ラージャン 立ち回り。 MH4G極限状態ラージャンを攻略する9つのポイント〜立ち回り動画解説〜

【MHW:IB】ラージャン攻略:おすすめランス装備&スキル(耐震は要らない?)

ラージャン 立ち回り

遅くなりましたが、ラージャン攻略MH4G対応版です。 今思えば、ラージャン攻略をMH4Gに対応しようとしたのは、Twitterが謎の凍結にあっていた頃で、2015年にちょうど入ったあたり。 立ち回りの攻略自体は去年の時点で確立されていたもので、正直時代遅れ感は否めず、記事作成のモチベーションが相当低下していました。 ですが、Twitterでラージャン攻略を楽しみにしているというありがたいお声をいくつか頂きまして、それならと再スタートすることにしました。 ラージャンが苦手な方もやはりちらほら見かけますし、MH4に続いてやっぱり一番狩られているモンスターだと思いますので、この記事で皆様の普段の狩りが少しでも快適になればと思います! もともとMH4時代にラージャンの攻略は書いていたので、それをMH4G用に書きなおしたものになります。 それでは、 久しぶりにクック先生の登場です! 目次• 基本的な動き方 ラージャンを相手にするときは、 ラージャンを中心に時計回りに移動するのが基本的な立ち回り。 これが一番の基本! とりあえず、走り回ってすべての攻撃を安定して避けられるようになれば、気が楽になると思う。 ちなみに、 ガンナーは距離を取ることもあるため、ジグザグステップに関しては距離を見極めて反時計回りに移動することも大事になってくるよ! ラージャン記事用 基本間合いはステップ一歩目分 — イャンクック速報-MH4G攻略情報 MHyiankutku ラージャン記事用 ステップ二歩目間合いを避ける動き — イャンクック速報-MH4G攻略情報 MHyiankutku 極限状態で狙いたい大きなチャンス MH4Gのラージャンは極限状態を手に入れたことで後ろからの攻撃はしづらくなってしまった。 先程言ったように 基本的な立ち回りで相手の攻撃を避けつつチャンスを伺い、攻撃できるタイミングで攻撃していくことになるだろう。 極限状態では特に欲張ってしまうとそのままキャンプ送りにされてしまうので、 決まったタイミング以外は逃げ続けるのが基本だ。 RPGのターン制のようだね。 攻撃をする部位に関しては肉質の話になるので、を参照してほしい。 対ラージャンのオススメスキルや装備の話は、でまとめてあるよ。 この行動を見たら、すぐ攻撃に移れるよう備えておこう。 確定以外のビームやのしかかりの誘導はMH4に比べてやりにくくなった印象だけど、極限状態でなければ、後ろ脚内側付近にいる時にまだよくやってくれるイメージ。 移動速度が遅い武器でも、大剣程度の納刀速度なら、最初のジャンプ時に歩きながら納刀することで1段目を回避し、2段目以降を走って避けることもできるよ。 ちなみに 地面堀りの前の怖い顔ダッシュ、あれはこけおどしなので正面から向かっていけば避けられるよ。 (確定と言い切る自信はないのだけれど、積極的に狙えるレベル。 基本間合いでステップされた際はバクステを読んで重い一撃を食らわせよう。 バクステ後は確定で回転するため、後ろ脚付近を狙うのが重要。 バックジャンプしてくる間合いも基本間合いの立ち位置くらいなので、慣れれば後ろ脚付近を狙うのは難しくないよ。 ちなみに極限状態だともう一回バクステしたりする。 後隙に抜刀斬りをお見舞いし、前回避で潜るのがオススメ。 その後に回転をしてきても当たらないで済むよ。 横回避で位置回避する際は、ラージャンが飛び上がった後咄嗟にに入力する感じ。 ちなみに双剣は鬼人回避の全体モーションが普通の回避に比べて短いので、バンザイを見てから二回横回避で簡単に避けられる。 MH4の頃はこれで揺れまで避けるのがド安定だったんだけど、狂竜化しているとのしかかりの速度が遅くなったり早くなったりで安定しなくなってしまった。 