だい りゅう みゃく せき。 医学用語 読み方辞典1:病名か行1(か)(き)(く)(音訳の部屋)

大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)とは

だい りゅう みゃく せき

日本文芸社/2012. 当館請求記号:Y75-J5405 目次 CONTENTS• 本書の特長 3• PART1 定期健診・人間ドックについて知っておきたいこと• 日本人の十大死因と早期発見に役立つ検査 12• 死因第1位のがんにも、さまざまな検査がある 14• なんらかの自覚症状があったら、すぐに医師の診察を受ける 16• 病気の早期発見・早期治療には定期健診が欠かせない 18• こんな場合は人間ドックの検査を受ける 20• 検査を受けるときに注意すべきこと 22• 知っておきたい健診の結果票の見方 26• 画像検査について知っておきたいこと 30• 各検査に共通する項目の意味と検査費用の概要 38• PART2 各種検査の検査値とアドバイス• 肥満度の検査• 肥満について知っておきたいこと 42• 身長・体重の計測 44• 肥満はこんな病気の原因になる 48• 体脂肪を減らす5つのポイント 50• やせすぎの人はこのような点に注意する 53• 目の検査• 目はこんな働きをしている 54• 視力検査 56• 眼圧検査 57• 視野検査 58• 眼底検査 59• 眼底検査の診断につかわれる用語の意味 60• 視力が低下していることがわかったら 64• 高齢者に多い主な目の異常と対策は 65• 耳の検査• 耳はこんな働きをしている 66• 聴力検査 67• 聴覚の主な異常と対策は 68• こんなときは補聴器が必要 69• 甲状腺の検査• 甲状腺はこんな働きをしている 70• TSH・FT 3・FT 4 71• 甲状腺の異常はこんな病気をもたらす 72• 呼吸器の検査• 呼吸器はこんな働きをしている 74• 胸部X線検査 76• 胸部X線検査の診断につかわれる用語の意味 77• 呼吸機能検査 80• 胸部CT検査 81• 気管支鏡検査 82• 喀痰検査 83• 慢性閉塞性肺疾患と診断されたら 84• 睡眠時無呼吸症候群の診断と対策は 85• 心臓の検査• 心臓はこんな働きをしている 86• 心電図検査 88• 心電図の判定につかわれる用語の意味 89• 負荷心電図検査 93• 心臓X線検査 94• 心臓X線検査の判定につかわれる用語の意味 95• 心臓超音波(エコー)検査 96• 冠動脈造影検査 97• 狭心症・心筋梗塞を発症するおそれがあるときは 98• 血管の検査• 血管の働きと動脈・静脈の病気 100• 頚動脈超音波検査 102• 血管造影検査 103• 注意したい静脈の「詰まり」と「こぶ」 104• エコノミークラス症候群も血管の病気 105• 血圧の検査• 血圧について知っておきたいこと 106• 血圧 108• 加齢とともに増える本態性高血圧 111• ほかの病気が原因で起こる二次性高血圧 112• 高血圧の人はこんな病気にかかりやすい 113• 血圧を下げるための5つのポイント 115• 低血圧の人はこんな点に注意する 117• 消化管の検査• 消化管はこんな働きをしている 118• 上部消化管X線バリウム検査 120• 上部消化管内視鏡検査 121• 消化管の診断につかわれる用語の意味 122• ピロリ菌検査 128• 逆流性食道炎と診断されたら 129• 胃・十二指腸の異常が発見されたら 130• 大腸の検査• 大腸はこんな働きをしている 132• 便潜血検査 134• 下部消化管X線バリウム検査 135• 下部消化管内視鏡検査 136• 大腸ポリープが発見されたら 137• 肝臓の検査• 肝臓はこんな働きをしている 138• AST GOT ・ALT GPT 139• LDH 144• LAP 145• アルカリフォスファターゼ ALP 146• コリンエステラーゼ ChE 147• 総・直接ビリルビン TB・DB 148• TTT・ZTT 149• 総蛋白・アルブミン 150• HA抗体 151• HBs抗原 152• HCV抗体 153• 上腹部超音波検査 154• 肝臓・胆道・胆のうの超音波検査の判定につかわれる用語の意味 155• 上腹部CT・MRI検査 159• ERCP・MRCP検査 160• DIC検査 161• 腹腔鏡検査 162• 腹部血管造影検査 163• ウイルス性肝炎にはさまざまなタイプがある 164• 急性・慢性肝炎、肝硬変、肝がんについて知っておきたいこと 165• 脂肪肝と診断された場合の対策は 167• 胆石が発見された場合の対策は 169• 膵臓の検査• 膵臓はこんな働きをしている 171• 血清膵アミラーゼ 172• 尿アミラーゼ 173• 上腹部超音波検査 174• 膵臓の超音波検査の判定につかわれる用語の意味 175• 上腹部CT・MRI検査 176• 膵炎と診断された場合の対策は 177• 腎臓の検査• 腎臓・尿管はこんな働きをしている 179• 尿pH(ペーハー) 180• 尿たんぱく 181• 尿潜血 182• 尿沈渣 183• 尿検査につかわれる用語の意味 184• 尿素窒素 BUN 185• クレアチニン Cr 186• 上腹部超音波検査 187• 腎臓の超音波検査の判定につかわれる用語の意味 188• 上腹部CT・MRI検査 189• 腎盃尿管造影検査 190• 膀胱鏡検査 191• 尿路結石が発見されたときは 192• 血液の検査• 血液に含まれる主な成分はこんな働きをしている 193• 赤血球数 RBC 195• 血色素(ヘモグロビン) 196• ヘマトクリット 197• MCV・MCH・MCHC 198• 網状赤血球 199• 血清鉄 Fe ・UIBC 200• 白血球数・血液像 201• 赤沈(血沈) 202• 血小板 203• 出血時間 204• PT・APTT 205• トロンボテスト TT 206• ヘパプラスチンテスト 207• 鉄欠乏性貧血と診断されたら 208• 脂質異常症の検査• コレステロールと中性脂肪はこんな働きをしている 209• 脂質異常症はこんな病気 211• 総コレステロール TC 213• LDLコレステロール 214• HDLコレステロール 216• 中性脂肪 TG 218• 高LDLコレステロール値を下げるには 220• 高中性脂肪(トリグリセリド)値を下げるには 222• 低HDLコレステロール血症を改善するには 224• 脂質異常症の最大要因「脂肪」について知っておきたいこと 226• 糖尿病の検査• 血糖はインスリンの働きで調整される 228• 糖尿病の新しい診断基準 230• 血糖 231• ブドウ糖負荷試験 233• HbA1c 234• 糖尿病でこわいのはいろいろな合併症 235• 血糖値をコントロールする5つのポイント 237• 尿酸の検査• 痛風・高尿酸血症について知っておきたいこと 239• 血中尿酸 241• 高尿酸血症を改善する6つのポイント 244• 骨・筋肉の検査• 全身の骨と筋肉はこんな働きをしている 246• 骨密度検査 248• CK CPK 249• 筋電図検査 250• 骨・筋肉CT・MRI検査 251• 骨粗しょう症を改善する5つのポイント 252• 歯を失う主な原因はむし歯と歯周病 254• 乳房の検査• 乳房はこんな構造になっている 256• 自己触診 257• 乳腺超音波検査 258• マンモグラフィー検査 259• 乳房の超音波検査の判定につかわれる用語の意味 260• 乳房の主な病気と対策は 261• 女性器の検査• 女性器はこんな働きをしている 262• 触診 263• 経膣超音波検査 264• 子宮細胞診検査 265• 婦人科系の病気の診断につかわれる用語の意味 266• 下腹部CT・MRI検査 267• 女性器の主な病気と対策は 268• 電解質の検査• 電解質はこんな働きをしている 270• ナトリウム Na 271• カリウム K 272• カルシウム Ca 273• マグネシウム Mg 274• クロール Cl 275• 感染症の検査• 抗原と抗体はこんな働きをしている 276• CRP 277• ASO ASLO 278• QFT検査 279• STD 280• 細菌の検査• 微生物・寄生虫検査について知っておきたいこと 282• 尿・便 283• 日ごろ話題となるウイルス感染症の種類と症状 284• 感染症の予防法と感染後の対策は 285• アレルギーの検査• アレルギーとアレルゲンについて知っておきたいこと 286• IgE 287• 特異的IgE 288• パッチテスト 289• アレルギーのある人のホームケア 290• 膠原病の検査• 膠原病について知っておきたいこと 292• リウマトイド因子 RF 294• 抗核抗体 ANA 295• 関節リウマチはこんな病気 296• 脳の検査• 脳はこんな働きをしている 298• 頭部CT検査 300• 頭部MRI・MRA検査 301• 脳波 302• 脳血管造影検査 303• 脳血管疾患にはこんな種類がある 304• 脳血管の異常や病気が発見されたときは 306• 腫瘍マーカー検査• 腫瘍(がん)の検査について知っておきたいこと 308• CEA 309• AFP 310• CA19-9 311• CA125 312• PSA 313• がんの検査• がんの検査と治療について知っておきたいこと 314• 細胞診 317• 病理組織検査(生検) 318• がんにならないための日常生活のポイント 320• がんの三大治療法とその課題 322• PART3 6つの健康習慣「一無・二少・三多」• 6つの健康習慣「一無・二少・三多」とは 324• 1 無煙 禁煙し、周囲の煙を吸わない 326• 2 少食 食事量は腹八分目に 328• 3 少酒 少量の酒は薬、多量の酒は毒 330• 4 多動 「メタボ」「ロコモ」を予防 332• 5 多休 休憩・睡眠・休日・休暇を 334• 6 多接 人や物に接してストレスを発散 336• 人間ドックでの基本的な検査 338• 人間ドックで行なわれる検査の「判定区分」 340• さくいん 342 さくいん• 悪性貧血 あくせいひんけつ 194• 悪玉 あくだま コレステロール 209、214、215• 圧排像 あっぱいぞう 122• アテローム 48、100、101• アテローム硬化 こうか 100、101• アトピー性疾患 せいしっかん 287• アミラーゼ 172• アルカリ尿 にょう 180• アルカリフォスファターゼ ALP 146• アルコール性肝炎 せいかんえん 139、164、167• アルコール性肝障害 せいかんしょうがい 142• アルブミン 150、181• アレルギー 286、287~289、290~291• アレルギー性疾患 せいしっかん 287• アレルゲン 286、288、289、290~291• アンギオグラフィー 36• 胃 い 118~119• 胃液食道逆流 いえきしょくどうぎゃくりゅう 125• 胃炎 いえん 119• 胃外性腫瘤 いがいせいしゅりゅう 12• 胃潰瘍 いかいよう 119、120、121、125、134、309• 胃潰瘍瘢痕 いかいようはんこん 125• 胃下垂 いかすい 119、125• 胃 い がん 121、310、318• 胃陥凹性病変 いかんおうせいびょうへん 125• 胃憩室 いけいしつ 125• 移行上皮 いこうじょうひ 183、184• 移行帯右偏位 いこうたいうへんい 92• 移行帯左偏位 いこうたいさへんい 92• 萎縮性胃炎 いしゅくせいいえん 125、128• 異常 いじょう Q波 は 、QS型 かた 90• 異所性腎 いしょせいしん 188• 胃穿孔 いせんこう 130• 1型糖尿病 いちがたとうにょうびょう 230• I度房室 いちどぼうしつ ブロック 89• 1秒率 いちびょうりつ 80• 1秒量 いちびょうりょう 80• 一価不飽和脂肪酸 いっかふほうわしほうさん 226~227• 胃粘膜下腫瘍 いねんまくかしゅよう 125• 胃 い びらん 125• 胃壁硬化像 いへきこうかぞう 125• 胃 い ポリープ 119、121、126• 胃隆起性病変 いりゅうきせいびょうへん 126、127• 陰影欠損 いんえいけっそん 122• インスリン 171、228~230• 陰性 いんせい T 90• インフルエンザ 284• ウイルス感染症 かんせんしょう 276、284• ウイルス抗体価 こうたいか 276• ウイルス性肝炎 せいかんえん 164• 右胸心 うきょうしん 90、95• 右軸偏位 うじくへんい 90• 右室肥大 うしつひたい 90• う蝕 しょく 254• 右側大動脈弓 うそくだいどうみゃくきゅう 95• うっ血乳頭 けつにゅうとう 60• 