暗黒 タマタマ。 原恵一 × 安藤真裕 トークショー レポート・『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』(2)

原恵一 × 安藤真裕 トークショー レポート・『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』(2)

暗黒 タマタマ

【『暗黒タマタマ大追跡』】 そして、第 5作『 暗黒タマタマ大追跡』( 1997)にて、氏は監督に就任。 それまで『 星空のダンシングドール』( 1988)、『ドラミちゃん アララ少年山賊団!』( 1991)など中篇作品の監督を務めていたが、 100分近い長編作品はキャリア初。 原「『暗黒タマタマ大追跡』までの 4本は、ファンタ色が強かった。 だから違うものを持ってこようと。 現実的な舞台で、をやろうと思ったのがきっかけです。 監督の仕事には、ストーリー全体を見るっていうのと、子どもが飽きないようにギャグを入れてくっていうのがある。 本郷()監督の下で(演出スタッフとして)やっていたときとの違いはそれですね。 本郷さんの 4本あっての作品で、違う方向へ行こうとは思っていたけど、つくっていて空回り感がありました。 慣れてないから全体を見られていなくて、出来上がって自分で呆れました(笑)」 安藤「でもいびつな映画だけど、原さんのエキスが出ているので好きですね。 参加した甲斐があった」 原「いまは『暗黒タマタマ』って大好きな作品です。 でも当時はやっちまったなって(笑)。 安藤さんと(設定デザイン・原画の)さんは、面白いって言ってくれたんですけどね。 (挿入歌は)コンテを書いてるときに、ああここにこの曲が流れたらなって思って、実行してしまったと(笑)。 (この『暗黒タマタマ』が)ラストしんちゃんかなと思ってて、まさかその後 15年もつづくとは(笑)。 いつもは 2月くらいに入るけど、少し早く、成人の日くらいに始めた。 100カットくらい入ったので、 1本の映画の中の担当分としては MAXです。 しんちゃんのことだけ考えて、これがラストと思っていたので(笑)、悔いのないようにと」 原「青森から東京へどうやって出て来るか。 尺が足りなくて、結局あっという間に出てくることにして、(原画の)末吉裕一郎さんに好きに描いてくださいとお願いしました。 末吉さんにとっては、転機だったみたいですね」 アクションシーンは、テレビの『しんちゃん』のイメージで見ると驚くほどの迫力。 安藤「演出家によっては、殴り合うからおまかせみたいな人もいるけど、原さんはアクションの殺陣も細かく考えてくれる。 演出家があれだけ考えてくれるから、やりがいがありました」 原「おれも意地になってて、ろくに考えない監督が多いと思っていて。 当時はプロレスとか格闘技をよく見ていたので。 (完成作品では)おれが思っていた以上に(劇中で若い女性を)思いっきり叩き付けてて(笑)。 銃はベレッタってのを調べて。 キャラデザの原勝徳さんが(銃が)好きだったんですよ」 おねえキャラの三兄弟などのゲストキャラや舞台設定にも、こだわりがある。 原「珠由良七人衆は、名前も見た目も『』( 1954)ですね。 いつ思いついたのか。 全然許可は取ってない、同じだからいいかなって(笑)。 このころは、の人から感想が来なかった。 (クライマックスの)お台場のあのへんの景色が好きだったんですね。 まずカラオケで唄うシーンで顔を見せた後、後半ではお台場でのクライマックス直前に出てきて殴り倒される。 臼井氏はこれ以後のシリーズの 2本にも出演し、毎回殴られている。 原「原作者に出てもらうっていう予定はあったけど、カラオケは予定どおりで、お台場で殴られるのはコンテで突然思いついた(笑)。 テレビシリーズをつくっていても、尺が足りなくなりがちでした。 初めて中篇(映画)をやったときも、同じことになった。 『しんちゃん』は 90分だけど、同じことで。 長くなればなるほど好きにできるかと思ったら、やっぱりカットしなきゃいけなくなる。 『』( 2007)では 180分と思っていて(笑)、制作委員会とぼくとでせめぎあいがありました」 【『暗黒タマタマ』以後のしんちゃん 1 】 原監督は、第5作『暗黒タマタマ』から第10作『 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(2002)まで脚本・監督を務めた。 安藤氏は、第8作『 嵐を呼ぶジャングル』(2000)まで原画を担当。 原「第6作『 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』(1998)では余裕が出てきて、気楽に愉しくつくれました。 前作はドメスティックな内容でしたから、今回は海外ロケで、舞台も派手にしようと。 (ゲストキャラは)のイメージです。 安藤さんのパンチのシーンは、本当に痛そう。 あの(『しんちゃん』の)絵で重量感を出せる人はいないです。 アニメーターとしては、超A級。 いちばん好きなひとりですね」 安藤「このときは(の)『ポリス・ストーリー3』(1982)がいいんだよーって言われましたね(笑)」(つづく).

