スピッツ 横浜 サン セット 2013。 あんな曲やこんな曲も!伝説の「スピッツ 横浜サンセット2013

【みんなの口コミ】スピッツ 横浜サンセット2013 劇場版 を観た人の感想、評価

スピッツ 横浜 サン セット 2013

(お手元にお持ちの方はご利用になる場合、各劇場窓口で座席指定券とお引換ください。 (一部劇場除く)) ・各種前売鑑賞券の追加販売の予定はございません。 ・満席の場合は次回上映回、または別日でのご案内となります。 予めご了承ください。 ・上映時間、座席指定券とのお引換開始日は劇場によって異なります。 各劇場へご確認ください。 詳しくはこちら: 『スピッツ 横浜サンセット2013-劇場版-』 特設サイト (PC) 映画『スピッツ 横浜サンセット2013- 劇場版-』 この映画は、2013年9月14日に横浜・赤レンガパーク野外特設会場で開催された16年振りの単独野外ライヴ 「スピッツ 横浜サンセット2013」の劇場版として全国順次公開されている、劇場公開限定作品。 2013年、夏の終わり、横 浜・赤レンガパーク。 一夜限りの野外ライヴ が劇場に登場! そのまんま、である。 あまりにもすっぴん。 この映画には、あの時スピッツが、まったく飾ることなく、もっと言えば何の修正もなく、存在している。 2013年9月14日 横浜・赤レンガパーク野外特設会場で開催された16年ぶりの単独野外ライヴ「スピッツ 横浜サンセット2013」が全国の劇場に登場する。 『スピッツ 横浜サンセット2013-劇場版』は、オープニングからアンコールまで曲 とMCのカットなしというトータル130分の内容となっている。 また、本作が観れるのは映画館だけで、DVD化はしないというスペシャルな作品だ。 スピッツのライヴをよく知らない人も、もちろん何回も足を運んでいる熱心なファンも、それぞれの楽しみ方ができる。 あの夏の感動を劇場の大型スクリーンで。 小さな生き物 02. けもの道 03. 三日月ロック その3 04. 潮騒ちゃん 05. 名前をつけてやる 06. スピカ 07. オパビニア 08. ロビンソン 09. ランプ 10. さらさら 11. 恋は夕暮れ 12. エンドロールには早すぎる 13. りありてぃ 14. 君が思い出になる前に 15. Y 16. 未来コオロギ 17. 僕はきっと旅に出る 18. 野生のポルカ 19. 8823 20. エスカルゴ 21. 運命の人 EC1. 大宮サンセット.

