三井 住友 ビザ カード 解約。 三井住友VISAカードを解約する手続き方法と注意すべきポイント

5.変更・解約について|三井住友トラスト・カード

三井 住友 ビザ カード 解約

ここでのポイント• 解約手続きする時は基本的に「電話」のみ• ネットサービス「Vpass(ブイパス)」では解約できない• キャッシュカード一体型は銀行窓口で手続きが必要になる 三井住友VISAカードを解約する場合は、基本的に 「電話」による手続きになります。 また、三井住友VISAカードの解約手続きができるのは、 「本人のみ」です。 ちなみにネットサービス「Vpass(ブイパス)」からは、 解約手続きできないので気をつけてください。 もし、三井住友VISAカードが三井住友銀行の キャッシュカード一体型の方は、銀行窓口で手続きが必要になります。 では、三井住友VISAカードの解約手続きについて詳しく見ていきましょう。 電話での解約手続きについて ここでのポイント• 「FORYOUデスク」に電話する• 三井住友VISAカードを用意しておく 三井住友VISAカードの解約手続きをする場合は、 「FORYOUデスク」へ電話しましょう。 ちなみにオペレーター対応をしなくても、 自動音声で解約手続きを進めることが可能です。 三井住友銀行のキャッシュカード一体型は銀行窓口へ 三井住友VISAカードが三井住友銀行のキャッシュカード一体型の場合は、 三井住友銀行の銀行窓口で解約手続きをする必要があります。 三井住友銀行の銀行窓口へ来店する時には、以下のものを持参しましょう。 解約する三井住友VISAカード• 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)• 通帳(Web通帳の方は省略可)• 銀行口座の印鑑 上記のものを忘れてしまうと、解約手続きができないので注意してください。 利用者が死亡した場合の解約 ここでのポイント• 解約手続きができるのは利用者の親族のみ• 「FORYOUデスク」に電話する 三井住友VISAカードの利用者が死亡した場合に、解約手続きができるのは 「親族のみ」です。 利用者の親族の方は、 「FORYOUデスク」に電話して解約手続きをしましょう。 オペレーターに繋がったら、 「利用者が亡くなった」「解約の手続きをしたい」旨を伝えましょう。 もしも、三井住友VISAカードの支払いが残っている場合は、支払いについても相談しておきましょう。 支払い(分割・リボ払い)が残っていたらどうなるの? ここでのポイント• 支払いが残っていても解約手続きはできる• リボ払い・分割払いの利用残高が完済するまで支払いは継続する 分割払いやリボ払いの支払いが残っていても、 三井住友VISAカードの解約手続きができます。 けれども、分割払いやリボ払いの利用残高を完済するまで、 月々の支払いは継続するので注意してください。 もしも、月々の支払い金額について相談する場合は、「FORYOUデスク」に電話しましょう。 ポイントはどうなるの? ここでのポイント• ネットから解約手続きできない• ポイントを使い切っておく• ETCカード・家族カードが利用できなくなる• ほかのクレジットカードを作っておく• 毎月の支払いがある時は支払い方法を変更しておく 三井住友VISAカードの解約手続きをする場合には、上記のような注意点があります。 何も知らずに解約の手続きをしたら、 「解約できない」「返済ができていない」など問題が発生する可能性があります。 ですので、三井住友VISAカードの解約手続きを進める前に、しっかり確認しておきましょう。 ネットから解約手続きできない 三井住友VISAカードの解約手続きは、ネットサービス 「Vpass(ブイパス)」からできません。 インターネットから解約できれば簡単ですが、「電話」による手続きが必要になります。 また、三井住友銀行のキャッシュカード一体型は銀行窓口へ解約手続きをしましょう。 ポイントを使い切っておく 三井住友VISAカードの解約手続きをした場合は、 ワールドプレゼントのポイントはすべて失効になります。 カードを解約した後には、ワールドプレゼントのポイントが使えないので注意してください。 ですので、三井住友VISAカードを解約する前に、ポイント交換などでポイントを使い切っておきましょう。 ETCカード・家族カードが利用できなくなる 三井住友VISAカードの解約手続きをした場合は、 ETCカード・家族カードが利用できなくなります。 ETCカード・家族カードは、三井住友VISAカードの 付帯サービスです。 ですので、三井住友VISAカードの解約手続き後は、ETCカード・家族カードを利用しないよう注意してください。 ほかのクレジットカードを作っておく 三井住友VISAカードの解約手続きをした場合は、 ほかのクレジットカードを作っておきましょう。 ほかのクレジットカードを作っていない状況で解約手続きをすると、クレジットカードを作れなかった場合に 不便な状況になります。 ですので、三井住友VISAカードを解約する前に、ほかのクレジットカードを用意しておきましょう。 毎月の支払いがある時は支払い方法を変更しておく 三井住友VISAカードで携帯(スマホ)代や公共料金など毎月の支払いがある場合は、 支払い方法を変更しておきましょう。 支払い方法を変更せずに三井住友VISAカードの解約手続きをすれば、支払いができずに 延滞・滞納になります。 ですので、三井住友VISAカードを解約する前に、毎月の支払い先の支払い方法を変更しましょう。 まとめ• 解約手続きをする時は「FORYOUデスク」に電話する• 三井住友銀行のキャッシュカード一体型は銀行窓口で手続きする• 利用者が死亡した場合は親族が「FORYOUデスク」に電話する• 支払いが残っている場合は完済するまで継続する• 解約手続きをしたらポイントはすべて失効になる• 三井住友VISAカードの年会費は返金されない• 再入会したい場合は新規の申し込みと同じ流れ 三井住友VISAカードの解約手続きをしたい時は、「FORYOUデスク」に電話しましょう。 もし、三井住友銀行のキャッシュカード一体型の場合は、銀行窓口で手続きする必要があるので気をつけてください。 また、解約手続きをしたら、「ポイントが失効になる」「ETCカード・家族カードが利用できなくなる」などの問題が発生するので理解しておきましょう。

