異常 に 仕事 が できる 人。 「できる人ほど仕事を押しつけられる構造」を変えるには

性格がいい? 仕事のできる人の特徴とできない人との違い|「マイナビウーマン」

異常 に 仕事 が できる 人

2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震が発生しました。 多くの方の尊い命が失われたことに、深い哀悼の意を捧げます。 また、被災された皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。 一刻も早い復興を願ってやみません。 報道ではあまり大きく取り上げられませんが、多くのITエンジニアの皆さんも、きっと奔走されていることと思います。 「いま、1人ひとりがやれることをやろう」……震災発生直後から、1人ひとりができることが問われました。 募金や(節電)、(買い物は必要最小限にとどめて譲り合う)など、人々はそれぞれの立場で「いま、できること」をやっています。 このような非常事態でも、心を1つにして励まし合って冷静に対処する姿勢が、海外のメディアでも大きく取り上げられていることは皆さんもご存じのとおりです。 そこで今回は、未曾有の災害における「ITエンジニアとしていま、やるべきこと」をテーマとして取り上げます。 協力したい! でも、どうしたらいいか分からないという人は多い 連日、メディアから報道される被災地の状況を見て、「自分にも何かできることがあれば協力したい」と思っているエンジニアはたくさんいらっしゃると思います。 ボランティアといえば、「被災地に出向いて、被災者のために行動をすること」というイメージがあります。 被災地の前線で社会的なインフラを復興させるためには、さまざまな物資と大量の資金が必要です。 そのインフラが整わなければ、被災地でITエンジニアができることは限られます。 けれど、被災地の前線で行動することだけが、ボランティアではありません。 いま、こうしてインターネットを見ている場所なら、コンピュータはあるし通信環境もすでにあります。 現在では、ストレージも必要なシステムも、大抵のものはクラウド上にあります。 ITエンジニアが活動をするインフラはすでに整っています。 あと、必要なのは、「一歩踏み出す勇気」なのかもしれません。 さまざまな問題を解決する、意思あるエンジニアたち エンジニアが自ら立ち上がり、「いま、できること」でさまざまな難局を切り開いている事例をご紹介しましょう。 私の知人に、相羽大輔さんというエンジニアがいます。 相羽さんは、Amazonのクラウドサービス「Amazon Web Services(以下AWS)」の中にある、というユーザー会に参加しているエンジニアです。 JAWS-UGでは、AWS側からの呼び掛けで震災直後から復興支援を行っています。 地方公共団体や企業など、被災による直接的な被害を受けたサーバ、報道で紹介されたことによってアクセスが困難になってしまったサーバを、クラウドの基盤を利用して復旧させたり、被災地からの情報発信に使うCMS(コンテンツマネジメントシステム)をインフラ付きで無償提供したり、CMSを使って被災地の対策本部からの情報を集約したりしています。 クラウドやWebのユーザー会は横のつながりも強く、相羽さんたちの取り組みに賛同した各企業が支援の名乗りを上げて、現在、協力しながら活動しているそうです。 メディアでも取り上げられているので、活動をご存じの方もいらっしゃるでしょう。 この取り組みに対して、政府からも公式情報の拡散依頼が入るようになったそうです。 【関連リンク】 JAWS-UGの相羽さんに聞いてみた JAWS-UGのメンバー構成をお伺いしたところ、会社が法人として活動にコミットし、社員がオンタイムで活動しているところもあるそうですが、個人が業務後の夜や週末を使って参加している人もいて、多くの人が通常業務の合間で作業しているそうです。 実際、相羽さんもオフタイムの活動なのだそうです。 つまり、「1人ひとりが自分の持つスキルを持ち寄り、自分ができることをしている」のです。 相羽さんに、プロジェクトに関わっている感想をお伺いしました。 「プロジェクトでつくったサービスが利用されて、実際に被災者支援につながっているのを見ると、大きな達成感を感じます。 他のメンバーとのつながりを持てているのがうれしいですね。 そして、AWSをはじめとしてクラウドコンピューティングの技術の可能性を近くで実感できたり、いろいろなサービスを活用して、離れたスタッフとの共同作業を効率的に行うためのノウハウが分かることが収穫になっています」 また、続いてこんなことをおっしゃっていました。 「優秀なリーダーの仕事ぶりが素晴らしく、ボランタリースタッフへの気遣い、緊急時のプロジェクトマネジメントの模範例など、学ぶことがたくさんあります。 いつか、プロジェクトマネジメントの側面から、この活動が取り上げられるといいなと願っています」 相羽さんの言葉を聞いて、 「ボランティアの域を超えて、活動がやりがいに変わっている」と感じました。 いま、JAWS-UGでは、キャッシュサーバの設置やアクセスが集中しているサーバをクラウド上に移転させるなどの負荷対策を行っているようです。 興味がある方は、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

