結城 アンナ コーデ。 結城アンナのファッションブランドピファティル!靴がおしゃれ通販!

【世田谷】岩城滉一&結城アンナ夫婦のオシャレでリッチな豪邸【画像あり】

結城 アンナ コーデ

写真は「素敵なあの人」(宝島社)2020年4月号 グリーンとピンクとブルーを合わせた大胆なコーディネートや、柄の入ったロングのタイトスカートとスニーカー、デニム素材のスカートとジャケットなど、春らしく軽やかな印象を与える着こなしが参考になる(p. 18)。 特集は、「60代が素敵に輝く着こなしの教科書」。 あか抜けて見えるシャツの襟の作り方やコートの紐の結び方、スカーフの結び方など、手持ちのアイテムをちょっとした技で素敵に変身させられるノウハウが書かれている(p. 24)。 付録は2つある。 一つはゴールドの水玉模様が珍しいドレッサーボックス。 サイズは約高さ16センチ、幅17センチ、奥行16センチ。 基礎化粧品からメイクアイテムまで全部入るくらいの大きさで、持ち手があるから明るい場所へ移動してメイクができる。 以下の2枚の写真は、「素敵なあの人」(宝島社)2020年4月号の付録ドレッサーボックス。

次の

結城アンナさんが提案する春のコーディネート「4月のおしゃれ計画」 『「素敵なあの人」2020年4月号』

結城 アンナ コーデ

玄関からすごいスロープ。 これは紛れもない豪邸。 それも世田谷区の高級住宅街にある豪邸です。 奥さまの結城アンナがお出迎え。 スタッフ:めちゃくちゃ玄関でかいですね。 結城アンナ:そう? 結城アンナ:どうぞ。 結城アンナ62歳は スウェーデンで生まれ育ち15歳で日本へ。 ハーフモデルの草分け的存在で16歳で出会ったのが 今のご主人・岩城滉一です。 今年で結婚生活42年となります。 リビングは30帖。 フット後藤:めちゃくちゃ広いなぁ そしてスタッフが見つけた! 「ご主人・・・。 」 恐る恐るご挨拶。 スタッフ:おはようございます。 すみません、お邪魔してしまって。 岩城滉一:大丈夫ですよ。 スタッフ:普段はよくここにおふたりで? 岩城滉一:オレは普段家にいるときはだいたいここにいるよ。 真冬でもダウン着て座ってる。 ベランダでコーヒーを楽しむのが2人の日課。 そして結城アンナはこのアイランドキッチンで一日のほとんどを過ごすといいます。 結城アンナは食のこだわりがあり、なんでも自分でつくります。 今朝はサラダとスープ。 ドレッシングも手作りです。 結城アンナ:食事から栄養を摂り、食事から元気になろうという考え方。 ここでお電話。 「世界一美味しいスープ作ったんだけどちょっと寄らない?」 「行く」とやって来たのは 徒歩圏内のご近所さん RIKACOでした。 フット後藤:出た!おしゃれな家におしゃれな人来た! 20年来の親友だという2人。 結城アンナの小麦粉・砂糖を使わないグルテンフリーなお手製ケーキは絶品。 RIKACO:これホール1万円いけるよ。 一日限定10個にして。 一日10万円稼げる。 オーガニックな食卓がなんだか生々しい話になっていました。 追記: 『ダウンタウンなう』では岩城邸の間取りと禁断の地下室も明らかになっています。 地上3階&地下1階の150坪の豪邸。 玄関から大パノラマのリビングは 暖炉付きの 30帖。 和室とつながっているのでより広く感じます。 謙遜しますが 手入れが行き届いた庭は23坪。 「芸能人ってこんなにも儲かるものなんですね?」と松本人志がしみじみ。 土地だけでも4億円はするそう。 そして禁断の地下室へ向かいます。 ただならぬ雰囲気がしますね。 車、バイクがずらっと並べてあります。 いずれも高級車。 青のベントレーは3000万円、ベンツ1000万円、ジープ1000万円ほどするそうです。 駐車スペースの隣は 闇カジノ! ではなく、 カウンターバー15帖。 他に高級バイクが8台。 こちらのバイクは700万円。 バイク関係のコレクションが並びます。 プロゴルファー古閑美保のお父さんからもらったという真っ赤な甲冑もありました。 そして地下の地下。 ここは資料保管&衣装部屋で10帖あります。 巨大スクリーン&プロジェクター完備。 高級時計や ゴルフクラブ、 ボクシンググッズもあり 総額数億円のコレクションとなっていました。 「芸能人ってこんなにも儲かるものなんですね?」と率直に思います。

