タルップル 育成 論。 【ポケモン剣盾】キョダイマックスタルップルの入手方法と種族値【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】タルップル入りでマスターボール級【ランクバトル】

タルップル 育成 論

基本データ 全国 No. 842 タルップル 分類: しょくぶつポケモン タイプ: 高さ: 0. 4 m 重さ: 13. ワイルドエリアの各所で拾うこともできる。 能力はそれぞれ元の姿に準じる。 出現場所・主な入手方法 第8世代 【ソード】 [通信] 他のソフトから送る、または他バージョンのレイドに参加して捕まえる 【シールド】 [通常レイド] 、、、 [レアレイド] [進化] カジッチュに「あまーいりんご」を使う 育成論• ポケモン王国• 育成論掲示板 剣盾 Lv. または預かり屋で同種のポケモンから教わって覚える。 剣盾 No.

次の

タルップル育成論 : 受け出し用の遅いジャローダ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

タルップル 育成 論

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、 の対戦での扱い、および育成論を記述するところである。 タルップルの歴史 第八世代 特殊技の範囲が狭くが多いことから一線級には及ばず、やなど相性的に不利なポケモンも環境に少なくない。 それでも、独特の耐性をしていることから界隈ではそこそこ使われる。 単体ではそれほど強くないが、で物理を受け、タルップルで特殊を受け、で両受けする相性補完トリオが存在する。 、との三者の相性補完も抜群。 素早さ調整に関しては、努力値4振り抜き程度は必要なところ。 一般的な育成論 素早さ以外はどれも高水準。 両刀後手アタッカーとしては無駄のない種族値で、特性の都合上耐久型も務まる。 メインウエポンは特殊技なら、、、がある。 物理技のメインウエポンは、がある。 特殊サブウエポンはほぼ存在しないことから、すら採用圏内。 反面物理サブウエポンは豊富で、、、、、、、が存在する。 は、、、など最低限存在する。 は短期決戦を視野に入れるなら瞬間的な回復量が高いがおススメ。 長期戦を前提にするならサイクル戦に強いが推奨。 あついしぼうはをカバーしてくれるので有用。 アタッカーにする場合、、、、という技構成が考えられる。 その場合、は、は最遅が推奨される。 耐久型にする場合、りんごさん、ギガドレイン、じこさいせい、りゅうのはどうという技構成がある。 性格はずぶとい、おだやかにして耐久に特化すると良い。 持ち物はがメイン。 耐性も優秀ではなく耐久もそこまで高くないためなどのは一概にシナジーを形成するとは言い切れない。

次の

【ポケモン剣盾】タルップル入りでマスターボール級【ランクバトル】

タルップル 育成 論

タルップル 種族値 HP 110 攻撃 85 防御 80 特攻 100 特防 80 素早 30 くさ ドラゴン 合計種族値 485 特性 じゅくせい 熟成させることできのみの効果が倍になる。 くいしんぼう HPが少なくなったら食べるきのみをHP半分の時に食べてしまう。 あついしぼう 「ほのお」「こおり」タイプの技を受けた時、ダメージを半減する。 タルップルの特徴 長所 新特性できのみの効果を2倍に ポケモン剣盾から登場した 新特性「じゅくせい」を持ち、オボンのみやフィラのみの 回復量を2倍にしたり、チイラのみなどのステータス上昇を2倍にすることができます。 回復量を増やして耐久したり、ステータスを上げて耐久をしたりと戦略の幅を広げられるでしょう。 また、タルップルはリサイクルを覚えているので 何度も2倍の効果で回復やステータス上昇出来るのが魅力的です。 あついしぼうでダメージカット タルップルの夢特性は「 あついしぼう」で、ほのおタイプを半減こおりタイプの攻撃を2倍に抑えます。 本来受けきれないようなこおりタイプの攻撃を受けきったり、ほのおタイプポケモンのメタとして選出できたりと相手にできるポケモンが多くなります。 とつげきチョッキを持たせて特殊アタッカーにも対応したい、こおり技のケアをしたい場合は「あついしぼう」を選択しましょう。 耐久力を活かした戦い方が可能 タルップルはアップリューと比べてHPが110、防御や特防が80と耐久値が全体的に高めです。 てっぺき、のろいといった積み技は勿論の事、じゅくせいリサイクルややどりぎのタネ、ギガドレインなど回復手段も豊富で耐久力に優れています。 また、タルップルは防御値や防御ランクでダメージ計算する「ボディプレス」を覚えるので物理耐久を上げつつ上がった火力で、ナットレイやドリュウズを狩れます。 短所 こおり技に弱い タルップルはくさ・ドラゴンタイプなので、こおりタイプの 攻撃が4倍で入ってしまいます。 現環境では、ガラルヒヒダルマ、コオリッポ、パルシェンがこおりタイプ技をメインウェポンとして打ってくるので、対面した場合は他のポケモンに対応してもらいましょう。 先手を取りずらい タルップルは素早さ値が30と低めなので、先にてっぺきを打ってダメージを減らすという動きができません。 先手で積み技を打ちたかったり、火力技を放ちたい方は素早さが逆転するトリックルームパーティーで運用するのをおすすめします。 火力は低め タルップルは攻撃も特攻撃80程しかないのでそこまで火力は出ません。 のろいやりゅうのまいを積んだり、きのみでのステータス上昇を狙わない場合は耐久しつつ地道に減らしていく必要があります。 初ターンで相手の物理攻撃を受けつつ「 てっぺき」を積んで防御値を上げつつ、じゅくせいきのみで回復し、次のターンでは防御値でダメージ計算をおこなうボディプレスで相手にプレッシャーを与えるのが基本的な動きになります。 体力が減ってきたら リサイクルできのみを食べて回復できるので、耐久力は抜群です。 現環境で多く採用されている、ナットレイやドリュウズ、ミミッキュといった物理アタッカーとも渡り合えるポテンシャルを秘めています。 受けきれるか不安なポケモンと対面した場合は、ダイマックスからの ダイスチル連発で防御ランクを上げてからスタートするのも手です。 技構成.

次の