ボタニスト シャンプー。 【元美容師が使用比較】ボタニストシャンプーはどれが良い?5種の違いを解説!

【ボタニスト】バウンシーボリュームシャンプーを使ってみた!口コミや成分解析

ボタニスト シャンプー

・スムース(グリーンアップル&ローズ) ・モイスト(アプリコット&ジャスミン) ・スカルプ(アップル&ライム) ・ダメージケア(アイリス&フリージア) また価格も安く、ドラッグストアなどで手頃に購入できることから、リピーターも多いそうです。 ボタニストシャンプーは、どの種類も490ml「1,400円(税抜)」で、詰め替え用が440ml「1,200円(税抜)」で用意されています。 公式サイト価格 1,400円(税抜) 内容量 490ml シャンプー1回あたり 約29円 シリコン ノンシリコン 仕上がり ふんわり(スムース) しっとり(モイスト) すっきり(スカルプ) 毛先まとまる(ダメージケア) ボタニストシャンプーの口コミ評価 まずはボタニストシャンプーの口コミを調べて、その結果をもとに成分解析を行います。 評価の高かった口コミと、低かった口コミの両方をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。 【スムース】ボタニストシャンプーの口コミ評価 【良い口コミ】 ・髪の広がりが落ち着いた ・ダメージ毛がサラサラになった 【悪い口コミ】 ・ヌルヌル感が気になる ・髪がギシギシするようになった ボタニストのダメージケアシャンプーの口コミには、ダメージで広がった髪が落ち着いたと評価する内容が見られました。 しかし中には、洗い上がりがヌルヌルすると感じる方もいるそうです。 実際に使ってみた感想 今回私は、「ボタニスト ダメージケアシャンプー」を使ってみました。 透明感のあるトロッとしたテクスチャーで、泡立ちは少なめです。 甘い香りが強いので、人によっては気になる方もいるかもしれません。 ボタニストの口コミでも評価されていたように、しっとりまとまった仕上がりで、髪の広がりを抑えることができました。 ただし、いつも通りの洗い方だとベタつきが残っていたため、しっかり洗うことを意識した方が良いでしょう。 ボタニストの評価・泡立ちは少なめでしっとり仕上がり ・髪の広がりを抑えることができる ・意識して洗わないとベタつく ・甘い香りが強め ボタニストシャンプーの成分解析 ではここから、ボタニストシャンプーの成分解析をしていきます。 まず成分表を紹介したあと、解析結果をまとめているので、ここは読み飛ばしても構いません。 低刺激でマイルド コカミドプロピルベタイン 穏やかな洗浄力をもつベタイン系の洗浄成分 ラウレス-4カルボン酸Na 洗浄力はあるが刺激は弱め。 泡立ちも良い ラウロイルサルコシンNa 洗浄力のあるアミノ酸系の洗浄成分 成分解析の結果、どのボタニストシャンプーにも共通して言えることは、頭皮に優しい洗浄成分を使用しているということです。 アミノ酸系の「ココイルメチルタウリンNa」や、ベタイン系の洗浄成分など、低刺激でマイルドな植物由来成分が配合されています。 その分「ラウレス-4カルボン酸Na」や「ラウロイルサルコシンNa」など、洗浄力のある成分でカバーして、バランスを取っているという感じです。 全体的に、ボタニストシャンプーの洗浄力は控えめなので、しっかりマッサージをしながら洗うようにしましょう。 ここからは、それぞれのボタニストシャンプーの成分解析結果をまとめていきます。 【スムース】ボタニストシャンプーの成分表 成分名 説明・期待できる効果 加水分解ヒアルロン酸 加水分解ケラチン(羊毛) 保水・保湿効果を期待できる PEG-30フィトステロール ヘアコンディショニング成分 ボタニストのスムースシャンプーは、4種類の中でも洗浄力がある種類です。 