次の

【ライブレポート】スピッツ、“横浜サンセット2013”過ぎ行く夏に至福の時間「今日は忘れられない夜になりました」

スピッツ 横浜 サン セット 2013

スピッツ 横浜サンセット2013 劇場版 を観た人の感想、評価、口コミ スピッツ横浜サンセット劇場版に行ってきた。 今までの映像作品の中で一番いいなと思ったのは、画面が大きいからだけじゃなく、臨場感半端ないからだけじゃないと思う!ごくシンプルにスピッツのライブの魅力を、ちゃんと切り取っていたからじゃないかなぁ〜。 何回でも見たい スピッツ 横浜サンセット2013 劇場版 初回上映終了!自分にとっての初スピッツかつ地元開催で思い出深いライブだったから、感慨もひとしおです。 横浜サンセット劇場版に行ってきました。 劇場の大きなスクリーンと音響ってやっぱり家で観るのとはケタ違い!!スピッツファンはもちろん、興味あるけどライブ未体験の方、ぜひ足を運んでほしいです スピッツ横浜サンセット行って来ました。 新宿も横浜も行けなかったから本当嬉しかったよ。 DVD化して欲しい気持ちはまだあるけれど劇場版、最高でした… 私も横浜サンセット当日は後ろだったので画面見てました。 あの日の赤レンガの想い出が一気にあふれて序盤と花火観て泣いてしまった。 素敵な一日だった事を再確認。 個人的に横サンはスピッツだから成しえたライブで スピッツにしか出来ないライブで 本当にこれ以上ないくらいバンドの理想が詰まっているように思えた。 プロ・アマ問わず今バンド組んでる人は 観て損はないし観て欲しいと思ってしまった。 寝不足の絶不調のままフラフラと「スピッツ 横浜サンセット2013 劇場版」生LIVEの迫力には敵わないかも知れないけれどスクリーンいっぱいに広がるメンバーの笑顔。 季節外れの花火にこれから良い季節が来るなぁと幸せな気持ちにしてくれて、いつもありがとうスピッツ 横浜サンセット劇場版観てきて幸せいっぱいです。 曲が終わるたびに拍手したいし、じっとしてるの辛かったけど大画面で音響もよかった。 セットリスト素晴らしすぎる。 プレイリスト作らなきゃ。 横浜サンセット劇場版。 先行上映会ではエンドロールの後に拍手が自然発生してたよね。 映画館では難しいかな 横浜サンセット劇場版観てきた。 やっぱり、生じゃないからと軽くみてると甘い。 画面いっぱいのメンバーに素敵な時間に呑まれた、吸いこまれた。 願わくはもっと多くの映画館で。 行こうか迷ってる方は一度はおすすめします。 MCの気張らなさもスピッツらしさ。 前にリダ言ってたけど これが楽曲の間を繋ぐよい緩急になってるなぁとしみじみ。 みんな楽しそう、こぼれる笑顔が本当に素敵でこちらも笑顔になる。 テツヤさんやリーダーちょいちょいペコちゃん顔になってた。 当たり前ながら巨大スクリーンに映されるメンバーの姿は圧巻。 特に1曲目をやる直前のメンバー同士でのタイミングの取り方。 演奏中の所作、表情が観たい所がちゃんと収まっていて スタートから楽しげなスピッツに既に涙目。 スピッツの月に帰るって曲、野外ライブ版マジ最高だから、スピッツ知らない沢山の人達に見て聞いて欲しい!「横浜サンセット劇場版」 横浜サンセット劇場版、映画館上映はメンバーの前振り音声なし。 ちょっとさみしい。 涙と鼻水の訳は、 スピッツと出逢えた事とか好きになれた事とか そういった全てが本当に幸福に思えて 嬉しかったし、楽しかったし、とにかく幸せでありがたくて、 今も思い返すと止まらない。 出会うキッカケをくれたお母さんにも感謝しきれない。 スピッツ横浜サンセットを観てきました。 実際に観ると「劇場版」って意味が分かった気が。 音のバランスが劇場で観る用に作られてると思う。 予想以上に重低音がゴリゴリしてるしはっきり分かる。 もしDVD化するんだったら、多分全体のバランスをいじる必要が出てくるんじゃないかな。 当初抱いていた、DVD化への望みは やっぱり捨てることは出来ないけど・・・ でも劇場上映でしか味わえない感覚でライブを思い返せた。 あの音圧はDVDを爆音で聴いたとしても味わえない。 そして巨大スクリーンでスピッツを見れる感動はすごい。 スピッツと出逢えた事は 自分の生涯で一番のご褒美のように思える。 これは劇場版の感想というよりは スピッツに対しての個人的な感情だけど、 とんでもないバンドを勝手ながら好きになってしまったと思う。 「小さな音楽祭」以来の感覚。 なんでこんなに凄い事を まるで普通の事の様にやってのけてしまうのだろう。 ペペロンチーノ : 役所広司のムダ使い。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ... これで高評価の口コミばかりでサクラどんだけ使ってるのか...