右房負荷 うほうふか 90• エコー検査 けんさ 30~31• エコノミークラス症候群 しょうこうくん 105• 円形陰影 えんけいいんえい 77• 遠視 えんし 55、56、61• 円背 えんはい 77• 横隔膜挙上 おうかくまくきょじょう 77• 横隔膜高位 おうかくまくこうい 77• 潰瘍性大腸炎 かいようせいだいちょうえん 136、293• 化学療法 かかくりょうほう (がん治療 ちりょう ) 322• 喀痰検査 かくたんけんさ 83• 拡張期血圧 かくちょうきけつあつ 108、110、111• 角膜接触法 かくまくせっしょくほう 57• 角膜非接触法 かくまくひせっしょくほう 57• 家族性高脂血症 かぞくせいこうしけつしょう 213~215、218• 過敏性腸症候群 かびんせいちょうしょうこうぐん 133• 下部消化管X線検査 かぶしょうかかんエックスせんけんさ 135• 下部消化管X線 かぶしょうかかんエックスせん バリウム検査 けんさ 135• 下部消化管内視鏡検査 かぶしょうかかんないしきょうけんさ 35、136• カメレオンサイン 155• カリウム K 272• ガリウムシンチグラフィー 37• 顆粒円柱 かりゅうえんちゅう 184• 軽 かる いR波 は の増高 ぞうこう ・高電位 こうでんい 90• カルシウム Ca 273• 加齢黄斑変性 かれいおうはんへんせい 55、60、65• がん 308、314~316、320~322• 眼圧検査 がんあつけんさ 57• 肝炎 かんえん 310• 肝炎 かんえん ウイルス 151~153、164~166• 肝外胆管拡張 かんがいたんかんかくちょう 157• 肝血管異常 かんけつかんいじょう 155• 肝血管腫 かんけつかんしゅ 155• 肝硬変 かんこうへん 139、147、150、155、162、165~167、203、205、234、294、310• 間質性肺炎 かんしつせいはいえん 77、80• 肝腫瘤 かんしゅりゅう 155• 肝 かん シンチグラフィー 37• 関節 かんせつ リウマチ RA 293、294、296~297• 完全右脚 かんせんうきゃく ブロック 91• 完全左脚 かんぜんさきゃく ブロック 91• 感染症 かんせんしょう 200、202、237、276、277、285• 肝臓 かんぞう 138• 肝 かん がん 139、147、154、159、163、165~166、310• がん胎児性抗原 たいじせいこうげん CEA 309• 眼底検査 がんていけんさ 59• 眼底出血 がんていしゅっけつ 55、59、60• 冠動脈造影検査 かんどうみゃくそうえいけんさ 97• 肝内結石 かんないけっせき 155• 肝内石灰化 かんないせっかいか 156• 肝内胆管拡張 かんないたんかんかくちょう 156• 肝内胆管腫瘍 かんないたんかんしゅよう 156• 肝 かん のう胞 ほう 156• 気管圧排 きかんあっばい 77• 気管狭窄 きかんきょうさく 77• 気管支援拡張像 きかんしかくちょうそう 77• 気管支鏡検査 きかんしきょうけんさ 82• 気管支 きかんし ぜんそく 75• 気管支内視鏡検査 きかんしないしきょうけんさ 35• 気管支壁肥厚像 きかんしへきひこうぞう 77• 気管偏位 きかんへんい 77• 気胸 ききょう 77• 奇静脈葉 きじょうみゃくよう 77• 偽性血小板減少症 ぎせいけっしょうばんげんしょうしょう 203• 寄生虫 きせいちゅう 282• 逆流性食道炎 ぎゃくりゅうせいしょくどうえん 119、123、129• 急性胃粘膜病変 きゅうせいいねんまくびょうへん 126• 急性肝炎 きゅうせいかんえん 139、155、165~166、205• 急性甲状腺炎 きゅうせいこうしょうせんえん 71• 急性膵炎 きゅうせいすいえん 175、177• 急性扁桃炎 きゅうせいへんとうえん 278• 胸郭変形 きょうかくへんけい 77• 凝固因子欠乏 ぎょうこいんしけつほう 207• 狭窄 きょうさく 122• 狭心症 きょうしんしょう 87、88、93、97、98~99、113• 胸水 きょうすい 76、77• 矯正視力 きょうせいしりょく 56• 胸部X線検査 きょうぶエックスせんけんき 34、76、77• 胸部 きょうぶ CT検査 けんさ 81• 胸壁腫瘤影 きょうへきしゅりゅうえい 77• 胸膜石灰化影 きょうまくせっかいかえい 77• 胸膜肥厚 きょうまくひこう 77• 胸膜癒着 きょうまくゆちゃく 77• 虚血性心疾患 きょけつせいしんしっかん 236、242• 禁煙 きんえん 326~327• 近視 きんし 55、56、61• 筋腫様子宮 きんしゅようしきゅう 266• 筋電図検査 きんでんずけんさ 250• 筋肉 きんにく 246~247• 空洞性陰影 くうどうせいいんえい 77• クモ膜下出血 まくかしゅっけつ 113、304~306• クラスターサイン 156• クレアチニン 186• グロブリン 150• クロール CI 275• クローン病 びょう 134、135• 頚管 けいかん ポリープ 263、266• 憩室 けいしつ 122• 経静脈性胆道造影 けいじょうみゃくせいたんどうぞうえい DIC 161• 経膣超音波検査 けいちつちょうおんぱけんさ 264• 頚動脈超音波検査 けいどうみゃくちょうおんぱけんさ 102• 経鼻的持続陽圧人工呼吸法 けいびてきじぞくようあつじんこうこきゅうほう (CPAP シーパップ 療法) 85• 外科療法 げかりょうほう (がん治療 ちりょう ) 322• 血圧 けつあつ 106• 血液 けつえき 193~194• 血液像 けつえきぞう 201• 血管 けっかん 100~101• 血管炎症候群 けっかんえん〓こうぐん 293• 血管造影検査 けっかんぞうえいけんさ 36、103• 月経困難症 げっけいこんなんしょう 268• 血色素 〓しきそ 196、198• 結晶 けっしょう 184• 血小板 けっしょうばん 193、194、203• 血小板血症 けっしょうばんけっしょう 203• 血小板減少症 けっしょうばんげん〓 204• 血小板減少性紫斑病 けっ〓せいしはんびょう 194、203• 血清膵 けっせいすい アミラーゼ 172• 血清鉄 けっせいてつ Fe 200• 結節影 けっせつえい 77• 血沈 けっちん 202• 血糖値 けっとうち 48、171、228~230、231、232~235、237、238• 血友病 けつゆうびょう 194• 限局性腫大 げんきょくせいしゅだい 175• 原虫 げんちゅう 184、282• 高 こう LDLコレステロール血症 けっしょう 211、220• 抗核抗体 こうかくこうたい ANA 295• 高 こう カリウム血症 けっしょう 272• 高 こう カルシウム血症 けっしょう 273• 高眼圧症 こうがんあつしょう 57• 抗 こう がん剤 ざい 322• 高 こう クロール血症 けっしょう 275• 高血圧 こうけつあつ 48、106、108、111~116• 高血圧性網膜症 こうけつあつせいもうまく〓 114• 抗原 こうげん 152、276• 膠原病 こうげんびょう 149、150、202、277、292~293、294、295• 高 こう コレステロール血症 けっしょう 211、216• 虹彩毛様体炎 こうさいもうようたいえん 57• 甲状腺 こうじょうせん 70• 甲状腺機能亢進症 こうじょうせんきのうていしん〓 71、72、146、213、214、249• 甲状腺機能低下症 こうじょうせんきのうていか〓 71、73、213、214、249、274• 甲状腺 こうじょうせん シンチグラフィー 37• 甲状腺 こうじょうせん ホルモン 70、71、72、73、229• 抗 こう ストレプトリジンーO ASO、ASLO 278• 抗体 こうたい 276• 高中性脂肪血症 こうちゅうせいしほうけっしょう 211、218、222• 高 こう トリグリセリド血症 けっしょう 211• 高 こう ナトリウム血症 けっしょう 271• 高尿酸血症 こうにょうさんけっしょう 49、180、239~240、241、242、244~245、331• 高 こう マグネシウム血症 けっしょう 274• 呼吸器 こきゅうき 74~75• 骨 こつ シンチグラフィー 37• 骨粗 こつそ しょう症 しょう 248、252~253• 骨密度検査 こつみつどけんさ 248• コメット様 よう エコー 157• コリンエステラーゼ ChE 147• コレステロール 209~210• コレステロール胆石 たんせき 169• 最高血圧 さいこうけつあつ 107、108、109、115~117• 再生不良性貧血 さいせいふりょうせいひんけつ 194、199、201• 最低血圧 さいていけつあつ 107、108、110、116、117• 細動脈硬化 さいどうみゃくこうか 100• 細胞質内封入体 さい〓うしつない〓うたい 183、184• 細胞診 さいぼうしん 83、265、317• サイロキシン 70• 左脚後枝 さきゃくこうし ブロック 91• 左脚前枝 さきゃくせんし ブロック 91• 索状影 さくしょうえい 78• 左軸偏位 さしくへんい 91• 左室肥大 さしつひだい 91• 擦過細胞診 さっかさいぼうしん 317• 左房調律 さぼうちょうりつ 91• 左房負荷 さぼうふか 91• サルコイドーシス 78、79、82• 酸性尿 さんせい〓 180• 三大合併症 さんだいがっべいしょう (糖尿病 とうにょうびょう の三大合併症 さんだいがっべいしょう ) 235• III度房室 さんとぼうしつ ブロック 89• 子宮 しきゅう がん 263、309、312、322• 子宮筋腫 しき〓うきんしゅ 208、263、264、266、267、268、312• 子宮頚 しきゅうけい がん 265、266• 子宮頚管炎 しきゅうけいかんえん 266• 子宮頚部異形成 しきゅうけいぶいけいせい 266• 子宮腫大 しきゅうしゅたい 266• 子宮腫瘍 しきゅうしゅよう 266、267• 子宮体 しきゅうたい がん 264、266• 糸球体腎炎 しきゅうたいしんえん 184、278• 子宮膣部 しきゅうちつぶ びらん 266• 子宮内感染症 しきゅうないかんせい〓 266• 子宮内膜症 しきゅうないまく〓 263、266、267、269、312• 耳垢塞栓 じこうそくせん 67• 自己触診 じこ〓しん 257• 自己免疫性萎縮性胃炎 じこめんえきせいい〓せいいえん 293• 自己免疫性溶血性貧血 じこめんえきせいようけつせいひんけつ 293• 脂質異常症 ししついじょうしょう 18、44、48、49、100、147、149、211~212、214、226~227、307、331• 歯周病 し〓びょう 255• 視神経萎縮 ししんけいい〓 60• 視神経乳頭炎 ししんけい〓とうえん 60• 視神経乳頭蒼白化 ししんけいにゅうとうそうはくか 60• 視神経乳頭浮腫 ししんけいにゅうとうふしゅ 60• 自然気胸 しぜんききょう 75• 歯槽膿漏 しそうのうろう 255• 脂肪円柱 しぼうえんちゅう 184• 脂肪肝 しぼうかん 49、139、142、147、156、159、166、167、168、331• 視野検査 しやけんさ 58• ジャンクションST 91• 縦隔拡大 し〓うかくかくたい 78• 縦隔気腫 じゅうかくきしゅ 78• 縦隔腫瘍 じゅうかくしゅよう 78• 縦隔 じゅうかく リンパ節腫大 せつしゅだい 78• 縦隔 じゅうかく リンパ節石灰化影 せつせっかいかえい 78• 収縮期血圧 しゅうしゅくきけつあつ 108、109、111、117• 重症筋無力症 じゅうしょうきんむりょくしょう 293• 十二指腸 じゅうにしちょう 118~119• 十二指腸炎 じゅうにしちょうえん 119、126• 十二指腸潰瘍 〓にしちょうかいよう 119、126、128、130• 十二指腸潰瘍瘢痕 〓にしちょうかいようはんこん 126• 十二指腸憩室 〓しうょうけいしつ 126• 十二指腸走行異常 〓うにしちょうそうこうい〓ょう 126• 十二指腸粘膜下腫瘍 じゅうにしちょうねんまくかしゅよう 126• 十二指腸 じゅうにしちょう びらん 126• 十二指腸 じゅうにしちょう ポリープ 119• 十二指腸変形 じゅうにしちょうへんけい 126• 粥状硬化 じゅくじょうこうか 100• 手術療法 しゅじゅつちょうほう (がん治療 ち〓 ) 322• 出血時間 しゅっけつじかん 204• 術後血管 じゅつごけっかん 95• 腫瘍 しゅよう マーカー 308• 純音聴力検査 じゅんおんちょうりょくけんさ 67• 消化器 しょうかき がん 309、311• 条件不良 