ファッ ウーン。 ファッ!?とは (ファッとは) [単語記事]

ファッ!?とは (ファッとは) [単語記事]

ファッ ウーン

人間の言葉が話せたらどんなにか愛着も沸くだろう。 日本では、挨拶や会話、が話せるお掃除「」が登場し、一部の間で愛されているが、これはそういう人に寄り添うじゃない。 掃除中、壁などにぶつかると、口汚い言葉で悪態をつくのだ。 リーヴスさんの以前からでから「叫び声をあげるを作ってほしい」というをたくさんもらっていた。 今回、それに応えてのが実現され、その様子はに公開された。 The ba Scre W it s o 中にはや小型、声を出す仕掛けとしてトゥースなどを設置。 が衝突を検知すると、から声が出る。 肝心の声だが、最初はで生成された音を当てはめてみたが、どうにも臨場感が足りなかったため、仲間に連絡し、彼らの声を録音することに。 試行錯誤が重ねられ、ついに悪態は誕生した。 物にぶつかるたびにルンバからは絶叫が 物にぶつかると痛い。 その痛みをが叫んだ時、さらにそれが口汚い言葉だったら、人は平常心を保てるだろうか?中、が物にぶつかる度に部屋に太い絶叫が響き渡った。 激しく罵り怒るをもう少しにするため、リーヴスさんは知り合いの女性にも協力を頼んだ。 高音の女性の声ならば、家族仕様にも適しているかと思いきや、今度はハイトーンで罵りまくる女性の声でが。 結果的に、かなり柄の悪いとなってしまった。 ルンバをスーパーに持ち込むと、市場の反応は…? その後、リーヴスさんは人間らしくなった革新的なを試すべく、市場リサーチと称して大手ディスカウント「get()」へ、を持ち込んだ。 数人の客からは興味を引いたものの、店側からは戸惑いの反応が…。 それでも革新的には違いなく、動画を見たらからは、次のような声があがった。 ・天才だ! ・自分が欲しいと思うものの中でも最高傑作だ。 ・家事が大嫌いな私にどうか売ってちょーだい! ・のホーマー・シンプソンの声を出してほしいな。 ・アクセントで、もう少し丁寧に「Sorry」と言うも是非開発してほしい。 ・俺の性格が滲み出ているようながついに開発されたのか。 いくらだ!? リーヴスさんは、「というよりも人間味のある」を目的として改造を行ったわけだが、これが市場に受け入れられるにはまだまだ時間がかかりそうだ。 残念ながら、現時点では販売には至っていない。 だが罵られるのが好きな属性を持つ人も一部いるので、商機がまったくないとも言い切れない。 お掃除ロボットルンバを魔改造しちゃった件 関連ニュース•

次の

ピンキー姉貴

ファッ ウーン

ピンキー姉貴とは? ピンキー姉貴は、COATのビデオ「BABYLON STAGE 38 放課後の淫影」や「BABYLON STAGE 41 淫内感染」で女子高生・ナース役を務めるキャラクター。 淫夢関係では珍しく女性のキャラですね。 ピンキーという名前は、ビデオ内での公式な役名です。 「1万円くれたらしゃぶってあげるよ」が語録として人気ですが、他に目立った語録はありません。 どちらかというと、語録よりも どアップのシーンのBBの方が人気でしょうか。 画像引用: 投稿者コメントでは「天使」、タグでは「かわいい」「女神」と言われているのに対し、動画コメントでは 「ファッ!?」「こわい」「心肺停止」などと恐れられていますね。 このBBは「淫内感染」の1シーンをカットしたものと思われます。 他のシーンは言うほど恐れられるシーンではないのですが、 この顔の印象があまりに強烈で、ピンキーと言えばこのビジュアルを思い浮かべる人が多いと思います。 ホラー淫夢によって「デデドン!」が定着 は2010年9月に作られましたが、それほどメジャーなキャラとなることはなく時間が過ぎました。 2017年現在のように 「デデドン!」とセットで絶望キャラとしてのイメージが固まっていったのは、2013年の頃。 ホラー淫夢で怨霊・驚かせ役・バケモノとして使われたことがきっかけだと思います。 ピンキーとデデドン!の組み合わせを使った最も古い動画は、2013年6月の「」と思われます。 画像引用: これとほぼ同時期に、シンメトリーで恐怖感が増したBB「」が投稿され、 バケモノと言えばピンキーというネタがホラー淫夢の中で定着していきました。 シンメトリー加工で怖くなるネタは、先にシンメトリーDBがやっていますね。 シンメトリーDBは子供が泣くからやめろ(参考:) ピエールだな お前らさっき滝の方チ ひで子から学怖の福沢 申し訳ないが東洋のマ これ確か剛力とひでの サワムラーは草 クッキー声優に演技が... デデドン!とは 「デデドン!」は、もともとはという曲です。 Acceedのビデオ「悶絶少年外伝 糞と少年」のタイトルで使われていることから、淫夢民にとって馴染みの曲となっています。 Nash Music Libraryの曲は、権利料を払えば商業作品に自由に使えるので、テレビ番組でも使われています。 「」と取り上げられることもありますが、もともと淫夢の曲ではないので、風評被害ですね。 「デデドン!(絶望)」は音ネタとして優秀で、ピンキー姉貴が人気になる前からとして数多くの音MADが作られました。 きたない淫夢ネタが突然出現する効果音が「デデドン!(絶望)」なわけです。 ホラー淫夢から生まれたピンキー・デデドン!のセットは、やがてデデドン!シリーズへと進出していきました。 もともとデデドン!とセットになるキャラがいなかったので、ピンキーがデデドン!の象徴として居座るようになったのだと思います。

次の

会社員さん「イテッ!」同僚「どうした?」会社員「ハチに刺された・・・ヴォエ!ファッ!?ウーン・・・」

ファッ ウーン

🐝「おっ人カスやんけ!刺したろ」ブーンブーン 子供「マーーー!!!😭」 イッヌ「ウオオオオオオオオオオオオ🐶」シュババババ 横松さんによると、登山客がスズメバチに襲われたのは1日午前11時ごろ。 幼児や小学校低学年の親子連れ約20人が参加していた。 下山ルートを探そうと草地に足を踏み入れた際、地面から約50匹のスズメバチが湧き上がった。 子どもたちは悲鳴を上げてパニック状態に陥った。 ロンはすぐさま駆けつけ、ハチを追い払おうとした。 次第にハチの標的は黒色の毛を持つロンに。 参加者はその間に離れた場所に避難をできたという。 6人が足や首、頭などを刺されて救急車で運ばれたが、命に別条はなかった。 ロンが刺されたのは20カ所以上。 治療を受けたが約1週間にわたって食欲不振や嘔吐(おうと)が続いた。 横松さんは「子どもが刺されたこと自体いいことではない」としながらも、「『何をしてるんだ』という怒りで立ち向かったのだろう。 ロンがいなかったらと思うとぞっとする」と振り返る。 傷を受けた後も看板犬として変わらず来場者を歓迎するロン。 横松さんは「ロンは子どもたちが来てくれることが喜び。 ぜひ遊びに来て」と呼び掛けている。

次の