次の

クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡(アニメ映画)の感想/評価、レビュー一覧【あにこれβ】

暗黒 タマタマ

2010年4月25日 ビックリしたなあ、もう。 なんじゃ、そりゃ。 "絶対、おばあちゃんから教えてもろたやろ!"って突っ込んだら、これまた、"違うよ。 "である。 『小指の思い出』は、昭和42年、伊東ゆかりが唄って大ヒット。 『愛は傷つきやすく』は、昭和45年、ヒデとロザンナが唄って大ヒット。 ともに、40年以上も前の歌で、読者の中にも知らない人がいると思う。 そんな古いムード歌謡を、こんな「じゃりん子」たちがソラで唄ったのだから、私がたまげるのも当然であろう。 わが子にこれらの歌を教え込んだ犯人は、「クレヨンしんちゃん」。 私も後で少し見たが、『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』という「しんちゃん」の劇場版にこの二つの歌が出てくるのである。 『小指の思い出』を唄ったのは、オカマの「ローズ」。 『愛は傷つきやすく』を唄ったのは、「しんちゃん」の父と母、「野原ひろし」と「野原みさえ」。 相手が頭の中で何を考えているかを読み取る能力を持つ「ヘクソン」に対抗するため、「ひろし」と「みさえ」は唄うことで頭の中を空っぽにすることを思いつく。 そして、若かりし頃に二人でよくカラオケで唄ったデュエット曲を恥ずかしがりながら、唄い出すのである。 その戦法にうろたえる「ヘクソン」に対して、「ヘクソン」の弱点である「くすぐり」ですかさず攻撃する「しんのすけ」と「ひまわり」...。 『クレヨンしんちゃん』、私、昔から、でれ~としたマンガのイメージがあったから、ほとんど見たことがなかった。 が、最近、子どもたちが見ているのを傍観していると、結構、おもしろい。 あまりのバカバカしさにリラックスできる。 「中村玉緒」がモデルになっている「玉王ナカムレ」、自分のことを「わて」と呼び、京都弁でしゃべる。 オモロイ、オモロイ。 癒し(いやし)を求める現代人、たまには『クレヨンしんちゃん』もイイかもね...。

次の

クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡 感想と考察 しんのすけの成長物語とヘクソンの魅力

暗黒 タマタマ

映画「クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡 」は原恵一 が監督を手がけ、矢島晶子、 ならはしみき などが出演しています。 Hulu・U-NEXT・dTV・Amazonプライムなど、11種類の人気動画配信サービスのどれで配信しているか比較して紹介します。 映画『 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡 』はどれで動画配信? 映画「 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡」を見れる動画配信サービスは以下の通りです。 この怪事件に際し、閑職に追いやられていた千葉県警の女刑事「東松山よね」が担当させられることになる。 同じ頃、北埼玉大学に強盗が侵入し、最近発掘されたある1体の埴輪が盗まれるという事件が発生。 そのニュースをテレビで観て、埴輪の特徴である下腹部に空いた2つの穴を見たしんのすけは、「タマタマが取れた跡だ」と口にする。 その翌日。 シロと散歩していたしんのすけは、土手で寝ているオカマの傍で光る玉を拾った。 しんのすけはこの玉を家へ持ち帰るが、いつの間にか紛失してしまう。 引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』•

次の