じょうけんふりょう 126• 猩紅熱 しょうこうねつ 278• 硝子円柱 しょうしえんちゅう 184• 硝子体混濁 しょうしたいこんたく 60• 上室性期外収縮 しょうしつせいきかいしゅうしゅく 91• 上室性頻拍 じょうしつせいひんはく 91• 上皮円柱 じょうひえんちゅう 184• 上部消化管内視鏡検査 じょうぶしょうかかんないしきょうけんさ 35• 静脈瘤 しょうみゃくりゅう 101• 触診 しょくしん 263• 食道 しょくどう 118~119• 食道 しょくどう アカラシア 123• 食道炎 しょくどうえん 123• 食道外腫瘍 しょくどうがいしゅよう 124• 食道潰瘍 しょくどうかいよう 124• 食道拡張 しょくどうかくちょう 124• 食道憩室 しょくどうけいしつ 124• 食道腫瘍 しょくどうしゅよう 124• 食道静脈瘤 〓どうじょうみゃく〓 124、207• 食道粘膜下腫瘍 しょくどうねんまくかしゅよう 124• 食道 〓くどう びらん 124• 食道裂孔 しょくどうれっこう ヘルニア 124• 女性器 じょせいき 262• 視力 し〓 56、64• シルエットサイン 78• 腎萎縮 じんいしゅく 188• 心陰影拡大 しんいんえいかくたい 95• 腎孟拡張 じんうかくちょう 188• 腎盂尿管造影検査 じんうにょうかんぞうえいけんさ 190• 腎 しん がん 189• 真菌 しんきん 184• 心筋梗塞 しんきんこうそく 87、88、91、97、98~99、113、139、144• 心筋症 しんきんしょう 87• 心筋 しんきん シンチグラフィー 37• 腎血管筋脂肪腫 じんけっかんきんしぼうしゅ 188• 心室性期外収縮 しんしつせいきかいしゅうしゅく 91• 心室調律 しんしつちょうりつ 91• 心室内 しんしつない ブロック 92• 心室頻拍 しんしつひんばく 92• 心術後 しんじゅつご 95• 滲出斑 しんしゅつはん 60• 浸潤影 しんじゅんえい 78• 腎 しん シンチグラフィー 37• 真性多血症 しんせいたけつしょう 195~197• 腎石灰化 じんせっかいか 188• 心臓 しんぞう 87• 腎臓 じんぞう 179• 心臓X線検査 しんぞうエックスせんけんさ 94、95• 心臓 しんぞう カテーテル検査 36、97• 腎臓結石 じんぞうけっせき 188• 腎臓腫大 じんぞうしゅたい 188、189• 腎臓腫瘤 じんぞうしゅりゅう 188• 心臓超音波検査 しんぞうちょうおんぱけんさ 31、96• 心臓弁膜症 しんぞうへんまくしょう 87、96• シンチグラフィー 37• 心電図検査 しんでんずけんさ 88、89~93• 伸展不良 しんてんふりょう 122• 腎 じん のう胞 ほう 188、189• 心肥大 しんひだい 87、88、113• 深部静脈血栓症 しんぶじょう〓けっせいしょう 101、104、206• 心不全 しんふぜん 87、95、96、113、144、186• 腎不全 じんふせん 113、172、181、188、189、195~197、241、272、274、275• 心房細動 しんぼうさいどう 86、92• 心房粗動 しんぼうそどう 92• 心膜欠損 しんまくけっそん 95• 膵炎 すいえん 172、173、177~178、311• 膵 すい がん 161、172• 膵管拡張 すいかんかくちょう 175• 膵腫瘍 すいしゅよう 173• 水腎症 すいじんしょう 188、189• 膵石 すいせき 172、175• 膵臟 すいぞう 171• 膵臟壊融死 すいぞうえし 175• 膵臓腫瘤 すいぞうしゅりゅう 175• 膵 すい のう胞 ほう 172、175• 睡眠時無呼吸症候群 すいみんじむこきょうしょうこうぐん 85• 睡眠 すいみん ポリグラフィー PSG 85• スパイラルCT 32、81• スラッジ 157• 正球性正色素性貧血 せいきゅうせいせいしきそせいひんけつ 198• 生検 せいけん 121、318• 性行為感染症 せいこういかんせんしょう STD 280• 赤沈 せきちん 202• 石灰化影 せっかいかえい 78• 赤血球円柱 せっけっきゅうえんちゅう 184• 赤血球数 せっけっきゅうすう 195• セミノーム 314• 閃輝性硝子体融解症 せんきせいしょうしたいゆうかいしょう 60• 線状影 せんじょうえい 78• 全身性 ぜんしんせい エリテマトーデス 293• 全身性硬化症 ぜんしんせいこうかしょう PSS 293• 前増殖糖尿病綱膜症 ぜんぞうしょくとうにょうびょうもうまくしょう 60• 善玉 ぜんだま コレステロール 209、216、217• 前立腺 ぜんりつせん がん 313• 前立腺肥大症 ぜんりつせんひだいしょう 313• 造影剤残留 ぞうえいだいざんりゅう 78• 総 そう コレステロール 213、216、224• 増殖糖尿病網膜症 ぞうしょくとうにょうびょうもうまくしょう 61• 総胆管結石 そうたんかんけっせき 157、160、161、172• 総蛋白 そうたんばく 150• 総 そう ビリルビン TB 148• 僧帽性 そうぼうせい P 91• 側弯症 そくわんしょう 78• 大球性高色素性貧血 だいきゅうせいこうしきそせいひんけつ 198• 体腔鏡手術 たいくうきょうしゅじゅつ (がん治療 ちりょう ) 322• 体脂肪 たいしぼう 42~45、50~52、332• 体脂肪率 たいしぼうりつ 44-45• 帯状疱疹 たいじょうほうしん 284• 大腸 だいちょう 132~133• 大腸炎 だいちょうえん 134• 大腸 だいちょう がん 133、134~136、320• 大膓結核 だいちょうけっかく 136• 大腸 だいちょう ポリープ 134~136、137• 大動脈解離 たいどうみゃくかいり 101、103• 大動脈拡張 だいどうみゃくかくちょう 95• 大動脈弓突出 だいどうみゃくきゅうとっしゅつ 95• 大動脈石灰化 だいどうみゃくせっかいか 95• 大動脈蛇行 だいどうみゃくだこう 95• 大動脈弁閉鎖不全症 だいどうみゃくべんへいさふせんしょう 108• 大動脈瘤 だいどうみゃくりゅう 95• 大脳 だいのう 300、301• 多価不飽和脂肪酸 たかふほうわしぼうさん 226~227• 多血症 たけつしょう 195~197、202• 多発性骨髓腫 たはつせいこつずいしゅ 149、150• 胆管狭窄 たんかんきょうさく 157• 胆管結石 たんかんけっせき 157• 胆管腫瘤 たんかんしゅりゅう 157• 胆砂 たんさ 157• 胆汁 たんじゅう うっ滞 たい 142• 単純糖尿病網膜症 たんじゅんとうにょうびょうもうまく〓ょう 61• 単純 たんじゅん ヘルペス 284• 胆石 たんせき 145、154、157、159、161、169、170• 胆泥 たんでい 157• 胆道気腫症 たんどうきしゅしょう 157• 胆道結石 たんどうけっせき 173• 胆 たん のう 138• 胆 たん のう炎 えん 145、158• 胆 たん のう縮小 しゅくしょう 158• 胆 たん のう腫大 しゅだい 158• 胆 たん のう腫瘤 しゅりゅう 158• 胆 たん のう腺筋症 せんきんしょう 158• 胆 たん のう壁肥厚 へきひこう 158• 胆 たん のうポリープ 158、161• 膣炎 ちつえん 266• 膣 ちつ カンジダ 284• チモール混濁試験 こんだくしけん TTT 149• 中耳炎 ちゅうじえん 167• 中心性漿液性脈絡網膜症 ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう 61• 中性脂肪 ちゅうせいしぼう TG 167、209~210、218、219• 注腸造影検査 ちゅうちょうぞうえいけんさ 135• 注腸 ちゅうちをう バリウム検査 けんさ 135• 中脳 ちゅうのう 298• 中膜石灰化硬化 ちゅうまくせっかいかこうか 100• 超音波検査 ちょうおんぱけんさ 30~31、154、155、174、187、188• 重複賢盂 ちょうふくじんう 188• 聴力 ちょうりょく 67• 直接 ちょくせつ ビリルビン DB 148• 直腸 ちょくちょう がん 135、136• 陳旧性胸膜炎 ちんきゅうせいきょうまくえん 78• 痛風 つうふう 239~240、241、242• ツベルクリン反応 はんのう 279• 低 てい HDLコレステロール血症 けっしょう 211、224~225• 低 てい カリウム血症 けっしょう 272• 低 てい カルシウム血症 けっしょう 273• 低 てい クロール血症 けっしょう 275• 低血圧 ていけつあつ 108、117• 低電位 ていでんい 92• 低 てい ナトリウム血症 けっしょう 271• 低 てい マグネシウム血症 けっしょう 274• 鉄欠乏性貧血 てつけつほうせいひんけつ 194、196~198、200、203、208• デブリ 158• 電解質 でんかいしつ 270• 洞性徐脈 どうせいじょみゃく 86、92• 洞性頻脈 どうせいひんみゃく 86、92• 洞性不整脈 どうせいふせいみゃく 92• 糖尿病 とうにょうびょう 48、172、213、216、218、228~230、234、235、274、294、309• 糖尿病神経障害 とうにょうびょうしんけいしょうがい 235、236、250• 糖尿病腎症 とうにょうびょうじんしょう 235• 糖尿病網膜症 とうにょうびょうもうまくしょう 59、61、235• 洞房 どうぼう ブロック 92• 動脈種化 どうみゃくこうか 48、59、95、100~102、210、213、214、216、218、304• 動脈破裂 どうみゃくはれつ 101• 動脈瘤 どうみゃくりゅう 101、303• 透亮像 とうりょうそう 122• 特異的 とくいてき IgE 288• 時計方向回転 とけいほうこうかいてん 92• 突発性難聴 とっはつせいなんちょう 68• トリグリセリド 218、222• トリコモナス 282、284• トリプシン 118、171• ドルーゼン 62• トレポネーマ・パリダム TP 280• トロンボテスト TT 206• 内視鏡検査 ないしきょうけんさ 35、40、121• 内視鏡手術 ないしきょうしゅじゅつ (がん治療 ちりょう ) 322• 内視鏡的逆行性胆管膵管造影 ないしきょうてきぎゃっこうせいたんかんすいかんぞうえい ERCP 160• 内視鏡的粘膜切除術 ないしきょうてきねんまくせつじょじゅつ EMR 322• 内臓逆位 ないぞうぎゃくい 122• 内臓脂肪型肥満 ないぞうしぼうがたひまん 43• ナトリウム 271• 難聴 なんちょう 67~69• 軟部蔭影 なんぶいんえい の異常 いじょう 78• 2型糖尿病 にがたとうにょうびょう 230• 肉腫 にくしゅ 314• 二次性高血圧 にじせいこうけつあつ 112、272• 二重輪郭 にじゅうりんかく 122• 2相性 にそうせい T 89• ニッシエ 122• II度房室 にどぼうしつ ブロック 89• 乳 にゅう がん 257~260、261、322• 乳酸脱水素酵素 にゅうさんだっすいそこうそ LDH 144• 乳腺異物 にゅうせんいぶつ 260• 乳腺炎 にゅうせんえん 260• 乳腺結節 にゅうせんけっせつ 260• 乳腺腫瘤 にゅうせんし〓 260• 乳腺症 にゅう〓 258、260、261• 乳腺線維腺腫 にゅう〓 258、261• 乳腺超音波検査 にゅう〓 258• 乳腺 にゅう〓 のう胞 ほう 260• 乳頭異常分泌 にゅうとういじょう〓 260• 乳頭陥凹 にゅうとうかんおう 62• 乳頭部 にゅうとうぶ びらん 260• 乳房 にゅうぼう 256• 乳房X絵検査 にゅうぼうエックスせんけんさ 259• 尿 にょう アミラーゼ 173• 尿管 にょうかん 179• 尿検査 にょうけんさ 184、283• 尿細管上皮細胞 にょうさいかんじょうひさいぼう 184• 尿酸 にょうさん 239、240、241~242、243• 尿潜血 にょうせんけつ 182• 尿素窒素 にょうそちっそ BUN 185• 尿 にょう たんぱく 181• 尿沈渣 にょうちんさ 183• 尿 にょう pH(ペーハー) 180• 尿路結石 にょうろけっせき 182、188、192、241• 粘液水腫 ねんえきすいしゅ 73• 粘膜 ねんまく ひだ集中 しゅうちゅう 122• 粘膜不整 ねんまくふせい 122• 脳 のう 298~299• 脳血管障害 のうけっかん〓 304~307• 脳血栓 のうけっせん 214、236、304• 脳血流 のうけつりゅう シンチグラフィー 37• 脳梗塞 のうこうそく 33、113、236、300、303• 脳出血 のうしゅっけつ 33、113、300、304~307• 