近鉄特急 ひのとり 座席。 近鉄特急『ひのとり』の【 時刻表・料金・予約方法・お得な割引 】

近鉄特急、乗車レポート(3) 名阪特急の新たな主役「ひのとり」レギュラー車両で近鉄名古屋駅へ

近鉄特急 ひのとり 座席

UA特典で行く沖縄の旅、まずは大阪まで移動します。 今回は近鉄の新型特急、ひのとりに乗車します。 近鉄 新型特急 ひのとり 2020年3月14日にデビューした近鉄の新型特急、ひのとり。 所要時間は変わっていないものの、座席の快適さが格段に向上しました。 特急料金に加えてレギュラーシートで200円、プレミアムシートで900円の追加が必要ですが、その価値はあるのでしょうか。 今回はレギュラーシートに乗車しました。 近鉄名古屋駅 特急ホーム 近鉄名古屋駅は4・5番ホームが特急ホームとなっています。 ホームに到着するとちょうど1本前の大阪難波行きアーバンライナーが出発していきました。 乗車するのは16:25発のひのとりです。 このあとの特急は16:10発賢島行き、乗車する16:25発難波行き、16:30発難波行きとなっています。 大阪からのひのとりが到着 難波からのひのとりが到着しました。 写真ではわかりにくいのですが、到着と同時にオレンジ色のライトで車両が照らされました。 赤い車体が一層鮮やかになります。 降車が終わり、一度ホームから引き揚げです。 16:10発 賢島行き特急 出発 16:10発の賢島行きが出発していきました。 開いた4番ホームにアーバンライナーネクストが到着しました。 いよいよ入線! さあ来ましたよ! 進行方向が変わりました。 ヘッドライトはLEDなんですね。 いざ ひのとりの車内へ! 近鉄ホームページより。 ひのとりは6両編成。 一番端の1号車及び6号車はプレミアムシート車両となっています。 レギュラーシートとの差額は700円。 今回はレギュラーシート、5号車に乗車しました。 プレミアムシートにも空きはあったのですが、せっかく乗るなら運転席後ろに乗りたかったので、今回は見送りました。 座席周りの様子 乗車した5号車です。 入線から出発までの時間はごくわずか。 既に名古屋駅を出発して地下区間を走行中です。 今回お世話になった座席。 ひのとりでは後ろを気にせずリクライニング出来るよう、プレミアムシートはもちろんレギュラーシートでもバックシェルがついています。 今回は最後尾を指定したのであまり関係なかったですね 笑 片方リクライニングしてみました。 座面が前に出ると同時に沈み込みます。 いわゆるゆりかご式シートですね。 アーバンライナーよりも沈み込み方が大きく、よりリラックスできるように感じました。 座面はかなり分厚いですね。 まるでソファーに座っているかのような座り心地。 最後部座席後ろにはスーツケースが入るくらいにはスペースがあります。 ヘッドカバーはHINOTORIのロゴ入り。 コンセントは各席肘掛下についています。 コンセントについては少し後述します。 テーブルは座席後ろに1つ。 厚さのあるテーブルで安定感があります。 アーバンライナーではテーブルが小さかったので、お弁当を広げたり、パソコン作業などが楽にできるようになりました。 そして肘掛下から取り出す小さなテーブルがあります。 フットレストは2段階式。 抑えていないと戻ってしまうので指で押さえて撮影しています。 近鉄ではフットレストは靴を脱いで使用するのがルールです。 座席の間にカップホルダー。 レバーはフットレストを操作するときに使用します。 