「加水分解ヒアルロン酸」や「加水分解ケラチン(羊毛)」が配合されているので、髪の保水・保湿効果も期待できます。 さらに、コンディショニング成分の「PEG-30フィトステロール」も含まれているので、サラサラとした仕上がりになるでしょう。 くせ毛の方が使用すると、髪が広がりやすくなる可能性があるので注意してください。 【モイスト】ボタニストシャンプーの成分表 成分名 説明・期待できる効果 グリセリン 保湿成分 デシルグルコシド 泡立ちが良くベビーシャンプーにも使われる ボタニストのモイストシャンプーの成分表を見ると、「水」の次に、保湿成分の「グリセリン」が表記されています。 かなりしっとりとした仕上がりになるので、髪のボリュームを抑えたい方には良いかもしれません。 ただし、口コミで評価されていたように、人によってはベタつきが気になるかもしれません。 洗浄力も控えめなので、ボタニストのモイストシャンプーを使用するときには、マッサージして洗うことを特に意識しましょう。 【スカルプ】ボタニストシャンプーの成分表 成分名 説明・期待できる効果 ポリクオタニウム-10 保湿効果・コンディショニング効果 グリチルリチン酸2K 頭皮の炎症を抑える ボタニストのスカルプシャンプーには、洗浄成分が多めに配合されています。 どれも低刺激ですが、洗浄力はスムースシャンプーと同レベル、もしくはそれ以上あるかもしれません。 成分表には、頭皮の炎症を抑える「グリチルリチン酸2K」など、頭皮環境を整える成分も表記されています。 フケやかゆみなどが気になる方は、ボタニストのスカルプシャンプーを使うと良いでしょう。 頭皮への刺激をかなり抑えており、市販のシャンプーの中でもトップクラスと言えるでしょう。 傷んでパサついた髪に悩んでいる方は、ボタニストのダメージケアシャンプーをぜひ試してみてください。 【解析結果】ボタニストシャンプーの注意点 ボタニストは、全体的に洗浄力の弱いシャンプーなので、しっかり洗うことを意識する必要があります。 中途半端に洗ってしまうと、髪がペタンとなってしまったり、フケやかゆみなど、頭皮環境を悪くする原因にもなったりするので注意が必要です。 特に「モイスト」や「ダメージケア」は、ボタニストの中でも洗浄力を抑えたつくりになっています。 シャワーが不十分だと、口コミにあるように、ベタつきが気になってしまうかもしれません。 この後には、自分に合ったボタニストシャンプーの選び方を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。 ボタニストシャンプーはこんな方にオススメ! ボタニストシャンプーは4種類あるので、ここでは悩み・髪質に合わせた選び方を紹介します。 ダメージケアシャンプーが合う人・髪がパサついている ・特に毛先のダメージがひどい 一方、種類によってはボタニストシャンプーが合わない方もいます。 髪にクセがある方は、ボタニストの「スムースシャンプー」や「スカルプシャンプー」を使うと、さらに強くうねってしまう可能性があります。 また、髪の細さ・軟毛に悩んでいる方は、ボタニストの「モイストシャンプー」や「ダメージケアシャンプー」を使うと、髪のボリュームがなくなってしまうでしょう。 自分の目的に合わせて、ボタニストシャンプーを選んでみてください。 ボタニストシャンプーの成分解析・口コミ評価まとめ 今回は、ボタニストシャンプーの成分解析と口コミ評価をまとめてみました。 ボタニストは刺激が少なく、頭皮に優しいシャンプーです。 市販のボタニカルシャンプーの中でも、かなりクオリティが高いと言えるでしょう。 またコストパフォーマンスも良く、手軽に購入できるので、ぜひ一度試してみることをおすすめします。 しかし洗浄力が弱く、人によっては、ベタつきが気になる場合もあるので注意してください。

