出前 消費 税。 <消費税>軽減税率がやってくる 〜出前とケータリングとワゴン販売と〜

【消費税】簡易課税の事業区分(2)飲食業

出前 消費 税

出前とケータリング 2019年10月1日から、 消費税の税率が10%になります。 それに伴って、 生活必需品である飲食料品その他については 8%の軽減税率が適用されます。 で、よく話題になるのは コンビニやファーストフードでの テイクアウトかイートインかで 税率がことなる、という問題。 テイクアウトは8%で イートインは10%です。 もっと複雑な例でいうと 出前は8%でケータリングは10%。 同じ食事の提供でありながら このちがいはどこにあるかというと 「飲食料品の譲渡」なのか 「食事の提供」なのか、 にあります。 「飲食料品の譲渡」は8%で 「食事の提供」は10%です。 飲食料品の譲渡 消費税の世界では 「資産の同一性を保持しつつ、他人に移転させること」 を資産の譲渡としています。 したがって、テイクアウトでの購入は 「飲食料品の譲渡」に該当します。 出前についても、 完成したものを届けるだけですので 「飲食料品の譲渡」になります。 飲食料品の提供 消費税の世界では 「あらゆるサービスについて対価を得て行う行為」を 役務の提供(サービスの提供)としています。 このサービスの中にはもちろん 飲食サービスも含まれます。 こうした「食事の提供」は 「飲食料品の譲渡」とは区別され、 軽減税率の適用対象から外れます。 イートインも食事する場所を提供することから 「食事の提供」に該当します。 ケータリングは、食材を現地に運んで調理し、 提供するサービスで「食事の提供」となります。 ですので、軽減税率の適用対象外となり、 10%が上乗せされます。 列車内でのワゴン販売など 新幹線や特急列車内でのワゴンサービスは 「飲食料品の譲渡」で8%です。 が、食堂車において食事を提供するサービスは 「食事の提供」で10%です。 最後に 飲食料品についての 軽減税率の適用か否かは 「譲渡」か「提供」かに 起因します。 この点に着目して読んでいくと 整合性は取れているルールです。 軽減税率そのものの良し悪しは別として。 検討した結果、Pixel3にしてGoogleに発注。 シンガポールから届きました。 でさっそくSIMを入れ替えて設定。 APNの設定もおわり、無事に移行しました。 Pixel3には前の機種からのデータ移行を 容易に行えるアダプタも付属していて とても簡単に移行できました。 さっそく昨日からPixel3のカメラを テストしています。 よく撮れます。 コンデジ要らずになりそう。

次の

消費税について

出前 消費 税

デリバリー(出前や宅配)は軽減税率が適用される 先に結論を言っておくと、 自宅に飲食物届けてくれるデリバリー(出前や宅配)には、軽減税率8%が適用されます。 例えば、• うどん・そば、寿司、うなぎの出前• 宅配ピザ、宅配弁当• 牛乳配達• コープ・生協、ネットスーパーの宅配 などのケースが該当します。 国税庁のホームページでは、デリバリー(出前や宅配)の軽減税率について、次のように回答されています。 Q、そばの出前、宅配ピザの配達は、軽減税率の適用対象となりますか。 (注) 顧客の指定した場所まで単に飲食料品を届けることは、「食事の提供」には該当せず、また、いわゆる「ケータリング、出張料理」にも該当しません。 出典:国税庁 ここで言う「飲食料品」とは、人の飲用または食用に提供されるものをいいます。 顧客の指定した場所に飲食料品を届ける場合は、軽減税率8%が適用されます。 軽減税率を適用してデリバリー(出前・宅配)したい場合は、配達先で「盛り付け」など、役務の提供がないことが条件となります。 酒税法に規定する酒類は、軽減税率の対象から外れており、宅配で自宅に届けられるビールも例外ではありません。 ノンアルコールビールは、酒税法に規定する酒類に該当しないため、軽減税率8%が適用されます。 軽減税率が適用されるのは、あくまでも「飲食料品」についてです。 ウォーターサーバーのレンタルは、「資産の貸付け」に該当するため、軽減税率は適用されません。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 デリバリー(出前や宅配)については、酒類の提供を除いて、基本的には軽減税率8%が適用されることになります。 店内で料理を提供した場合と消費税率が変わってくるので、と合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の

【消費税】簡易課税の事業区分(2)飲食業

出前 消費 税

出前は軽減税率の適用範囲 そばの出前や宅配ピザの配達は、顧客の指定した場所まで単に飲食料品を届けるだけであるため、「飲食料品の譲渡」に該当し、 軽減税率8%が適用されます。 【参考】 国税庁HP:消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編) 問77(出前の適用税率) そばの出前、宅配ピザの配達は、軽減税率の適用対象となりますか。 (注) 顧客の指定した場所まで単に飲食料品を届けることは、「食事の提供」には該当せず、また、いわゆる「ケータリング、出張料理」にも該当しません。 出前にかかる送料に注意! 「飲食料品の譲渡」に要する送料は、飲食料品の譲渡の対価ではないため、軽減税率8%の対象とはなりません。 ただし、「送料込み商品」の販売など、別途送料を求めない場合、その商品が「飲食料品」に該当するのであれば、軽減税率8%の対象となります。 送料(手数料)込みの販売となっているか否かは、個々の商品・各企業によって対応が異なるため、注文時にどのような対応が執られているか確認してみてもいいでしょう。 ちなみに、自動販売機でのジュースなどの販売は軽減税率8%の対象ですが、自動販売機の設置者が、販売数量や売上高に応じて飲料メーカーから受け取るお金は、「手数料」であるため、標準税率10%の対象となります。 「飲食料品の譲渡」は軽減税率8%の対象ですが、その周辺の取引やお金も軽減税率8%の対象になるとは限らないことに注意が必要です。 【参考】 国税庁HP:消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編) 問39(飲食料品の譲渡に要する送料) 当社は、取引先からコーヒーの生豆の支給を受け、焙煎等の加工を行っています。 当社の行う加工は、軽減税率の適用対象となりますか。 【平成 30 年1月追加】 【答】 飲食料品の譲渡に要する送料は、飲食料品の譲渡の対価ではありませんので、軽減税率の適用対象となりません。 問43(自動販売機の手数料) 当社は、清涼飲料の自動販売機を設置しており、飲料メーカーから、この自動販売機による清涼飲料の販売数量等に応じて計算された販売手数料を受領しています。 この販売手数料は、軽減税率の適用対象となりますか。 【令和元年7月追加】 【答】 ご質問のような販売手数料は、自動販売機の設置等に係る対価として支払いを受けるも のであるため、その対価の額が販売数量等に応じて計算されるものであったとしても、飲食 料品の売上げ(又は仕入れ)に係る対価の返還等には該当せず、「役務の提供」の対価に該 当することから、軽減税率の適用対象となりません。

次の