厳しい時はガードも可能で、特にチャージアックスは見てからGPを出せるので、のしかかりは余裕で対処できる。 「プロハンといえばフレーム回避」というイメージを持っている人はいないだろうか。 最近ではあまり聞かない気もするけれど…。 回避性能なしは、 無敵時間で避けるのではなく、位置で避ける立ち回りを基本としていて、「歩きや回避モーションでの位置移動」の重要度が高い。 実際無敵時間を利用してフレーム回避し続けるような立ち回りは、基本的には要求されない。 つまり、手数が多少増える。 位置で避けにくい攻撃が多いと、この回避性能が活きてくるようになる。 そんなイメージを持っているよ。 心撃使用時や大剣等後ろからでも尻尾を攻撃しやすい武器は後ろや横から追いかけて攻撃することも多いと思う。 その時振り向かれた場合は、上体を上げた時に後ろ脚のところまで前回避等で潜ってしまえばOKだ。 状況によるけど、 何も考えず潜ろうとするとバクステが来た時に危険なので、潜る際は相手の行動を確認することが大事だよ。 回転と言ってもその場での回転ではなく、少し前進するので、後ろ脚付近にいれば当たらない。 目の前に壁がある際はその場回転になるので後ろにも攻撃判定が来るから注意! 明らかに届かないデンプシーの後、バクステの後等の確定状況が多く、薬を飲むチャンス。 確定時には狙って一撃加えることもできるが、それなりにリスク大きめなので、自信がある人向けかなと思う。 攻撃判定は向かって右側がかなり広いので、そこから手を出そうとするのは禁物。 これだけは普段の立ち回りと違って、 反時計回りに避ける必要があるので注意! 地面を掘っている時のラージャンに攻撃する際の位置取りを調整すれば、その後のジャンプ方向を誘導でき、前回避だけで岩を避けることもできるよ。 大剣等にはオススメの対策法だ。 まず、シビレ罠について。 これは 罠師さえついていれば、ダウンやビーム等の隙にも仕掛けていくことができるよ。 ちなみに、 睡眠時は頭に密着して使えばOK。 目を覚まして腕を動かしたタイミングで罠にかかるよ。 次は落とし穴。 こっちは 怒り状態じゃなければかからないことに注意だ。 非怒り時も、怒りになることが予測できていれば、後ろに設置しておけば怒りのバックジャンプ時に落とし穴に落ちるよ。 あのジャンプは空中判定ではないので、距離は特に図らなくてOKだ。 ちなみに、ラージャンの睡眠は、起こした時に必ず軸合わせと咆哮を伴うので、 後ろ側から起こしてやれば軸合わせに罠師なしの落とし穴が間に合ったりする。 ソロだと地味に便利だよ。 個人的、対ラージャンオススメ武器種 個人的に、 対ラージャンにオススメの武器は、大剣と双剣。 大剣は、やはり 今作のラージャンに確定行動が増えたことが大きい。 溜めがあることで先読みの時間を手数武器より有効活用できるので、タイムアタックで大活躍している印象だ。 次は双剣。 軽い挙動の武器ならば、基本的にラージャンは立ち回りさえしっかりしていれば被弾することはなくなるが、 特に双剣は鬼人回避によるのしかかり回避が圧倒的に安定していて、死ににくさなら剣士で一番じゃないかと思う。 私は今作ではラージャンに対しては双剣を一番使っています。 なんといっても突進連斬が便利で、 他の武器じゃ手数を出しづらいタイミングでも積極的に手を出して行けます。 鬼人強化中心に立ち回れるようになったので強走薬も不要になりましたし、麻痺等のサポートも強力で、とにかく事故りにくいです。 死にたくない人には、双剣をオススメしますね! さて、MH4Gのラージャン攻略、少しはお役に立てただろうか。 かなり時間がかかってしまったけど、なんとか形にすることができて、ホッとしているよ。 この記事で皆のラージャン狩りが少しでも快適になれば嬉しいよ!.