次の

ボタニストから夏限定の「ボタニカルリフレッシュシリーズ」が登場!夏の紫外線などによる乾燥ダメージをケア

ボタニスト シャンプー

最近はナチュラル志向の人が増え、ボタニカルシャンプーの人気も高まり、さまざまな種類のものが販売されています。 その中でも、通販サイトや口コミの上位にランクインすることが多い「ボタニスト」。 その中でも、頭皮ケアができる「スカルプ」は、気になる頭皮環境を整えることができるので注目されています。 ここでは、ボタニストのスカルプシャンプーについてご紹介します。 ボタニカルスカルプシャンプーの特徴 BOTANIST(ボタニスト)とは、英語で「植物学者」という意味です。 ヘアケアラインは、植物の恵みによって、髪本来の美しさを導く人気シリーズ。 ボタニストのシャンプーは、スカルプ・チャコールクレンズ・スムース・モイスト・ダメージと種類も豊富です。 シンプルなデザインで、サロン品質でありながら手が届きやすいのが人気の秘密です。 スカルプは、 髪と頭皮をさっぱり洗い上げ、うるおいのある仕上がりへ導くのが特徴です。 頭皮の汚れをほどよく落とし、頭皮環境を整えてくれます。 一般的に、スカルプは洗浄力が強いと思われがちですが、ボタニカルスカルプシャンプーは、 アミノ酸由来の洗浄成分でマイルドに洗い上げる、弱酸性pHのノンシリコンシャンプーです。 内容量 490ml 通常価格(税込) 1,512円 生産 日本 ボタニカルスカルプシャンプーの成分 【全成分】水、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ラウリルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ポリクオタニウム-10、コカミドMEA、PEG-30フィトステロール、ローズマリー葉水、サトウキビエキス、グリチルリチン酸2K、リンゴ酸、ジステアリン酸PEG-150、エタノール、BG、DPG、EDTA-2Na、塩化Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料 パームヤシ・ココヤシ・大豆・サトウキビ・トウモロコシ・甘草などの植物エキスを配合。 ボタニカルウォーター(ローズマリー葉水)が、頭皮をマッサージすることで頭皮を健やかに保ちます。 ボタニカルスカルプシャンプーは毎日使うものだからこそ、頭皮と髪にやさしい自然の恵みにこだわった原料が配合されています。 また、ボタニカルスカルプシャンプーは、従来のボタニストシリーズ同様のダブルフレグランス仕様で、 アップルとライムの香りがリフレッシュ効果を高めてくれます。 ボタニカルスカルプシャンプーがおすすめの人 ボタニカルスカルプシャンプーがおすすめなのは、次のような人です。 地肌のにおいに悩まされていましたが、このシャンプーを使ったところかなり改善されました。 85パーセントくらいは改善されたんじゃないでしょうか! 髪質も以前よりもサラサラになりとても満足しています。 引用元: 人気のボタニスト初めて使ってみました。 とても粘土が低くシャバシャバで、例え泡立ちきらなくてもすすぎ落ちがいいので、すっきりします。 女性っぽい香りや男性っぽいクール感、キシキシ感もなく、夫婦、家族で一つにするときにはバランスがいいです。 一人で女性が使うならもう少し香りやしっとり感があった方が良さそうです。 引用元: 地肌のニオイと薄毛が気になっていて、ふとスカルプシャンプーで検索してみたらこちらの商品を見つけて購入しました。 シャンプーはもちろんのこと、トリートメントも直接地肌に塗布してマッサージできるので揉み込むように頭皮を優しく丁寧に行いました。 使い続けて約半月くらいで髪にハリコシが!一ヶ月後には本来の健康的な髪質を取り戻し、根本からふっさふさになりました。 頭皮のニオイも全く気にならなくなり、快適です。 (頭皮がいいにおい!) このスカルプシャンプー、本当に素晴らしいです。 お見苦しい写真ですが、本当に本当に素晴らしいことを皆様にお伝えしたいので載せます。 薄毛にお悩みの方は是非試して頂きたいです。 頭皮のにおいが気になるので。 サラサラになるし、適度にしっとりです。 シャンプーはキシキシしますが、トリートメントするとなめらかになります。 引用元: いままではスーパーで普通に売っているような普及品のシャンプーを使っていましたが、どうしても頭のかゆみが気になったため、自然の素材を使った製品をアマゾンで探して、このシャンプーを買って見ました。 従来使っていたものよりは1. 5倍ほどお高いのですが、浪費が気になるほど髙価ではないと思います。 とても香りがやさしく、シャンプーする時間が楽しみになりました。 使い始めてからは頭のかゆみに悩まされることはなく、しっとりした感じに仕上がります。 引用元: ボタニカルスカルプトリートメントもチェック! 【全成分】水、セタノール、グリセリン、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ソルビトール、グルタミン酸、オレイルアルコール、PEG-30フィトステロール、ヒマワリ種子油、マカデミアナッツ油、シア脂、ヒアルロン酸Na、加水分解ケラチン(羊毛)、ローズマリー葉水、グリチルリチン酸2K、スギナエキス、ホップエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、レモン果実エキス、ローズマリーエキス、クララ根エキス、センキュウ根茎エキス、アンズ種子エキス、カワラヨモギ花エキス、シャクヤク根エキス、エタノール、BG、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料 頭皮につけられる、ノンシリコンのトリートメントです。 頭皮のマッサージで巡りをケアし、年齢とともに気になる頭皮環境を整えていきます。 18種類の植物エキス(ココヤシ・パームヤシ・ダイズ・トウモロコシ・ローズマリー・甘草・マカデミアナッツ・ヒマワリ・シア脂・スギナ・ホップ・セイヨウアカマツ・レモン・カワラヨモギ・アンズ・クララ・シャクヤク・センキュウ)を配合、髪にツヤ・ハリ・コシを与えます。 内容量 490g 通常価格(税込) 1,512円 生産 日本 あまりこの手のシャンプーやコンディショナーには期待していませんでしたが、香りも良く、滑らかな髪になります。 かなりダメージを受けたロングヘアですが、パサつきも抑えられる気がします。 また購入させていただこうとおもいます。 引用元: 匂いが素晴らしいです。 リラックスできるモスクの香りが翌朝起きてもしっかり髪に残ります。 髪質は主だった変化は感じませんが、不調が出ていないという事でもあります。 引用元: シリーズ色々使いましたが、スカルプケアに落ち着きました。 頭皮のにおいが気になるので。 サラサラになるし、適度にしっとりです。 シャンプーはキシキシしますが、トリートメントするとなめらかになります。 スカルプシリーズは白で残量が見えないタイプで、シャンプーとトリートメントを併用して使う場合、文字で確認しなければ見分けがつきません。 使い心地や香りもナチュラル志向の人にはピッタリだと思います。 ボタニカルスカルプシャンプーはさっぱりとした仕上がりなので、髪の状態によってはモイスト・スムースのトリートメントとの併用もOK。 ただ、スカルプトリートメントはノンシリコン処方ですが、モイスト・スムースはシリコンが含まれています。

