クリスタ トーン。 【マンガの描き方】デジタルでトーンを貼る方法を解説!

トーンの使い方・基本トーン編

クリスタ トーン

使用したバージョン:CLIP STUDIO PAINT Ver. CLIP STUDIO PAINTではマンガでよく使用される網点や万線などの基本的なトーンを貼ることができます。 今回はトーンレイヤーの基本的な使い方を紹介します。 [1]トーンレイヤーとは? CLIP STUDIO PAINTには、 [トーンレイヤー]という、トーン専用のレイヤーがあります。 トーンレイヤーは、画像ではなく、べた塗りレイヤーに「線数」「濃度」「種類」「角度」などの「トーン化」の設定を付けたレイヤーです。 はじめから網点で作成された画像素材の場合は、後から網点の種類や濃度を変更することはできませんが、トーンレイヤーの場合は、線数や網点の形状などの設定をデータでもっているので、後から変更することができます。 また、トーンレイヤーは全面がべた塗りされたレイヤーですが、トーンレイヤーと同時に作成される[レイヤーマスク]によって表示範囲を調整します。 [2]基本的なトーンの貼り方 基本的なトーンの貼り方を2通り紹介します。 素材パレットのトーンを貼る はじめに[素材]パレットからトーンを使用する方法を紹介します。 CLIP STUDIO PAINTには、あらかじめ使用されることの多い線数・濃度のトーンが登録されていますので、初心者の方はまずこちらから使用してみましょう。 [素材]パレットからトーンを貼る場合は、あらかじめ[自動選択]ツールなどでトーンを貼りたい範囲を選択しておきます。 [素材]パレットの[単色パターン]の中には、マンガでよく使用する、網点、万線、砂目、グラデーション、柄トーンなどのトーンがあらかじめ用意されています。 このとき、選択範囲を設定しない状態で、[素材]パレットからトーンをドラッグ&ドロップすると、キャンバス全体にトーンが貼られます。 また、[素材]パレットの[素材の貼り付け]アイコン 下図赤枠 をクリックしてもドラッグ&ドロップと同じようにトーンを貼ることができます。 選択範囲ランチャーからトーンを貼る 選択範囲を作成してからトーンを貼る方法は同じですが、貼る前に自分でトーンの詳細を設定できます。 トーンを貼る作業に慣れてきたら、こちらを使用することが多くなるかもしれません。 [3] トーンを貼り足す、消す、削る 1. トーンを貼り足す はじめに作成したトーンを別の場所にも貼り足したいときは、[マジック]や[ペン]などの描画系ツールを選んで、透明色以外の色で塗るとトーン描画部分を足すことができます。 トーンを消す 貼ったトーンを削ったり、消したりしたい場合は、トーンのマスクを[消しゴム]ツールで消します。 また、描画系ツールを使って、透明色で消すこともできます。 POINT トーンレイヤーの貼り足し・消しは、[塗りつぶし]ツールで塗りつぶすこともできます。 一度部分的にトーンを貼った後、同じレイヤーに[塗りつぶし]ツールでトーンを塗っていきます。 [塗りつぶし]ツールのサブツールで[他のレイヤーを参照する]を選び、他のレイヤーに描かれた線画を参照しながら描画色で貼り足しや、透明色ではみ出したところを消していくと便利です。 トーンを削る トーンをアナログのカッターで削るような効果を出したいときは、[デコレーション]ツールを使用します。 [デコレーション]ツールの、[カケアミ]に入っている[トーン削り用]や[雲ガーゼ]等のブラシを使用し、透明色で削るようにストロークします。 [カケアミ トーン削り用 ] [雲ガーゼ] [5] トーンを調整する 貼り付けたトーンは、[レイヤープロパティ]パレットで、トーンの濃度や形状など、細かな設定の変更等を行うことができます。 よく使う設定を紹介します。 数値が小さいほど網が大きなトーンになり、数値が大きくなると、網点が小さく細かなトーンになります。 スライダーを移動して、自由な数値を設定することができます。 また、プルダウンからマンガでよく使う線数を選ぶこともできます。 数値部分をクリックすることで、直接数値入力することもできます。 数値が大きければ大きいほど、濃いトーンになります。 スライダーを移動して、自由な数値を設定することができます。 また、数値部分をクリックして、直接、濃度を指定することもできます。 網の他に、万線やノイズ、アスタリスクなどにすることもできます。 ノイズのサイズでは、数値が小さいと細かいノイズに、数値が大きいと大きなノイズになります。 ノイズの係数では、数値が上がるほど、ノイズの形が変化します。 Xで横方向に、Yで縦方向に移動します。 網点の位置を移動したり、トーンを重ねたりするときに便利です。 [あり]に設定すると、ぼやけたブラシで階調がつきます。 印刷するときは、階調は[なし]に設定します。