次の

金獅子「ラージャン」攻略|モンハンクロス 攻略

ラージャン 立ち回り

ラージャンの肉質・耐性値など 肉質 状態異常耐性、その他効果 怒り状態 バックステップしながら体毛が逆立ち、金色になる。 (スー〇ーサ〇ヤ人) 着地した時点で両手を上げつつ、バインドボイス【小】の咆哮とともに移行する。 怒り状態に限り、落とし穴が効くようになる。 通常時は落とし穴無効。 即座にジャンプして脱出されてしまう。 前脚硬化状態 怒り状態時のみ移行可能。 その場で後脚のみで立ち、両手を広げながらオーラを纏う。 (界〇拳、ビ〇ド〇ップ等w) この際にバインドボイス【小】の咆哮を発する。 この状態では、前脚の肉質が紫ゲージでも弾かれるほどに硬くなり、 貫通弾以外のボウガン、貫通以外の矢では無効化される また前脚を使った攻撃に被弾すると、吹き飛ばし【超】になる。 水平に大きく吹き飛ぶ 疲労状態 涎を垂らし、動きが遅くなる。 ブレス系攻撃が不発になり、連続パンチの終点で地響きを起こせなくなる。 破壊可能部位 角: 尻尾: 1怯みで左側の角が折れ、2怯み目で右側が折れる。 2段階破壊で報酬確定。 前方は非常に危険であり、ダウン中は腕に吸われやすく、破壊は難しい。 シビレ罠や麻痺の拘束中に縦リーチ武器で狙うか、ガンナーで狙うと破壊しやすい。 尻尾の毛玉がなくなる。 切断ではなく破壊扱いであり、打撃・射撃でも破壊可能。 怒り状態でのみ破壊可能、破壊後は怒り状態になれなくなるが、後脚に吸われやすく難しい。 スポンサーリンク ラージャンの特徴 初出:MH2 別名:金獅子(きんじし) ラージャンはこやし玉で強制的にエリアチェンジをさせることが出来ない。 よってラージャン2頭クエストでは合流してしまうと地獄絵図と化す。 片方が自然にエリアチェンジするまで踏ん張るしかない。 (こういう時に限って同じタイミングで同じエリアに移動するもの) ただし拘束された場合の振りほどきには使える。 フィニッシュまで喰らうと起き攻め率が高いので、持って行く価値はある。 ラージャンの主な攻撃パターン 連続パンチ 左右交互にフックを繰り出しつつ前進してくる。 予備動作はない。 3回の場合と7回の場合があり、ハンターとの距離によって使い分ける。 規定回数フックを繰り出し、最後は地面を殴りつけて震動を起こす。 後ろから追いかけると、この震動に引っ掛かり、長い時間拘束されるので、追撃されやすい。 スキル「耐震」があれば、後ろから追いかけて少しの間チャンスになる。 反撃には注意したい。 振り向き連続パンチ 上記連続パンチの亜種。 一瞬両手を上げたあと、ターゲットに軸を合わせ連続パンチを繰り出す。 ラージャンの背後を取っても、180度向きを変えて繰り出してくる上、予備動作もほんの一瞬。 常にこの攻撃が来るだろうと想定して、コチラを向いた瞬間に足元へ潜るように回避すれば避けられる。 こちらのパンチ回数は7回で固定のようである。 ラリアット 両脚で立ち、腕を広げて勢いをつけ、そのまま回転する。 攻撃と共に大きく前に進むので、予備動作の時点で後脚あたりに居れば、勝手に前の方に進んでいき、 被弾することは少ない。 しかし、壁際では危険度が激増する。 前には進まない分、その場で回転するので、 後ろから追いかけていくと思わぬ被弾をする。 更に後述の前脚硬化状態では、当たると吹き飛ばし【超】になり、そのまま壁に衝突。 壁衝突のダメージはないものの、気絶率が非常に高く、さらにラージャンは攻撃終了後、その位置に居るため、 そのまま起き攻めでキャンプ送りにされることが頻発する。 あた当たり判定も地味に長く、回転が遅くなり完全にとまるまで判定が残る。 起き攻めで(ry 連続パンチ同様、攻撃後は僅かに隙があるので反撃のチャンスである 突進 コチラに照準を合わせ、かなりのスピードで走ってくる。 こちらは真っ直ぐに走ってくるので、軸さえ外せば基本大丈夫である。 蛇行突進(ケルビステップ) 先ほどの突進に対し、ジグザグに飛び跳ねながら突進してくる攻撃。 直線に進む突進とは打って変って、こちらは範囲が広く、非常に避けにくい。 突進が来る立ち位置では、コチラも普通に行ってくるため、常にコチラを警戒すべき。 出来るだけ真正面に立たないことがオススメ。 またステップは過去作のような初手左から固定ではなく、ハンターを狙って左右両方に飛んでくる。 バックステップ その場で小さくジャンプして勢いをつけ、次に大きく後ろにジャンプする。 たかがバックステップなどと言う生ぬるいモーションではなく、後脚に振れると大ダメージを受ける。 