こはね 名前。 女の子の名前 胡羽 こはね 15画(9画

芸能人・有名人の子供の名前一覧。変わった名前やキラキラネームも。

こはね 名前

桃色のロングヘアとが特徴。 チア時は髪をまとめてにしている。 身長は151cmと、メンバーの中では一番小柄。 性格 困っている人を放っておけない、優しい心の持ち主。 しかし、自分の身を顧みずに突っ走るので、中学まではよくケガをして宇希の厄介になっていた。 高校でチアを始めてからはそういうケガは無くなったが、人助け好きは健在。 非常にポジティブでチャレンジ精神が強く、人の力になりたいという思いも相まって、行動力はとても高い。 頭と体が追いつかずに失敗することも多いが、めげない芯の強さも持ち合わせている。 常に笑顔を絶やさない、チア部の精神的支柱。 その反面、皆に笑顔でいて欲しい故に、無理して笑っていることも少なくない。 半ば使命のように笑い続ける背景には、幼い頃の思い出が関係しているようで…?(後術) 意外とものが好きな様で、チア部が5人になった時にメンバーカラーを決めようとしたり、皆が試着したカラフルなユニフォームに興奮してポーズをとったりしていた。 スペック 公式に明言されている通り、運動神経は良くない。 体力テストはひづめ曰く「散々な結果」であり、合宿のランニングでも虎徹と共に置いてきぼりにされるシーンがあった。 しかし、応援したい気持ち チアパワーと呼んでいる が高まると、普段以上の力が出せることもある。 学業の成績は下の中とされており、実力テストは追試を受ける羽目になった。 日常的な知能も低めに描かれており、虎徹の「頭が」発言に全員同意されている。 実はで、机の上に立つのがやっとな程である。 理由についてこはねは「幼い頃に高い所から飛び降りて大怪我をし、そのせいで周りを悲しませてしまったと考えていたら、高い所自体が怖くなった」と語っている。 ちなみに飛び降りた動機は 風が強くて飛べると思ったから。 実際ちょっと飛んだらしい。 …それ落ちてんだよ にも一抹の不安を抱いていたが、皆が支えてくれることに気づき、「高い所から落ちて周りの人を悲しませるのが怖い」という思いは少しずつ克服できている様子。 ダブルベースサイスタンドの成功後は、机の上で こはねとチア 中学の終わりに通りかかった河川敷で行われていたチアを見て以来、「人の力になれるスポーツ」として夢中になっていく。 人を応援することが好きな彼女にとって、運命の出会いであったと言えるだろう。 こはねのチアの定義はかなり広く、スポーツから恋愛まで、なにかとチアに結びつけては奔走している。 チア部の顧問獲得の為に、苦手な勉強をガチったことも。 経験を重ねる内にチアへの見方が変わりつつあり、応援した人達が全力で取り組む姿を見て、チアにもっと向き合いたい、競技としてのチアをもっと高めたいと「自分の為にするチア」を考える様になった。 スタンツのポジションは。 前述の高所恐怖症乗り越え、成長する姿が見える。 一度だけ宇希がトップに上がる事となり、その際はスタンツから外れ、 謎の応援 アニメ1話のアレ を脇で繰り広げた。 彼女が常に笑顔を絶やさない理由は、彼女の過去の体験と祖母の言葉にあった。 3、4歳の頃に今の町に引っ越してきたこはねは、当初は引っ込み思案でなかなか友達ができなかった。 ある日、その事を祖母に相談すると、優しくこう教えてくれた。 「一緒に遊ぼうって言えばいいのよ」 「それとあとはニッコリ笑顔!」 「人の心は鏡みたいなものなの こはねちゃんが笑顔でいたら みんなも笑顔になれるのよ」 この言葉のおかげでこはねは友達と遊べるようになり、祖母の教えはこはねの胸に深く刻まれることとなった。 それを守り続けた結果が、今の笑顔の絶えないこはねなのである。 この事を踏まえて本人は、笑っているのは結局自分の為だと恥じていたが、宇希達は「誰でも利己的になる部分はある」とこはねを励ました。 肩の荷が降りた事で、彼女はより一層皆に笑顔を振り撒き、応援し続けることだろう。 関連イラスト.

