェラ・チャルマースさんによれば「もし疲れたようなら午後に軽くお昼寝をしてみて。 ただし長くても40分まで。 それ以上だと深い睡眠に入ってしまい、寝起きに調子が悪くなってしまうわ」とのこと。 午後5時:軽い運動(少しだけ) もしいけそうなら夕方に10分散歩してみましょう。 「早歩きすると体がより活発に働き、回復の助けになります」とジョーンズ医師。 角のお店まで行って返ってくるだけで十分。 Translation:.

次の

引き始めの風邪を一晩で治す方法

風邪 一晩で治す方法

風邪薬を飲んではいけない!? 飲んでいけないということではないのですが、風邪をひいている状態というのは、体に入ってきたウィルスに対して、 体は自ら発熱して「熱」で攻撃を仕掛けている最中なのです。 鼻水も、鼻に入ってきた異物を排出するために体が行っている自然な働きなのです。 にもかかわらず、この状態でかぜ薬を飲んでしまうと、体はウィルスに対して攻撃状態を強制的に休まされるのです。 薬に頼らず、カラダのパワーで治す 風邪薬は対症療法の薬ですから、症状は軽くなるのですが、長引くことも良くあるのです。 しっかりと自分の体のパワーを利用したいところです。 薬を飲まずに、体を温かくして出来るだけ長い時間眠ること。 ビタミンCを摂ること。 水道水でうがいをすること。 まずこれらを実行してみてください。 体を温めること 風邪をひいている状態は、もちろん体が冷えている状態で、免疫力も下がっている状態なのです。 ですから体を温めることは、風邪回復には必須条件です。 一つの方法は、下記で詳しく紹介していますが、 「しょうが湯」を飲むことはほんとに体を温めてくれますしお勧めの方法です。 もう一つは、 首の後ろ辺り(首よりやや下の背中辺りに「風門」という風邪に効くツボがあります)に使い捨てカイロを貼っておきます。 皮膚に直に貼って低温やけどする可能性もありますので、心配な方は、アンダーシャツの上から貼ったほうがいいですね。 かなり体が温まってスッキリしてきますよ! ビタミンCを1000mg 摂る ちょっと前まで私がやっていた方法ですが、 ビタミンCの錠剤を水に溶かして飲むのです。 特に寝る前とか、食後とかは関係ないように思います。 風邪をひきそうだなと思ったらすぐにやってみてください。 1000mgを目安にする 私はCマックスというビタミンCの錠剤を使っていましたが、特にメーカーにこだわることもありませんので、 1000mg位を目安に摂取してみてください。 もっと飲んでも大丈夫だと言われていますが、体の状態によっては下痢気味になる方もあるようですから、様子をみて調整することですね。 コップにいれてサッと溶けるビタミンCの錠剤の方が使いやすいと思います。 ビタミンCは大量に摂取しても、全部が吸収されるわけではなく、体が受け付けない分は尿に排出されるようになっています。 ビタミンCは弱った免疫力を回復してくれますよ。 風邪のときはもちろん、ストレスが多かったり、残業で疲れがたまったりしているときもビタミンCが不足していますので、気付いたときに摂取しておくとよいと思います。 睡眠時間を長くとる 風邪をひいたらずっと寝ていたくなるものですが、 しっかりと長い時間眠ることで、体の免疫力が回復してきます。 また、体を温かく保つことで、寝ている間に悪熱を発汗してくれます。 風邪をひいたかなと思ったら、その日はもうすぐに寝てしまうことです。 体を温かくして、がっつり布団をかぶって寝ます。 そのときに出来ればしょうが湯を飲んでみてください。 しょうが湯を飲んで寝る しょうが湯はすごく体が温まりますし、発汗作用もあります。 作り方も簡単ですのでぜひ試してみてください。 しょうがをすりおろして、さかづき一杯程度の汁を湯呑みに入れて、熱湯を注ぎあまり冷まさないで熱いうちに飲みきってしまうのです。 飲んだらすぐに寝ましょう。 汗が出たら、かなり体はスッキリします! スポンサーリンク かぜ予防にはうがい! 「うがい」で風邪予防ができるんかぁ!って声も聞こえてきそうですが、うがいの効果はバツグンです! 水道水で「うがい」が最も予防効果あり! 私は毎日帰宅後、しっかり手を洗って、必ずうがいをします。 うがいの液体は「水道水」です。 塩や、イソジンなど全く入れない「水道水」がいいのです。 もちろんミネラルウォーターもダメですよ。 うがい薬も使いません。 薬によって免疫の働きを悪くすることもあるからです。 水道水に含まれている程度の塩素が殺菌作用として、のどを清浄化することに役立ってくれるのです。 この方法は10年以上やっていますし、この方法が正しいということもちゃんと実証されています。 京都大学保健管理センターの川村孝教授らの研究グループが、水道水やうがい薬をつかってうがいをした場合の風邪の発症率を調査し、 「水道水」でうがいをすることが風邪予防に最も効果があることが分かっているのです。 熱を下げる方法 からだを内側から温めて悪熱を発汗できればいいのですが、熱が高くなっている場合は、しょうが湯などでさら温めることをしないで、 動脈が通っている首や、わきの下、足首などを冷やすようにしましょう。 マフラーでもなんでもいいですからとにかく温めましょう。 「風邪に効く飲み物」をご参照ください。 筋肉を付ける 風邪をひいてしまったら、筋トレしてる場合ではありませんが・・・ 普段から、ある程度の筋肉を付けておくことで、体の免疫力を上げることが出来ます。 また 筋肉量が多い人は、平熱が高い傾向があります。 日本人の平熱の平均は36. 平熱が高いということは、免疫力が高いということで、風邪もひきにくくなるようです。 また、体温を上げておく方法として、朝起きたらコップ一杯のお湯を飲むことです。 体を温めることで、体が活動状態に変わるのが早くなります。 風邪を一晩で治すために 風邪のひき始めには特に、上記に説明してきたことが有効です。 体を温かくして眠ると、発汗して体内の水分が足りなくなってきますから、ベッドの横に 「スポーツドリンク」や「経口補水液」を置いてちょくちょく飲むようにしましょう。 これらのドリンクの浸透圧が体液に近いため吸収されやすいのです。 まとめ 参考• 風邪をひきそうな感じがしたときに すぐ対処することが大切です。 風邪の初期症状なら、上記の方法も有効に働くことが多いはずです。 すごく高熱が出てしまったら、風邪を一晩で治すなどと考えずに、もちろん病院に行って下さいね。 でも詳しく解説していますのでぜひお読みいただければと思います。