ステップする際の前脚や、ステップ後の全身にも判定あり。 こちらは小ダメージ+尻餅 各種モーション後に反撃の際には、特にリーチの短い武器で貼りつくときは、常にこの攻撃に警戒すべき。 被弾するとステップするラージャンとは反対向きに飛ばされる。 更に恐ろしいことに、ステップで距離を開けられるため、次の攻撃でビームを誘いやすく、 非常に起き攻めされやすい。 防御力やクエスト難易度次第では一瞬で蒸発する。 ボディプレス 両脚で立ち上がり、溜めの予備動作の後、前方を身体ごと叩きつける。 叩きつけの際には震動を発生させる。 長時間ふらつく。 倒れ込む瞬間までハンターを補足してきたり、距離が空いていても強引に詰め寄ったりしてくるので、 倒れ込む瞬間には回避を入力しておくと被弾率が下がる。 攻撃後は割と長めの隙を見せるので、スキル「耐震」があれば反撃のチャンスである。 拘束ボディプレス ボディプレスに似た攻撃モーション。 コチラは予備動作が殆どない代わりに、ホーミング性能はそこまでない。 勢い付けないからか、振動もない。 喰らうと拘束される。 拘束されると握り潰され、2回ほどダメージを受ける。 (将に大猿ベジータである。 ) 最後は投げられるが、その際はダメージがない。 体力が満タンに近ければ拘束攻撃のみで即死することは殆どない。。。 のだが。。 最後投げられると、起き上がるタイミングに合わせてビームを重ねてくることが多く、起き攻め率が高い。 クエストの難易度次第では、これでキャンプ送りになる。 こやし玉を当てることで防げることが多い。 またハンターを投げる際、パーティプレイで味方に当たると、 その味方が吹き飛ばされてしまうので、周りの味方も気を付けたい。 この攻撃は是非とも避けたい。 避けられれば結構長い隙を晒すので反撃のチャンスが生まれる 空中ローリングアタック バックステップし、更に高くジャンプしたあと、斜め前方に回転しつつ体当たりしてくる。 斜め方向は真下までは狙ってこないが、少し前方〜傾斜45度くらいまで狙いを定めてくる。 非常にダメージが大きいので、被弾は何としても避けたい。 また横方向の狙いは甘く、バックステップする前に居た方向に飛んでくるので、 その移動軸を見て、直線状からずれた位置へ移動すれば被弾しにくくなる。 判定は一瞬なので、回避性能なしでも回避可能。 同じ方向に回避すれば、多少反撃できる。 雷弾 ビームと同じく前屈みの姿勢になり、前方に向かって弾丸状の玉を一発発射する。 ラージャンの攻撃は雷属性っぽいのが多いが、実質雷属性の攻撃はコレくらいである。 ホーミングはしないので、正面に居なければ喰らうことはまずないし、 発射後はやや隙を見せるので反撃のチャンスである。 また、バックステップしながら、元々いた頭部付近に雷弾を放つこともある。 頭付近は元々危険地帯であり、基本後ろ脚付近で立ち回ることになるので、そこまで危険ではない。 ビーム 唸り声を上げつつ、前屈みの姿勢になり、前方に向かってビームを放つ(ギャ〇ッ〇砲) どう見ても雷属性っぽく見えるが、無属性である。 ダメージは非常に大きい。 ビームなのに気絶値まである。 こちらは正面に居ない限り当たることは少なく、ビーム本体も横方向の範囲は狭い。 また、発射中〜落ち終わって体勢を戻すまでの間、かなり長い隙を見せるので、 発射の予備動作あたりから背後に回り込んでおけば、長いこと攻撃し放題になる。 直線状のリーチは恐ろしく長い。 狭いエリアなら端から端まで届くほど。 しかも障害物を貫通する。 発射の際に地面に踏ん張る前脚にも判定がある。 こちらは小ダメージだが吹き飛ばされる。 これの単品攻撃はサービスタイムなのだが、ここまで述べてきたように、直前の攻撃を被弾してしまい、 そこにビームを重ねられると絶望的である。 ガードもスキル「ガード強化」がないと防げないし、当たり判定の時間も長いので避けきれず力尽きる。 狙い撃ち振り向きビーム 両手を上げて唸り声を上げた後、軸合わせと一緒にジャンプしながら振り向き、ビームを発射する。 軸合わせ性能はかなり高く、背を向けた状態でも180度振り向いて放ってくる。 おおよそ、振り向き始める直前くらいにハンターの居た場所を狙うので、横方向に移動していれば当たらない。 この攻撃も同様に、発射中〜体勢立て直しまで十分に長い隙を晒すため、反撃のチャンスである ソロの場合は簡単に避けられるが、この攻撃の恐ろしいのはパーティプレイ時(オトモ同伴時も)である。 自分以外を狙って発射したものに対して、自分から被弾しに行ってしまうことが絶えないからである。 また、前の攻撃を被弾した場合、この攻撃で起き攻めも頻繁に起こりうる。 