脳腫瘍 のうしゅよう 58、300、303• 脳塞栓 のうそくせん 236、304• 脳卒中 のうそう〓 304~307• 脳 のう ドック 306~307• 脳動脈瘤 のうどうみゃくりゅう 301• 脳波 のうは 302• のう胞腎 ほうじん 188• ノロウイルス 284• ロタウイルス 284• 肺炎 はいえん 75、76、81、83• 肺過膨張 はいかほうちょう 78• 肺 はい がん 75、76、78、81~83、309、322• 肺換気 はいかんき シンチグラフィー 37• 肺気腫 はいきしゅ 75、76、79、80、84• 肺結核 はいけっかく 76、83• 肺血管影異常 はいけっかんえいいじょう 79• 肺血栓塞栓症 はいけっせんそくせんしょう 37、101• 肺血流 はいけつりゅう シンチグラフィー 37• 肺腫瘍 はいしゅよう 79• 肺性 はいせい P 90• 肺線維症 はいせんいしょう 79、80• 肺動脈幹拡張 はいどうみゃくかんかくちょう 95• 梅毒血清検査 ばいどくけっせ〓んさ 280• 肺年齢 はいねんれい 80• 肺門部石灰化 はいもんぶせっかいか 79• 肺紋理増強 はいもんりぞういきょう 79• 肺野透過性亢進 はいやとうかせいこうしん 79• ばく状胃 じょうい 126• 白内障 はくないしょう 55、58、62、65• 白斑 はくはん 62• 播腫性血管内凝固症候群 はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん DIC 202、204、207• バセドウ病 〓 71、72• 白血球円柱 はっけっ〓 184• 白血球数 はっけっきゅうすう 201• 白血病 はっけつびょう 144、194、199、201• パッチテスト 289• 馬蹄腎 はていじん 188• バリウムX線 エックスせん 120• バリウム斑 はん 123• バルトリン線 せん のう腫 しゅ 266• 反時計方向回転 はんとけいほうこうかいてん 92• ハンプサイン 156• 皮下脂肪型肥満 ひかしぼうがたひまん 43• 非腫瘍性 ひしゅようせい ポリープ 137• 微生物 びせいぶつ 283• ビタミンB 12欠乏性貧面 けつほうせいひんけつ 198• ビタミンK欠乏症 けつほうしょう 206、207• 被 ひ ばく線量 せんりょう 34• 皮膚筋炎 ひふきんえん DM 293• びまん性網状影 せいもうじょうえい 79• びまん程粒状影 せいりゅうじょうえい 79• 病理組織検査 びょうりそしきけんさ 318、319• びらん性冑炎 せいいえん 126• 微量 びりょう アルブミン尿検査 にょうけんさ 181• ピロリ菌 きん 128• 負荷心電図 ふかしんでんず 93• 不完全右脚 ふかんぜんうきゃく ブロック 92• 不完全左脚 ふかんぜんさきゃく ブロック 92• 腹囲 ふくい 45、47• 腹腔鏡検査 ふくくうきょうけんさ 35、162• 腹腔鏡手術 ふくくうきょうしゅじゅつ (がん治療 ちりょう ) 322• 腹部血管造影検査 ふくぶけっかんぞうえいけんさ 36、163• 腹部石灰化 ふくぶせっかいか 123• 腹部動脈造影検査 ふくぶどうみゃくぞうえいけんさ 163• 浮腫 ふしゅ 275• 不整脈 ふせいみゃく 87、88• 普通体重 ふつうたいじゅう 44~45、223• ブドウ糖負荷試験 とうふかしけん 233• ぶどう膜炎 まくえん 62• 不飽和脂肪酸 ふほうわしぼうさん 226~227• ブラ 79• プリン体 たい 241、244、245• ブルズアイサイン 156• プローブ 30、31、96、264• 平衡機能検査 へいこうきのうけんさ 67• 閉塞性黄疸 へいそくせいおうだん 145、148• 閉塞性血栓性血管炎 へいそくせいけっせんせいけっかんえん 101• ペースメーカー装着 そうちゃく 95• ベーチェット病 びょう 293• ヘパプラスチンテスト 207• ペプシノゲン検査 けんさ 128• ヘマトクリット 197• ヘモグロビン 196• ヘモクロマトーシス 200• ヘリカルCT 32、81• 便 べん 132~133、283• 辺縁不整 へんえんふせい 123• 変形 へんけい 123• 便検査 べんけんさ 283• 便潜血検査 べんせんけつけんさ 134• 片側腎 へんそくしん 118• 扁平上皮 へんべいじょうひ 183、184• 膀胱炎 ぼうこうえん 182、191• 膀胱鏡 ぼうこうきょう 191• 膀胱憩室 ぼうこうけいしつ 191• 膀胱結石 ぼうこうけっせき 191• 膀胱腫瘍 ぼうこうしゅよう 191• 房室解離 ぼうしつかいり 92• 房室 ぼうしつ ブロック 86、89• 旋射線療法 ほうしゃせんりょうほう (がん治療 ちりょう ) 322• 飽和脂肪酸 ほうわしぼうさん 226~227• 補聴器 ほちょうき 69• 骨 ほね 246~247• ポリープ 123• ポリペクトミー 137• 本態性高血圧 ほんたいせいこうけつあつ 111• 本態性低血圧 ほんたいせいていけつあつ 117• マージナルストロングエコー 156• マグネシウム Mg 274• マクロアミラーゼ血症 けっしょう 173• 慢性胃炎 まんせいいえん 126、128• 慢性肝炎 まんせいかんえん 139、142、156、162、165、166、310• 慢性気管支 まんせいきかんしえん 75、80、84• 慢性甲状腺炎 まんせいこうしょうせんえん 71• 慢性骨髄性白血球 まんせいこつずいせいはっけっきゅう 203• 慢性膵炎 まんせいすいえん 160、172、174、175、177• 慢性胆 まんせいたん のう炎 えん 158• 慢性閉塞性肺疾患 まんせいへいそくせいはいしっかん COPD 84• マンモグラフィー 34、259、260• 耳 みみ 66• 脈絡膜母斑 みゃくらくまくほはん 62• 無気肺 むきはい 79• むし歯 は 254• 無症候性脳梗塞 むしょうこうせいのうこうそく 307• 目 め 54~55• メタボリックシンドローム 45、47、324、332• メニエール病 びょう 68• 免疫 めんえき グロブリン 276、287、294• 網状赤血球 もうじょうせっけっきゅう 199• 網膜色素上皮症 もうまくしきそじょうひしょう 62• 綱膜色素上皮剥離 もうまくしきそじょうひはくり 62• 網膜色素変性 もうまくしきそへんせい 62• 網膜上膜 もうまくじょうまく 63• 網膜静脈分枝閉塞 もうまくじょうみゃくぶんしへいそく 63• 網膜前膜 もうまくぜんまく 63• 網膜中心静脈閉塞 もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそく 63• 網膜中心動脈分枝閉塞 もうまくちゅうしんどうみゃくぶんしへいそく 63• 網膜中心動脈閉塞 もうまくちゅうしんとうみゃくへいそく 63• 綱膜剥離 もうまくはくり 55、57~59、63• 網膜浮腫 もうまくふしゅ 63• 網脈絡膜萎縮 もうみゃくらくまくい〓 63• 網脈絡膜変性 もうみゃくらくまくへんせい 63• モザイクパターン 156• 薬剤性肝障害 やくさいせいかんしょうがい 142• 薬物療法 やくぶつりょうほう (がん治療 ちりょう ) 322• 山田分類 やまだぶんるい 127• 溶血 ようけつ 144、234、278• 溶血性貧血 ようけつせいひんけつ 194、199• 葉酸欠乏性貧血 ようさんけつほうせいひんけつ 198• ラジオアイソトープ 37• 卵円形脂肪体 らんえんけいしぼうたい 183、184• 乱視 らんし 55、56、64• 卵巣 らんそう がん 264、311、312• 卵巣腫瘍 らんそうしゅよう 266、267• 卵巣 らんそう のう腫 しゅ 264、266、267、269• リウマチ 202• リウマチ熱 ねつ 278• リウマトイド因子 いんし RF 294• リポたんぱく 209、210、214、216• 硫酸亜鉛混濁試験 りゅうさんあえんこんだくしけん ZTT 149• 良性 りょうせい M蛋白血症 たんぱくけっしょう 150• 緑内障 りょくないしょう 55、57~59、63、65• ロイシンアミノペプチダーゼ LAP 145• 老眼 ろうがん 64• 老人性難聴 るうじんせいなんちょう 68• 漏斗胸 ろうときょう 79• ロコモティブシンドローム 332• ワックスアンドウエインサイン 156• ワルファリン 205~207• アルファベット• A型肝炎 がたかんえん ウイルス HAV 151、164• AIDS(後天性免疫不全症候群 こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん ) 281• ALD(アルドラーゼ) 249• ALP(アルカリフォスファターゼ) 146• ALT(GPT/アラニンアミノトランスフェラーゼ) 139、141• ANA(抗核抗体 こうかくこうたい ) 295• ASO(ASLO/抗 こう ストレプトリジンーO) 278• AST(GOT/アスパラギン酸 さん アミノトランスフェラーゼ) 139、140• B型肝炎 がたかんえん ウイルス HBV 152、164• Bモード 96• BMI 44、46• BUN(尿素窒素 にょうそちっそ ) 185• C型肝炎 がたかんえん ウイルス HCV 153、164• Ca(カルシウム) 273• CA19-9 311• CA125 312• CAPシステム 288• CEA(がん胎児性抗原 たいじせいこうげん ) 309• ChE(コリンエステラーゼ) 147• CK CPK 249• CKD(慢性腎臓病 まんせいしんぞうびょう ) 186• CI(クロール) 275• CPAP療法 りょうほう (経鼻的持続陽圧人工呼吸法 けいびてきじぞくようあつじんこうこきゅうほう 85• CPK CK 249• CTR 心胸郭比 しんきょうかくひ 94• CT 32、40、81、159、176、189、251、267、300• COPD(慢性閉塞性肺疾患 まんせいへいそくせいはいしっかん ) 84• Cr(クレアチニン) 186• CRP(C反応性蛋白 はんのうせいたんぱく 277• DB(直接 ちょくせつ ビリルビン) 148• DIC(経静脈性胆道造影 けいじょうみゃくせいたんどうぞうえい )検査 けんさ 161• DIC(播腫性血管内凝固症候群 はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん ) 202、204、207• DM(皮膚筋炎 ひふきんえん ) 293• eGFR 186• EMR(内視鏡的粘膜切除術 ないしきょうてきねんまくせつじょじゅつ ) 322• ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影 ないしきょうてきぎゃくこうせいたんかんすいかんぞうえい ) 160• Fe(血清鉄 けっせいてつ ) 200• FT 3 70、71• FT 4 70、71• GOT AST 139、140• GPT ALT 139、141• HA抗体 こうたい 151• HAV(A型肝炎 がたかんえん ウイルス) 151• HbA1c 234• HBs抗原 こうげん 152• HBs抗体 こうたい 152•

次の

ふくぶだいどうみゃくりゅう を 英語

だい りゅう みゃく せき

