ヘソ の ゴマ 取り 方。 簡単で超便利なダイソーの「ゴミ取り手袋くるんポイ」を知っていますか?

おへそのゴマは取るべき? 3700人の医師に真面目に質問してみた

ヘソ の ゴマ 取り 方

よろしくおねがいします。 高齢者ですが おヘソのごまが、真っ黒な円柱状態であるのです。 おヘソの穴は見えなくて炭や木炭みたいです。 「取るとばい菌が入りそうだから」 と、そのままです。 こういうのは、病院で取ってもらうべきですか? それとも、オリーブオイルと綿棒などでポロリと取れますか? こんなのをおヘソにくっつけていたって。。。 新しい展開でした 本題は。。。 よくわかんなくなっちゃった~ みなさま、 荒らしはしないで 仲良くおねがいしますw 医療関係者です。 下の方の回答は間違っています。 質問者さんの場合は炭のようになっているということですから、ご自分で取らず、病院で診てもらうほうがいいです。 硬化したへそ垢はヘタに自分で処置しようとすると傷をつけてばい菌が入る可能性もあります。 外科や皮膚科に行けばすぐに取ってもらえますよ。 場合によっては手術(簡単なものです)が必要になることもあります。 >pinopin555さん >これで綺麗に取れましたが? >多分とれますよ。 質問者さんは高齢者とおっしゃっています。 あなたが取れたからといって、他の人もうまく取れると考えるのは問題があるのでは。 そもそもへその穴にオリーブオイルなんか入れれば雑菌繁殖の原因にもなりかねませんよ。 他の回答者の方々も、質問者さんを無視して他人の誹謗中傷を繰り広げるのはどうかと思います。 みなさんが気持ちよく利用できるようにご配慮願います。 へそのゴマは放置しておいたほうが良いと言うドクターも実際にいるようですが、私はオリーブオイルを沁み込ませて柔らかくして自然に取れるのを待つのがいいと思います。 放置しておいて感染を起こすと後が大変ですから。 注意点としましては、綿棒をへその奥まで入れないようにして下さい。 綿棒による刺激で腹膜に影響が及ぶ事もありますので。 でも、あまり深入りしてこれ以上ご迷惑が掛からないようにお願いします。 ヘソのゴマ=バイ菌の塊。 ヘソの奥の薄い皮膚の下はすぐ腹膜だからね、高齢者だと、ひょんな事でも腹膜炎を起こすから、病院でヘソのゴマを取ったほうが安心だよ。 オリーブオイルよりも、最初から抗生物質の入ったゲンタシンのような軟膏をヘソのゴマの周囲に塗って、三日ほど繰り返すと、軟膏の油分がゴマに沁み込んでポロっと取れるけどね。 抗生物質の働きで感染も防げるし、刺激も痛みも無いから。

