事務 所 総出 で やり ます ね。 【事務所総出でやりますね】なぜ今、マスコミ解禁に?木下優樹菜「タピオカ恫喝騒動」全内幕 ::ぱぴぷ速報

【事務所総出でいくよ。ばばあが】木下優樹菜、脅迫DMで活動休止免れず…事務所、解雇も視野 テレビ各局も自粛の動き★15

事務 所 総出 で やり ます ね

コトの発端は、木下の姉が〈都内にタピオカ店をオープンした〉と今夏、一部週刊誌に報じられたことだった。 姉は従業員にすぎなかったが、これを機に木下の姉と、女性オーナーとの間に軋轢(あつれき)が生じ、姉は退職に追い込まれた。 これに木下が激怒した。 芸能ライターが話す。 「オーナーに送りつけたダイレクトメールが流出したんです。 間違いなく恫喝(どうかつ)ですよ」 木下は元ヤンキー。 地金が出たと言えばそれまでだが、ことはそう簡単ではない。 別の芸能関係者が声を潜める。 「文面が暴力団の脅しに酷似しています。 『事務所』を挙げていることに、その体質まで問われているんです」 木下の事務所は2000年年に設立され、人気急上昇中の女優の菜々緒が所属するなど、ここ十数年で急成長している。 一方で、設立当初から半グレ集団との関係もささやかれている。 古手の芸能プロモーターがこう証言する。 なぜかって? 元暴力団員で、芸能界や格闘技界ではいわく付きの男が木下の事務所の名刺を持って動いているからね」 この男は、9月に都内の不動産会社社長を女性問題をネタに強請(ゆす)った一味の一人として逮捕、起訴された。 事件の捜査チームには、マル暴刑事も加わっている。 夫でお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史の活動にも影響を及ぼしている今回の炎上騒動。 (本多圭) 引用元:.

次の

【事務所総出】木下優樹菜の事務所「プラチナム」、元暴力団の男が勤務中 9月には男性を女性問題でゆすり逮捕・起訴★2

事務 所 総出 で やり ます ね

木下優樹菜 タレントの 木下優樹菜が窮地に陥っている。 事の発端は、タレントの木下優樹菜が、自身の姉が働く7月にオープンした タピオカドリンク店を、木下がInstagramで宣伝したことだった。 店の女性オーナーがこの木下の行動をよく思わなかった模様で、木下は今月6日、インスタに次のように投稿した。 「インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさー」 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし ばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、 焦ってるのばればれすぎだから、 今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、 筋道くらいとおしなよ」 「んで、給料明細出すの常識な。 色々頭悪すぎな」 「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、 そろそろちゃんとしないと 立場なくなるよー もーさ、やめなあ? 覚悟決めて認めなちゃい おばたん」 「んでさーいい大人がさー LINEスルーとかやめよーよー」 これを受け木下は9日、インスタ上で「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と謝罪。 そのため、上記のDMが木下によるものである可能性が高いとみられている。 事務所を持ち出した代償 今回の木下の行動について、弁護士法人ALG&Associates執行役員の山岸純弁護士は「脅迫罪が成立する可能性はゼロではありません」と指摘するが、スポーツ紙記者はいう。 「木下は所属事務所からこっぴどく怒られたみたいです。 木下が店のオーナーに送ったDMには『事務所総出でやりますね』という記述があり、事務所からすれば木下の個人的なトラブルに勝手に名前を使われて、まるで事務所が日頃から恫喝まがいな方法を使っているように世間から思われかねない。 木下一人の問題ではなく、会社全体のスキャンダルに発展しかねず、しっかり謝罪させたのでしょう。

次の

【事務所総出で恐喝】木下優樹菜の事務所「プラチナム」元暴力団の男が勤務中 9月には男性を女性問題でゆすり逮捕・起訴

事務 所 総出 で やり ます ね

木下優樹菜 タレントの 木下優樹菜が窮地に陥っている。 事の発端は、タレントの木下優樹菜が、自身の姉が働く7月にオープンした タピオカドリンク店を、木下がInstagramで宣伝したことだった。 店の女性オーナーがこの木下の行動をよく思わなかった模様で、木下は今月6日、インスタに次のように投稿した。 「インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさー」 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし ばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、 焦ってるのばればれすぎだから、 今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、 筋道くらいとおしなよ」 「んで、給料明細出すの常識な。 色々頭悪すぎな」 「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、 そろそろちゃんとしないと 立場なくなるよー もーさ、やめなあ? 覚悟決めて認めなちゃい おばたん」 「んでさーいい大人がさー LINEスルーとかやめよーよー」 これを受け木下は9日、インスタ上で「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と謝罪。 そのため、上記のDMが木下によるものである可能性が高いとみられている。 事務所を持ち出した代償 今回の木下の行動について、弁護士法人ALG&Associates執行役員の山岸純弁護士は「脅迫罪が成立する可能性はゼロではありません」と指摘するが、スポーツ紙記者はいう。 「木下は所属事務所からこっぴどく怒られたみたいです。 木下が店のオーナーに送ったDMには『事務所総出でやりますね』という記述があり、事務所からすれば木下の個人的なトラブルに勝手に名前を使われて、まるで事務所が日頃から恫喝まがいな方法を使っているように世間から思われかねない。 木下一人の問題ではなく、会社全体のスキャンダルに発展しかねず、しっかり謝罪させたのでしょう。

次の