次の

仕事ができる人は絶対にやらない!「効率の悪い人」が無意識でやっているNG習慣8選

異常 に 仕事 が できる 人

誰もがすべてを完璧にできるわけではないけれど、やっぱり最低限のことができない人が職場にいると、どうしてもイライラしてストレスになってしまいますよね……。 その人なりに頑張ってはいるのだろうけど、これだけはどうにかしてほしい! そんな「仕事ができない人」にありがちなことを、18~39歳の女性100名に調査しました。 あなたの職場に「仕事できないな…」と思う人、いますか? います 73% いません! 27% まず、「あなたの職場に仕事ができない人はいますか?」と調査すると、7割以上の方が「いる!」と回答。 ちなみに一番の困ったちゃんは「上司・先輩」にいるという方が最も多く、「自分より上の人だからこそ、自分よりできていてほしいのに、全然そんなことがない……」というパターンが多いようです。 というわけで、職場にいる「仕事ができない人」の特徴、聞いてみました。 シンプルに仕事が遅い。 慣れるまではある程度時間がかかるのは当たり前だけど、どれだけ時間が経っても「いったい何にそんなに時間をかけているの?」という人って存在しますよね……。 全般的に何をしても遅い場合はまた考えものですが、「あることはそこそこ早くできるのに、あることは妙に遅い」場合は、適材適所の考えで苦手なことはあまりさせない方がいいのかも……。 【2】何度も同じミスを繰り返す 「同じ間違いを何度もやる」(36歳・会社員) 「何度も忘れる」(25歳・専業主婦) 「段取りが悪く、同じことを何度言ってもできない」(25歳・会社員) 人間間違えるものです。 失敗して成長するものです。 だけど、同じミスは一度までにしてほしい。 何度も何度も同じ間違いを繰り返したり、何度言ってもできなかったり……そしてそういう人に限ってメモを取っていなかったりする。 【3】ミスの対処が下手 「トラブル時に出てこない、愚痴るだけで改善しようとしない」 「ミスを違う人や機械のせいにする」(28歳・契約社員) 「自分のミスを認めない」(33歳・会社員) こちらもミスシリーズ。 ミスすることは仕方ないとして、それを認めなかったり人のせいにしてばかりいると、きっと「何度も同じミスを繰り返す」に繋がっていくのでしょう。 ミスをしたことは潔く受け止めて、なんでミスをして、どうしたらそれを改善できるのかを考えましょう。 【4】時間の使い方が下手 「要領が悪い」(29歳・アルバイト) 「無駄に残業してる」(34歳・会社員) 「タイムマネジメントができない人」(21歳・学生) 「優先順位をつけるのが下手で、どうでもいいことにばっかり時間をかけて、大事なことに使う時間がなくなる人」(27歳・会社員) どんな人にとっても、1日の時間は平等に24時間です。 その中でどれだけのことができるかは、人によって大きく違います。 時間をかけなくていいことに時間を使いすぎて、そのせいで時間を使うべきことに割く時間がなくなる……なんて、悲しすぎる! 「何にどのくらいの時間をかけるべきか」のセンスが致命的にないと、「仕事できない人だ……」と思われてしまいます。 【5】指示されないと動けない 「あまりにも毎回毎回何をしたらいいか聞いてくる後輩」(23歳・会社員) 「言われたことしかできず、気が利かない先輩」(18歳・学生) 「指示されないと動けない人」(21歳・学生) 百歩譲って、会社に入りたて・配属されたての若手なら「慣れるまではしょうがないかな……」といいとして、そうじゃないのに「言われたこと」しかできない人は「少しは自分で考えろ!」と思いますよね。 自分より先輩がそんな様子だと、尚のことイライラしてしまいます。 【6】口だけ達者 「口だけ目標が高い」(27歳・会社員) 「言い訳が多い」(28歳・会社員) 「できない理由ばかり説明するのが得意」(29歳・会社員) 「できるアピールがひどい」(33歳・専門職) 口を動かす前に行動しろ! と言いたくなる「口だけ達者」シリーズ。 できない理由を考えるくらいなら何か行動してみてほしいし、できるアピールを頑張って実際はそれよりできていないなら違うところを努力してほしい。 【7】シンプルに、パソコンが使えない 「パソコンが扱えない。 IT業界なので論外です」(24歳・会社員) 「パソコンがダメな上司。 私が1分でできることを1日かかってもできない」(38歳・公務員) 「メールを全部プリントして読む上司。 その上プリントもできなくて全部私に印刷させる」(27歳・会社員) 上の世代に多い! という声が多かった「パソコンが使えない」という回答。 確かに昔はなかったものを使いこなせ、というのは難しいのかもしれないけれど、新しいことをいつまでも学ぶ気がないのは勘弁してほしい。 【8】上にばっかりいい顔をする 「上にいい顔をするけど、裏表があることを隠せていない」(34歳・会社員) 「上司にばかり愛想が良くて、ベテランのアルバイトを雑に扱う」(21歳・アルバイト) そして最後はこちら! 人によって態度が変わってしまうのはある程度は仕方ないのかもしれませんが、あまりにもそれがひどすぎると信用できないし、媚び媚びがまるわかりの人は逆に仕事ができない印象ですよね。 誰しもついうっかりやってしまうことがあることではありますが、こんなことをしていると周囲からの評価は落ちる一方。 人の振り見て我が振り直せ……ということで、改めて気を付けてみてくださいね!(後藤香織) 【あわせて読みたい】 2018. 11 作成.

