アシスタント マネージャー。 アシスタントの意味とは?英語表現や使い方って?秘書・スタッフとの違いもわかりやすくガイド

「アシスタントマネージャー,役職」に関するQ&A

アシスタント マネージャー

上司とは自分の職席上の上位者です。 会社の方針にそって部署の方針・戦略をきめていき、部下に指示をだします。 その部署の人間はそれにしたがって職務を全うして、成果をだし、その評価を上司がします。 その上司自身もさらに上の上司に評価されます。 業績とともに部下のマネージメントも評価の対象です。 業績をあげることに対して部下を前向きにさせることが仕事といってもいいです。 この主任さんの役目が例えばチームのまとめ役としての職務を担っており、質問者様がそのチームの中にいるというなら、まあ上司と言えなくもないですが、普通主任って単なる階級でしょ? 冗談で「上司」って言っているだけでしょう。 真剣にそう思っている(勘違いしている)ならイタいなあ・・・ ちなみに、自分からみて同期や後輩である人間が上司になることなど山とありますよ。 課長42歳(入社20年目)、部下50歳(入社28年目主任職)よくあることです。 この課長さんが入社した当時の世話役先輩であったなんてこともよくあります。 後輩・同期・先輩というのはどっちが先に入社したかです。 難しいのはキャリア入社してくる後から入ってくる明らかに年長の後輩ですね。 自分の方が少々社歴が長くても、相手の方が社会人としての歴史が長い方であれば、後輩扱いなんてしませんけどね。 いずれにしても先に入社して程度、主任程度の階級じゃ「上司」のうちに入りません。 あなたに指示し、評価する人があなたにとっての「上司」です。 ちなみに隣の部署の課長さんはあなたにとっての上司じゃありませんから。 言うまでもありませんが。 A ベストアンサー 同じ歳で動機に入社した人は=同僚 年上だけど一緒に入社した人=同僚 同じ歳だけど先に入社した役職の無い人=先輩 他の部署で年上の人=先輩 他の部署で役職が上の人=上司 --で、いかがでしょうか。 goo. php? goo. php? goo. php? 月末挙式予定でやっと出席者も確定したので作成して来た席次表をプリントする段階に入りました。 そこで、やっぱりおかしいだろ? とはたと手を止めるようなことがありました。 それは、彼の会社の先輩の肩書きのことです。 『会社』というものの先輩ではないです。 わたしの方は直属の上司をお招きしただけなので、すんなりいけましたが、役職の特にない会社の先輩の肩書きをどう書くのが失礼なく端的に説明できるのかがわからなくて困っています。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお知恵をお貸し願いたいです。 よろしくお願いいたします。 こんにちは。 月末挙式予定でやっと出席者も確定したので作成して来た席次表をプリントする段階に入りました。 そこで、やっぱりおかしいだろ? とはたと手を止めるようなことがありました。 それは、彼の会社の先輩の肩書きのことです。 『会社』... Q 席次表に載せる肩書きについて教えてください。 社内結婚で部署は違いますが、同じ支店で働いています。 新郎新婦合わせても半数が会社の人で、ほぼ役職のついている方を招待しています。 その為、上司というより上司と先輩の間ぐらいの感覚で接している方も多いので、 肩書きをドン!と席次表に載せてしまうのに抵抗があります。 それなら、上司とまとめてしまった方がすっきりまとまるような気がするのですが… また、中途採用で入社し旦那の同期にあたる方が、旦那の先輩よりも年次は下ですが、 既に役職が付いていたりして、同期と載せたいところを、全て役職を記載するとなると ややこしくなってしまうのです。。 本当に社内同士の結婚の場合、役職名を全て記載しなければいけないのでしょうか? もし、経験のある方いらっしゃれば、教えて頂きたいです。 宜しくお願い致します。 席次表に載せる肩書きについて教えてください。 社内結婚で部署は違いますが、同じ支店で働いています。 新郎新... Q 結婚式に使う生い立ちムービーの制作についてです。 彼は3人兄妹の長男、私は4人兄弟の次女です。 いざ写真を集めようとなった時、彼の写真がほとんどない事が発覚しました。 写真屋さんで無料でもらえるアルバムに収まるほどしかありません。 中高の写真がない 部活の集合写真のみ とは聞いていたので、幼少期の写真を多めにしようと思っていたのですがそれも数枚しかなく、一人で写っているものばかり… 一枚だけお母様と映っている写真がありましたがたばこの焦げ跡らしき汚れがあります やんちゃな子供だったから落書きしたり破ったりして捨てられたのかも、と彼は言っていますが妹の写真はたくさんあるらしく、彼がその中に写っていないか聞いても写っていないと言うのでなんとなく納得いかず内心もやもやしています。 