日本文芸社/2012. 当館請求記号:Y75-J5405 目次 CONTENTS• 本書の特長 3• PART1 定期健診・人間ドックについて知っておきたいこと• 日本人の十大死因と早期発見に役立つ検査 12• 死因第1位のがんにも、さまざまな検査がある 14• なんらかの自覚症状があったら、すぐに医師の診察を受ける 16• 病気の早期発見・早期治療には定期健診が欠かせない 18• こんな場合は人間ドックの検査を受ける 20• 検査を受けるときに注意すべきこと 22• 知っておきたい健診の結果票の見方 26• 画像検査について知っておきたいこと 30• 各検査に共通する項目の意味と検査費用の概要 38• PART2 各種検査の検査値とアドバイス• 肥満度の検査• 肥満について知っておきたいこと 42• 身長・体重の計測 44• 肥満はこんな病気の原因になる 48• 体脂肪を減らす5つのポイント 50• やせすぎの人はこのような点に注意する 53• 目の検査• 目はこんな働きをしている 54• 視力検査 56• 眼圧検査 57• 視野検査 58• 眼底検査 59• 眼底検査の診断につかわれる用語の意味 60• 視力が低下していることがわかったら 64• 高齢者に多い主な目の異常と対策は 65• 耳の検査• 耳はこんな働きをしている 66• 聴力検査 67• 聴覚の主な異常と対策は 68• こんなときは補聴器が必要 69• 甲状腺の検査• 甲状腺はこんな働きをしている 70• TSH・FT 3・FT 4 71• 甲状腺の異常はこんな病気をもたらす 72• 呼吸器の検査• 呼吸器はこんな働きをしている 74• 胸部X線検査 76• 胸部X線検査の診断につかわれる用語の意味 77• 呼吸機能検査 80• 胸部CT検査 81• 気管支鏡検査 82• 喀痰検査 83• 慢性閉塞性肺疾患と診断されたら 84• 睡眠時無呼吸症候群の診断と対策は 85• 心臓の検査• 心臓はこんな働きをしている 86• 心電図検査 88• 心電図の判定につかわれる用語の意味 89• 負荷心電図検査 93• 心臓X線検査 94• 心臓X線検査の判定につかわれる用語の意味 95• 心臓超音波(エコー)検査 96• 冠動脈造影検査 97• 狭心症・心筋梗塞を発症するおそれがあるときは 98• 血管の検査• 血管の働きと動脈・静脈の病気 100• 頚動脈超音波検査 102• 血管造影検査 103• 注意したい静脈の「詰まり」と「こぶ」 104• エコノミークラス症候群も血管の病気 105• 血圧の検査• 血圧について知っておきたいこと 106• 血圧 108• 加齢とともに増える本態性高血圧 111• ほかの病気が原因で起こる二次性高血圧 112• 高血圧の人はこんな病気にかかりやすい 113• 血圧を下げるための5つのポイント 115• 低血圧の人はこんな点に注意する 117• 消化管の検査• 消化管はこんな働きをしている 118• 上部消化管X線バリウム検査 120• 上部消化管内視鏡検査 121• 消化管の診断につかわれる用語の意味 122• ピロリ菌検査 128• 逆流性食道炎と診断されたら 129• 胃・十二指腸の異常が発見されたら 130• 大腸の検査• 大腸はこんな働きをしている 132• 便潜血検査 134• 下部消化管X線バリウム検査 135• 下部消化管内視鏡検査 136• 大腸ポリープが発見されたら 137• 肝臓の検査• 肝臓はこんな働きをしている 138• AST GOT ・ALT GPT 139• LDH 144• LAP 145• アルカリフォスファターゼ ALP 146• コリンエステラーゼ ChE 147• 総・直接ビリルビン TB・DB 148• TTT・ZTT 149• 総蛋白・アルブミン 150• HA抗体 151• HBs抗原 152• HCV抗体 153• 上腹部超音波検査 154• 肝臓・胆道・胆のうの超音波検査の判定につかわれる用語の意味 155• 上腹部CT・MRI検査 159• ERCP・MRCP検査 160• DIC検査 161• 腹腔鏡検査 162• 腹部血管造影検査 163• ウイルス性肝炎にはさまざまなタイプがある 164• 急性・慢性肝炎、肝硬変、肝がんについて知っておきたいこと 165• 脂肪肝と診断された場合の対策は 167• 胆石が発見された場合の対策は 169• 膵臓の検査• 膵臓はこんな働きをしている 171• 血清膵アミラーゼ 172• 尿アミラーゼ 173• 上腹部超音波検査 174• 膵臓の超音波検査の判定につかわれる用語の意味 175• 上腹部CT・MRI検査 176• 膵炎と診断された場合の対策は 177• 腎臓の検査• 腎臓・尿管はこんな働きをしている 179• 尿pH(ペーハー) 180• 尿たんぱく 181• 尿潜血 182• 尿沈渣 183• 尿検査につかわれる用語の意味 184• 尿素窒素 BUN 185• クレアチニン Cr 186• 上腹部超音波検査 187• 腎臓の超音波検査の判定につかわれる用語の意味 188• 上腹部CT・MRI検査 189• 腎盃尿管造影検査 190• 膀胱鏡検査 191• 尿路結石が発見されたときは 192• 血液の検査• 血液に含まれる主な成分はこんな働きをしている 193• 赤血球数 RBC 195• 血色素(ヘモグロビン) 196• ヘマトクリット 197• MCV・MCH・MCHC 198• 網状赤血球 199• 血清鉄 Fe ・UIBC 200• 白血球数・血液像 201• 赤沈(血沈) 202• 血小板 203• 出血時間 204• PT・APTT 205• トロンボテスト TT 206• ヘパプラスチンテスト 207• 鉄欠乏性貧血と診断されたら 208• 脂質異常症の検査• コレステロールと中性脂肪はこんな働きをしている 209• 脂質異常症はこんな病気 211• 総コレステロール TC 213• LDLコレステロール 214• HDLコレステロール 216• 中性脂肪 TG 218• 高LDLコレステロール値を下げるには 220• 高中性脂肪(トリグリセリド)値を下げるには 222• 低HDLコレステロール血症を改善するには 224• 脂質異常症の最大要因「脂肪」について知っておきたいこと 226• 糖尿病の検査• 血糖はインスリンの働きで調整される 228• 糖尿病の新しい診断基準 230• 血糖 231• ブドウ糖負荷試験 233• HbA1c 234• 糖尿病でこわいのはいろいろな合併症 235• 血糖値をコントロールする5つのポイント 237• 尿酸の検査• 痛風・高尿酸血症について知っておきたいこと 239• 血中尿酸 241• 高尿酸血症を改善する6つのポイント 244• 骨・筋肉の検査• 全身の骨と筋肉はこんな働きをしている 246• 骨密度検査 248• CK CPK 249• 筋電図検査 250• 骨・筋肉CT・MRI検査 251• 骨粗しょう症を改善する5つのポイント 252• 歯を失う主な原因はむし歯と歯周病 254• 乳房の検査• 乳房はこんな構造になっている 256• 自己触診 257• 乳腺超音波検査 258• マンモグラフィー検査 259• 乳房の超音波検査の判定につかわれる用語の意味 260• 乳房の主な病気と対策は 261• 女性器の検査• 女性器はこんな働きをしている 262• 触診 263• 経膣超音波検査 264• 子宮細胞診検査 265• 婦人科系の病気の診断につかわれる用語の意味 266• 下腹部CT・MRI検査 267• 女性器の主な病気と対策は 268• 電解質の検査• 電解質はこんな働きをしている 270• ナトリウム Na 271• カリウム K 272• カルシウム Ca 273• マグネシウム Mg 274• クロール Cl 275• 感染症の検査• 抗原と抗体はこんな働きをしている 276• CRP 277• ASO ASLO 278• QFT検査 279• STD 280• 細菌の検査• 微生物・寄生虫検査について知っておきたいこと 282• 尿・便 283• 日ごろ話題となるウイルス感染症の種類と症状 284• 感染症の予防法と感染後の対策は 285• アレルギーの検査• アレルギーとアレルゲンについて知っておきたいこと 286• IgE 287• 特異的IgE 288• パッチテスト 289• アレルギーのある人のホームケア 290• 膠原病の検査• 膠原病について知っておきたいこと 292• リウマトイド因子 RF 294• 抗核抗体 ANA 295• 関節リウマチはこんな病気 296• 脳の検査• 脳はこんな働きをしている 298• 頭部CT検査 300• 頭部MRI・MRA検査 301• 脳波 302• 脳血管造影検査 303• 脳血管疾患にはこんな種類がある 304• 脳血管の異常や病気が発見されたときは 306• 腫瘍マーカー検査• 腫瘍(がん)の検査について知っておきたいこと 308• CEA 309• AFP 310• CA19-9 311• CA125 312• PSA 313• がんの検査• がんの検査と治療について知っておきたいこと 314• 細胞診 317• 病理組織検査(生検) 318• がんにならないための日常生活のポイント 320• がんの三大治療法とその課題 322• PART3 6つの健康習慣「一無・二少・三多」• 6つの健康習慣「一無・二少・三多」とは 324• 1 無煙 禁煙し、周囲の煙を吸わない 326• 2 少食 食事量は腹八分目に 328• 3 少酒 少量の酒は薬、多量の酒は毒 330• 4 多動 「メタボ」「ロコモ」を予防 332• 5 多休 休憩・睡眠・休日・休暇を 334• 6 多接 人や物に接してストレスを発散 336• 人間ドックでの基本的な検査 338• 人間ドックで行なわれる検査の「判定区分」 340• さくいん 342 さくいん• 悪性貧血 あくせいひんけつ 194• 悪玉 あくだま コレステロール 209、214、215• 圧排像 あっぱいぞう 122• アテローム 48、100、101• アテローム硬化 こうか 100、101• アトピー性疾患 せいしっかん 287• アミラーゼ 172• アルカリ尿 にょう 180• アルカリフォスファターゼ ALP 146• アルコール性肝炎 せいかんえん 139、164、167• アルコール性肝障害 せいかんしょうがい 142• アルブミン 150、181• アレルギー 286、287~289、290~291• アレルギー性疾患 せいしっかん 287• アレルゲン 286、288、289、290~291• アンギオグラフィー 36• 胃 い 118~119• 胃液食道逆流 いえきしょくどうぎゃくりゅう 125• 胃炎 いえん 119• 胃外性腫瘤 いがいせいしゅりゅう 12• 胃潰瘍 いかいよう 119、120、121、125、134、309• 胃潰瘍瘢痕 いかいようはんこん 125• 胃下垂 いかすい 119、125• 胃 い がん 121、310、318• 胃陥凹性病変 いかんおうせいびょうへん 125• 胃憩室 いけいしつ 125• 移行上皮 いこうじょうひ 183、184• 移行帯右偏位 いこうたいうへんい 92• 移行帯左偏位 いこうたいさへんい 92• 萎縮性胃炎 いしゅくせいいえん 125、128• 異常 いじょう Q波 は 、QS型 かた 90• 異所性腎 いしょせいしん 188• 胃穿孔 いせんこう 130• 1型糖尿病 いちがたとうにょうびょう 230• I度房室 いちどぼうしつ ブロック 89• 1秒率 いちびょうりつ 80• 1秒量 いちびょうりょう 80• 一価不飽和脂肪酸 いっかふほうわしほうさん 226~227• 胃粘膜下腫瘍 いねんまくかしゅよう 125• 胃 い びらん 125• 胃壁硬化像 いへきこうかぞう 125• 胃 い ポリープ 119、121、126• 胃隆起性病変 いりゅうきせいびょうへん 126、127• 陰影欠損 いんえいけっそん 122• インスリン 171、228~230• 陰性 いんせい T 90• インフルエンザ 284• ウイルス感染症 かんせんしょう 276、284• ウイルス抗体価 こうたいか 276• ウイルス性肝炎 せいかんえん 164• 右胸心 うきょうしん 90、95• 右軸偏位 うじくへんい 90• 右室肥大 うしつひたい 90• う蝕 しょく 254• 右側大動脈弓 うそくだいどうみゃくきゅう 95• うっ血乳頭 けつにゅうとう 60• 右房負荷 うほうふか 90• エコー検査 けんさ 30~31• エコノミークラス症候群 しょうこうくん 105• 円形陰影 えんけいいんえい 77• 遠視 えんし 55、56、61• 円背 えんはい 77• 横隔膜挙上 おうかくまくきょじょう 77• 横隔膜高位 おうかくまくこうい 77• 潰瘍性大腸炎 かいようせいだいちょうえん 136、293• 化学療法 かかくりょうほう (がん治療 ちりょう ) 322• 喀痰検査 かくたんけんさ 83• 拡張期血圧 かくちょうきけつあつ 108、110、111• 角膜接触法 かくまくせっしょくほう 57• 角膜非接触法 かくまくひせっしょくほう 57• 家族性高脂血症 かぞくせいこうしけつしょう 213~215、218• 過敏性腸症候群 かびんせいちょうしょうこうぐん 133• 下部消化管X線検査 かぶしょうかかんエックスせんけんさ 135• 下部消化管X線 かぶしょうかかんエックスせん バリウム検査 けんさ 135• 下部消化管内視鏡検査 かぶしょうかかんないしきょうけんさ 35、136• カメレオンサイン 155• カリウム K 272• ガリウムシンチグラフィー 37• 顆粒円柱 かりゅうえんちゅう 184• 軽 かる いR波 は の増高 ぞうこう ・高電位 こうでんい 90• カルシウム Ca 273• 加齢黄斑変性 かれいおうはんへんせい 55、60、65• がん 308、314~316、320~322• 眼圧検査 がんあつけんさ 57• 肝炎 かんえん 310• 肝炎 かんえん