次の

仕事のできる人に共通する23個の特徴【期待される人になる】

異常 に 仕事 が できる 人

好きなところから読む• 異常に仕事ができる人のタイプと特徴 仕事のスピードが速い人・仕事の効率化ができる人 これは、 決められた仕事量をこなすのが速い人を指します。 職場に 「こいつ仕事はやい・・・。 」と思うような人いませんか? 仕事のスピードは単純に 生産性の向上につながります。 車でいえばエンジンの回転数のようなものですね。 仕事をどのように効率化するか頭で考えている 仕事を覚えていくうえで、• どんなふうにしたら早く終わるか• 順序はどのようにするか このようなことを考えています。 なので、 数をこなすうちに仕事がどんどん速くなっていきます。 研ぎ澄まされていくイメージですね。 技術・体力 技術・体力は仕事スピードを上げるために必要です。 ピザ屋さんでは、 ピザを速く作る技術が長けていれば、それだけ作るスピードは速くなります。 きれいだとなお良き。 引っ越し屋さんでは、 重い荷物を運び続けられる体力があれば、安定したスピードを誇ることになるでしょう。 仕事の本質を理解している人 仕事の本質を理解している人とは、• なんでこの仕事を行うのか? このような仕事の 「なぜ?」「why? 」を理解している人です。 とりあえずこの仕事を指示されたからして、とやっていると柔軟性に欠けて、仕事の優先順位がつきにくくなってしまいます。 その仕事を何のために行うのか?を業務ごとに答えられるとよいですね! 柔軟性に富んだ対応・自発的な行動 「この仕事はこうやるんだ」という 固定観念があると、少し条件が変わったときに混乱して対応ができなくなってしまいます。 そこで仕事を本質的に理解していれば、 イレギュラーな対応ができるようになります。 イレギュラーとは、本当は上司の承諾が必要な作業だけど、上司に電話がつながらない、お客様の都合上急がないといけなくなってしまったなどです。 このとき、事後承諾でいいのかを判断するには、 なぜその承諾は必要なのかを理解しておく必要があります。 この状況は完全に大丈夫だと判断できれば、事後承諾でもよいでしょう。 仕事は「一問一答のような答え」がないものがあります。 そんな時に、 誰かに指示を仰がなくても望まれた行動ができる人は 「 こいつやるな。 」と思われるでしょう。 仕事の優先順位を理解or考えられる 仕事には優先順位があります。 例えば、お客様の対応と事務所の清掃だったら、明らかにお客様の対応のほうが優先順位が高いといえます。 基本的に仕事の優先順位は、 緊急度・ 重要度が大切になってきます。 この仕事は緊急か?ほかに緊急な仕事はないか?• この仕事は重要か?本当に今やるべき状況か? これらの判断材料になるのが「仕事の本質的な理解」です。 仕事の優先的なタスクをこなせない人にはタスク管理がオススメです。 仕事の覚えが早い人 新人の頃、まずは業務の内容を覚えるというところから始まるでしょう。 そこで絶対に仕事の覚えが早い人がいます。 仕事の呑み込みが早い• 仕事の内容をよく覚えている たとえば、昨日教えたことを今日完ぺきにこなして見せるとかですね。 こういう人周りにいませんか? 