次の

ボタニストスカルプシャンプー徹底口コミ!使って分かった7つの事実

ボタニスト シャンプー

Contents• 1 ボタニカルリフレッシュシリーズ 今年のボタニカルリフレッシュシリーズは、乾燥地帯の過酷な環境で育ちながら、優れた保湿力を持つ植物「アガベ」の力に着目。 アガベは、乾燥地帯の過酷な環境に育つ多肉植物で、100年に1度しか咲かないということからセンチュリープラント「世紀の植物」とも呼ばれています。 猛暑が予想される今年もきれいな髪と爽やかな肌をキープしながらアクティブに夏を楽しみたい、そうした想いを叶えるべく、ボタニカルリフレッシュシリーズにアガベを採用しました。 ヘアケア商品は、キューティクルや頭皮のコンディションを整え、健やかでツヤのある髪へと導きます。 スキンケア商品は、うるおいを与えることで肌をやわらげ、キメの整ったツヤのある肌へと導きます。 ドライシャンプーやボディーミストといったアウトバス商品は、バスタイム以外のシーンでも大活躍してくれます。 メントールの冷感刺激に弱い方は使用をお控えください。 トリートメント、ヘアマスク、シートマスクにはメントールは配合していません。 1-3 爽やかでみずみずしい、夏にぴったりのダブルフレグランス 上品な甘さのあるチュベローズに爽やかなアップルミントの香りを合わせた「チュベローズ&アップルミントの香り」、チュベローズにみずみずしいライチの香りを合わせた「チュベローズ&ライチの香り」の2種類の香りを展開しています。 1-4 ボタニストから初!ドライシャンプーとボディーミストが新登場 ボタニストからドライシャンプーとボディーミストが初登場します。 バスタイム以外の場所でもボタニストの香りを楽しみながらリフレッシュできるニューアイテムです。 さらに、紫外線などによる乾燥ダメージを受けた頭皮と髪をケアします。 日中の日差しによる乾燥をケアしつつ、べたつきを抑え、サラサラの肌をキープします。 また、ハンドクリームとしても使うことができます。 価格 :¥1,500(税抜) 内容量:32g 香り :チュベローズ&ライチの香り 2-6 ボタニカルリフレッシュシートマスク シート1枚に美容液約1本分(18mL)を含むシートマスクが肌をやわらげ、うるおいが角質層まで浸透し、みずみずしい肌に導きます。 3 発売日 2020年4月27日(月):公式WEBサイト・オンラインストア、全国バラエティショップ(一部店舗除く) 2020年5月1日 (金):全国ドラッグストア(一部店舗除く).

次の