VSラージャンの死因の多くを占める理不尽コンボでもある。 巨大岩投げ 唸り声とともに、地面に腕を突っ込み、少し地面内部を探ったあとに、巨大な 何かを掘り出す。 それを持ったまま、一度バックステップし、そこからハンター目がけて投げてくる。 投げてくるものは、大半は岩だが、エリアによっては木の枝や骨、柱など異なる。 地面に手を突っ込んでいる間は攻撃チャンスなのだが、あまり欲張り過ぎると、 その後の岩投げが避けられなくなる。 オブジェクトが地面から出てくるあたりで、攻撃を控えた方が安全。 オブジェクトをラージャンが持ち上げている間に怯ませると、投げをキャンセルさせられるが、 その際にオブジェクトを真下に落とす。 これにあたると小ダメージ+吹き飛ばされる。 また、地面に突っ込む腕には判定があり、大ダメージ+吹き飛ばし+高確率で気絶する。 腕を突っ込む時のごく狭い範囲しか当たらないが一応気を付けたい。 前脚硬化 後脚だけで立ち、両腕を広げた状態でオーラを放つ。 この際バインドボイス【小】を発生。 通常種のラージャンは怒り時限定のモーションとなる。 発動後は前脚が隆起し、紫ゲージでもは弾かれるくらいに硬くなり、反面後脚と尻尾が軟化する。 この状態では、貫通弾を除く弾や矢を前脚に当ててしまうと、無効化される。 一定時間経過するか、怒り状態解除で、この状態も解除される。 前脚硬化状態では、連続パンチ、ラリアットなど、前脚の攻撃を受けると吹き飛ばし【超】になる。 より低い高度で吹き飛ばされ、地面落下後はいつもの吹き飛ばし【大】同様になる。 吹き飛び中に壁に当たると、壁に打ちつけられる。 追加ダメージは無いものの、気絶値が追加される。 高確率で気絶するため、その後の起き攻めで「力尽きました」は非常によくある話。 ラージャンの立ち回り方 オススメ属性 氷属性、睡眠、麻痺武器など あると便利かも?スキル 耐震、耳栓、回避性能、ガード強化、心眼 あると便利かも?アイテム マタタビ爆弾とか とにかく一撃が非常に重い。 また起き攻めの常習犯でもある。 ちょっとしたミスからキャンプ送りもザラにあるので、一度も被弾しないくらいの立ち回りが理想。 よって慣れないうちは火力系スキルよりも回避系スキルの方が戦いやすい。 耐震は必須級(特に剣士)。 連続パンチやボディプレス後は震動を起こし、これでふらついてしまうと 復帰する前に次の攻撃が飛んできて回避不能になることも多く危険だし、 振動無効化すれば、反撃により手数を増やせる。 今作では 耳栓もオススメされる。 咆哮を受けてしまうと拘束が長く、解けるよりも先にラージャンが攻撃してくることも多いからである。 怒り移行時はバックステップするので、咆哮範囲には入らないが、前脚硬化時はその場で咆哮し、 更に次の攻撃までの間が短いので、耳栓が無いと高確率で被弾するのも理由の一つ。 ちなみに乗りバトル中のみ、咆哮は【大】になるので、無効化するには高級耳栓が必要。 しかし対ラージャンは他にも発動させたいスキルが多いので耳栓で十分かと思われる。 心眼も前脚硬化時の事故防止に役立つ。 前脚に弾かれると大抵反撃を貰うからね。 また、起き攻めでビームを重ねられた場合を想定して、ガード可能武器ならガード強化も一考。 回避性能もあると便利である。 当たり判定の短い攻撃は、ローリングアタック、連続パンチ、バックステップあたり。 基本的に前方は突進やケルビステップ、連続パンチ、拘束攻撃の餌食になりやすく、 前脚硬化時は弾かれる部位になるので、居ても良いことはない。 今作は連続パンチの初手が左右両方から始まるし、両手とも判定はしっかりある。 また蛇行ステップも最初来る方向が固定ではないので、時計・反時計どちら周りでも良いとかなーと? 立つ場所としては、正面ではなく、斜め45度ラインよりも奥側あたりが良さそうですね。 これでケルビステップもそうそう被弾しないので。 属性は氷一択、状態異常武器なら睡眠や麻痺が良いと思う。 ソロなら毒も良いか? スタン値は初期150と平均的だが、何故か蓄積値は50%(ハンマーの溜め2でも20しか蓄積しない) であり、前脚に吸われやすく頭も狙いにくいためオススメではない。 ちょっとした小ネタだが、ラージャンを睡眠状態にした場合、頭に密着してシビレ罠を置くと、 起きた時に少し前進し、勝手に罠を踏んでくれる。 角を破壊したい場合は、シビレ罠や麻痺中が狙いやすい。 上方向にリーチのある攻撃を叩き込もう。 また睡眠爆破で角を狙う場合は大タル爆弾G1. 5個分くらい離して設置しよう。 近すぎると他の部位に吸われるからである。