ウイルス 151~153、164~166• 肝外胆管拡張 かんがいたんかんかくちょう 157• 肝血管異常 かんけつかんいじょう 155• 肝血管腫 かんけつかんしゅ 155• 肝硬変 かんこうへん 139、147、150、155、162、165~167、203、205、234、294、310• 間質性肺炎 かんしつせいはいえん 77、80• 肝腫瘤 かんしゅりゅう 155• 肝 かん シンチグラフィー 37• 関節 かんせつ リウマチ RA 293、294、296~297• 完全右脚 かんせんうきゃく ブロック 91• 完全左脚 かんぜんさきゃく ブロック 91• 感染症 かんせんしょう 200、202、237、276、277、285• 肝臓 かんぞう 138• 肝 かん がん 139、147、154、159、163、165~166、310• がん胎児性抗原 たいじせいこうげん CEA 309• 眼底検査 がんていけんさ 59• 眼底出血 がんていしゅっけつ 55、59、60• 冠動脈造影検査 かんどうみゃくそうえいけんさ 97• 肝内結石 かんないけっせき 155• 肝内石灰化 かんないせっかいか 156• 肝内胆管拡張 かんないたんかんかくちょう 156• 肝内胆管腫瘍 かんないたんかんしゅよう 156• 肝 かん のう胞 ほう 156• 気管圧排 きかんあっばい 77• 気管狭窄 きかんきょうさく 77• 気管支援拡張像 きかんしかくちょうそう 77• 気管支鏡検査 きかんしきょうけんさ 82• 気管支 きかんし ぜんそく 75• 気管支内視鏡検査 きかんしないしきょうけんさ 35• 気管支壁肥厚像 きかんしへきひこうぞう 77• 気管偏位 きかんへんい 77• 気胸 ききょう 77• 奇静脈葉 きじょうみゃくよう 77• 偽性血小板減少症 ぎせいけっしょうばんげんしょうしょう 203• 寄生虫 きせいちゅう 282• 逆流性食道炎 ぎゃくりゅうせいしょくどうえん 119、123、129• 急性胃粘膜病変 きゅうせいいねんまくびょうへん 126• 急性肝炎 きゅうせいかんえん 139、155、165~166、205• 急性甲状腺炎 きゅうせいこうしょうせんえん 71• 急性膵炎 きゅうせいすいえん 175、177• 急性扁桃炎 きゅうせいへんとうえん 278• 胸郭変形 きょうかくへんけい 77• 凝固因子欠乏 ぎょうこいんしけつほう 207• 狭窄 きょうさく 122• 狭心症 きょうしんしょう 87、88、93、97、98~99、113• 胸水 きょうすい 76、77• 矯正視力 きょうせいしりょく 56• 胸部X線検査 きょうぶエックスせんけんき 34、76、77• 胸部 きょうぶ CT検査 けんさ 81• 胸壁腫瘤影 きょうへきしゅりゅうえい 77• 胸膜石灰化影 きょうまくせっかいかえい 77• 胸膜肥厚 きょうまくひこう 77• 胸膜癒着 きょうまくゆちゃく 77• 虚血性心疾患 きょけつせいしんしっかん 236、242• 禁煙 きんえん 326~327• 近視 きんし 55、56、61• 筋腫様子宮 きんしゅようしきゅう 266• 筋電図検査 きんでんずけんさ 250• 筋肉 きんにく 246~247• 空洞性陰影 くうどうせいいんえい 77• クモ膜下出血 まくかしゅっけつ 113、304~306• クラスターサイン 156• クレアチニン 186• グロブリン 150• クロール CI 275• クローン病 びょう 134、135• 頚管 けいかん ポリープ 263、266• 憩室 けいしつ 122• 経静脈性胆道造影 けいじょうみゃくせいたんどうぞうえい DIC 161• 経膣超音波検査 けいちつちょうおんぱけんさ 264• 頚動脈超音波検査 けいどうみゃくちょうおんぱけんさ 102• 経鼻的持続陽圧人工呼吸法 けいびてきじぞくようあつじんこうこきゅうほう (CPAP シーパップ 療法) 85• 外科療法 げかりょうほう (がん治療 ちりょう ) 322• 血圧 けつあつ 106• 血液 けつえき 193~194• 血液像 けつえきぞう 201• 血管 けっかん 100~101• 血管炎症候群 けっかんえん〓こうぐん 293• 血管造影検査 けっかんぞうえいけんさ 36、103• 月経困難症 げっけいこんなんしょう 268• 血色素 〓しきそ 196、198• 結晶 けっしょう 184• 血小板 けっしょうばん 193、194、203• 血小板血症 けっしょうばんけっしょう 203• 血小板減少症 けっしょうばんげん〓 204• 血小板減少性紫斑病 けっ〓せいしはんびょう 194、203• 血清膵 けっせいすい アミラーゼ 172• 血清鉄 けっせいてつ Fe 200• 結節影 けっせつえい 77• 血沈 けっちん 202• 血糖値 けっとうち 48、171、228~230、231、232~235、237、238• 血友病 けつゆうびょう 194• 限局性腫大 げんきょくせいしゅだい 175• 原虫 げんちゅう 184、282• 高 こう LDLコレステロール血症 けっしょう 211、220• 抗核抗体 こうかくこうたい ANA 295• 高 こう カリウム血症 けっしょう 272• 高 こう カルシウム血症 けっしょう 273• 高眼圧症 こうがんあつしょう 57• 抗 こう がん剤 ざい 322• 高 こう クロール血症 けっしょう 275• 高血圧 こうけつあつ 48、106、108、111~116• 高血圧性網膜症 こうけつあつせいもうまく〓 114• 抗原 こうげん 152、276• 膠原病 こうげんびょう 149、150、202、277、292~293、294、295• 高 こう コレステロール血症 けっしょう 211、216• 虹彩毛様体炎 こうさいもうようたいえん 57• 甲状腺 こうじょうせん 70• 甲状腺機能亢進症 こうじょうせんきのうていしん〓 71、72、146、213、214、249• 甲状腺機能低下症 こうじょうせんきのうていか〓 71、73、213、214、249、274• 甲状腺 こうじょうせん シンチグラフィー 37• 甲状腺 こうじょうせん ホルモン 70、71、72、73、229• 抗 こう ストレプトリジンーO ASO、ASLO 278• 抗体 こうたい 276• 高中性脂肪血症 こうちゅうせいしほうけっしょう 211、218、222• 高 こう トリグリセリド血症 けっしょう 211• 高 こう ナトリウム血症 けっしょう 271• 高尿酸血症 こうにょうさんけっしょう 49、180、239~240、241、242、244~245、331• 高 こう マグネシウム血症 けっしょう 274• 呼吸器 こきゅうき 74~75• 骨 こつ シンチグラフィー 37• 骨粗 こつそ しょう症 しょう 248、252~253• 骨密度検査 こつみつどけんさ 248• コメット様 よう エコー 157• コリンエステラーゼ ChE 147• コレステロール 209~210• コレステロール胆石 たんせき 169• 最高血圧 さいこうけつあつ 107、108、109、115~117• 再生不良性貧血 さいせいふりょうせいひんけつ 194、199、201• 最低血圧 さいていけつあつ 107、108、110、116、117• 細動脈硬化 さいどうみゃくこうか 100• 細胞質内封入体 さい〓うしつない〓うたい 183、184• 細胞診 さいぼうしん 83、265、317• サイロキシン 70• 左脚後枝 さきゃくこうし ブロック 91• 左脚前枝 さきゃくせんし ブロック 91• 索状影 さくしょうえい 78• 左軸偏位 さしくへんい 91• 左室肥大 さしつひだい 91• 擦過細胞診 さっかさいぼうしん 317• 左房調律 さぼうちょうりつ 91• 左房負荷 さぼうふか 91• サルコイドーシス 78、79、82• 酸性尿 さんせい〓 180• 三大合併症 さんだいがっべいしょう (糖尿病 とうにょうびょう の三大合併症 さんだいがっべいしょう ) 235• III度房室 さんとぼうしつ ブロック 89• 子宮 しきゅう がん 263、309、312、322• 子宮筋腫 しき〓うきんしゅ 208、263、264、266、267、268、312• 子宮頚 しきゅうけい がん 265、266• 子宮頚管炎 しきゅうけいかんえん 266• 子宮頚部異形成 しきゅうけいぶいけいせい 266• 子宮腫大 しきゅうしゅたい 266• 子宮腫瘍 しきゅうしゅよう 266、267• 子宮体 しきゅうたい がん 264、266• 糸球体腎炎 しきゅうたいしんえん 184、278• 子宮膣部 しきゅうちつぶ びらん 266• 子宮内感染症 しきゅうないかんせい〓 266• 子宮内膜症 しきゅうないまく〓 263、266、267、269、312• 耳垢塞栓 じこうそくせん 67• 自己触診 じこ〓しん 257• 自己免疫性萎縮性胃炎 じこめんえきせいい〓せいいえん 293• 自己免疫性溶血性貧血 じこめんえきせいようけつせいひんけつ 293• 脂質異常症 ししついじょうしょう 18、44、48、49、100、147、149、211~212、214、226~227、307、331• 歯周病 し〓びょう 255• 視神経萎縮 ししんけいい〓 60• 視神経乳頭炎 ししんけい〓とうえん 60• 視神経乳頭蒼白化 ししんけいにゅうとうそうはくか 60• 視神経乳頭浮腫 ししんけいにゅうとうふしゅ 60• 自然気胸 しぜんききょう 75• 歯槽膿漏 しそうのうろう 255• 脂肪円柱 しぼうえんちゅう 184• 脂肪肝 しぼうかん 49、139、142、147、156、159、166、167、168、331• 視野検査 しやけんさ 58• ジャンクションST 91• 縦隔拡大 し〓うかくかくたい 78• 縦隔気腫 じゅうかくきしゅ 78• 縦隔腫瘍 じゅうかくしゅよう 78• 縦隔 じゅうかく リンパ節腫大 せつしゅだい 78• 縦隔 じゅうかく リンパ節石灰化影 せつせっかいかえい 78• 収縮期血圧 しゅうしゅくきけつあつ 108、109、111、117• 重症筋無力症 じゅうしょうきんむりょくしょう 293• 十二指腸 じゅうにしちょう 118~119• 十二指腸炎 じゅうにしちょうえん 119、126• 十二指腸潰瘍 〓にしちょうかいよう 119、126、128、130• 十二指腸潰瘍瘢痕 〓にしちょうかいようはんこん 126• 十二指腸憩室 〓しうょうけいしつ 126• 十二指腸走行異常 〓うにしちょうそうこうい〓ょう 126• 十二指腸粘膜下腫瘍 じゅうにしちょうねんまくかしゅよう 126• 十二指腸 じゅうにしちょう びらん 126• 十二指腸 じゅうにしちょう ポリープ 119• 十二指腸変形 じゅうにしちょうへんけい 126• 粥状硬化 じゅくじょうこうか 100• 手術療法 しゅじゅつちょうほう (がん治療 ち〓 ) 322• 出血時間 しゅっけつじかん 204• 術後血管 じゅつごけっかん 95• 腫瘍 しゅよう マーカー 308• 純音聴力検査 じゅんおんちょうりょくけんさ 67• 消化器 しょうかき がん 309、311• 条件不良 じょうけんふりょう 126• 猩紅熱 しょうこうねつ 278• 硝子円柱 しょうしえんちゅう 184• 硝子体混濁 しょうしたいこんたく 60• 上室性期外収縮 しょうしつせいきかいしゅうしゅく 91• 上室性頻拍 じょうしつせいひんはく 91• 上皮円柱 じょうひえんちゅう 184• 上部消化管内視鏡検査 じょうぶしょうかかんないしきょうけんさ 35• 静脈瘤 しょうみゃくりゅう 101• 触診 しょくしん 263• 食道 しょくどう 118~119• 食道 しょくどう アカラシア 123• 食道炎 しょくどうえん 123• 食道外腫瘍 しょくどうがいしゅよう 124• 食道潰瘍 しょくどうかいよう 124• 食道拡張 しょくどうかくちょう 124• 食道憩室 しょくどうけいしつ 124• 食道腫瘍 しょくどうしゅよう 124• 食道静脈瘤 〓どうじょうみゃく〓 124、207• 食道粘膜下腫瘍 しょくどうねんまくかしゅよう 124• 食道 〓くどう びらん 124• 食道裂孔 しょくどうれっこう ヘルニア 124• 女性器 じょせいき 262• 視力 し〓 56、64• シルエットサイン 78• 腎萎縮 じんいしゅく 188• 心陰影拡大 しんいんえいかくたい 95• 腎孟拡張 じんうかくちょう 188• 腎盂尿管造影検査 じんうにょうかんぞうえいけんさ 190• 腎 しん がん 189• 真菌 しんきん 184• 心筋梗塞 しんきんこうそく 87、88、91、97、98~99、113、139、144• 心筋症 しんきんしょう 87• 