私の家は兄妹全員にそれぞれアルバムが何冊かあるので彼の写真ののなさにびっくりしています。 生い立ちムービーの制作自体は彼はかなり乗り気で構成などいろいろ考えてくれているのですが、この状態では形にする自信がありません。 周りの人も生い立ちムービーはあって当然と思っているようで楽しみにしているらしいので無くすのはできる限り避けたいです。 同じような状況の方、ムービーは制作されましたか? どうやって写真の無さをカバーしましたか? アドバイス下さい。 宜しくお願いします。 結婚式に使う生い立ちムービーの制作についてです。 彼は3人兄妹の長男、私は4人兄弟の次女です。 いざ写真を集めようとなった時、彼の写真がほとんどない事が発覚しました。 写真屋さんで無料でもらえるアルバムに収まるほどしかありません。 中高の写真がない 部活の集合写真のみ とは聞いていたので、幼少期の写真を多めにしようと思っていたのですがそれも数枚しかなく、一人で写っているものばかり… 一枚だけお母様と映っている写真がありましたがたばこの焦げ跡らしき汚れがあります やんちゃな子供... A ベストアンサー 私もちょっとそんな感じでしたよ~ 私が100枚厳選して用意出来たとしたら 夫は必死に家からかき集めて30枚ぐらい 2人で撮った写真は10枚未満…(彼が写真嫌いなのでなんとなく撮らなかった) 加えて彼の写真は10年前が最後で後は私が撮った彼の写真が数枚あるのみ… 10年分ゴッソリ無い~良いのか?!と思って最初は不安でした(^^;) しかし夫の知り合いに制作を頼んだのですが(生い立ちムービー制作経験何度かあり)その人曰く 「基本生い立ちムービーの写真は奥さんの方が多いのが普通だから大丈夫。 そっちの方がウケるしね」だそうです。 他にも彼が子どもの頃に作った工作とかそういうのでフォローしました。 後人によっては小さい頃のを少なめに、最近の写真を2人で撮って追加するとかしてるそうです。 私の旦那も子どもの頃好きだった漫画のキャラとか使ってました。 友人達には「2人の写真少なっ!!w」って突っ込まれましたが、おもしろがってもらえたのでOKかな と。 あと結婚式で分かったのですが、夫友人さん達に写真の話をしたら「言ってくれればうちに何枚かあったのに~!!!」と言ってもらえました。 準備段階から「友達が写真撮ったりしてるんじゃない?」と言ってたのに「そんなのないない」と言ってたんですけどね…やっぱりあるじゃないか! 写真の汚れとかは画像ソフトとかあればちょっとはなんとかなるとおもいますよ。 そういうの得意な人いませんかね?? 私もちょっとそんな感じでしたよ~ 私が100枚厳選して用意出来たとしたら 夫は必死に家からかき集めて30枚ぐらい 2人で撮った写真は10枚未満…(彼が写真嫌いなのでなんとなく撮らなかった) 加えて彼の写真は10年前が最後で後は私が撮った彼の写真が数枚あるのみ… 10年分ゴッソリ無い~良いのか?!と思って最初は不安でした(^^;) しかし夫の知り合いに制作を頼んだのですが(生い立ちムービー制作経験何度かあり)その人曰く 「基本生い立ちムービーの写真は奥さんの方が多いのが普通だから大丈夫。... Q 転職の内定が決まり、現在の勤務先に辞意表明しようと思っています。 辞めるときはまず直属の上司に話を切り出せといいますが、これを誰にすれば良いのかということの質問です。 私の上には、課長代理、課長がいます。 部長というのもいますが兼務的ですし、トップは実質的に課長です。 会社では半年ごとに実績評価の面接をしますが、その面接は課長代理が行います。 やはりこの場合、直属の上司とは課長代理になるのでしょうか。 しかし私の心情としては、課長代理を直属の上司だと思いたくはない。 彼は、その面接のときと、私が失敗したときくらいしか私とコミュニケーションを取ろうとしません。 まあそういう人間関係が退職理由の一部ですが。 課長の方は、私の隣の席だし、私は課長の指示で動くことの方がずっと多く、コミュニケーション量は圧倒的に課長の方が多いです。 この場合、やっぱり直属の上司というのは課長代理になって、まず課長代理に退職意志を切り出さないといけないのでしょうか。 A ベストアンサー 私もあなたと同じく、働きながら他社で内定を頂いた後に退職しました。 私の場合、直属の上司は「課長」で下に「係長」「主査」がいるという感じでした。 転職のきっかけは「課長」の今で言う「パワハラ」でした(当時はそういう概念がなかったのですが)。 私の場合実績評価の面接は「課長」がやっていましたので、その面接の際に「一身上の都合で・・・」という感じで退職意思を伝えました。 その後、いろいろ説得されましたが、何とか一月ほどで退職できました。 「課長代理」に当てつけのように伝えるのも手かと思います。 代理から課長に話があれば課長から直接あなたに話が来るでしょう。 