テーブル上に荷物用フックが2つづつあります。 頭上のランプはその座席に予約があるかどうかを示しています。 JR東日本の在来線普通列車グリーン席と同じですね。 緑色は指定あり、白は指定なし。 子どもはオレンジ色の様です。 特急券無しで飛び乗った場合はランプが白色の座席に座ると良いですね。 デッキ・荷物置き場 4号車と5号車の間のデッキです。 ベンチシートが置かれているほか、無料の荷物ロッカーがあります。 ロッカーは通常の鍵を利用するタイプと、ICカード乗車券を鍵代わりに使えるタイプがあります。 せっかくなのでICカードタイプを使ってみました。 機内持ち込み最大サイズを入れるとこんな感じでした。 欲を言えば床面とロッカーに段差があるので、これが無ければ重いスーツケースでも出し入れが楽なのになと思いました。 途中の停車駅はもちろん、名古屋・難波共に到着後の停車時間は短めなので、荷物は早めに取り出した方が良いかと思います。 車いすスペースと1人用座席 4号車に車いす対応座席、およびデッキにはバリアフリーのトイレがあります。 カフェスポットと自動販売機 プレミアム車両にそれぞれカフェスポットがあります。 挽きたてコーヒーは1杯200円。 自分でカップをセットしてボタンを押します。 コーヒーサーバーの隣にはスナックが売っています。 スナックはSOYJOY(100円)とクリーム玄米ブラン(150円)です。 それにココア(150円)と紅茶(100円)ですね。 ココアと紅茶用のお湯はコーヒーサーバーから無料で入れることができます。 カフェスポットの先はプレミアム車両。 プレミアム車両だけハイデッカーですね。 レギュラーシート利用の場合は入室はやめましょう。 冷たい飲み物は自動販売機より。 2号車と3号車の間にあります。 コンセント容量に問題あり? 問題があると思ったのが座席にあるコンセント。 何と電源容量はわずか0. 6Aしかありません。 全席コンセント設置ではありますが、0. 6Aではスマホやタブレットの充電は気休め程度でしょう。 「使用しないでください」の文字をそのまま受け取るなら、繋ぐことすら許されません。 実際私もスマホを40分ほど充電してみましたが、GPSスピードメーターを常時動かしていたこともあってバッテリーのパーセンテージはそのままでした。 充電マークは表示されていました。 2Aあればスマホ・タブレット・ノートパソコンをしっかり充電・使用することができますね。 設計段階で0. 6Aの容量に疑問を持つことが無かったのでしょうか。 デビューしたばかりの列車なのですぐに改修されるとも思えませんが、1つの課題ではあると思います。 大阪難波へ あべのハルカスが見えてきました。 終点の難波までもうすぐです。 まとめ 近鉄の新型特急、ひのとりの乗車記でした。 アーバンライナーと比較して間違いなく快適性はアップしています。 差額200円ならひのとりを選択しますし、どちらにしても名阪特急の速達タイプ、いわゆる甲特急は全てひのとりに置き換わります。 今回はレギュラーシートだったので、次回以降は是非プレミアムシートにも乗車してみたいですね。 個人的な感想ですが、速達性の劣る乙特急になってしまったアーバンライナーに乗車するくらいなら急行乗り継ぎで良いかなと思っています。 どうせ乗るならひのとり。 節約するなら急行乗り継ぎでしっかりと。 メリハリのついた選択が私の乗車スタイルになりそうです。 tomekichisfc.