次の

トーンの使い方・基本トーン編

クリスタ トーン

Pixivユーザーに今一番使われている定番のペイントソフトクリップスタジオ 今回は マネしたくなるクリスタの機能を活用したツイートを7つまとめてみました。 イラストを描く時に便利な機能 (1)グリット機能 クリスタを使ってる場合はグリッドが便利です。 お借りしたモデル:しゃち様 — にしき nishikiu3r9 画像を並べる時に便利そうですね (2)3Dモデル、3Dシーン クリスタのデフォで入ってる教室素材がただのイラストだと思ったら3D素材で割と便利だったって話だけど、意識低いけど絵に関してはちょっとこだわりたい絵描きとしては参考程度にしてちゃんと自分でパースとって背景描きますが。 でもあたり取るのは使いたい。 背景をなんども描かないといけない時にも便利そうです。 (3)グラデーションマップ イラストの雰囲気やカラーを 一瞬で変えたい時は グラデーションマップを使うと便利です クリスタ — 吉村拓也 hanari0716 後から雰囲気を簡単に変更できるのはいいですね (4)オートアクション クリスタでオートアクション機能があるということに気づいたときは衝撃でした。 身長と等身を簡単に設定できるようになったのが物凄く有り難い。 細さや体形設定も簡単だし各部の角度調整のレスポンスが早くなった気がする。 モデル個別に設定ができるので、3D空間の「パース」の数値はそのままで人物モデルにのみ漫画的な「嘘パース」をつけることができます。 シームレスに設定した自作のテクスチャでコピック風の塗りムラを表現してる。 イラレのパターン作成みたいにタイルのサイズや方向もリアルタイムで変形できる。 — 澤田 圭 キャラクターデザイナー keisawada テクスチャのサイズが足りない時助かります (7)自動アニメ塗りプラグイン クリスタの自動でアニメ塗りしてくれる「自動影色指定プラグイン」とかいう絵かきを駄目にする機能がやばい。 なんだよもう神かよ。 絵かきをダメにするクリスタ。 [フチ]をつけたレイヤを複数重ねて[投げ縄塗り]と[投げ縄消し]を使ってザクザクと塗っています。 影はクリッピングで乗せています。 クリスタ知識が少ないので、回りくどいやり方かもしれないけど参考になれば… — 寺元拓海 teratakkku 線画から描かないで済むのでかなり時間が短縮できます マンガを描く時に便利な機能 (10)トーン貼り機能 クリスタでのトーンのアレコレです。 あくまで私のやり方です。 俺のiPad Pro初代だとコマ数を増やしすぎると少しカクカクする。 Animate、After Effectsでアニメーション作ったことあったけど、ソフトごとに作り方が違って面白い。 — 瀬戸弘司 eguri89 クリスタ買ったのでアニメーション機能試し描き ひなろじの弥生ちゃん描きました! — ろ LOWTEQ VRChat xuarx アニメーション機能は最上位版のクリップスタジオEXのみ使えます.

次の

クリスタで「パターン画像」を作成する方法

クリスタ トーン

選択範囲ランチャーの「新規トーン」を選んだら、『簡易トーン設定』のダイアログが開きます。 ここでトーンの設定をします。 【1】線数 アミの細かさ。 0はキャラクターの影などによく使われる。 【2】濃度 アミの濃さ。 影などは10%~20%がよく使われる。 【3】種類 円:アミトーン 線:線トーン ノイズ:砂トーン(ざらざらしてる) 【4】角度(【3】の種類によって変わる) 円:45度にするのが一般的。 線:使いたい角度 ノイズ:設定なし 上記の設定を終えたら右上にある「OK」を押すと、選択した範囲にトーンが貼られます。 トーンを貼る箇所が多い場合 同じトーンを貼る箇所が多い場合、この貼り方が効率的です。 上のメニューバーから、 「レイヤー」>「新規レイヤー」>「トーン」 を選択。 トーンレイヤーを作成すると、簡易トーン設定のダイアログが開きます。 ここでトーンの設定を行います。 【1】線数 アミの細かさ。 0はキャラクターの影などによく使われる。 【2】濃度 アミの濃さ。 影などは、10%~20%がよく使われる。 【3】種類 円:アミトーン 線:線トーン ノイズ:砂トーン(ざらざらしてる) 4】角度(【3】の種類によって変わる) 円:45度にするのが一般的。 線:使いたい角度 ノイズ:設定なし 簡易トーン設定のダイアログにあるOKボタンを押します。 するとトーンレイヤーが作成され、 用紙全体にトーンが貼られた状態になります。 トーンレイヤーの「レイヤーマスク」をクリックし、『 Delete 』キーを押します。 『 Delete 』キーを押すとトーンにマスクがかかった状態に。 つまりトーンが見えなくなります。

次の