その際に代理から受けたさまざまな事を課長に伝えて、その上で退職させて下さいと伝える。 そうすれば、その代理さんの人事評価がガタ落ちになり、「仕返し」ができるわけです。 私もやめる際に支所長と面談する機会があったので、課長から受けたさまざまな事を支所長に伝えてから止めれば良かったなと今になって思います。 16年も前なのでそんなことを言うことができるような次代でもなかったのですが。 そして後でああすれば良かったと公開することのないよう、言いたいことははっきり言ったほうがよいとおもいます。 がんばって下さい。 私もあなたと同じく、働きながら他社で内定を頂いた後に退職しました。 私の場合、直属の上司は「課長」で下に「係長」「主査」がいるという感じでした。 転職のきっかけは「課長」の今で言う「パワハラ」でした(当時はそういう概念がなかったのですが)。 私の場合実績評価の面接は「課長」がやっていましたので、その面接の際に「一身上の都合で・・・」という感じで退職意思を伝えました。 その後、いろいろ説得されましたが、何とか一月ほどで退職できました。 Q 上司から指示を受けて、やったことが指示と違うということが多くて悩んでいます。 メモしても、そのメモ事態がポイントがずれているから始末に置けません。 指示したことと違うと言われて、再度説明を受け、実施したことがまた違うということも良くあります。 お互い嫌ですよね・・・・ どなたか、このようなタイプの私にコツのようなものをアドバイスいただけないでしょうか? 実は、これは自分は一種の障害なのかな?とも思っています。 というのも、メールを見ても話し言葉でないと理解できないことがあるのです。 話し言葉でないと文章が理解できないのはなんとか(名前はわかりませんが)症というそうです。 簡単なことじゃないかといわれるたびに、気持ちがブルーになります。 A ベストアンサー 病気ではないです。 一言でいいますと、あなたには、思考能力が不足しています。 もっと自分で考えてみてください。 考えることによって改善されるはずです。 といきなり厳しいことを書きましたが、私も同じことで悩み続けています。 上司には毎日怒られっぱなしです。 私も自分のこと、ADHD(注意欠陥多動性障害 )なのかなどと悩んだほどです。 ただ、最近、何がいけないのかがなんとなく、わかってきました。 私自身の感じていることを下記に書きますね。 【主な原因】 相手の言行っていることを自分の中の知識の中で考え理解しようとして、結果的に自分の中で新しいことを作ってしまい、相手の指示内容と異なってしまう。 (これって自分では気がつかないんですよね。 これが正しい、あの人はこう言っているって思い込んじゃっているから・・・・・) 【私生活において】 私はそうなのですが、私生活において、結構流されてすごしていませんか?つまり、なぜ?なんで、って考えて自分で納得し、理解してから行動する。 とりあえず、よくわからないけどやってみますか?? ではないですか? 「お前の行動は私生活にもにじみ出ているんだよ」って私は言われました・・・ 【対策】 自分自身の主観的な思い込みはやめる。 相手が何をしてほしいのかを整理して考える。 何をしてほしいのか 何でそれをしてほしいのか? どういうOutPutを望んでいるのか? 私自身も半分くらいしか理解できていないので正確にかけなくてごめんなさい。 もし、相手の指示が悪ければ、相手に対して指示を明確にさせてあげるくらいのレベルになりたいですよ。 【読むべき本】 これは、考えることができない自分。 物事を順序だてて整理できない自分にいつも怒っている上司がアドバイスしてくれた本です。 私が今読み終わった本は、 考えるプロが明かす「思考の生活習慣病」克服法 船川 淳志 著 です。 この本を読んで、心が痛かったです。 なかなかお勧めですね。 ザゴール2は読み物(物語)みたいなので読みやすいそうです。 ただ、何も考えずに読んだら何にもならないぞ。 と言われました。。。。 masadayoさんと私を一緒にしては大変失礼かもしれませんが、私も相手の言っていることを正確に理解し、相手が望む以上のパフォーマンスを出したいと努力しております。 これは病気ではなく、今まで訓練していなかっただけですので、どんどん訓練してこんな状況から早く抜け出たいですね。 お互いがんばりましょう。 病気ではないです。 一言でいいますと、あなたには、思考能力が不足しています。 もっと自分で考えてみてください。 考えることによって改善されるはずです。 といきなり厳しいことを書きましたが、私も同じことで悩み続けています。 上司には毎日怒られっぱなしです。 私も自分のこと、ADHD(注意欠陥多動性障害 )なのかなどと悩んだほどです。 ただ、最近、何がいけないのかがなんとなく、わかってきました。 私自身の感じていることを下記に書きますね。 【主な原因】 相手の言行っていることを自分の...