次の

三井住友カード紐付けPitapaを解約した話

三井 住友 ビザ カード 解約

リボ払いの手数料は8〜18%が一般的ですが、クレジットカード会社やクレジットカードの種類によって変動します。 さらに、 毎月の支払額に手数料を含めて計算する方法(ウィズイン)と、 手数料は毎月の支払額とは別に支払う方法(ウィズアウト)があります。 どちらの方式でも、毎月の支払額を引いた残高に対して手数料の計算を行うと言う点は同じです。 (リボ払い例) 毎月5,000円ずつ支払うリボ払い設定をして、30,000円の物をリボ払いで購入した場合 金利手数料:年率15% ウィズアウト方式(支払い設定額+手数料を払う方法) 前月1日〜末までの利用分を、翌月25日払い 回数 日付 購入金額 支払い金額 内訳 支払い後残高 元金 手数料 1月5日 50,000円 1月25日 0円 50,000円 1 2月25日 5,625円 5,000円 625円 45,000円 2 3月25日 5,563円 5,000円 563円 40,000円 3 4月25日 5,500円 5,000円 500円 35,000円 4 5月25日 5,438円 5,000円 438円 30,000円 5 6月25日 5,375円 5,000円 375円 25,000円 6 7月25日 5,313円 5,000円 313円 20,000円 7 8月25日 5,250円 5,000円 250円 15,000円 8 9月25日 5,188円 5,000円 188円 10,000円 9 10月25日 5,125円 5,000円 125円 5,000円 10 11月25日 5,063円 5,000円 63円 0 手数料計 3,440円 リボ払いは 月々の支払いが一定額になるので、支払いの管理が楽になるというメリットがあります。 しかし、リボ払いは分割払いの様に支払い回数や支払い期間を個別に設定できるわけではないので、 複数の買い物をした場合にはどの時期の買い物の支払いが済んでいるのか、まだ支払い中なのかが把握しにくい面があります。 ユーザー自身も計画的に利用をしないと支払いの金額や手数料に頭を抱える結果になってしまいます。 一般のクレジットカードではリボ払いにすると、1回目の支払いから金利手数料が掛かりますが、 「マイ・ペイすリボ」では初回の金利手数料が無料になります。 そのため、毎月のリボ支払い金額をショッピング上限額と同じ限度額に設定しておけば、月締め一括払いと同じ使い方が可能です。 年会費を無料にするというお得な特典のために「マイ・ペイすリボ」の登録はとても便利ですが、その代わりリボ払いの支払い金額を全額に設定しておかなければ、リボ払いの金利手数料が掛かってしまうので注意してください。 「マイ・ペイすリボ」の設定方法 三井住友カードでは、カード会員専用のHPがあります。 「 Vpass」というサイトで、利用明細や各種手続きをする事が可能です。 三井住友カードを申し込むの段階で「マイ・ペイすリボ」を登録しない事も出来ますが、年会費を無料にするために「マイ・ペイすリボ」を申し込んだ方は設定が必要になります。 申込の際には「マイ・ペイすリボ」の支払上限額が3万円と決まってしまっていますので、 リボ払いも一括支払いと同じように利用したい方は、クレジットカードの審査を通過し、手元にカードが届いた後に設定再設定をしてください。 ただし、 「マイ・ペイすリボ」を解約する場合には Vpassで手続きが出来ません。 以下のリボ・分割デスクに電話を掛けて解約手続きをする必要があります。 申し込みをしたけれども利用しない方や、年会費を払ってでもリボ払いは不安だと感じる方は、電話での手続きをしてください。 三井住友カードとは ANAマイル 5ポイント=3マイルと交換 Tポイント 500ポイント=400Tポイントと交換 スターバックスカード 500ポイント=400円分と交換 ビックカメラ 500ポイント=500ビックポイントと交換 など 三井住友カードは、歴史と実績のあるカードであると同時に、ポイントの使い道の多さも人気の理由であり、色々な種類のカードが発行されています。 一般的で人気の6枚を確認していきましょう。 カードフェイス 付帯サービス 年会費 1,250円+税 ・ショッピング補償(最高100万円) 年会費 1,250円+税 ・海外旅行保険付帯(最高2000万円) ・ショッピング補償(最高100万円) 年会費 1,500円+税 ・海外旅行保険付帯(最高2500万円) ・ショッピング補償(最高100万円) 年会費 1,250円+税 ・海外旅行保険付帯(最高2500万円) ・ショッピング補償(最高100万円) 年会費 5,000円+税 ・海外旅行保険付帯(最高5000万円) ・ショッピング補償(最高300万円) 年会費 10,000円+税 ・海外旅行保険付帯(最高5000万円) ・ショッピング補償(最高300万円) 年会費が無料になる方法.

