ひぐらしのなく頃に解 ネタバレ。 ひぐらしのなく頃に解を見終えたのですが、最後のシーンが理解できないの...

ひぐらしのなく頃にアニメは全何話かわからない!一期からネタバレなしで内容と見る順番を解説

ひぐらしのなく頃に解 ネタバレ

ひぐらしのなく頃に 目明し編 其の壱「初恋」 【この記事には「ひぐらしのなく頃に」のネタバレを含みます】 出だし、おそらく気絶しているであろう魅音の髪の毛を掴み、引きずる詩音。 園崎家当主・お魎は、車いすに座り、両手を縛られています…。 各編、第一話の出だしはショッキングなシーンから始まりますね…。 というわけで、目明し編です。 目明し編は詩音回ですね。 綿流し編、祟殺し編にも登場している詩音。 魅音の双子の妹ですが、そもそも園崎家では、跡継ぎに双子が産まれた場合は、産湯に浸ける前に絞め殺せ、というしきたりがあったそうな…。 昔の田舎では、口減らしのために嬰児を殺したり、っていうこともあったそうなので、あり得ない話ではないのでしょうか。 詩音は、絞め殺されはしなかったものの、園崎家とは関わらないよう、寄宿制の女子高に幽閉されていたようです。 ところが、窮屈な生活に飽き飽きした詩音、学園を脱走します。 世話係の葛西に「お勤めご苦労様です」迎えられ、黒塗り高級車に乗る詩音。 ムショから出てきた姐さんみたいですね。 生活費くらい自分で稼ぎたい、と詩音を可愛がってくれていた、親戚の義郎叔父さんを頼ることにします。 が、園崎本家、特に当主のお魎には絶対にバレてはいけない、詩音の脱走。 そこで……魅音に身代わりを頼みます。 詩音がバイトしている間、魅音が姿を消し、誰かに見つかっても「魅音です」で通す。 「いいよ!そういうことなら喜んで協力するよ!!」 2人は人目を避け、興宮の図書館で再会します。 詩音が通っていた学園では、外部の情報があまり入ってこず、義郎叔父さんから聞いた「オヤシロ様の祟り」についても、あまり詳しいことを知りません。 魅音が言うには、最初の年は、ダム工事現場の監督が殺され、バラバラにされた。 次の年は、ダム誘致派のリーダー格だった北条夫妻が、旅行先で転落死。 その翌年は、古手神社の神主が病死。 その日のうちに、妻も行方不明に…。 これらがすべて、「綿流しのお祭り」の日に起こっている。 雛見沢村では「オヤシロ様の祟り」と呼ばれ、ダム工事に関係した人間がオヤシロ様の怒りに触れ、殺されたのではないか。 或いは、ダム工事に関係した人たちを快く思わない園崎家当主・園崎お魎が、殺しを指示したのではないか…。 ただそうすると、古手神社の神主はダム工事と関係ないのでは?という疑問が残ります。 古手神社の神主(梨花ちゃんの父親)は、ダム誘致派のリーダー・北条夫妻(沙都子の両親)を庇っていたのです。 村が一丸となり、ダム工事に反対すべき時に、その象徴ともいうべきオヤシロ様を祀る古手神社の神主が、ダム誘致派を庇ったのでは示しがつかない。 当時、園崎お魎からは、苦々しく思われていたようです。 「へぇ~、そう聞くと、古手神社の神主さんって、結構大人な考えの持ち主だったんですね~。 」 と詩音。 「そうかな?本当の大人なら、御三家の一角っていう立場もあるんだから、周りに合わせるべきだったんじゃないかな」 と返す魅音。 双子である魅音と詩音は、見た目も中身もそっくり。 それが、詩音が学園に幽閉されると同時に、魅音はお魎と一緒に本家に住み、次期当主として教育を受けてきた。 その隔たりが、2人に考えの違いを生じさせたのでしょうか。 その後、詩音の脱走がお魎の耳に入ります。 魅音から連絡を受けた詩音は、しばらく身を隠すため、買いだめをしておきます。 大量の荷物を両手に持ちながら歩いていると、道端に止めてあったバイクに荷物が引っ掛かり、荷物が散乱…。 「こんなとこにバイク止めやがって~~!!」 蹴ったバイクが、ドミノのようにバタン、バタン、と。 そこに……持ち主の輩が登場。 路地の奥に連れ込まれた詩音、ピンチです。 