次の

アシスタントマネジャー

アシスタント マネージャー

一般論では、主任は平社員より少し上のポジションです。 マネージャーは管理職です。 そして、アシスタントマネージャーは、その管理職であるマネージャーを補佐する役職です。 アシスタントマネージャーが管理職であるかどうかは会社によって違うでしょうが、主任はほぼすべての会社で管理職ではないはずです。 となると、主任よりもアシスタントマネージャーの方が役職は上と感じる人がかなりいると考えるべきでしょう。 どちらが良いかというのは、きみのその会社の役割と、きみの会社員としての方針によるでしょ。 ある程度権限が与えられていて、権利とともに責任があるのであればアシスタントマネージャーの方が、相手に対して良いだろうし。 同じ言葉を発しても、立場が変われば通しづらいことを通すことも出来ます。 しかし、その分、責任を負うことにもなりますが。 きみが責任も権利もいらないから、上司の言う通りに行動したいという程度なら、主任の方が良いでしょう。

次の

主任とアシスタントマネージャーって、どっちが聞こえがいいですか?

アシスタント マネージャー

>一応わかったのですが、管理職全般の名称の中で、 >一応高さみたいなものはないのでしょうか? >部下を指示する立場にある人はいろいろあるのでしょうが、 >その中でもおおよその位はないのでしょうか? 何か「位」にこだわっていらっしゃるようですが・・・ 申し訳ありませんがおそらく「マネージャー」というと 「ここのどうという役職!」とはならないと思います。 というか、なりません。 どうとも言えないものを「指定しろ」と言われても・・・。 >あまりに範囲が広すぎて、どれくらいなのかわかりませんでした。 貴方のご質問自体が範囲が広いのです。 マネージャー職=管理職なのです。 管理職の総称なのです。 質問者さんは、まだ社会人ではないのでしょうか? 会社に入ると分かると思うのですが、全ての会社が貴方の 思うような序列で出来ているわけではないのです。 一度、辞書で「マネージャー」=managerを引いてみてください。 意味が分かると思います。 Q みなさんの勤めている会社で、いわゆる係長クラスのポストに就く年齢はだいたいどのくらいでしょうか。 「係長」ではなく、別の名称で呼ばれている会社も多々あると思いますが、いわゆる「課」の一段階下のチームを率いる、「部下を持つ」リーダー職だと思ってください。 できれば、特定されない範囲で従業員数、業種も教えて頂ければと思います。 ちなみに、私が勤めている会社の場合 従業員数1500人程度、IT関連企業(システムインテグレーター業がメイン) 係長はだいたい35歳前後、早くて30代前半、20代でなることはまず無い ちなみに課長は最速で30代後半もありますが、大抵は40代前半ぐらいです。 A ベストアンサー アラフォーオヤジだよ。 管理職 課長 です。 私の会社は社員数約7000人、一応上場企業です。 係長は監督職、組合員でもあります。 ですから残業手当も適用されます。 内の会社の服務規定に記載されていることですが、係長の一つ下位の主任で、入社後概ね6年以上の経験を有すとあります。 係長で概ね10年、つまり大卒なら最速で32歳の年度ということになります。 但し就業年数だけでなく、上長の推薦状が必要です。 今としては係長の平均年齢を適当に割り出すと36. 6歳になりました。 40代でも居ます、30代後半が多いですかね。 20代では、いません。 高卒だと28歳の年度で10年で、係長って過去にいたかな、思い当たりません。 高卒で30歳で係長は確かいたような記憶があります、内の会社がまだ非上場の時だったと思います。 課長代理が係長経験を7年~10年、課長が代理経験5年~10年のみなし規定となっております。 