次の

『スピッツ 横浜サンセット 2013

スピッツ 横浜 サン セット 2013

この日の会場は海を一望できる絶好のロケーションで、には赤い靴やイカリといったこの土地ならではのを取り入れたが飾られた。 はひさびさの野外となる本公演のために、これまでに発表した計14枚のからまんべんなく選曲したを用意。 赤に集まった幅広い年齢層のを楽しませた。 開演を待ちきれない観客がその思いをで表現し始めた頃、へ向かうを追った映像が舞台両脇の巨大に映る。 彼らは意気揚々と客前に姿を現して大歓声を浴びると、すぐさま1曲目「恋のうた」を演奏した。 (Vo, G)はシェイカーを振りながら涼やかな歌声を響かせ、の横浜にゆったりとした空気を作り出していく。 続く「涙が」では三輪(G)と田村明浩(B)が観客を煽るようなを見せ、「みそか」では心躍らせるとに反応してオーディエンスがに拳を上げてする。 草野は最初のMCで「こんばんは! です。 今日は『横浜サン』へようこそ! うしろのほう見えますか? 草野です!」と挨拶。 彼は直後の「」で一瞬歌詞が抜けてしまいバツの悪そうな顔をする場面もあった。 次の「僕はきっと旅に出る」に続いては9月中旬のこの時期にぴったりの「夏が終わる」が披露され、あたりにはなムードが漂う。 草野はのちのMCで20年前にできた「夏が終わる」について「暑い夏を見越して作ったのには冷夏だった」というを明かし、「今日のためにあった曲だったのかな。 よかったです、皆さんの前で歌えて」と話しての喝采を受けた。 日が沈み文字通り「サン」の時刻になってからは、「さらさら」「ルキン」「運命の人」と曲が続く。 にされたばかりの「小さな」の中でもアッパーな「りありてぃ」を終えると、草野が今年結成26年目を迎えたことに触れ「26年も続けられてこんなに多くの皆さんの前で演奏できるなんて幸せです」としみじみと語る。 横浜についての話題を繰り広げたあとに「だったら1曲目のときに『横浜ー!』って言うのかな?」と話すと、三輪が「言うもいるけどは言わないだね」と返して観客の笑いを誘った。 新作から切なくも優しいミンバー「」が奏でられたあと、「ちょっと古めの曲を聴いてもらおうと思います」と懐かしの楽曲「」が届けられる。 「月に帰る」ではに映し出された半円の月が幻想的な空間を演出した。 草野が気取った調子で「についてこい」と発言してからのは、なーや定番曲の連発に。 演奏隊のにもより熱がこもり、オーディエンスをいっそう踊らせていく。 「ズ・カスタム」では観客が左右に振る手の波が広がり大きな盛り上がりを見せた。 そして草野が「忘れられない夜になりました。 皆さん1人ひとりと三浦海岸あたりで語り明かしたい気分です」と感謝の気持ちを伝えたところで、彼らは「海を見に行こう」で本編を軽快に締めくくり、笑顔でをあとにした。 では紹介とともに1人ずつへ向けて発言する。 崎山龍男(Dr)はこのが決定してから現地へ訪れたことを明かし、「自分なりにしてたんだけど、それ以上のになって最高の気分です!」と喜びの声を上げた。 そんな充実したの最後を飾ったのは「夢追い虫」。 が退場したあとに後方から盛大な花火が上がり、は感動的な終幕を迎えた。 はの千葉・文化会館を皮切りに全53公演が予定されている。 スピッツ「スピッツ 横浜サンセット2013」 2013年9月14日 横浜赤レンガパーク野外特設会場 セットリスト 01. 恋のうた 02. 涙が 03. みそか 04. 僕はきっと旅に出る 06. 夏が終わる 07. 小さな 08. さらさら 09. ルキン 10. 運命の人 11. りありてぃ 12. 月に帰る 15. 渚 17. 恋する凡人 18. 8823 19. ズ・カスタム 20. 海を見に行こう <> 21. ヒバリの 22. 夢追い虫 スピッツ「スピッツ 横浜サンセット2013」の様子。 (撮影:上飯坂一) 関連ニュース•

次の