楽天モバイル 乗り換え方。 【2020年最新】楽天モバイルのキャッシュバックキャンペーンまとめ|受け取り方法・注意点も紹介

【楽天モバイル】Rakuten UN

楽天モバイル 乗り換え方

楽天モバイルを利用するとスマホはどのくらい安くなるの? ドコモやau、ソフトバンクといった、いわゆる3大キャリアでしか携帯電話やスマホを利用してこなかったユーザーにとって、今現在話題となっている「格安SIM」は気になっていることでしょう。 3大キャリアではほとんどのプランが通話定額制のかけ放題プランを採用していて、通話をあまりしないユーザーにとっては非常に割高なプラン設定となっています。 それらのプランで契約していると最低でも月額6,000円以上が必要となります。 一方のMVNOと言われる「楽天モバイル」の場合は、プラン自体も音声通話付きや音声通話なしのプランも選べて、データ通信容量も3. 1GB〜7GBのプランまで自分に最適なプランを選ぶことができます。 もちろん設定されている料金はMVNO業界でも指折りの格安プランで提供されています。 注意すべきは「通話料」の部分。 大手キャリアで電話かけ放題のプランを利用していたユーザーには割高に感じてしまうかもしれません。 実際、通話を多く利用するユーザーの場合は、格安SIMに乗り換えたのに料金が高くなるという逆転現象も起きる場合がありますので、注意しましょう。 通話をよく利用するユーザーで格安SIMへの乗り換えを検討する場合は、1ヶ月の通話時間2時間を目安にするとよいでしょう。 一般的に2時間以内の通話であれば、大手キャリアの電話かけ放題プランよりMVNOの格安SIMのプランの方がおトクになります。 【楽天モバイルの料金プラン】 「楽天モバイル」の料金をシミュレーションしてみよう 実際どれくらいおトクなのか徹底的にシミュレーションしてみます。 楽天モバイルはドコモの回線を使用していますので、ドコモ契約の場合と比較していきます。 単純な料金比較で見ると楽天モバイルの方が6千円弱のメリットがあることがわかります。 この6千円弱の料金差でどれくらいの通話が可能か計算してみましょう。 ちょうど2時間半程度ですね。 この時間内の通話で済んでいるというユーザーは楽天モバイルの方がメリットがあります。 日本人の平均的な1ヶ月あたりの通話時間は1時間程度ですので、ほとんどのユーザーがこの範囲内に収まるのではないでしょうか。 また、楽天モバイルの場合は通話料金が半額になる格安電話アプリ「楽天でんわ」を提供していますので、このアプリを利用すれば6000円の料金差で300分の通話が可能になります。 セット端末も充実のラインナップ! おトクにゲットしよう! セット端末が充実しているのも「楽天モバイル」ならではです。 楽天モバイルへの乗り換えを検討するなら、ぜひセット端末の同時購入も検討してみてください。 というのも、キャリアの料金プランに比較すると格段に安い楽天モバイルなら、端末を同時購入しても十分に元が取れてしまうからです。 ドコモのプランと比較してみるとその差は歴然です。 ドコモが推奨している5GB程度のデータ通信容量で比較しましたが、楽天モバイルのスマホラインナップで最も高価な「Xperia J1 Compact」を購入したとしても3,400円ほど節約できることになります。 楽天モバイルの場合は、通話料が別途となりますが、格安電話アプリ「楽天でんわ」を使えば、節約メリットはもっと拡大します。 オンライン申込の場合、配送期間を含めて1週間程度で乗り換えが完了します。 MNP(ナンバーポータビリティ)の場合はMNP予約番号が必要 キャリア契約等で使っていた電話番号を楽天モバイルでもそのまま使いたいという場合にはMNP(ナンバーポータビリティ)を利用します。 MNPを利用しての乗り換えには、転出元の携帯電話会社で発行してもらった「MNP予約番号」が必要です。 入手窓口を以下にまとめておきましたので参考にしてください。 発行してもらった番号を楽天モバイルの申込フォームに入力して申請することで番号そのままで乗り換えることができます。