次長以上は本社採用、全国転勤有り、部長となると海外転勤有りで、これらを受け入れ転勤すると特別昇給が適用されます。 私の部下では、大卒で20年経っても平社員が数人います、特に普通ですが、役職者の人数枠が決まっているので余分に推薦することが出来ません。 因みに私は高専卒です。 又、途中入社者の特別昇格という制度もあります、異業種でなければ経験を考慮して取締役と社長の決済があれば推薦が出来ます。 特別昇格は新卒者でもありますが、数年の転勤経験者なんか優遇されますね、でも短期間昇給というのはほとんどありません。 やはり会社側も経験値と業績を見ているということです。 後は人柄もですね。 アラフォーオヤジだよ。 管理職 課長 です。 私の会社は社員数約7000人、一応上場企業です。 係長は監督職、組合員でもあります。 ですから残業手当も適用されます。 内の会社の服務規定に記載されていることですが、係長の一つ下位の主任で、入社後概ね6年以上の経験を有すとあります。 係長で概ね10年、つまり大卒なら最速で32歳の年度ということになります。 但し就業年数だけでなく、上長の推薦状が必要です。 今としては係長の平均年齢を適当に割り出すと36. 6歳になりました。 40代でも居ます、30代後半... A ベストアンサー その方の出身国、業界、会社の規模等により変わって くるので全くわかりませんが、部門の長であることは明らかです。 出版業界なら「編集長」かも知れません。 また会社によっては外部向けの肩書きを与えることも あります。 日本ではpresidentは偉くかつ実務をもって 仕事をしますが、外国ではpresidentはオーナであり会社を現実に経営しているのはGeneral Manager 或いは director という地域もあります。 小さな会社の長は このようなpresidentではなく現場の長であることを 示すために敢えてdirectorと名乗る人もいます(大会社ならdirectorは担当分野と共に名刺に書かれます) 肩書きでは人は分かりません。 小さな語学学校の長でも directorと名乗るかもしれません。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 私は今年8年勤めた会社を退職しました。 そこの会社の役職名がどうしても気になっております。 その会社の役職名は営業部門の最高責任者が「総括」、その次の役職者が「統括」という役職名でした。 総括マネージャーや統括マネージャーなどと下にはマネージャーとつかず、ただ単に「総括」「統括」でした。 営業部長、営業課長という役職名は一般的に聞くのですが「総括」「統括」というのはあまり聞いたことがありません。 テレビ局などで「統括プロデューサー」などは目にしたことがあります。 仮に「総括」や「統括」でも良しとしても、偉い順位が「統括」が上で「総括」の方が下ではないでしょうか。 このような役職名は一般的なのでしょうか?また、どういう意図でこういう役職名にしたと推察されるかわかる方がいたらご教授くださいませ。 ずっと気になっていたのですが、退職するまでに聞くの忘れてしまいました。。。 Q テリー伊藤氏の或る本を読んでいたら、次の一節が出てきました。 「テレビ業界にも、ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀だという人たちが少なからずいる」 これってどういう意味なんでしょうか? プロデューサーは「企画する人」、ディレクターは「指示を出す人」だというのはわかるんですが、プロデューサーは自分の頭の中に企画のイメージやアイデアがあるということで、ディレクターの代わりにディレクションをすることはないんでしょうか? また、「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)、その逆ってどうも今ひとつイメージできません。 