必要な情報を抜き取り整理するのがうまい 業務内容を教えてもらったときに、• どんな業務なのか• 流れはどういう風になっているのか をイメージし、一連の作業を関連付けて覚えることができると、仕事の理解、呑み込みが早くなります。 同時に仕事を流れで理解するため、覚える量が減ったと感じるはずです。 記憶力がいい・自分なりのメモを取る 記憶力がいい人はいます。 これは才能かそうでないかは別として、一つの武器です。 しかし、記憶力の乏しい人は 自分なりのメモを取ることをお勧めします。 自分なりというのは、聞いたことをすべてメモするのではなく、 メモをすべき場所• 自分はここが忘れそうだな• ここが重要だと思うな• これを書いておけば忘れないな ということをメモすることです。 ほかにも自分が大切だと思う項目はメモしましょう。 これで、何回も聞き返すことなく業務を覚えられます。 仕事面での視野が広い人 視野が広いとは、馬のように視野角が360度近くということではなく、• 誰がどんな仕事をしているか• お客さんがどのくらい来ているか• 困っている人はいないか などの情報を多く把握できる人です。 「周りがよく見えている」というのがいい表現でしょう。 例えば、誰かの仕事だけ多くなってしまっているのを把握できれば、手助けや仕事の振り分けの改善ができたりします。 こういう人は、 周りの人から信頼されるでしょう。 いろんな仕事に対応できる人 いろんな仕事ができるというのはとても強いメリットです。 例えば、 「このシフト2人しかいないけどわからないところとかないかなー。 」 などのように、 幅を利かせることができます。 一般的に教える立場につくには、このようにいろんな仕事を理解しておくことが必要になってくると思います。 なのでバイトの 時間帯責任者などには必要なスキルですね。 正社員だと手放しにくい人財になるから給料UP交渉などもしやすくなるよ! 人材育成がうまい人 世の中の仕事は基本的に一人ではなく複数人で行うことのほうが多いです。 これが企業になります。 逆に一人で企業に属さず働く人をフリーランスと言ったりもしますね。 どんなに一人で仕事ができても一人の力には限界があります。 物理的な仕事量がある限り絶対です。 ああ、体が2個あったらいいのになー。 と思っても漫画のキャラではないので無理でしょう。 しかし、 分身をつくるという意味では可能です。 それは、 他人を自分の仕事レベル、またはそれ以上にまでひきあげることです。 これが 「人材育成」です。 フィードバックがうまい フィードバックとはもともとの意味は難しいのですが、ビジネスでは意味が派生して「仕事を評価し改善する」という意味でつかわれます。 たとえば、• 「少しこの辺とか雑だから気を付けて!」• 「ちょっと言葉遣い直したほうがいいかも。 」 このような 評価をして仕事内容を改善することです。 ですが、 このようなことを言われた側は少し落ち込みますよね。 そこでフィードバックをするうえで大切なものが、 相手を褒めることです。 「お客様に対しての対応とか見ててやっぱすごいと思う。 少し気になったのは言葉遣いぐらいかなー。 」 というようにです。 言われた相手の気持ちは先ほどの例とは天と地の差があると思います。 