神戸 甲 北 高校 ホームページ。 神戸甲北高校(兵庫県)の情報(偏差値・口コミなど)

楠高等学校

神戸 甲 北 高校 ホームページ

生徒の皆さんへ 臨時休業が今月末まで、延長されています。 生徒の皆さんが規則正しい生活を維持され、来るべき楠高校再開の日に元気に登校されることを 楠高校職員一同、切に希望しています。 さて、本日、各学年より、郵送で家庭学習教材(在校生専用サイトID・パスワード含む)が送付されます。 それぞれの学年の説明に従って、計画的に学習をすすめてください。 なお、 在校生専用サイトID・パスワードのプリントを見ながら、 このHPの右上にある「 在校生専用サイト」をクリックして次の画面で、 ID・パスワードを入れてください。 正式運用は18日からとしていましたが、郵便が届き次第、オンライン動画も使えるようにしました。 ご活用ください。 それでは、生徒の皆さんとお会いできる日を職員一同、楽しみにしています。 09:19 投票数 0 楠高校ホームページの右下の Linksの欄に、「子供の学び応援サイト」(文部科学省)というものがあります。 この中に、高等学校のページがあり、各教科学習する上で役立つものがあります。 小・中学校の内容もあるので、この機会に復習したい人はこちらも活用してみてください。 その中の は 、授業を受けているような感覚で気軽に視聴することができます。 過去の放送分も見ることができるので、参考になると思います。 NHK 高校講座はテレビで時間曜日を決めて放送しているので、役立ちそうな番組をあわせて活用すると、学校再開後にも学力向上に役立つと思います。 皆さんの学ぶ意欲向上につながればと思い、お知らせいたします。 20:01 投票数 0 在校生の皆さんへ コロナ感染防止の観点から、4月6日(月)にホームページを更新しましたが、本日、変更がありました。 確認してください。 ・次回登校日(個別面談) 新4年 4月10日(金) 18 :30~19 :20 の間に登校 新3年 4月10日(金) 17 :30~18 :20 の間に登校 新2年 4月13日(月) 17 :30~ (新2年生については、3・4年生と登校日が違いますのでご注意ください。 ) 各学年、この日は教科書配布等を行いますので、 カバンを持参してください。 各クラスの教室前で、新クラスを確認の上、新しいクラスに入ってください。 *今後も変更があり得ますので、随時 ホームページをご確認ください。 *部活動は、この間、実施しません。 *感染予防のため、登下校時・校内において、マスクの着用を心がけましょう。 12:00 投票数 4 【重要】新型コロナウィルス感染症対策のための対応について( 4 月 8日午後 5時現在 ) 新入生の皆さんへ 4 月 9日(木)入学時説明会について、下記の通り決定いたしましたので、お知らせいたします。 入学時説明会:中止とします。 ただし、個別面談を行いますので、下記の受検番号別登校時間に登校してください。 受検番号別登校時間 受検番号: 1~ 16 17:30~ 17:50 17~ 33 18:00~ 18:20 34~ 41、 201~ 204、 301、 302 18:30~ 18:50 本校講堂まで、保護者同伴 保護者1名のみ で、登校してください。 玄関および講堂入口で、クラス発表を行います。 各クラスのブースにわかれてください。 その際、入学式に提出を予定していた提出物を、すべてお持ちください。 ただし、当日は ・通学証明書は発行しません。 ・在学証明書が必要な方は、用紙をお持ちください。 17:00 投票数 0.

次の

楠高等学校

神戸 甲 北 高校 ホームページ

25 とを更新。 22 と、を更新。 16 (2学期分)を更新。 15 にPTAからのお知らせを掲載。 9 とを更新。 1 に「北高だより」を掲載。 を更新。 29 (2学期分)を更新。 26 と、を更新。 20 を更新。 19 部活動のを更新。 18 に「北高だより」を掲載。 11 と、を更新。 8 部活動の、、を更新。 7 部活動にを追加。 1 とを更新。 22, 23, 27 とを更新。 16 とを更新。 を更新。 9 を更新。 8 とを更新。 5 を更新。 3 緊急のお知らせをに掲載。 2 を更新。 1 緊急のお知らせをに掲載。 令和元年度の更新の記録は、。 兵庫県立神戸北高等学校は、1973年創立、全日制普通科の高校です。 本校は兵庫県教育委員会の ひょうご学力向上サポート事業 および 心のサポート事業 の研究指定校となっています。 交流が深い近隣の神戸市立学校園.

次の

兵庫県立神戸高等学校

神戸 甲 北 高校 ホームページ

単位は 2 単位(週 2 時間)。 当初の選択生徒はほとんどが運動部所属の者で、進路として体育系(教員、スポーツイ ンストラクター) を考えている者、理学療法士を目指す者、単にスポーツ・運動等に興 味のある者などで、おおよそ 20 名程度 の選択者ではじまった。 以後概ね 20 名前後で推 移した。 ・神戸甲北高校:総合学科は全国の総合学科のパイオニア的存在であり、普通科から総合 学科への編成替えに あたっては当時の先生方の苦労は並大抵のものではなかった。 ・体育科も、「運動障害救急法」「野外活動」そして「体育理論」の 3 講座をほぼ同時に 開講し、「体育理 論」は私が担当することとなった。 (以後 他校へ異動するまでの数年 間を担当した。 自転車操業ながらも、これまでの保健体育の授業とは切り口を変えた理論編及び実技編として工夫せざるを得なかった。 しかし教師側にそれほどの知識も力量もなく、前掲した「教室でする体育」にみられるような、体育・スポーツを通して社会の流れや仕組みを考えさせる授業には程遠く、ここで紹介していく教材も受け売りの薄っぺらなものである。 そして必ずその成果報告が義務付けられる。 内容不十分ながら研修会で発表という形となる。 県の体育研究会での授業報告という形で発表はしたが、ここでは内容的に時代遅れとなったものもあり、全てを掲載することは控えたい。 「スポーツ概論」「演習体育」「生涯体育」「スポーツA」などの名称をつけている。 上記授業への参考になりうるなら幸いです。

次の