次の

風邪を一晩で治す方法

風邪 一晩で治す方法

もくじ• 風邪を早く治すための食事・飲み物 鼻粘膜を強化!ネバネバ系の食べ物 風邪といえば、鼻水の症状が出ますが、鼻水は病原体を洗い流し、奥に入れないように働いてくれています。 風邪になってしまってからも鼻粘膜に良い食事を摂ることで、鼻の粘膜の機能が正常に働き、強化することができます。 おすすめは「 ムチン」です。 もともと、人の鼻粘膜(目や口粘膜にも)に存在しており、湿り気を帯びるように働いている成分です。 里芋やなめこ、 オクラ、 納豆などに含まれています。 おかゆなどに細かく刻んで、入れたり、スープに入れたりして摂りましょう。 緑黄色野菜やフルーツでビタミン・ミネラル補給 皮膚粘膜を強化、免疫力をアップさせてくれるビタミンAは、 卵や 緑黄色野菜に豊富です。 人参や ほうれん草、 かぼちゃなども食べてください。 また、 フルーツには、ビタミンやミネラルなど風邪で消耗しやすい栄養素が多く含まれています。 風邪のときに食べると良いでしょう。 体を冷やすイメージがあるフルーツですが、かき氷や氷水のようなものでなければ、食べ物で急に体が冷えるということはないので、風邪のときに食べても大丈夫です。 飲み物はビタミンC含有のもの ビタミンCの摂取ができる、 レモネードが風邪の時にはおすすめです。 ホットで飲めば体も温まります。 ビタミンCは、体の免疫力である白血球の働きを高めてくれます。 また、抗酸化の働きがあり、風邪予防にもぴったりです。 即効性の期待できる市販薬の選び方 市販薬の選び方 風邪は、多くの症状が現れます。 しかし、結局は、風邪自体を治療することはできません。 自分の 免疫力でウイルスを撃退する必要があるのです。 辛い症状があると食事が取れない場合もあり、そのような時には、 咳や鼻水などの症状を個別で緩和してくれるものを選ぶと良いでしょう。 また、市販薬は、一概に価格が高い方が良いとは言い切れません。 後発品であったり、容量の違いであったり、様々な要因で価格が決められています。 どの市販薬にすれば良いのかと悩む場合は、薬剤師に相談しましょう。 漢方薬は? 漢方薬も様々あり、風邪のひき始めに良いもの( 葛根湯)や長引く風邪の時に飲むと良いタイプ( 竹茹温胆湯、 柴胡桂枝湯など)などがあります。 漢方薬と他の薬の併用 漢方薬は、薬です。 他の薬と同様に 併用しての使用はお勧めできません。 併用の場合は、事前に薬剤師、医師に相談して確認してください。 風邪を早く治すためにお風呂はOK? 汗をかくためにと、風邪の時に入浴する人がいますが、熱があるときやふらつく際には、入浴で立ちくらみや貧血を起こす場合も多いので、無理をするのはやめましょう。 普段、貧血症状がない人も、発熱により症状が出る可能性があります。 しかし、身体を清潔に保つためにも、昔言われていたように「 風邪だとお風呂に入ってはいけない」という事はありません。 ただし、 入浴やシャワーは短めにして、脱水、血圧低下などには注意してください。

次の