人間褒められて悪い気になるのは嫌味とか皮肉ぐらいです。 そういう風にならなければどんどん褒めましょう。 ほかにも、フィードバックのうまい人をみて盗み取りましょう。 トレーニング・教育がうまい トレーニング・教育がうまい人は、教え方がうまい人です。 自分が仕事を教えるときに大切だと感じたことは、• 理由 : なんでこの仕事が必要かを教える• 実演 : 自分がやって見せる• 演習 : 実際にやってもらう• 反復 : 忘れそうな頃にもう一度行う これは私なりの意見なので、参考程度に。 そしてもう一つ、その人がどこまでトレーニングできているのか把握することも大切です。 この仕事をまだやったことがない• この仕事が得意そうで、 この仕事が苦手そうだ このような点を把握しておくとよいでしょう。 特にトレーニングは、できない仕事や苦手な仕事を教えていくことがメインになります。 (もちろん特異なことを伸ばすのも重要ですが) できない仕事を教えることは、いろんな仕事を一定以上にこなせるようになるために必要です。 そして、最後に自分の分身を作るためには、自分が培ったノウハウを教えてあげるとよいでしょう。 先人の知恵は仕事の効率化への近道です。 モチベーションの維持をしてあげ続けられるのもうまいとよいですね! 職場環境を整えるのがうまい 仲間の生産性を高めるには、 心の底から楽しいと思える職場というのが重要です。 「今日も仕事かよー。 だるいー。 」 っていうのと、 「よっしゃ仕事だ。 きたー!!」 というのとでは、 仕事のモチベーションが全然違いますよね。 仲がいい・雰囲気がいい職場は、• チームとしての信頼関係が築ける• 報連相が機能する• 退職者が少ない• お互いのことを褒められる このようにとても良い特徴が挙げられます。 なので、教育者としては仲がいい・雰囲気のいい職場を作ることを目指すべきでしょう。 そのためには、• 自由参加のレクリエーションや飲み会の企画• 挨拶の徹底・コミュニケーション量の増進• お互いを褒めあうようにする このような改善策が挙げられます。 ほかにも、いろんなアプローチがあると思うので勉強あるのみですね。 自分にはない技術• コミュニケーションの仕方• どこを見ているか• どんな動きをしているか• どんな順番で作業しているか など盗み取れる部分はたくさんあるはずです。 意識してみると、気づくことがたくさんあると思います。 仕事ができる人に話を聞く 仕事ができる人に直接話を聞くこともよいでしょう。 「なんでこんなに仕事できるんですか?」 「どんなところに気を付けているんですか?」 って聞くと、話してくれるかもしれません。 その人が心がけてることや、成長するために行ったことなどを聞けるチャンスです。 ただ、その人の時間の邪魔にならないようにしましょう。 仕事の経験を積む 当たり前ですが、仕事の経験を積むことは大事です。 総合的な経験も必要ですが、継続的な経験も必要です。 というのも、週1しか働いていない時と週5で働いている時とでは、業務の覚えようとか結構違いますからね。 以上、「「異常に仕事ができる人」はただスピードが速いだけではない!!」でした。 最後まで見ていただきありがとうございました!.

次の