ソウルイーターシールド。 FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

【ソウルイーター】ソウルは最強すぎる大鎌野郎!その魅力を徹底解説【ソウルイーター】

ソウルイーターシールド

当サイトは、「ソウルイーター」「ソウルイーターノット!」ファンサイトのサーチエンジンです。 上記作品のコンテンツを取り扱う創作サイト、同盟・企画・イベントサイトなどの検索に お役立てください。 ・当サイトは個人運営です。 原作関係者様等は一切関係ございません。 ・利用者間で発生したトラブルに関しての責任は、当方では負いかねます。 御了承ください。 <お知らせ・更新など> 2012年 11月12日 【重要なお知らせ】 サーバ側でシステムのロールバックが行われたため サーチエンジンの登録データが1週間前の状態へ戻っています。 11月5日〜11日の間に登録・変更を行われたサイト様は お手数ですが再登録をお願いいたします。 2012年 8月15日 サーチ開設 <リンクについて> リンク先は必ずこのインデックスページへお願い致します。 rosx. rosx. rosx. com)でお願い致します。 個別に返信はできかねる場合がございます。 なにとぞご了承ください。 ガンガンサーチ様.

次の

【GE3】装甲、シールド選びのコツ、種類の違いを解説/ガードの性能差と防御力とは【ゴッドイーター3攻略】

ソウルイーターシールド

曖昧さ回避• ゲーム『』シリーズの登場人物が扱う武器の一つ。 ゲーム『』に登場するSSR武器。 その形状は大鎌なのだが、入手出来るキャラクターの武器は……。 詳細は入手によって仲間になるへ。 概要 ソウルイーターとは、による、およびそれを原作とした。 にて6月号から9月号まで連載された。 また、2月号からは、外伝作品『』を同時連載していた。 現時点における大久保篤の作品における最大の巨編であり、ガンガンを代表する作品の一つ。 大久保作品独自ので軽妙なノリを踏襲しつつ、「熱血青春バトルモノ」という王道の基軸、鬼神の登場からじみた描写、やといった「絆の在り方」に深く切り込んだストーリー、など熱く深い要素を織り込んだキチガイ漫画。 連載の前段階として三つ読切作品が登場しており、それぞれの作品の主役たちをそのままメインキャラクターに据えるといった展開もなされた。 ストーリー 舞台は様が秩序を管理するデス・シティー。 そこにある死神武器職人専門学校、通称『』を中心に物語が展開する。 この世界には「 」「 」と呼ばれる人物が存在している。 「武器」はやなどの武器に姿を変えることが出来、「職人」はペアを組んだ武器を使いこなす。 武器は職人の魂の波長を増幅・調整することができ、原作内で「楽器とアンプの関係に似ている」と述べられている。 死武専は職人と武器を育成することを目的とした組織である。 生徒達は悪人の魂99個と魔女の魂1個を武器に食べさせ、死神様の武器である「デスサイズ」を作ることを目標に活動している。 登場人物 主人公 職人 武器 死武専の仲間 職人 武器 死武専職員 () 魔女 その他 () アニメ からまでテレビ東京系列などで放送された。 製作は同じくガンガン原作の『』でおなじみの。 全51話で、「悪人の魂」が「鬼神の卵と化した魂」に変更されたり、当時はまだ未完結というのもあって終盤がオリジナル展開になっているなど改変箇所も多々見られる。 夕方6時(テレビ東京)の放送であったが、同時期に並行して『ソウルイーターレイトショー』として深夜に再放送が行われるという特殊な放送形態を取っていたのも特徴である。 また、からまで『ソウルイーターリピートショー』として再放送が行われており、その際に各クール毎に新規のオープニング・エンディングテーマが作られた。 こちらは25話までの放送だったが、があった事から23・24話は回(17・32話)に差し替えられている。 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 23:04:32• 2020-07-18 23:04:32• 2020-07-18 23:02:52• 2020-07-18 23:02:26• 2020-07-18 23:00:34 新しく作成された記事• 2020-07-18 23:04:48• 2020-07-18 23:02:26• 2020-07-18 22:59:20• 2020-07-18 22:46:22• 2020-07-18 22:45:33•

次の

ソウルイーター

ソウルイーターシールド

CV: 人物 『』及び『』の登場人物。 のの一人。 名前がそのままになっており、死んでいるのに生きている。 名前の元ネタはイギリスのミュージシャン「シド・バレット」 ソウルイーター 自由の女神事件と呼ばれる、が額に刺さるというとんでもない事件によって命を落とす。 その後、の技術により復活し、で通り魔紛いの行動を繰り返し、の討伐対象となる。 しかし、これは死武専生徒の補習のために悪役を演じていたに過ぎず、本人はいたって教育熱心である。 達と戦った後は、何事も無かったのごとく教職に復帰、校内に出入りして教師を勤めている。 一度死んでゾンビになったため肌が青いが、それ以外は生前変わった様子はなく、シュタインが特殊な改造を施したということもない。 生前はをつかないことが信条だった。 回想場面ではしばしば生前の姿で登場する。 死んではいるが死武専を代表する職人で、精鋭として工作や戦闘指揮まであらゆる場面で最前線にいる。 パートナーはの。 任務によってはのとも連携を採ったりもする。 戦闘では、ゾンビであることを活かして地中に潜る「土遁の術」のような術を得意とする。 ソウルイーターノット! (ネタバレ注意! ) 時間軸が本編である『ソウルイーター』より前のため、生前の姿で登場。 NOTクラス(戦闘員ではない一般クラス)を担当。 主人公・ら新入生の教師をしている。 それと並行し、の護衛関係や謎の道場破り(トレーター)事件の真相解明などの支持も行っている。 事件の真相を追っていく中で、毒物を用いて生徒にを行っていた魔女、の存在を突き止める。 シャウラの手先となっていたを囮とすることでシャウラを誘き寄せる策を採ったが、シャウラに意識を乗っ取られためめが、とを呼び寄せたことにより作戦は失敗。 戦闘を余儀なくされる。 を単身であと一歩のところまで追いつめるが、シャウラによって洗脳されたの介入によって深手を負い、そのまま シャウラに殺害された。 仲間が駆けつけた頃には、彼女の残したダイイングメッセージと共に、半壊したモニュメント群の中央で仰向けの状態で発見され、その額には半壊した自由の女神像の右腕が突き刺さっていた。 これが、本編で『自由の女神像が額に刺さって死亡した』 自由の女神事件と称された事件の真相である。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の