次の

楽天モバイル・スーパーホーダイ→UN

楽天モバイル 乗り換え方

MNP予約番号を入手する• 楽天モバイルで契約申し込みをする• 楽天モバイルのMNP開通手続きを行う• APN設定をする MNP予約番号を入手する まずはドコモで「MNP予約番号」を入手しなければなりません。 そのまま同じ電話番号を使う場合、必ず必要なものになります。 My Docomo インターネットから申し込みできる。 待ち時間なしで簡単。 電話 ドコモ携帯の場合、151 一般電話の場合、0120-800-000 にかける。 引き留められる可能性あり。 店舗 待ち時間あり。 引き留められる可能性もあり。 入手方法は3通りありますが、おすすめはMy Docomoです。 電話または店舗だと、ドコモへの引き留めに遭うパターンがよくあります。 また店舗では待ち時間が発生するので、それらを考えるとMy Docomoで入手するのが一番イイです。 楽天モバイルで契約申し込みをする MNP予約番号を入手したら、いよいよ楽天モバイルへ申し込みをします。 MNPの手続き方法は、• 自宅からMNPの切り替え手続きを行う• 自動で行う のどちらかを選べます。 自動で行った場合は電話が使えなくなる「不通期間」が発生するので、 自宅からMNPの切替手続きをするようにしてください。 その場合は「楽天モバイル開通センターに電話して開通する」をチェックしてください。 なお、申し込みをする際には MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。 MNP予約番号の有効期限は15日なので、入手後は早めに申し込みをしてください。 楽天モバイルのMNP開通手続きを行う 申し込みをした後にSIMカードが自宅に届いたら、楽天モバイル開通受付センター 0800-805-1111 に電話をします。 受付時間と切り替え時間は以下の通りになります。 AM8:59までに受付完了した場合 当日の9:00〜21:00に切替 AM9:00以降に受付完了した場合 翌日の9:00〜21:00に切替 切り替えが完了すれば、楽天モバイルのSIMカードでスマホを利用できます。 APN設定をする APN設定は、スマホでインターネット接続をするのに必要です。 詳細設定方法は、SIMカードと一緒に送付されてくるマニュアルを参考にすると簡単に行うことができます。 ドコモから楽天モバイルへのMNP乗り換えまとめ 楽天モバイルに乗り換えれば、ドコモよりも格安の料金でスマホを利用することが可能です。 楽天モバイルではかけ放題オプションもあるので、格安SIMの通話料金に不安がある方も安心して利用できます。 ドコモの月額料金を安くしたい方は、ぜひ楽天モバイルをご検討ください。