次の

学生から社会人へ!これまで利用してきた「三井住友VISAデビュープラスカード」の解約手続き方法まとめ

三井 住友 ビザ カード 解約

クレジットカードは作ったけれど思ったほど利用する機会がなかったとか、 ポイント還元率に満足できないなどクレジットカードを解約する理由にはさまざまあります。 有名ブランドである三井住友VISAカードを事例に、 どのような手順で解約できるのか見てみましょう。 三井住友VISAカードはいつでも解約できる? 契約によって作成した三井住友VISAカードを、 単に使用しないからという利用者の一方的な事情で解約すると、 違約金などが発生しそうです。 しかし心配しなくて大丈夫。 結論から言いますと、違約金として別途支払いを求められることはありません。 ただし、支払済みの年会費は月割でも返金されないので注意しましょう。 年会費は入会月および日により請求されます。 たとえば、4月5日のように1日から15日までに加入した場合は翌月に引き落とされます。 16日から末日までの加入ならば、 10日または26日の支払日に応じて翌々月だったり翌月だったりします。 ですから年会費の支払日をしっかり把握して退会すると良いでしょう。 解約する手順は難しくありません。 現在保有している三井住友VISAカードを手元に準備して、 お問い合わせ先へ電話をするだけです。 その際家族や代理人ではなく、カード名義人本人の電話が求められます。 また申込み時にはインターネットによる手続きが可能なこともあり退会でもと考えがちですが、 インターネットによる退会はできないので注意が必要です。 その他三井住友銀行のキャシュカードと一体となったカードであれば、 銀行窓口での手続きが必要になります。 解約するとポイントはどうなる?残った支払いは? 分割払いやリボ払いなどカードを利用している途中で解約すると、 残高の支払い方法が気になります。 一括支払いを求められると、解約は自由でも実質的には制約が生じます。 その点において三井住友VISAカードは便利で、 中途解約しても支払い方法に変更はありません。 これならカード解約を気にせずに買い物が楽しめます。 また買い物の支払いやキャッシングで利用するたび貯まるポイントも有効に使いたいものです。 三井住友ワールドプレゼントのポイントは景品に交換できたり加盟店のポイントサービスに利用できたりと大変便利です。 しかしカードを解約するとすべて失効しますから、 貯まったポイントは解約前に交換または利用することをおすすめします。 ただし、三井住友VISAカード以外でポイント対象となるカードを保有しているときは引き継がれますから、 ポイント利用前によく確認しましょう。 その他ETC機能を付加したカードを解約する際も、 三井住友の他のカードを保有してない限り利用できなくなりますから有料道路をよく利用する方は注意しましょう。 逆にETC機能のみ解約することもできます。 これら以外にも支払い口座が同一の家族カードだけ退会することもできます。 その他解約する際に注意すべきこと 期間が決まっている買い物などの支払いにカードを利用している場合は良いのですが、 電気やガスなど公共料金の支払いに利用しているときには注意しましょう。 確認をせずに解約して支払いが滞ることも考えられます。 またカードを発行してからの期間にも配慮が必要です。 発行間もない退会が規定上悪いわけではありませんが、 何度か繰り返していると発行会社の当該利用者に対する印象は良くないでしょう。 カード発行には審査があることも考慮に入れ、 あまり身勝手な退会は避けたほうが無難です。

次の