心筋 しんきん シンチグラフィー 37• 腎血管筋脂肪腫 じんけっかんきんしぼうしゅ 188• 心室性期外収縮 しんしつせいきかいしゅうしゅく 91• 心室調律 しんしつちょうりつ 91• 心室内 しんしつない ブロック 92• 心室頻拍 しんしつひんばく 92• 心術後 しんじゅつご 95• 滲出斑 しんしゅつはん 60• 浸潤影 しんじゅんえい 78• 腎 しん シンチグラフィー 37• 真性多血症 しんせいたけつしょう 195~197• 腎石灰化 じんせっかいか 188• 心臓 しんぞう 87• 腎臓 じんぞう 179• 心臓X線検査 しんぞうエックスせんけんさ 94、95• 心臓 しんぞう カテーテル検査 36、97• 腎臓結石 じんぞうけっせき 188• 腎臓腫大 じんぞうしゅたい 188、189• 腎臓腫瘤 じんぞうしゅりゅう 188• 心臓超音波検査 しんぞうちょうおんぱけんさ 31、96• 心臓弁膜症 しんぞうへんまくしょう 87、96• シンチグラフィー 37• 心電図検査 しんでんずけんさ 88、89~93• 伸展不良 しんてんふりょう 122• 腎 じん のう胞 ほう 188、189• 心肥大 しんひだい 87、88、113• 深部静脈血栓症 しんぶじょう〓けっせいしょう 101、104、206• 心不全 しんふぜん 87、95、96、113、144、186• 腎不全 じんふせん 113、172、181、188、189、195~197、241、272、274、275• 心房細動 しんぼうさいどう 86、92• 心房粗動 しんぼうそどう 92• 心膜欠損 しんまくけっそん 95• 膵炎 すいえん 172、173、177~178、311• 膵 すい がん 161、172• 膵管拡張 すいかんかくちょう 175• 膵腫瘍 すいしゅよう 173• 水腎症 すいじんしょう 188、189• 膵石 すいせき 172、175• 膵臟 すいぞう 171• 膵臟壊融死 すいぞうえし 175• 膵臓腫瘤 すいぞうしゅりゅう 175• 膵 すい のう胞 ほう 172、175• 睡眠時無呼吸症候群 すいみんじむこきょうしょうこうぐん 85• 睡眠 すいみん ポリグラフィー PSG 85• スパイラルCT 32、81• スラッジ 157• 正球性正色素性貧血 せいきゅうせいせいしきそせいひんけつ 198• 生検 せいけん 121、318• 性行為感染症 せいこういかんせんしょう STD 280• 赤沈 せきちん 202• 石灰化影 せっかいかえい 78• 赤血球円柱 せっけっきゅうえんちゅう 184• 赤血球数 せっけっきゅうすう 195• セミノーム 314• 閃輝性硝子体融解症 せんきせいしょうしたいゆうかいしょう 60• 線状影 せんじょうえい 78• 全身性 ぜんしんせい エリテマトーデス 293• 全身性硬化症 ぜんしんせいこうかしょう PSS 293• 前増殖糖尿病綱膜症 ぜんぞうしょくとうにょうびょうもうまくしょう 60• 善玉 ぜんだま コレステロール 209、216、217• 前立腺 ぜんりつせん がん 313• 前立腺肥大症 ぜんりつせんひだいしょう 313• 造影剤残留 ぞうえいだいざんりゅう 78• 総 そう コレステロール 213、216、224• 増殖糖尿病網膜症 ぞうしょくとうにょうびょうもうまくしょう 61• 総胆管結石 そうたんかんけっせき 157、160、161、172• 総蛋白 そうたんばく 150• 総 そう ビリルビン TB 148• 僧帽性 そうぼうせい P 91• 側弯症 そくわんしょう 78• 大球性高色素性貧血 だいきゅうせいこうしきそせいひんけつ 198• 体腔鏡手術 たいくうきょうしゅじゅつ (がん治療 ちりょう ) 322• 体脂肪 たいしぼう 42~45、50~52、332• 体脂肪率 たいしぼうりつ 44-45• 帯状疱疹 たいじょうほうしん 284• 大腸 だいちょう 132~133• 大腸炎 だいちょうえん 134• 大腸 だいちょう がん 133、134~136、320• 大膓結核 だいちょうけっかく 136• 大腸 だいちょう ポリープ 134~136、137• 大動脈解離 たいどうみゃくかいり 101、103• 大動脈拡張 だいどうみゃくかくちょう 95• 大動脈弓突出 だいどうみゃくきゅうとっしゅつ 95• 大動脈石灰化 だいどうみゃくせっかいか 95• 大動脈蛇行 だいどうみゃくだこう 95• 大動脈弁閉鎖不全症 だいどうみゃくべんへいさふせんしょう 108• 大動脈瘤 だいどうみゃくりゅう 95• 大脳 だいのう 300、301• 多価不飽和脂肪酸 たかふほうわしぼうさん 226~227• 多血症 たけつしょう 195~197、202• 多発性骨髓腫 たはつせいこつずいしゅ 149、150• 胆管狭窄 たんかんきょうさく 157• 胆管結石 たんかんけっせき 157• 胆管腫瘤 たんかんしゅりゅう 157• 胆砂 たんさ 157• 胆汁 たんじゅう うっ滞 たい 142• 単純糖尿病網膜症 たんじゅんとうにょうびょうもうまく〓ょう 61• 単純 たんじゅん ヘルペス 284• 胆石 たんせき 145、154、157、159、161、169、170• 胆泥 たんでい 157• 胆道気腫症 たんどうきしゅしょう 157• 胆道結石 たんどうけっせき 173• 胆 たん のう 138• 胆 たん のう炎 えん 145、158• 胆 たん のう縮小 しゅくしょう 158• 胆 たん のう腫大 しゅだい 158• 胆 たん のう腫瘤 しゅりゅう 158• 胆 たん のう腺筋症 せんきんしょう 158• 胆 たん のう壁肥厚 へきひこう 158• 胆 たん のうポリープ 158、161• 膣炎 ちつえん 266• 膣 ちつ カンジダ 284• チモール混濁試験 こんだくしけん TTT 149• 中耳炎 ちゅうじえん 167• 中心性漿液性脈絡網膜症 ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう 61• 中性脂肪 ちゅうせいしぼう TG 167、209~210、218、219• 注腸造影検査 ちゅうちょうぞうえいけんさ 135• 注腸 ちゅうちをう バリウム検査 けんさ 135• 中脳 ちゅうのう 298• 中膜石灰化硬化 ちゅうまくせっかいかこうか 100• 超音波検査 ちょうおんぱけんさ 30~31、154、155、174、187、188• 重複賢盂 ちょうふくじんう 188• 聴力 ちょうりょく 67• 直接 ちょくせつ ビリルビン DB 148• 直腸 ちょくちょう がん 135、136• 陳旧性胸膜炎 ちんきゅうせいきょうまくえん 78• 痛風 つうふう 239~240、241、242• ツベルクリン反応 はんのう 279• 低 てい HDLコレステロール血症 けっしょう 211、224~225• 低 てい カリウム血症 けっしょう 272• 低 てい カルシウム血症 けっしょう 273• 低 てい クロール血症 けっしょう 275• 低血圧 ていけつあつ 108、117• 低電位 ていでんい 92• 低 てい ナトリウム血症 けっしょう 271• 低 てい マグネシウム血症 けっしょう 274• 鉄欠乏性貧血 てつけつほうせいひんけつ 194、196~198、200、203、208• デブリ 158• 電解質 でんかいしつ 270• 洞性徐脈 どうせいじょみゃく 86、92• 洞性頻脈 どうせいひんみゃく 86、92• 洞性不整脈 どうせいふせいみゃく 92• 糖尿病 とうにょうびょう 48、172、213、216、218、228~230、234、235、274、294、309• 糖尿病神経障害 とうにょうびょうしんけいしょうがい 235、236、250• 糖尿病腎症 とうにょうびょうじんしょう 235• 糖尿病網膜症 とうにょうびょうもうまくしょう 59、61、235• 洞房 どうぼう ブロック 92• 動脈種化 どうみゃくこうか 48、59、95、100~102、210、213、214、216、218、304• 動脈破裂 どうみゃくはれつ 101• 動脈瘤 どうみゃくりゅう 101、303• 透亮像 とうりょうそう 122• 特異的 とくいてき IgE 288• 時計方向回転 とけいほうこうかいてん 92• 突発性難聴 とっはつせいなんちょう 68• トリグリセリド 218、222• トリコモナス 282、284• トリプシン 118、171• ドルーゼン 62• トレポネーマ・パリダム TP 280• トロンボテスト TT 206• 内視鏡検査 ないしきょうけんさ 35、40、121• 内視鏡手術 ないしきょうしゅじゅつ (がん治療 ちりょう ) 322• 内視鏡的逆行性胆管膵管造影 ないしきょうてきぎゃっこうせいたんかんすいかんぞうえい ERCP 160• 内視鏡的粘膜切除術 ないしきょうてきねんまくせつじょじゅつ EMR 322• 内臓逆位 ないぞうぎゃくい 122• 内臓脂肪型肥満 ないぞうしぼうがたひまん 43• ナトリウム 271• 難聴 なんちょう 67~69• 軟部蔭影 なんぶいんえい の異常 いじょう 78• 2型糖尿病 にがたとうにょうびょう 230• 肉腫 にくしゅ 314• 二次性高血圧 にじせいこうけつあつ 112、272• 二重輪郭 にじゅうりんかく 122• 2相性 にそうせい T 89• ニッシエ 122• II度房室 にどぼうしつ ブロック 89• 乳 にゅう がん 257~260、261、322• 乳酸脱水素酵素 にゅうさんだっすいそこうそ LDH 144• 乳腺異物 にゅうせんいぶつ 260• 乳腺炎 にゅうせんえん 260• 乳腺結節 にゅうせんけっせつ 260• 乳腺腫瘤 にゅうせんし〓 260• 乳腺症 にゅう〓 258、260、261• 乳腺線維腺腫 にゅう〓 258、261• 乳腺超音波検査 にゅう〓 258• 乳腺 にゅう〓 のう胞 ほう 260• 乳頭異常分泌 にゅうとういじょう〓 260• 乳頭陥凹 にゅうとうかんおう 62• 乳頭部 にゅうとうぶ びらん 260• 乳房 にゅうぼう 256• 乳房X絵検査 にゅうぼうエックスせんけんさ 259• 尿 にょう アミラーゼ 173• 尿管 にょうかん 179• 尿検査 にょうけんさ 184、283• 尿細管上皮細胞 にょうさいかんじょうひさいぼう 184• 尿酸 にょうさん 239、240、241~242、243• 尿潜血 にょうせんけつ 182• 尿素窒素 にょうそちっそ BUN 185• 尿 にょう たんぱく 181• 尿沈渣 にょうちんさ 183• 尿 にょう pH(ペーハー) 180• 尿路結石 にょうろけっせき 182、188、192、241• 粘液水腫 ねんえきすいしゅ 73• 粘膜 ねんまく ひだ集中 しゅうちゅう 122• 粘膜不整 ねんまくふせい 122• 脳 のう 298~299• 脳血管障害 のうけっかん〓 304~307• 脳血栓 のうけっせん 214、236、304• 脳血流 のうけつりゅう シンチグラフィー 37• 脳梗塞 のうこうそく 33、113、236、300、303• 脳出血 のうしゅっけつ 33、113、300、304~307• 脳腫瘍 のうしゅよう 58、300、303• 脳塞栓 のうそくせん 236、304• 脳卒中 のうそう〓 304~307• 脳 のう ドック 306~307• 脳動脈瘤 のうどうみゃくりゅう 301• 脳波 のうは 302• のう胞腎 ほうじん 188• ノロウイルス 284• ロタウイルス 284• 肺炎 はいえん 75、76、81、83• 肺過膨張 はいかほうちょう 78• 肺 はい がん 75、76、78、81~83、309、322• 肺換気 はいかんき シンチグラフィー 37• 肺気腫 はいきしゅ 75、76、79、80、84• 肺結核 はいけっかく 76、83• 肺血管影異常 はいけっかんえいいじょう 79• 肺血栓塞栓症 はいけっせんそくせんしょう 37、101• 肺血流 はいけつりゅう シンチグラフィー 37• 肺腫瘍 はいしゅよう 79• 肺性 はいせい P 90• 肺線維症 はいせんいしょう 79、80• 肺動脈幹拡張 はいどうみゃくかんかくちょう 95• 梅毒血清検査 ばいどくけっせ〓んさ 280• 肺年齢 はいねんれい 80• 肺門部石灰化 はいもんぶせっかいか 79• 肺紋理増強 はいもんりぞういきょう 79• 肺野透過性亢進 はいやとうかせいこうしん 79• ばく状胃 じょうい 126• 白内障 はくないしょう 55、58、62、65• 白斑 はくはん 62• 播腫性血管内凝固症候群 はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん DIC 202、204、207• バセドウ病 〓 71、72• 白血球円柱 はっけっ〓 184• 白血球数 はっけっきゅうすう 201• 白血病 はっけつびょう 144、194、199、201• パッチテスト 289• 馬蹄腎 はていじん 188• バリウムX線 エックスせん 120• バリウム斑 はん 123• バルトリン線 せん のう腫 しゅ 266• 反時計方向回転 はんとけいほうこうかいてん 92• ハンプサイン 156• 皮下脂肪型肥満 ひかしぼうがたひまん 43• 非腫瘍性 ひしゅようせい ポリープ 137• 微生物 びせいぶつ 283• ビタミンB 12欠乏性貧面 けつほうせいひんけつ 198• ビタミンK欠乏症 けつほうしょう 206、207• 被 ひ ばく線量 せんりょう 34• 皮膚筋炎 ひふきんえん DM 293• びまん性網状影 せいもうじょうえい 79• びまん程粒状影 せいりゅうじょうえい 79• 病理組織検査 びょうりそしきけんさ 318、319• びらん性冑炎 せいいえん 126• 微量 びりょう アルブミン尿検査 にょうけんさ 181• ピロリ菌 きん 128• 負荷心電図 ふかしんでんず 93• 不完全右脚 ふかんぜんうきゃく ブロック 92• 不完全左脚 ふかんぜんさきゃく ブロック 92• 腹囲 ふくい 45、47• 腹腔鏡検査 ふくくうきょうけんさ 35、162• 腹腔鏡手術 ふくくうきょうしゅじゅつ (がん治療 ちりょう ) 322• 腹部血管造影検査 ふくぶけっかんぞうえいけんさ 36、163• 腹部石灰化 ふくぶせっかいか 123• 腹部動脈造影検査 ふくぶどうみゃくぞうえいけんさ 163• 浮腫 ふしゅ 275• 不整脈 ふせいみゃく 87、88• 普通体重 ふつうたいじゅう 44~45、223• ブドウ糖負荷試験 とうふかしけん 233• ぶどう膜炎 まくえん 62• 不飽和脂肪酸 ふほうわしぼうさん 226~227• ブラ 79• プリン体 たい 241、244、245• ブルズアイサイン 156• プローブ 30、31、96、264• 平衡機能検査 へいこうきのうけんさ 67• 閉塞性黄疸 へいそくせいおうだん 145、148• 閉塞性血栓性血管炎 へいそくせいけっせんせいけっかんえん 101• ペースメーカー装着 そうちゃく 95• ベーチェット病 びょう 293• ヘパプラスチンテスト 207• ペプシノゲン検査 けんさ 128• ヘマトクリット 197• ヘモグロビン 196• ヘモクロマトーシス 200• ヘリカルCT 32、81• 便 べん 132~133、283• 辺縁不整 へんえんふせい 123• 変形 へんけい 123• 便検査 べんけんさ 283• 便潜血検査 べんせんけつけんさ 134• 片側腎 へんそくしん 118• 扁平上皮 へんべいじょうひ 183、184• 膀胱炎 ぼうこうえん 182、191• 膀胱鏡 ぼうこうきょう 191• 膀胱憩室 ぼうこうけいしつ 191• 膀胱結石 ぼうこうけっせき 191• 膀胱腫瘍 ぼうこうしゅよう 191• 房室解離 ぼうしつかいり 92• 房室 ぼうしつ ブロック 86、89• 旋射線療法 ほうしゃせんりょうほう (がん治療 ちりょう ) 322• 飽和脂肪酸 ほうわしぼうさん 226~227• 補聴器 ほちょうき 69• 骨 ほね 246~247• ポリープ 123• ポリペクトミー 137• 本態性高血圧 ほんたいせいこうけつあつ 111• 本態性低血圧 ほんたいせいていけつあつ 117• マージナルストロングエコー 156• マグネシウム Mg 274• マクロアミラーゼ血症 けっしょう 173• 慢性胃炎 まんせいいえん 126、128• 慢性肝炎 まんせいかんえん 139、142、156、162、165、166、310• 慢性気管支 まんせいきかんしえん 75、80、84• 慢性甲状腺炎 まんせいこうしょうせんえん 71• 慢性骨髄性白血球 まんせいこつずいせいはっけっきゅう 203• 慢性膵炎 まんせいすいえん 160、172、174、175、177• 慢性胆 まんせいたん のう炎 えん 158• 慢性閉塞性肺疾患 まんせいへいそくせいはいしっかん COPD 84• マンモグラフィー 34、259、260• 耳 みみ 66• 脈絡膜母斑 みゃくらくまくほはん 62• 無気肺 むきはい 79• むし歯 は 254• 無症候性脳梗塞 むしょうこうせいのうこうそく 307• 目 め 54~55• メタボリックシンドローム 45、47、324、332• メニエール病 びょう 68• 免疫 めんえき グロブリン 276、287、294• 網状赤血球 もうじょうせっけっきゅう 199• 網膜色素上皮症 もうまくしきそじょうひしょう 62• 綱膜色素上皮剥離 もうまくしきそじょうひはくり 62• 網膜色素変性 もうまくしきそへんせい 62• 網膜上膜 もうまくじょうまく 63• 網膜静脈分枝閉塞 もうまくじょうみゃくぶんしへいそく 63• 網膜前膜 もうまくぜんまく 63• 網膜中心静脈閉塞 もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそく 63• 網膜中心動脈分枝閉塞 もうまくちゅうしんどうみゃくぶんしへいそく 63• 網膜中心動脈閉塞 もうまくちゅうしんとうみゃくへいそく 63• 綱膜剥離 もうまくはくり 55、57~59、63• 網膜浮腫 もうまくふしゅ 63• 網脈絡膜萎縮 もうみゃくらくまくい〓 63• 網脈絡膜変性 もうみゃくらくまくへんせい 63• モザイクパターン 156• 薬剤性肝障害 やくさいせいかんしょうがい 142• 薬物療法 やくぶつりょうほう (がん治療 ちりょう ) 322• 山田分類 やまだぶんるい 127• 溶血 ようけつ 144、234、278• 溶血性貧血 ようけつせいひんけつ 194、199• 葉酸欠乏性貧血 ようさんけつほうせいひんけつ 198• ラジオアイソトープ 37• 卵円形脂肪体 らんえんけいしぼうたい 183、184• 乱視 らんし 55、56、64• 卵巣 らんそう がん 264、311、312• 卵巣腫瘍 らんそうしゅよう 266、267• 卵巣 らんそう のう腫 しゅ 264、266、267、269• リウマチ 202• リウマチ熱 ねつ 278• リウマトイド因子 いんし RF 294• リポたんぱく 209、210、214、216• 硫酸亜鉛混濁試験 りゅうさんあえんこんだくしけん ZTT 149• 良性 りょうせい M蛋白血症 たんぱくけっしょう 150• 緑内障 りょくないしょう 55、57~59、63、65• ロイシンアミノペプチダーゼ LAP 145• 老眼 ろうがん 64• 老人性難聴 るうじんせいなんちょう 68• 漏斗胸 ろうときょう 79• ロコモティブシンドローム 332• ワックスアンドウエインサイン 156• ワルファリン 205~207• アルファベット• A型肝炎 がたかんえん ウイルス HAV 151、164• AIDS(後天性免疫不全症候群 こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん ) 281• ALD(アルドラーゼ) 249• ALP(アルカリフォスファターゼ) 146• ALT(GPT/アラニンアミノトランスフェラーゼ) 139、141• ANA(抗核抗体 こうかくこうたい ) 295• ASO(ASLO/抗 こう ストレプトリジンーO) 278• AST(GOT/アスパラギン酸 さん アミノトランスフェラーゼ) 139、140• B型肝炎 がたかんえん ウイルス HBV 152、164• Bモード 96• BMI 44、46• BUN(尿素窒素 にょうそちっそ ) 185• C型肝炎 がたかんえん ウイルス HCV 153、164• Ca(カルシウム) 273• CA19-9 311• CA125 312• CAPシステム 288• CEA(がん胎児性抗原 たいじせいこうげん ) 309• ChE(コリンエステラーゼ) 147• CK CPK 249• CKD(慢性腎臓病 まんせいしんぞうびょう ) 186• CI(クロール) 275• CPAP療法 りょうほう (経鼻的持続陽圧人工呼吸法 けいびてきじぞくようあつじんこうこきゅうほう 85• CPK CK 249• CTR 心胸郭比 しんきょうかくひ 94• CT 32、40、81、159、176、189、251、267、300• COPD(慢性閉塞性肺疾患 まんせいへいそくせいはいしっかん ) 84• Cr(クレアチニン) 186• CRP(C反応性蛋白 はんのうせいたんぱく 277• DB(直接 ちょくせつ ビリルビン) 148• DIC(経静脈性胆道造影 けいじょうみゃくせいたんどうぞうえい )検査 けんさ 161• DIC(播腫性血管内凝固症候群 はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん ) 202、204、207• DM(皮膚筋炎 ひふきんえん ) 293• eGFR 186• EMR(内視鏡的粘膜切除術 ないしきょうてきねんまくせつじょじゅつ ) 322• ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影 ないしきょうてきぎゃくこうせいたんかんすいかんぞうえい ) 160• Fe(血清鉄 けっせいてつ ) 200• FT 3 70、71• FT 4 70、71• GOT AST 139、140• GPT ALT 139、141• HA抗体 こうたい 151• HAV(A型肝炎 がたかんえん ウイルス) 151• HbA1c 234• HBs抗原 こうげん 152• HBs抗体 こうたい 152•

次の

大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)の原因

だい りゅう みゃく せき

胸部大動脈瘤とは? 大動脈が瘤のように拡張胸部大動脈瘤(きょうぶだいどうみゃくりゅう)とは 心臓から全身に血液を送るための最も太い通り道となるのが大動脈です。 大動脈瘤は、この大動脈の壁が弱くなって、局所的に瘤のように大きくなる病気です。 大動脈瘤は大動脈のどこにでも起こり、発生する部位によって「胸部」「胸腹部」「腹部」に区別されます。 破裂すると多くの場合死に至る恐ろしい病気ですが、適切な治療を行えば破裂を回避することができます。 大動脈瘤は、形態による分類では、真性、仮性、解離性の3つに区別され、形状による分類では、紡錘状、嚢状の2つに区別されます。 形態による分類• 真性動脈瘤 血管の壁の3層構造(内膜・中膜・外膜)が保たれたまま瘤状の膨らみができたタイプ。 仮性動脈瘤 内膜と中膜が部分的に欠け、もれた血液が周りの組織を圧迫して瘤のように形成されているタイプ。 解離性動脈瘤(大動脈解離) 内膜の亀裂により血管壁内に血液が入り込み、中膜層が解離してしまったタイプ。 形状による分類• 紡錘状動脈瘤 大動脈壁が全体的に拡張しているタイプ。 真性動脈瘤に多く、破裂は比較的少ない。 嚢状動脈瘤 動脈壁の一部が局所的に突出しているタイプ。 仮性動脈瘤に多く、小さくても破裂しやすい。 胸部大動脈瘤の主な症状 真性動脈瘤/仮性動脈瘤 (しんせいどうみゃくりゅう/かせいどうみゃくりゅう)の場合 破裂するまでほぼ無症状で、検査しない限り発見されることはありません。 声がかすれる、むせることが多い、息苦しくなる、血痰が出るなどの症状が出ている場合、瘤が急速に大きくなっている可能性がありますので、早急に専門医を受診してください。 解離性動脈瘤 (かいりせいどうみゃくりゅう)の場合 胸部から背部にかけて突然、激痛が走ります。 痛みの部位は移動することもあります。 解離の場所によっては、心臓や脳、腹部臓器、下肢などの血管がつぶれてしまうことがあり、臓器虚血症状が出現します。 最も心臓に近い上行大動脈に解離が起きた場合は、救命のために緊急手術が必要な場合がほとんどです。 胸部大動脈瘤の診断と主な治療・手術方法 CT検査、MRI検査、超音波エコー検査などを行い、瘤の形態や大きさ、部位などを正確に調べます。 小さな動脈瘤の場合は手術の対象にはなりませんが、定期的にCT検査で経過観察し、大きくなってくるようなら手術が必要となります。 大動脈は通常直径が2~3cmですが、一定の大きさ(5~6cm)を超えると血管が破裂する危険性が増大することがわかっています。 また、急速な拡大傾向(半年で5mm以上)のあるもの、痛みなどの症状を伴うものは、小さくても破裂しやすいとされています。 胸部大動脈瘤には、人工血管置換術、ステントグラフト内挿術の2つの治療法があります。

次の