「 やめろ!」 現れたのは「北条悟史」。 沙都子の兄です。 圭一が雛見沢に越してきたときには、すでに「転校」していた悟史。 このお話は、まだ悟史が「転校」する前、圭一が雛見沢に越してくる前ですね。 ケンカの強くない悟史、助けに来たつもりがやられ始めますが…。 他の通行人が呼んでくれた警官が現場に現れ、事なきを得ます。 「魅音、大丈夫??」 魅音(の格好をした詩音)の頭を撫でる悟史。 頭を撫でるのは、悟史の癖のようですね。 おそらく沙都子の頭も、よく撫でていたのでしょう。 祟殺し編では、圭一に頭を撫でられた沙都子が、それをきっかけにパニック状態になることがありましたが…。 「それは悟史だよ。 見た目の特徴とか、頭を撫でる癖とか。 間違いないね」 電話で魅音にそう聞いた詩音。 他にも、2年目のオヤシロ様の祟りで両親を失い、妹の沙都子と一緒に、叔父夫婦に預けられていること。 村の仇として憎まれていた北条夫妻の血筋ということで、村八分状態であること…。 悟史のことが気になる詩音。 悟史が所属する野球チーム・雛見沢ファイターズの練習を見学に行きます。 監督(入江診療所の入江先生)にも話を聞いた詩音。 悟史が雛見沢ファイターズを辞めようとしていること。 それは妹の沙都子のためであり、沙都子に対する叔母のあたりが強く、沙都子を守るため。 妹を庇う悟史に対する、詩音の気持ち。 庇われる沙都子への不満。 見学の帰り道、土砂降りに遭い、レナと共にバス停で雨宿りした際にも、悟史の話を聞きます。 「悟史君も、バイトが終わったら野球に戻るんじゃないかな。 沙都子ちゃんの誕生日プレゼントのために、悟史君頑張ってるからね」 「沙都子は甘えすぎなんだよ。 にーにー、にーにー、って。 少しは悟史君のことも考えてやれって」 「魅ぃちゃん、ハッキリ言うね 悟史君もね、兄として頼られることに苦痛を感じるって、言ってた。 それはとても罪深いことだ、って」 「悟史、レナにはよく話すんだね」 「レナは…経験者だから いつもより足音が一つ、余計に聞こえる。 謝っても謝っても、ずっとついてくる。 夜は枕元に立って、じっとこっちを見ている。 オヤシロ様の祟りの、前触れ……」 監督とレナの話から、余計に悟史のことが心配になった詩音。 魅音に、代わりに学校に行かせてくれと頼みます。 朝、下駄箱で会った悟史と沙都子。 2人とも目が死んでます。 「おはよ…げ、元気?」 「 これが元気に見えるのかよ」 取り付く島もありません。 昼休み、一緒に弁当を食べようという魅音(の格好をした詩音)の誘いを断り、 「 昼休みくらい一人にしてくれ」 と教室を出ていく悟史。 一方沙都子は、弁当箱を床に落とし、泣き始めます。 「にーにー、にーにー!助けてよ、にーにー」 詩音の中で、何かが弾けます。 沙都子を叩き、蹴り、教科書を投げつけ、あまつ椅子まで投げつけようとします。 「あんたが悟史君を苦しめてるんだ!!泣けばいいと思うな!いつまでも悟史君に泣きつけばいいと思うな!死んでしまえ!お前なんか死んでしまえ!!!」 沙都子と詩音の間に、割って入る梨花ちゃん。 「沙都子はかわいそうなのです、いじめてはいけないのです!」 同時に、レナも間に入ります。 振り上げた椅子を振り下ろすことを、躊躇う詩音。 廊下から、悟史が詩音を突き飛ばして入ってきます。 「 どういうことだ?僕たちが何をしたよ。 両親を村ぐるみで追い詰めて。 今度は僕たち。 それが、園崎家のやり方なのか!?」 「ちょっとは私の立場ってものも、考えてほしいなぁ」 電話口の魅音は、不満げです。 当たり前でしょうね。 自分の代わりに学校に行って、大騒ぎをされたのでは…。 「悟史君は、園崎を恨んでいるの?」 「多分……恨んでると思う」 『だったら最初から冷たくしてくれれば…なんで助けてくれたの…』 詩音が願ったのは、その年のオヤシロ様の祟りで、 『叔母と沙都子がいなくなればいい』 前の記事:暇潰し編 次の記事:目明し編.