次の

auから楽天モバイルにMNP!乗り換え手順や注意点を解説

楽天モバイル 乗り換え方

楽天モバイルの特徴 はじめに、お得なプランやキャンペーンがある楽天モバイルの特徴を見てみましょう。 ポイントが貯まりやすい 楽天グループは、楽天市場や楽天銀行など多くのサービスを提供しており、身近に感じる人が多いのではないでしょうか。 「月額基本料」、「通話料」、新たに改正された「楽天でんわ」等などの支払い項目に対して、ポイントが毎月ポイントが貯まります。 そして楽天市場や楽天ポイントが使用可能なドラッグストア等のお店にて楽天ポイントを利用したお得な買い物ができます。 日常に寄り添ったお財布に優しいポイント制度だと言えます。 通話が多い人へおすすめ!楽天の料金プラン は、通話が多い人にお得な「Rakuten UN-LIMIT」があります。 Rakuten Linkアプリを経由すれば、国内の通話が無料の「かけ放題」が利用でき、国際電話だと月額980円、海外渡航などで一時的に海外行かれている人が日本へ電話する際は無料です。 ただし、条件がありますのでをご覧ください。 特典やキャンペーンが充実している Rakuten UN-LIMITは月額2,980円の料金プランですが、先着300万名限定で、1年間基本料金が無料となるキャンペーンが開催中です。 キャンペーンの対象となるのは、以下の項目を満たす必要があります。 Rakuten UN-LIMITに新規での申し込み• 他社からの乗り換え MNP による申し込み• 楽天モバイル ドコモ回線・au回線 の料金プランからの移行手続きによる申し込み• 無料サポータープログラム「100GB無料プラン」からのプラン変更による申し込み なお、特典が受けられるのは、最初に申し込んだ1回線目のみとなっているため、複数申し込んでも適用外となりますので注意しましょう。 その他にもオンライン申込みで3000ポイントゲットできたり、事務手数料全額ポイント還元されたり、今なら多くのキャンペーンが開催されているので要チェックです。 電波改善に見込みあり 電波が今日いきなり改善されました。 この調子でどんどん改善が続く事を期待。 昼間も何度か電話したけど全く出ない。 サイトの案内には最大60分待ちである旨表示されてる😖 アプリからメッセージしても待てど暮らせど返信来ないからね。 実際にiPhone 6sで試したところ、楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT でテザリング、データ通信、SMSなど普通に使えました!iPhone X以下が楽天モバイルで使えなくて困っているという方はご覧ください。 電話をよく利用する人 Rakuten Linkアプリを利用した通話は無料になります。 そのため電話をよくかける人にはおすすめのキャリアです。 ただし、現時点で楽天モバイルがカバーできる基地局は、関東や中部・近畿などの都市部に限定されおり、これ以外の地域ではau回線に切り替わります。 au回線のデータ容量は2GBに制限されてしまいます。 ただ、口コミでもあったとおり基地局を増加し拡大予定ですのでお住まいの地域を随時チェックしておくと良いかもしれません。 楽天ポイントをよく利用する人 楽天モバイルでは、月々の支払いで随時貯まっていき、貯まったポイントで支払いまで出来ます。 そのため、楽天市場や楽天ポイントが貯まるお店でよく買い物する人などには特におすすめできるキャリアです。 楽天モバイルに乗り換えるために必要な準備「ご自宅MNP」 「ご自宅MNP」で手続きをすると、電話やネットがつながったまま即日に楽天モバイルに乗り換えができます。 契約中のキャリアでMNP予約番号を取得• 楽天モバイルを申し込む• 楽天モバイルからSIMを受け取る• 楽天モバイル開通受付センターへ電話をする• MNP完了ご、初期設定を行い利用開始! 楽天モバイルへ申し込む際は、webでも電話でもどちらでも可能です。 楽天モバイルに乗り換えるために必要な準備「携帯電話ナンバーポータビリティ MNP 」 携帯電話ナンバーポータビリティ MNP の手続きは、基本的にオンラインで手続きが可能です。 こちらは細かいステップに沿って説明していきます。 STEP1 MNP予約番号を発行する キャリアから楽天モバイルに乗り換えるときに、使用している電話番号をそのまま引き継いで使いたい場合には、MNP Mobile Number Portability の手続きが必要です。 この手続きは現在使用しているキャリアで手続きを行います。 電話かオンライン My docomo、My au、My Softbankから 、店頭での手続きが可能です。 このMNP番号を取得し、楽天モバイルに契約するときに伝えることで、楽天モバイルで同じ電話番号の利用が可能になり、前に契約しているキャリアとの契約が解除されます。 STEP2 楽天モバイルに申し込む キャリアから取得したMNP番号には、15日間の有効期限があります。 この15日間が過ぎると、そのMNP番号は無効となり、再度、取得しなければなりません。 