テレビ業界に限らず、映画・アニメ・音楽などの業界での話として、どなたか説明してくださる方、よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 3の回答者さんが仰る通り、演出を行なう者の事です。 演出とは頭の中の考えを表現する事ですから、それこそ『発想が豊か』かつ『他人に指示を出すのがうまい』事が求められます。 一方、「プロデューサー」が行なう事は、制作全般の運営・管理です。 企画立案、資金調達(企画売り込み営業等)、スタッフや出演者のキャスティング、スケジュール管理、予算管理、作品のクオリティー管理などなど。 従って、プロデューサーはこれら制作管理の立場から、場合によってはディレクションに口を出すこともあり、ポジションとしては紛れも無くディレクターの上司に当たります。 即ち、ディレクターは演出力のみ発揮すれば良いですが、 プロデューサーは制作の全責任を負う職務な訳です。 従って、これまで投稿された回答がプロデューサーを軽んじてるように思えるのが少し気になるところです。 とりわけ、企画を通す、とか予算を引っ張って来る、なんて事はどんな業務より困難なのは明らかですよね。 しかしながら、以上は理想であり建前です。 現状は演出力のないディレクターや何もやらないプロデューサーを大勢見てきました。 ですから、『プロデューサーは「企画する人」』というのは、本来は間違いではありませんが、自分で企画を起さない人も多数いますから、むしろプロデューサーに絶対必要な資質というわけではないのでしょう。 現にテリー氏の会社には構成作家を何人も抱えていて、プロデューサーが企画を立てたい時は彼等を自由に使える仕組みになっています。 「営業」も然りで、テレビ局等との関係によっては勝手に仕事が舞い込む場合もあったりして、自らの営業力を発揮しないプロデューサーも少なくありません。 私が業界に入った当初、私の師匠から「ディレクターになれなくてもプロデューサーにはなれる」と教わりました。 その意図するところは、ADや制作進行、助監督など(現場によって呼び名や職務は様々ですが)下積み業務をこなしているうちに自ずと制作管理全般の知識は身に付き、加えて、多くの人々に出会い人脈も構築できる。 だから仮に演出能力がない場合に備えて人望を磨いとけ、というものでした。 ちなみに、テリー氏と私の師匠は元同僚なので同じ教育を受けて同じ考えを持っていても不思議ではありませんし。 加えて、 他の方々も指摘してらっしゃる通り、ディレクター達は往々にしてコスト意識が薄く、 それに対してプロデューサーは「金がかかり過ぎ!」などと怒ったりぼやいたりするのが常ですが、ディレクターのアイデアが実現できるように立ち回りつつも、同等の効果が得られしかも安く上がるような提案を積極的に行なうようなアグレッシブな予算管理を行なう事なども良いプロデューサーの資質だと思います。 また、それをしないと商業映画のプロデューサーなら即失格でしょう。 それから、 >ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀 ご承知かも知れませんが、 プロデューサーになるには必ずディレクターを経るというわけではなく、ディレクターを目指して業界入りしても修行半ばでプロデューサーに目標を変える人や、最初からプロデューサーを目指して業界入りする人も大勢います。 要するに、ディレクターはプロデューサーへの通過点ではなく、 プロデューサーはディレクターの成り損ないでもないという事をご理解下さい。 こんばんは。 3の回答者さんが仰る通り、演出を行なう者の事です。 演出とは頭の中の考えを表現する事ですから、それこそ『発想が豊か』かつ『他人に指示を出すのがうまい』事が求められます。

次の