次の

ひぐらしのなく頃に鬼隠し編の解説(考察)とネタバレ!凶変は何故?

ひぐらしのなく頃に解 ネタバレ

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編【第35話】 最終回のネタバレ ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編【第35話】理想の世界 羽入は、向かってくる銃弾を自らの神の力で押しとどめます。 しかし、それを見た鷹野が「バケモノ」呼ばわりしたことによる動揺で力が揺らぎ、羽入の胸の目の前に銃弾が来た状態で時間が止まりました。 この時が動き出せば、自分は死ぬけれど部活メンバーが生き残ることこそが最善と、羽入は覚悟を決めます。 ところが、梨花が止まっている銃弾をいとも簡単に指でつまみ取ったのです。 呆然とする羽入に梨花は言います。 「あんたと学んできたじゃない。 みんなが願えば奇跡は起こるって事」 幾たびのループを繰り返してきた梨花の望みは、誰も傷付かない世界、全てを赦すことができる世界であり、それを成し遂げるには羽入もまた欠けてはならない存在なのだと言います。 羽入の無事な姿にショックを受ける鷹野が自衛隊に確保されようとすると、恋人の富竹が駆け付け、彼女の行動は病気によるものだったかもしれないと主張します。 そして自分の罪の重さを自覚し涙を流す鷹野に、共に償おうと手を差し伸べました。 勝利を噛みしめるのもそこそこに、部活メンバーはそのまま綿流しの祭りに参加し、長い戦いの後とは思えないほど元気に楽しみます。 部活メンバーとその周囲を取り巻く人々の、奇跡の上に成り立つ日常を何よりも尊いものと考える梨花と羽入は、これまでの世界で一度も迎えることがなかった昭和58年の夏への期待に胸を膨らませ、100年分、1000年分の幸せを享受することを誓います。 そして、また別の世界、遊びに出掛けようとする美代子 高野の本名、幼少期 に、成長した梨花のような姿をした人物が「生きたい?…死にたい?」と問いかけます。 「生きたい」と答えた美代子は家に戻り、家族とデパートに行きますが、全ての元凶とも言える電車事故は起こらず、優しい父と母に手をつながれて帰路につきながら屈託のない笑顔を見せるのでした。 スポンサーリンク 『ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編』の最終巻を無料で読む ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編【第35話】理想の世界 のネタバレはどうでしたか? ここまで読んでいただいた方の中には• 「文章だけでは分かりにくい」• 「登場人物の動きや表情も気になる」 と、思った方もいるのではないでしょうか? 「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい! 」 そんな方におすすめしたいのが、フジテレビが運営する動画配信サービス FODプレミアムです。 あなたにFODプレミアムをおすすめする理由とは? この漫画を無料で読みたいと思ったあなたにFODプレミアムをおすすめする理由は次の4つです。 無料お試し登録する場合は、日にちに注意が必要です。 すぐに読みたい漫画を読むことはできませんが、少しの間待つことで 「ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編の最終巻」もしくは、1~2冊好きな漫画を無料で読むことができます。 無料で読むには注意することもあります。 Amazonアカウントでログインし、お支払い方法をAmazonPayに設定する お支払い方法を設定しても料金が発生することはありません• もらったポイント以上の作品を購入・視聴しない• 無料期間内に解約の手続きをする 以上のことに気をつければ、どんなに楽しんでも料金が発生することはありませんので、FODプレミアムを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。 漫画の品揃えがたくさん• 無料漫画が多数• お得なキャンペーンやセールが豊富• Tポイントが使える・貯まる• 本棚の背表紙表示 ebookjapanは、漫画の品揃えに関しては世界最大級を謳うだけあって、漫画の配信作品数は電子書籍サイトの中でもトップクラス。 配信数約64万冊、全10ジャンルのうち、半数以上は漫画の取り扱いです。 過去の名作~話題の最新作や最新巻まで、他のサイトでは見つからないような古い漫画やマニアックな漫画などもebookjapanなら見つかる可能性大! また、無料で配信されている漫画には、• 2000冊以上の常時無料タイトル• 一定期間丸ごと1巻~無料で読める無料キャンペーン• 曜日や月ごとに人気コミックの続きが更新される無料連載• 毎日提供されるチケットで、1日最大8話まで無料で読めるチケット無料 など、無料で読める漫画だけでもかなりの満足感があります。 そして、無料と言っても人気作品やビッグタイトルが多いのもebookjapanのいいところ。 さらにebookjapanの特徴でもある本棚の背表紙表示は、マンガ好きの方にもかなり好評です。 電子書籍の残念なところは、本棚に並んでいる漫画を見るといった所有欲を満たしにくいところでしたが、電子書籍をまるで本棚にしまっているかのようなこのデザインは、漫画好きの方なら必ず喜んでもらえると思います。 本棚の背表紙表示ができるのは、今のところ ebookjapanのみとなっています。 ebookjapanは会員登録も無料で、月額などもかかりませんりません。 気になる方は公式サイトをチェックしてみてください! ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編【第35話】最終回の感想 シリーズを通して悲惨な結末と絶望を見てきたので、心から幸せそうな部活メンバーやその周りの人々の姿を描写したシーンが一番よかったです。 これまでの世界で鷹野さんのやってきたことは到底許されることではありませんが、壮絶な過去を経験してきた彼女にも救いの手が差し伸べられ、梨花の望む全てが赦される世界が実現したのもうれしかったです。 最後の描写は恐らく「もしもの世界」だと思いますが、大人梨花(フレデリカ?)の言った「奇跡に前借りがあったっていいんじゃない?」というセリフが特に好きです。 まとめ 以上、 この記事では、2011年4月22日発売の『月刊ガンガンJOKER 5月号』で掲載された ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編【第35話】理想の世界のネタバレと感想を紹介しました。 今回の話を簡単にまとめると、• 部活メンバー、鷹野との対決に勝利• 梨花と羽入は仲間と共についに運命に打ち勝ち、永遠のループに終止符を打つ• 別の世界では「奇跡の前借り」が起こっていた という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の