次の

鳩谷こはね (はとやこはね)とは【ピクシブ百科事典】

こはね 名前

「つらければ泣けばいい 悔しければ悔しがればいい 私たちにまで気を使わなくていいんだぞ」 プロフィール 誕生日 血液型 O型 身長 160cm 好きな食べ物 レモン味のもの、 好きな色 ミントグリーン 好きなもの 可愛いもの ファンシーグッズとか 、 CV 概要 主人公・の幼馴染。 こはねとと共に神ノ木高校チア同好会立ち上げの初期メンバーとなる。 また、弟・がいる。 こはねのチアに憧れる姿を見て陰から支えるつもりだったが、いつの間にかチア同好会に入らされてしまう。 無鉄砲なこはねを心配する向きがあるが、案外甘く見る一面も。 名前の由来は「猿」と猿の鳴き声の「ウキー」。 外見 のミディアムロングに。 チア時は後ろで結ぶ。 身長は160cmで、ひづめの次に高い。 をお持ち。 性格 あのこはねをずっと支えてきただけあって、かなり面倒見がいい。 あらぬ方向に走りがちなチア部のメンバーをフォローしている。 また、付き合いの長さ と愛の深さ から、こはねの悩みや考えていることを的確に見極めることができる。 彼女のぶっ飛んだ発言も瞬時に翻訳できるが、早過ぎて結局周りは置いていかれる。 初期ではこはねに対して節が見え隠れしている程度であったが、話が進むにつれて自重しなくなっている。 ちなみに、 家にこはねの生後すぐから今までを完全網羅したアルバムがある。 サバサバした印象を受けるが、かわいいものが大好き 恥ずかしいからか秘密にしている。 幽霊が苦手だと言っていたが、本当は好きなことが発覚。 でもこはねが一番好き。 意外と嫉妬深い一面があり、こはねの練習着がひづめのお下がりだと知った時は内心メラメラだった。 姉属性持ちで、初対面のありすに「姉ちゃ…私達もがんばるからな!」と胸キュンしていた。 …だと思った人から前に出なさい。 スペック チア初心者にも関わらず、ひづめや花和に劣らない運動能力を持つ。 サッカーの前半戦を応援しきった後のダンスも危なげ無くこなしていた。 成績は中の上で、まあまあといった所。 手縫いでユニフォームを作ったことから、裁縫スキルもなかなかのものである。 こはね達にも同じ事が言えるが 宇希とチア こはねがチアを始めることには賛同していたが、宇希自身はする気は無かった。 だが、二人の熱烈な説得と実際に見たひづめのチアに感銘を受けて入部。 三人でチア同好会を結成する。 スタンツのポジションは。 ショルダーストラドルではになるが、 こはねの足の間に頭を入れて、足を自分の体に固定されるというヤバい立ち位置。 ありがとうございます。 一度だけ暁音のチームメイト 小学生 にからかわれた勢いでトップを担当。 ひづめのベースでショルダーストラドルを披露した。 「こはね自身も気付けたし周りにみんないるし… お目付け役はお役御免…かな」 こはねの幼なじみ、引いては想い人として、半ば無理矢理頑張るこはねをずっと見守り続けてきた宇希。 1年間チア部の仲間に囲まれて成長し、誰かに頼ることを覚えたこはねを見て、もう自分が見ている必要は無いのかもしれないと寂しさを感じていた。 しかし… こはね 「ふつつかものですがこれからもよろしくっ」 …幻聴かな? 「宇希っていつも私のこと見ててくれるよね 昔も今も一番に声かけてくれるのは宇希だから だから私がまた無理しないよう見ててほしいんだ」 まさかの、本人直々のお目付け役任命。 こはねからのお願いに、決意を新たにした宇希。 今日も宇希は、こはねを隣で見守っています。 余談 引き続きネタバレ注意 こはねの過去が明らかになった事によって、「宇希がこはねの生後すぐの写真を持っているのはおかしいのでは?」という疑問が勃発。 最終的には、によって「宇希がPCで自作した」ことになった。 ここまでくるともはや。 関連イラスト.

次の

DQName:名前:虹羽(こはね)

こはね 名前

名前:小羽(こはね) | | 読み方テスト | | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ (漢字) (読み) こはね kohane (性別) 女 (メモ) ・ 極楽とんぼの加藤・・・キライじゃないけど、小羽にはオソレイッタよ。 ・ 変だよね。 呼びにくいし・・。 ・ なんかゴロも悪いし、呼びにくいし、かわいいって思えないし…どうゆう由来があるんでしょうかねぇ? ・ なんで「吹けば飛ぶような」モノの名前つけるかねぇ。 ・ なんとなく小バエを連想してしまうよウワァァァァァァン!!! ・ 生まれた時に降ってた雪が羽が舞ってるように見えたから、というのが由来だと言ってたと思ふ。 舞羽で「まいうー」にするよりはマシだとオモタけど・・・。 ・ 正直かわいいと思ってしまった。 奥さん美人だし、似りゃ美人に育つんじゃない? 実際赤ちゃんの段階でも、結構かわいかったしね。 ぶっちゃけ少々香ばしい名でも、それに見合った美少女・美少年なら自分は許せる。 でもどれだけかわいくても、純日本人な顔での欧米ネームは許せない。 その子が産まれた日に雪が降ってて、それが白い羽に見えたから小羽にしたって話だった気がする。 可愛く育ってね。

次の