次の

おへそのゴマは取るべき? 3700人の医師に真面目に質問してみた

ヘソ の ゴマ 取り 方

へそのゴマは汚い! へそのゴマは垢や皮脂やほこりの塊で、 何万もの細菌が存在しています。 便器よりも細菌の数が多いとか・・・。 それを聞くと、今すぐにでもへそのゴマをゴシゴシ取り除きたくなってしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください。 むやみやたらにゴシゴシ洗ってしまうと、へそを傷つけてしまい、そこから細菌が入り、炎症を起こす危険もあります。 それでは次に、健康で清潔なへそを目指すためにも、正しいへそのゴマの取り方をご紹介します。 へそのゴマの取り方 入浴時は湯船に浸かる 毎日の入浴時のへそのケアはとても大切です。 忙しい毎日の中、シャワーだけで済ませてしまう人も多いでしょう。 しかし、シャワーだけではへそのゴマは十分にふやけず、そのまま指でゴシゴシしてしまうと、へその皮膚傷をつける原因となってしまいます。 なので、 湯船になるべくゆっくりつかり、へそのゴマをふやかしてから洗うようにすると、へそを傷つけず、綺麗に洗うことができますよ。 たっぷりの泡で優しく洗う 普段身体を洗っている ボディソープや石けんの泡で、へそ周辺を優しく洗いましょう。 身体を洗う流れの一部として考え、「へそのゴマを取るぞ!」と、気合いを入れる必要はありません(笑) お腹を洗う時に、へそも軽くしゃしゃっとなでるイメージで洗ってください。 指をタオルで巻いて軽くへそを撫でる 入浴時、 濡らしたタオルを指に巻いて、軽くへそをなでて掃除することも、それほど皮膚に負担がかからないのでおすすめです。 しかし、エスカレートして強くゴシゴシすることは避けてくださいね。 お風呂上がりに綿棒で掃除する へそのゴマの取り方としては、毎日の入浴時にケアをしていれば十分なことがほとんどですが、へその形状は人それぞれなので、それだけではなかなかへそのゴマが取れない人もいるでしょう。 そこで週に1回くらい、 綿棒にオイルをたっぷりつけて、へそのゴマを取る方法もあります。 付けるオイルは、オリーブオイルや馬油、ベビーオイルなどがよいでしょう。 滑りがよくなり、へそのゴマをふやかしながら、ポロリと取り除くことができますよ。 他にどんなオイルなら使っていいの? 一般的に綿棒の先につけるオイルは、 オリーブオイル、 馬油、 ベビーオイルなどが多いですが、他にも• ワセリン• サラダ油• クレンジングオイル• ごま油 などを使っている人もいるようですね。 オイルによっては身体に合わないものもあるので注意! わざわざへそのゴマ専用のオイルを買うことはなく、家にあるオイルでも代用はできますが、肌が弱い人にとっては相性が悪いオイルもありますので、 肌に異常が表れたら、そのオイルを使うことは避けてくださいね。 そういう意味ではやはり、ベビーオイルや馬油など、一般的に肌に適しているオイルの使用をおすすめですね。 へそ掃除セットを使う 今は便利な世の中で、探してみるとありました。 「 」などの、へそのお掃除セットです。 印象深いネーミングですね(笑) 綿棒やオイルなどをいちいち用意のが面倒な人用に、このようなへそのゴマ専用のお掃除セットも販売されています。 通信販売でも購入できますので、1度試してみてもよいかもしれませんね。 妊娠中に取る こちらは女性、さらに妊娠中限定の方法になりますが、私が今までで1番「へそのゴマが取りやすい!」と、感じたのが妊娠後期です。 お腹が大きくなり、へそが少し出べそのようになるので、掃除がとてもしやすくなります。 今までは届かなかったへその奥の方まで広がったので、へそがピカピカになってとてもすっきりしました。 へその形状にもよりますが、妊婦さんになって「へその掃除がしやすくなった」という人は、結構多いですよ。 ヘソのゴマが固まって取れない場合、皮膚科へ へそのゴマを放っておくと、 臍石(さいせき)になってしまう場合もあります。 臍石とは、へそのゴマがへそに詰まった状態で固まり、カチカチに石のようになる状態です。 ここまでカチカチになってしまうと、自分では容易に取れませんし、痛みや痒みを感じることも多くあります。 そんな時は 皮膚科へ行き、処置をしてもらうことが1番ですよ。 まとめ へそのゴマの取り方は、自己流でやっている人も多いでしょう。 しかし、へそはデリケートですので、強く刺激してしまうと傷をつけてしまう恐れがあります。 ぜひ、ご紹介した方法を試してみてくださいね。 また、 その他「へそ」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