ひぐらしのなく頃に 第1話

ひぐらしのなく頃に解 ネタバレ

舞台となる雛見沢村の風景 人口2000人に満たない小さな村、「雛見沢村」。 そこでは6月に行われる夏祭り「綿流し」の日に不思議な事件が起こる。 毎年必ず、一人が死に一人が消える。 この事件は村に祀られた神「オヤシロさま」の祟りであると、村人からは恐れられていた。 そして事件が起こってから5年目の昭和58年。 一人の少年、前原圭一が引っ越してくる。 そして起こる5度目の惨劇。 繰り返し続く昭和58年の6月を舞台に新たな惨劇が幕を開ける。 彼らは惨劇を回避することができるのか。 そして本当の仲間とは。 8つの物語に分かれた連作式ミステリー。 世界ごとに主人公が変わる この作品は「鬼隠し編」「綿流し編」「祟殺し編」「暇つぶし編」「目明し編」「罪滅ぼし編」で分けられた第一期と、「厄醒し編」(アニメオリジナルストーリー)「皆殺し編」「祭囃し編」で分けられた第二期で構成されている。 この作品は一つの編で一つの惨劇が起こる。 そして惨劇が終わるとその編は終了、全てがリセットされ次の編が始まる。 所謂パラレルワールドの話になるのだ。 そのため、編ごとに主人公が異なり、惨劇の起こり方も違う。 なぜパラレルワールドが起こるのか、これは作品の最大の謎であった。 この謎は第二期「ひぐらしのなく頃に解」で明かされることとなる。 発生条件 発生条件は二つある。 である。 雛見沢村には雛見沢症候群の女王感染者が存在する。 この物語の中では古手梨花がこの存在にあたる。 女王感染者の近くに感染者がいることで、症状は緩和される。 このため、雛見沢から離れた人間は発症しやすくなるのである。 また、女王感染者が死亡すると、感染者は末期症状を発症する。 雛見沢症候群にはL1からL5までにランク分けされている。 治療できるのはL3までが限界であり、L5になると自ら命を絶ってしまうケースが多い。 『ひぐらしのなく頃に』の登場人物・キャラクター 前原圭一(まえばら けいいち) CV:保志総一郎 好奇心旺盛で活発な少年。 人当たりもよく、引っ越したばかりにも関わらず村に溶け込んでいたほど。 また、頭の回転が早く口先が達者。 部活内で付けられた二つ名は「口先の魔術師」。 料理は苦手。 追い詰められると力を発揮するタイプ。 短気で血の気が多いこと、追い詰められると精神的に弱くなり感情が不安定になることから、自ら惨劇を引き起こしたこともあった。 しかし次第に仲間を信じ、絶望的な状況でも諦めずに行動するまでに成長。 自らが燃え上がり先陣を切ることで、仲間の心にも火をつける、惨劇回避のためになくてはならない人物となった。 過去に受験のストレスからモデルガンを人に向かって撃ち、少女に怪我をさせるという事件を起こしている。 この事件が雛見沢に引っ越すきっかけになっている。 CV:中原麻衣 本名は竜宮礼奈。 面倒見がよく心優しい少女。 普段はおっとりとしているが、精神年齢が高め。 他のメンバーが感情的になった際は、厳しい口調で叱責することもある。 