次の

60代女性必見!人気のおすすめファッションブランド一覧

結城 アンナ コーデ

大学生の岩城さんと16歳だったアンナさんの出会い お互いを"ママ"、"ダディ"と呼び合う二人には、愛娘が一人。 現在はアメリカ暮らしをしているそうで、「家の中、2人しかいないんだっていう寂しさっていうか、仲良く一緒にいたい気持ちが凄く強くなった」と話す岩城さんは「前とは、全然感覚が違う。 いないっていうことが考えられない」と娘の独り立ちにより夫婦の関係がより深いものになったと言います。 一方で「自分の時間が出来る様になった」とも話すアンナさんは、60歳でモデルの仕事を再開。 日本初の60代女性をターゲットにした雑誌で活躍しています。 「40年近いブランクがあってどうするのかと思ったけど、そのままでいいと。 普通の60歳が普通の白髪で普通のシワで。 そこを見て皆さんが安心するし、歳を取ることは恥ずかしいことでもなければ怖いことでもない、楽しいことたくさんあるから!ということを雑誌に入れてやりましょうと言われた」と語ると「お互いに好きなことをやった方が良い」と提唱しました。 そんな2人の出会いは、岩城さんが大学生、アンナさんが16歳の時。 日本人の父とスウェーデン人の母の間に生まれたアンナさんは日本語に不慣れだったそうですが、岩城さんは「目に入れても痛くないくらい可愛いと思った」と当時を回顧。 5〜6年後には、お互いを意識し合うようになったといいます。 しかし「僕は日本語以外ダメ。 その日本語も危うい位だから、ちゃんとコミュニケーション取れてないと思う」と話す岩城さん。 「でも、それが良かった。... 僕がどの程度悪いことしてるかわかってない」と言うと、アンナさんも「字も読めなかったんで週刊誌に何か書いてあってもわからない」とスタジオに笑いを起こしました。 離婚危機、母の介護... おしどり夫婦が歩んだ軌跡 おしどり夫婦として知られる二人ですが、性格はまるで違うといいます。 活動的で危ないことが大好きな岩城さんに対し、「できれば家からあまり出たくない。 危ないこと大嫌い」と話すアンナさん。 「でも、そこの違いが良かったのかなと」と言い、互いが知らなかった世界を面白く感じたことが距離を縮めたと話しました。 結婚当初については「貧乏してた。 でも、なんかとっても楽しかった」と言い、「お金がないと言うと、どっかから持ってくるんです。 お米がない、お醤油がないと言ったらパパ、パチンコ行っておいでって言うといっぱい持って帰ってくるんです(笑)」と振り返るアンナさん。 「彼女がお金がない、何がないって言ったらそれを用意するのが僕の仕事。 食えないなんてことはありえない。 それは死守しないと」と言う岩城さんについて「やることはめちゃくちゃなんですけど、一本線が通ってるんです」とコメントしました。 その後、サワコから「離婚の危機を迎えたことは?」と聞かれると、「何回か離婚しようって私から言い出して」と危機があったことをアンナさんが告白。 "今お金ないから待ってね"と言われたというと、「僕は離婚したいって言ったらどうぞって言う。 ただ、お金がないと俺がいないのにお前生きていかれんのか?てのが心配なわけ。 だから財産が出来るまでは待ちなさい。 それ全部あなたにあげるから」と岩城さんに言われ納得。 「いいよと言われたらしたくなくなっちゃった」と明かしました。 また、二人は認知症を患ったアンナさんの母を引き取り6年間自宅介護を経験。 「大変な時は大変でしたよ。 でも、結構楽しかった。 真夜中は賑やかで... 」と二人流の介護経験を語ってくれました。 「サワコの朝」はインタビューの達人・阿川佐和子が土曜の朝に素敵なゲストを迎えて送るトーク番組です。 ゲストの心に残る音楽と秘蔵トークをお楽しみに! MBS動画イズムで無料見逃し配信中! 「サワコの朝」では無料見逃し配信を実施しています!.

次の