次の

【MHWアイスボーン】ラージャンの攻略と対策

ラージャン 立ち回り

簡易データ 種類 弱点属性 弱点部位 風圧 咆哮 震動 牙獣種 氷 頭 無 小 有 状態異常攻撃・注意事項• 回転攻撃 前進しつつ左回りに一回転する。 雷ブレス 一直線上のブレスを放つ。 怒り時は上方から両断するようにブレスを放つこともある。 岩投擲 岩を地面から掘り出し、投擲して攻撃する。 叩きつけ攻撃 両腕を上げた後、前方へ少しジャンプながら両腕で前方を叩きつける。 スピンアタック 上方へジャンプした後、回転しながら落下してくる。 通常時は2回、怒り時は3回連続で攻撃する。 連続ステップ ラージャンの左斜め前方から開始して、左右にステップしながら突進する。 攻略方法・立ち回り 高い攻撃力と俊敏な動きを兼ね備えた厄介なモンスター。 怒り状態になると、攻撃力と行動速度が大きく上昇し、一部モーションが変化する。 怒り時にはさらに、前脚が赤く変化して肉質が硬くなる闘気状態へと移行する。 闘気状態では前脚の肉質が硬くなるが、後脚や尻尾の肉質は逆に柔らかくなるので、闘気状態になったら後脚や尻尾を中心に攻撃していこう。 特に注意したいのが連続スピンアタック攻撃。 怒り状態になると3連続で攻撃してくるようになり、間隔が短いため回避に専念しないと連続で受けてしまう。 緊急回避を途中で使ってしまうと、追撃を受けてしまうため通常回避で避けるようにしよう。 避けることが難しい場合はブレイブスタイルのイナシを駆使してもよいだろう。 ラージャンの連続振り回し攻撃 攻撃後 と叩きつけには周囲に振動の効果があるため安易に近づきすぎないように注意。 動きが激しいモンスターなので、罠で動きを止めてしまうことが非常に有効。 シビレ罠の時間は短いが動きを捉えにくいモンスターのため、使ったほうが結果的に効率が良くなる。 また、怒り時限定だが落とし穴も有効。 落とし穴に掛かると頭を狙いやすくなるため、頭部の部位破壊を狙う場合は、爆弾系アイテムも併せて使うとよい。 閃光玉は時間が長く一見有効に思えるが、閃光時間中はかなり暴れ回るため、剣士の場合は思わぬ一撃をもらいやすくなってしまう。 ガンナーであれば距離を取って戦うことができるため、閃光玉は有効。 攻撃チャンスは以下の通り。 モンスター一覧.

次の