一度怒るとすさまじく怖い。 家庭的で料理が得意。 かぁいいもの(彼女の中で可愛いとされるもの)を見つけると見境がなくなり、力ずくで持ち帰ろうとする。 その状態になった彼女は例え成人男性でも止められない。 この状態のことを、部活メンバーは「かぁいいモード」と呼ぶ。 趣味は宝探しで、ゴミ収集所に赴いてはかぁいいものを持ち帰っている。 仲間思いであるが故に自分の悩みを抱え込む癖があり、それが原因で惨劇を引き起こしたこともあった。 名探偵と言われるほどの洞察力と分析力から、冷静に物事を分析し仲間を導く「青い炎」として惨劇回避に奮闘する。 母親の浮気をきっかけに、精神的に不安定になり学校で傷害事件を起こした過去を持つ。 両親の離婚と合わせ雛見沢へ引っ越した際、「い」やなことを忘れるため「礼奈」から「い」を取りレナと名乗るようになった。 また、一度雛見沢から引っ越したことと過去の出来事から、オヤシロ様の存在を強く信じている。 園崎魅音(そのざき みおん) CV:雪野五月 テンションが高く姉御肌。 ノリが良くムードメーカーの委員長。 テーブルゲームを集める趣味から、部活動を設立し部長となる。 自分のテンションが2乗で影響するため、調子がいい時は誰も勝てないほど絶好調になるが、調子が悪い時はどん底まで落ち込む。 不測の事態が起きると、弱気になってしまいがち。 普段はおじさんのような口調で周囲を茶化しているが、実は誰よりも女の子らしい思考の持ち主。 村の中で大きな実力を持つ、園崎家の次期跡取り。 しかし小心者のため、沙都子の兄・悟史を助けるための具体的な援助ができず、後悔している部分がある。 自らが惨劇を引き起こしたことはないが、無神経な発言や空気の読めない部分から、惨劇の引き金となったことが多々ある。 リーダーシップと仲間を守りたいという気持ちが強く、守るためなら自分の命を投げ出すほど。 双子の妹、詩音が忌み子として本家から不遇の扱いを受けていることに後ろめたさを感じている。 そのため詩音に対し強く出られない部分がある。 CV:雪野五月 魅音の双子の妹。 本家とは離れた興宮に住んでおり、さらに全寮制のミッション系に学校に通わされている。 が、後に学園から脱走した。 魅音とは対照的に女の子らしい口調をしている。 一見、おしとやかな性格に見えるも、その実かなりの行動派。 自分一人でなんとかできる実力があることと、感情的になりやすいことから惨劇を引き起こしたことがある。 頭に血がのぼると手がつけられないため、かなり厄介。 沙都子の兄・悟史の失踪前、沙都子のことを任されていた。 沙都子に対し憎む気持ちがあったものの、いくつかの世界を経て沙都子を実の妹のように可愛がっている。 本来は「魅音」として生活するはずだったが、詩音のフリをしていた日が頭首としての証をつける日だったため、詩音として生活せざるを得なくなった。 そのことに関し、魅音に少なからず恨む気持ちを抱いている。 しかし次期頭首としての役割を押し付けてしまったという負い目も感じている。

次の