次の

へそが臭い!簡単掃除のススメ

ヘソ の ゴマ 取り 方

いつの間にか、おへそにたまる正体不明の「へそのゴマ」。 子どものおへそにこれを見つけて、取るべきか、取らないべきかを悩む親もいるのでは? そもそも、へそのゴマが何かを知らない人も多いはず。 そこで、「へそのゴマ」の正体や対処法について、小児外科医に聞きました。 「へそのゴマ」の正体は何? 誰が言い出したのかわかりませんが、「へそのゴマ」とはいったい何でしょうか? 「 へそのゴマは、おへそに落ち込んださまざまな汚れが固まったものです」 そう話すのは、小児外科を専門とする奥山宏臣医師。 「汚れの内容は、本人の垢や皮脂などが中心。 ほかにも、小さなホコリや、お腹に当たっていた服の繊維が落ち込んでいることもあります」 へそのゴマがある場合、身体にはどんな影響を及ぼすのでしょうか。 「へそのゴマはいろいろな汚れの塊ですから、その中には多数の細菌が存在しています。 ですが、単にへそのゴマがあるだけなら、それが原因で病気になることはないと思います」 「 おへそにトラブルが起こらない限り、その細菌が体内に入ったり感染症を引き起こしたりすることは、まずないと言っていいでしょう」 では、へそのゴマ自体が原因になって、おへそにトラブルが起こることはあるのでしょうか? 「そういうケースも、ほとんど考えられません」 なるほど。 とりあえず、へそのゴマを過度に気にする必要はなさそうですね。 「へそのゴマ」は取った方がいい? へそのゴマは汚れやゴミの塊。 病気や不調の原因にはなりにくいといっても、「不潔に感じる」と思う人も少なくないはず。 清潔を保つという意味でも、へそのゴマは取った方がいいのでしょうか? 「いいえ。 気になるのはわかりますが、私は放置しておく方がいいと思います。 少なくとも、積極的に取る必要はありません」 どうしてでしょうか? 「へそのゴマそのものより、それを取ろうとしておへそをいじることの方が、健康上のトラブルにつながりやすいからです」 「 おへその汚れは、取りにくいからこそ『へそのゴマ』になるわけです。 無理に取ろうとしてこすったりすると、おへその中や周囲の皮膚が傷ついてしまうかもしれません」 「 場合によっては、おへそにできた傷に細菌感染が起こり、炎症、化膿などにつながる危険があります」 そういえば、昔から「おへそを触るとお腹が痛くなる」と言われることもありますね。 「それは、『おへそのいじりすぎは感染につながり、危険である』ということを知恵として伝えてきた言葉なのではないでしょうか」 「おへそを閉じている組織(瘢痕組織:はんこんそしき)の下は、臓器を包んでいる膜(腹膜)に直結しています。 ですので、 おへその傷からの感染は、ひどいときにはお腹の中にまで影響を及ぼすことがあるのです」 お腹は、腹壁、腹筋、脂肪、腹膜という層構造で守られています。 ところが、おへそのところだけは脂肪や筋肉がなく、「守りが薄い」状態なのだそうです。 つまり、おへそは弱点なのですね。 むやみに触ったり刺激したりするのは、避けた方がよさそうですね。 安全な「おへそのケア」方法 とはいえ、汚いのをどうしても見られたくなかったり、掃除したいときには、どうしたらいいのでしょうか? 「 おへそにオリーブオイルやベビーオイルなどを入れてから掃除する方法が有効です。 オイルを入れて20分ほど置いておくと、汚れがやわらかくなって浮いてくるので、そっと拭き取ってあげてください」 「拭き取るときは、おへそや周囲の皮膚を刺激しないよう、綿棒やガーゼなどを使うことをおすすめします」 ケアそのものは意外に簡単そうです。 「ただ、無理に行わないでください。 おへその掃除を喜ぶ子も、オイルを入れた状態でじっとしていてくれる子も、あまり多くはないでしょう。 手術前に子どものおへそをケアするときは、麻酔がかかってからするくらいです」 掃除をしている最中に動いてしまって、おへそを傷つけてしまっては大変ですね。 「そうですね。 繰り返しになりますが、へそのゴマを取る必要性はあまりないのです。 どうしても行う場合、子どもが眠っているときを見計らうなど、タイミングを工夫してください」 へそのゴマは、基本的には放っておくべきもの。 きれい好きなママパパは、お掃除したくてうずうずするかもしれませんが、子ども自身が気にしていなければ、そっとしておくのがベターなようです。

次の