仲間 由紀恵 向井 理。 「10の秘密」向井理と仲間由紀恵の元夫婦がぶつかり合うサスペンス 登場人物たちが抱える秘密が絡み合う WEDGE Infinity(ウェッジ)

【フジ火21】10の秘密 part5【向井理・仲間由紀恵・仲里依紗・山田杏奈・堀田茜・河村花・名取裕子】

仲間 由紀恵 向井 理

何者かにバットで殴られ、捕らわれてしまった圭太が由貴子と対話するという緊迫したシーンの終わり。 突然スタッフから、「本日、2月7日は向井理さんの誕生日です!」と声がかかり、バースデーソングと共に、共演する仲間由紀恵がプレゼントを、仲里依紗がストーリーのカギとなる札束をプリントしたクッキーが飾られたケーキを運び込んだ。 出番終わりで帰宅したと思っていた仲間の登場や、仲が運んできたケーキの飾りを見て、「えっ、札束!?」と驚きを隠せない様子でロウソクの火を吹き消した。 ありがとうございます! 引き続き、撮影もよろしくお願いします!」と場を盛り上げた。 11日放送の第5話からは、圭太が由貴子(仲間由紀恵)に対して反撃にでる。 3億円をめぐる攻防戦が激化することで、元夫婦の戦いもさまざまな人物を巻き込んだ全面戦争へと突入していく。 スピード感あふれる新展開の第5話に注目だ。 <ストーリー> 帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには、自殺した矢吹(中林大樹)が残した手帳とデータの両方が不可欠。 そのうち手帳はすでに由貴子(仲間由紀恵)が手にしていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)の誘拐事件が、圭太を利用するために由貴子が仕組んだ自作自演だと気づき、がくぜんとする。 金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難するが、由貴子は悪びれる様子もなく、すべては新しい人生を始めるためだと話す。 一方、10年前の火事で死者がいたうえに、圭太がその被害者遺族にひそかに金を送っていたことを知った瞳は、娘の罪をひた隠しにしてきた圭太を軽蔑し、家を出て行ってしまう。 仕事も失い、八方ふさがりの圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと竜二(渡部篤郎)を訪ねる。 しかし、良い返事をもらうどころか、由貴子が盗み出したデータに3億円もの売値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていることを知る。 その話を聞いた圭太は、翼を詰問すると、自分の過去について、ある告白を始めて…。 【番組概要】 『10の秘密』 <放送日時> 毎週火曜21時放送(カンテレ・フジテレビ系全国ネット) <出演> 向井 理 仲間由紀恵 仲 里依紗 松村北斗(SixTONES) 山田杏奈 高島豪志 堀田 茜 河村 花 ・ 佐野史郎 遠藤雄弥 ・ 藤原光博 山野 海 名取裕子 渡部篤郎 他 <スタッフ> 【脚本】 後藤法子 【音楽】 林ゆうき 橘 麻美 【主題歌】 秋山黄色「モノローグ」 Sony Music Labels 【オープニング曲】 女王蜂「BL」 Sony Music Labels 【演出・プロデューサー】 三宅喜重(カンテレ) 【演出】 宝来忠昭 中西正茂 【プロデューサー】 河西秀幸(カンテレ) 【制作著作】 カンテレ.

次の

向井理「健全すぎる私生活」|エンタMEGA

仲間 由紀恵 向井 理

それぞれが抱える秘密ばかりではなく、登場人物たちの秘密が絡み合って、物語はどんでん返しの連続で息もつかせぬテンポで進んでいる。 カンテレ制作枠の火曜午後9時のドラマは、「月9」にならって「火9」という。 直木賞作家の金城一紀・原案の小栗旬主演「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(2017年)、韓国ドラマの翻案の坂口健太郎主演「シグナル 長期未解決事件捜査班」(18年)、やはり同国ドラマの翻案の三浦春馬主演「TWO WEEKS」(19年)など、サスペンスの傑作が多い。 今回のドラマもまた、カンテレの制作能力水準の高さを示している。 上昇志向が極めて強い、弁護士・仙台由貴子(仲間由紀恵)は、平凡な人生を歩む夫の白河圭太(向井理)を捨て離婚した。 圭太は娘の中学生・瞳(山田杏奈)とふたり暮らしである。 元夫婦が敵対するきっかけは、由貴子(仲間)が顧問弁護士を務めていた、帝東建設が隠蔽している高層マンションの手抜き工事だった。 低層部分は設計通りの材料と工法で建築されていたが、中高層部分は利益重視の手抜き工事のために地震などがあれば崩壊しかねない。 会社の隠蔽を暴こうとしていた社員に近づいた、由貴子は社員が社長の長沼豊(佐野史郎)らの偽装工作の指示などを詳細に記したメモを手に入れる。 隠蔽工作が明らかになることを諦めた社員が建設中のマンションの屋上から、飛び降り自殺を図った際に、由貴子は自殺を思いとどまるように説得していたのだった。 それは社員が持っている証拠を手に入れるようにという、社長の長沼(佐野)と経営戦略室長で由貴子の愛人である宇都宮竜二(渡部篤郎)の指示によるものだった。 飛び降りの地上の現場でメモはみつけた由貴子だったが、偽装工作の設計図と現場写真のデータが入ったUSBメモリーは探し出せなかった。 由貴子は突然、共同経営者に上り詰めたファームを辞めて、高級マンションの住まいからも姿を消す…… タイムスリップができる青年役の藤原竜也主演の映画「僕だけがいな街」(平川雄一朗監督・2016年)などの作品で知られる、脚本の後藤法子は今回のドラマも、画面展開がめまぐるしいテンポのよい作品に仕上げている。

次の

向井理が娘を奪われる父に! 元妻役に仲間由紀恵、1月ドラマ『10の秘密』 /2019年11月21日 1ページ目

仲間 由紀恵 向井 理

向井理、仲間由紀恵、仲里依紗、松村北斗、渡部篤郎らが出演したサスペンスドラマ「10の秘密」が3月17日の放送で最終回を迎えた。 白河圭太に向井さん、圭太の元妻・仙台由貴子に仲間さん、2人の娘・瞳に山田杏奈、保育士の石川菜七子に仲さん、宇都宮竜二に渡部さん、母を亡くした音大生の伊達翼に松村さん、帝東建設の社長・長沼豊に佐野史郎。 また堀田茜、遠藤雄弥、名取裕子らが出演した。 ご注意ください。 10年前、瞳がきっかけとなった火事で亡くなったと思われた翼の母だが、本当の死因は火事の直前、別れ話のために訪ねてきた長沼との揉め事がきっかけだった。 偽装パスポートで別人になりすまそうと企んだ由貴子だが、そのパスポートを圭太に奪われてしまう。 一方、翼は新聞記者の只見の手を借り長沼を糾弾しようとするが、決定的な証拠がない。 状況を聞いた竜二は社長に手帳のオリジナルを見せ、偽装建築の件を公表するよう迫る。 由貴子から連絡を受けた圭太は、10年前の秘密の真相を話すよう迫る。 瞳を探していた由貴子は偶然長沼を見かけ、その件をきっかけに脅迫。 顧問弁護士の座を手に入れていたのだ…というのが最終回の展開。 由貴子さんも圭太もちゃんと愛してたんだね」「圭太の由貴子への気持ち、大好きだった気持ちは今も綺麗なままで切なくなってしまった」などの感想が送られる。 また松村さん演じる復讐に燃えるピアニスト・翼にも「最後に翼さんの笑顔見れて安心した」「翼くん絶対に幸せになってね」といった声が続々と届けられている。 《笠緒》.

次の