次の

近鉄特急ひのとり、速さ・安さと違う「魅力」は?

近鉄特急 ひのとり 座席

広告 「アーバンライナー」を置き換え 近鉄の名阪特急は大阪難波~近鉄名古屋間を約2時間で結ぶ全席座席指定の有料特急で、同社の看板列車です。 現在は、「アーバンライナー・ネクスト」「アーバンライナー・プラス」の車両で運行しています。 近鉄では、これを置き換え、新たに新型車両「ひのとり」を投入すると発表しました。 運行開始は2020年3月14日です。 近鉄が名阪間に新たな特急車両を投入するのは、「アーバンライナー・ネクスト」が投入された2003年以来、17年ぶりです。 画像:近畿日本鉄道 全座席「バックシェル」 新型車両の形式名は「80000系」で、「ひのとり」は愛称です。 スピード感ある車体フォルムや、メタリックレッドの外観デザインが特徴。 ゆったりとして気品ある車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に重ね合わせて命名しました。 「ひのとり」は、プレミアム車両とレギュラー車両を備えます。 鉄道車両としては日本初の全座席で「バックシェル」を装備。 後部座席にはみ出さず、気がねなくリクライニングできます。 広告 客席仕様は? プレミアムシートは2人掛けと1人掛けの横3列の座席配置。 ハイデッカー構造で大型ガラスを使用したことにより、広い眺望を確保しました。 画像:近畿日本鉄道 画像:近畿日本鉄道 シートには本革を使用。 座席の前後間隔は130cmあり、日本の鉄道座席で最大級です。 電動リクライニング、ヒーター、コンセント、読書灯などを備えます。 車両には横揺れを低減するフルアクティブサスペンションを設置し、乗り心地も改善しました。 画像:近畿日本鉄道 レギュラーシートは2人掛けが2列の横4列で、一般的な優等車両の配置です。 レギュラーシートでも座席の前後間隔は116cmあり、新幹線のグリーン車並み。 フットレストやテーブル、コンセントなどを備えます。 画像:近畿日本鉄道 広告 無料Wi-Fiも提供 車内にはサービス設備として多目的に使えるベンチスペースや、コーヒーサーバーなどを設置したカフェスポット、ロッカーなどの大型荷物置き場を用意。 喫煙室は1箇所設けます。 無料Wi-Fiも提供し、全客室に空気清浄機ナノイーを装備します。 ベンチスペース。 画像:近畿日本鉄道 カフェスペース。 画像:近畿日本鉄道 トイレは温水洗浄便座とベビーチェアを設置。 多目的トイレにはチェンジングボードやベビーベッド、オストメイト対応設備を配備しています。 セキュリティ対策として、客室やデッキ、大型荷物置き場には防犯カメラが取り付けられます。 客室両端の上部には大型液晶ディスプレイを2画面設置し、乗換案内などを4ヶ国語で情報提供します。 関連記事 11編成72両を投入 6両編成が8編成と、8両編成が3編成の全11編成72両を投入します。 先頭車両がプレミアム車両で、中間車両がレギュラー車両です。 6両編成の場合、1号車と6号車がプレミアム車両、2~5号車がレギュラー車両です。 8両編成の場合は、中間車両が2両増えます。 編成定員は6両編成が239人、8両編成が327人です。 画像:近畿日本鉄道 現行アーバンライナー21000系は6両が306名、8両が414名なので、定員は約2割も減少します。 シートピッチをゆったり取って、全席バックシェルシートにした結果でしょう。 運行開始時は6両編成3本でスタートし、2020年度中に6両編成5本、8両編成3本を増備し、投入を完了します。 料金は? 定員が減ったことにより、特急料金は値上げとなります。 「ひのとり」には特別車両料金が設定され、難波~名古屋間の場合、プレミアム車両で900円、レギュラー車両で200円が加算されます。 プレミアム車両の特別車両料金は、アーバンライナーのDX車両より380円高く設定されています(消費税増税後の比較)。 運賃とあわせた大人1人の総額(運賃・料金合計)は、難波~名古屋で、プレミアム車両が5,240円、レギュラー車両が4,540円となります。 価格的には、「新幹線より安く、高速バスより高い」という水準です。 「速さよりも、安さよりも、快適に移動したい」という人をターゲットにした列車といえそうです。 画像:近畿日本鉄道 画像:近畿日本鉄道.