そして、楽天モバイルでは、契約の際にMNP番号の有効期限が10日以上残っていることが条件です。 そのため、MNP番号を取得したら速やかに楽天モバイルの契約手続きを進めましょう。 なお、申し込みの際には、契約社本人名義のクレジットカードかデビットカード 楽天銀行デビットカードかスルガ銀行デビットカード とMNP予約番号が必要です。 また、月額利用料や事務手数料の支払いに口座振替を利用する場合には、利用する銀行が定める本人確認・口座確認に必要な項目が設定されているのでそれらの準備が必要です。 なお、口座振替は端末やアクセサリーの購入代金の支払いには利用できません。 そして、毎月、引き落とすたびに100円 税別 の手数料がかかります。 STEP3 MNP切り替え手続きを行う 楽天モバイルに申し込みをして、早い場合には2,3日でSIMカードが届きます。 SIMカードが届いたら開通手続きを行いましょう。 楽天モバイルでは、申し込みと同時に開通手続きをする方法と、SIMが自宅に届いてから自分で開通手続きをする方法があります。 前者の場合には、SIMカードが届くまでの間、電話の利用ができなくなるので注意が必要です。 そのため、オンラインで申し込む場合には、申し込み時に「自宅から楽天モバイル開通センターに電話して開通する」という項目があるのでチェックを入れることをおすすめします。 そうすると、SIMが届いて自分で開通手続きを行うまでは、キャリアのSIMが利用できます。 開通手続きは以下の電話番号でできます。 楽天モバイル開通受付センター 0800-805-1111 なお、利用する回線によって、即日開通できる時間が異なります。 ネットワークの設定が終われば、インターネットが利用できます。 iPhoneのAPN設定方法 iPhoneでAPN設定を行うには、構成プロファイルをダウンロードするだけで簡単に行えます。 構成プロファイルをダウンロードするときには、WiFiに接続して行いましょう。 そして、構成プロファイルをダウンロードするときにはsafariを使って行います。 なお、楽天モバイルの構成プロファイルは申込種別によって異なります。 そのため、メンバーステーションで申込種別を確認して、申込種別にあった構成プロファイルを選んでダウンロードを行います。 APN 楽天モバイル rmobile. jp の時の申込種別と構成プロファイルは以下のようになります。 rakuten. rakuten. rakuten. mobileconfig 設定方法の流れは以下のようになります。 電源を切って、SIMカードを楽天モバイルのSIMに入れ替える• WiFi環境下でsafari開き、申し込み種別に合ったプロファイルのURLにアクセス• 構成プロファイルをダウンロードする• 「設定」画面を開く• 「一般」をタップする• 「プロファイル」を開く• 楽天モバイルのプロファイルを選択し、インストールする インストールするときに、パソコードを要求されたら、パスコードを入力しましょう。 そして、インストールの完了画面が表示されたら完了をタップして設定は終了です。 最後にインターネットに接続できるかを確認しましょう。 AndroidのAPN設定方法 AndroidでAPNの設定を行うときには、APN情報の入力を手動で行います。 このAPN情報はSIMカードが送られてきたときの台紙に記載されているのでそれを見ながら設定しましょう。 APNやユーザー名、パスワードはSIMカードが付いていた台紙に記載されています。 ただし、端末によって設定方法は異なります。 以下は設定方法の一例です。 また、端末ごとの設定方法は楽天モバイルのホームページで確認できます。 設定アプリを開く• 「その他」をタップ• 「モバイルネットワーク」をタップ• アクセスポイント名をタップ• メニューをタップ• 新しいAPNをタップ• 名前に「rmobile」と入力、APN、ユーザー名、パスワードを入力し保存する• 最後にAPNの画面に戻り、設定した「rmobile」を選択すれば完了です なお、au回線を利用する場合や、楽天モバイル以外で購入した端末を利用する場合には、APNの設定が必要ですが、楽天モバイルでセット販売されているものなら、すでに楽天モバイルが登録されているので、一覧から選ぶだけで簡単にインターネットにつなげます。 キャリアの解約金や諸々の手数料がかかるので注意しよう 乗り換えを行うときには、解約金や手数料など月額料金や端末代以外にも費用がかかります。 特に、キャリアの契約が2019年9月30日以前の場合、更新月以外での契約解除には以前の高額の契約解除料が発生する可能性があるので注意が必要です。 また楽天モバイルへの乗り換えの際には、同じ電話番号を利用するにはMNP番号が必要です。 手続きをスムーズにすすめるためには、クレジットカードや本人確認書類も先に用意しましょう。 そして、乗り換えるときに解約金が発生しないかなどを確認も行いましょう。 手続き方法や注意点がわかったら、自分のスマホの利用状況を把握して楽天モバイルへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

次の