次の

近鉄特急「ひのとり」プレミアム車両、最前列に乗ってみた!感想・レポート

近鉄特急 ひのとり 座席

試乗会に参加した「鉄道チャンネル」華やか部門の二人から 「ひのとり」がいかに素晴らしいかという話を聞き及んでいたのですが、このご時世、大阪や名古屋へ出向くわけにもいかず……そんな折に「N700S」取材で久々に新大阪を訪れたので、この機を逃すわけにはいかぬと思いたち「ひのとり」で帰ることにしたのです。 html 「ひのとり」ってどんな車両? 「ひのとり」は今年3月14日(土)にデビューした近鉄の新型特急車両。 大阪と名古屋をつなぐ名阪特急の新たな担い手として、2021年度末までに11編成72両が新造・投入される予定です。 大阪~名古屋間の移動に関しては東海道新幹線と近鉄の名阪特急が競合しており、速さの東海道新幹線に対し安くて快適な近鉄特急という構図になっています。 2020年はJR東海が「のぞみ12本ダイヤ」や「N700S」の投入で輸送品質の向上を図り、一方の近鉄は「ひのとり」で対抗するという流れでした。 料金や所要時間を具体的に比較してみましょう。 「ひかり」指定席なら6,470円、「のぞみ」指定席なら6,680円。 所要時間は「のぞみ」なら約50分。 一方の「ひのとり」は大阪難波~近鉄名古屋間を約2時間8分で移動。 従来の近鉄特急が4,340円、デラックスシートで4,860円であったことを考えると若干割高になりましたが、過去のリリースや乗車体験記を読むに座席や車内設備に相当力を入れていることが分かります。 もちろん大阪~名古屋間の移動なら新快速を乗り継いでいく手もありますし、高速バスなら更に安い。 名阪特急は名阪間における様々な移動手段の中でも、グレードの高い選択肢として位置付けられているとみて良いでしょう。 その実力のほどを拝見しようじゃないの……ということで「プレミアムシート」に乗ろうと思ったのですが、残念ながら当日の「窓側の席」は満席。 というわけで今回はレギュラーシートに乗ります。 「ひのとり」コーヒーは200円。 お湯は無料。 コーヒーの提供時間はおよそ40秒。 普段泥水のようなコーヒーしか飲まない味音痴なので「セブンイレブンのコーヒーとあんまり変わらなくない?」という印象を抱いてしまったのですが、普通に美味しいですし、車内で買えるコーヒーというのはそれだけで100円の差額を払う価値のあるもの。 記念に一杯買っていきましょう。 その対面にはICカードロッカーがあり、ICOCAやPASMOを持っていれば無料でロッカーが使うことも。 こういう設備があることは知識としては知っていたのですが、改めてこの贅沢なサービスを目の当たりにするとちょっと真顔になりますね。 治安の悪いインターネットの住民が見たら「福利厚生じゃん、こんなの……」と呟くレベル。 その感触が腰に残っている状態で座ればさすがに見劣りするんじゃないかな……と思いながら「ひのとり」レギュラーシートに腰を落ち着けたところ、あまりの快適さに一歩も移動したくなくなってしまいました。 リクライニングした瞬間がすごいんですよ、ひのとり。 座面の先端が浮く。 膝のあたりがほんの少し持ち上げられて快適な乗り心地になってる。 しかも全席バックシェルなので後ろの人を気にせずにリクライニング出来る。 もちろん「N700S」の座席も素晴らしいのですが、ひのとりのシートからは速度で劣り快適さに賭ける近鉄特急が座席の質で負けるわけにはいかない、というプライドが伝わってきます。 腰とかに。 もちろん、サービスは座席の質によってのみ決まるものではありませんが、レギュラーでこれならプレミアムシートはグランクラスを余裕で超えていくんじゃないのか?と期待が膨らみますね。 ちなみに座席の背面には傘などをかけられるフックも搭載。 これは「N700S」の普通車にも装備されていて、全席コンセント・Free Wi-Fiなどともに令和の標準装備みたいな感覚がありますね。 雨の日は傘の置き場に困ることもたびたびですが、このフックは柄を引っ掛けて固定するのに大変使いやすくて便利でした。 びっくりするほど揺れない。 ひのとりの静けさと揺れなさは「リクライニングチェアでくつろいでいると窓の外の画面が勝手に切り替わっていく」イメージです。 あまりの揺れなさに「電車に乗っている」ことを忘れてしまうほど。 もちろん、新幹線だって揺れる乗り物じゃありません。 記者が生まれる前の話ですが、東北新幹線の試運転では「タバコが立つ」と噂になったそうで。 長野新幹線や北陸新幹線では「コインが立つ」という話もあります(実際試したことはないのですが……)。 「N700S」だって揺れの大きい車両にはフルアクティブサスペンションを備えています。 それでも乗り比べてみると「『ひのとり』はいいぞ」になってしまう。 大阪難波から近鉄名古屋まで2時間ちょっと。 しかも料金は「のぞみ」で行くのとさほど変わりない。 もっと安い移動手段も充実している。 いずれは「ひのとり」プレミアムシートと「グランクラス」で乗り比べをしてみたいものです。 文/写真:一橋正浩.

次の