ゴーレムトラップ コンパクト。 【マイクラ統合版】特盛アイアンゴーレムトラップで鉄が余ってしょうがない!

【マイクラ】湧き層たったの4ブロック!最小ゴーレムトラップの作り方|ぜんくら。

ゴーレムトラップ コンパクト

作る前の注意 今回作るスライムトラップは統合版で動作を確認しています(Windows10、ver1. 他のエディションでは動かない場合がありますので、1度クリエティブモードで動作を確認してください。 PC・Java版ではモンスターの出現条件が異なるため、正しく動作しません。 Java版の作り方はコチラをご確認ください。 統合版(BE版)• Windows10版(Java版とは別です)• Switch版• PS4版• スマートフォン、タブレット版(旧PE版)• Xbox ONE版 正しく動作しないエディション• 申し訳ありません。 統合版スライムトラップの概要 スライムは特定の場所(スライムチャンク)、高さ39以下に出現します。 スライムチャンクの探し方は後ほど詳しく説明しますが、平原で高さ39まで掘ると考えておいてください。 このような穴を掘ると、穴の底にスライムが出現します。 穴の底に出現したスライムはアイアンゴーレムで誘導します。 画像のように配置することで、アイアンゴーレムとスライムを接触させることなく、サボテンに誘導することができます。 サボテンの接触ダメージでスライムを処理し、下に置いたホッパーでアイテムを回収します。 1時間放置して集まったスライムボールの量です。 普通にプレイするなら、このペースでスライムボールが集まれば十分だと思います。 準備するもの• 鉄ブロック、ホッパーを作るのに大量の鉄インゴットが必要になるのでそこだけ少し面倒です。 必要な道具は少ないですが、大きな縦穴を掘ることになるのでツルハシ、スコップを大量に用意しておきましょう。 場合によってはを使うのもアリです(ビーコンは採掘スピードがアップする建築物です。 ) 統合版スライムトラップの作り方 まずは平原を探す 後で詳しく説明しますが、スライムトラップは平原(平らで何も無い場所)に作るのがオススメです。 山、森、ジャングル、川のある場所は避けてください。 平原を見付けたら座標を確認しておいてください。 スライムチャンクを探す スライムはどこにでも出現するわけではありません。 「スライムチャンク」と呼ばれる特定のエリアに出現します。 スライムチャンクを探すにはスライムファインダー(外部サイト)を使いましょう。 次のような順番で操作してください。 seed値は入力しなくてOKです。 (Java版では入力する必要がありますが、統合版では不要です)• Bedrock(統合版)を選択します。 お使いのブラウザによっては「岩盤」と書かれている場合もあります(機械翻訳による誤訳)。 現在の座標を入力してください。 最後に「Go」ボタンを押します。 するとこのように、現在地が赤丸で表示されます。 スライムチャンクは緑色のブロックで表示されています。 最寄りのスライムチャンクを見付けましょう。 良い場所が見つかったら座標をメモしておきます。 先ほどのスライムチャンクを参考にし、掘る場所を確認します。 座標を間違えるとスライムが出現しないので、しっかりと確認してください。 スライム穴を掘る スライム穴を掘り始めます。 スライムは「スライムチャンク」「高さ39以下」という条件で出現します。 高さ39になるまで掘りましょう。 綺麗な箱型になるように掘りましょう。 穴掘りが最も大変な作業です。 ツラいと思いますが頑張ってください。 どうしても厳しい場合はを使うのもアリだと思います。 穴が掘れたらスライムが出現するのを確認してください。 モンスターはプレイヤーから少し離れていないと出現しないので、穴の上(フチ)で待機して様子を見てください。 もしスライムが湧かなかったら座標を確認してください。 穴の底にモンスターが湧かないように、松明を置いて湧き潰しをします。 モンスターは松明を置くと(一定以上の明るさを確保すると)出現しなくなりますが、スライムは明るさの影響を受けません。 松明で湧き潰しをするとスライムだけが出現するようになります。 スライム処理装置 次にスライムを処理するための装置を作ります。 どの辺でも良いので横穴を掘ります(辺の中心になるように掘ってください)。 横3マス、高さ3マス、奥行き4マスのスペースで掘ってください。 床1マス分を掘り下げてください。 チェストとホッパーを画像のように置いてください。 必ずチェスト向きになるようホッパーを設置してください。 スニークしながらチェストに向かってホッパーを設置すれば連結することができます。 Windows10版ならShift押しでスニーク状態になります。 ホッパーの中心に砂を置き、その上にサボテンを3マス分置きます。 サボテンは砂の上でしか育たないので注意しましょう。 スライムが奥に入らないようにガラスで覆います。 誘導用アイアンゴーレム 次に誘導用のアイアンゴーレムを設置します。 先ほどの穴を上側に広げます。 横3マス、高さ4マス、奥行き2マス分ひろげてください。 柵とハーフブロックを設置します。 誘導用アイアンゴーレムを設置します。 画像のように鉄ブロックとカボチャを置いてください。 カボチャは最後に置きましょう、置く順番を間違えるとアイアンゴーレムになりません。 この状態でスライムが湧くと、アイアンゴーレム目がけて集まってきます。 サボテンでスライムを処理し、ホッパーでアイテムを回収する仕組みです。 近過ぎるととスライムが出現しないので、地上(穴のフチ)で待機するようにしましょう。 地上の湧き潰し モンスターの出現をスライム穴に集中させるため、地上の湧き潰しをします。 面倒な場合は湧き潰ししなくてもOKですが、トラップの効率が落ちます。 待機場所から半径54マス分の湧き潰しをします。 (モンスターはプレイヤーから半径54マスの範囲に湧きます。 ) モンスターは松明を置く(明るさが一定以上になる)と出現しなくなります。 大変ですが、半径54マス全てに松明を置いてください。 より効率を求めるなら、待機場所に立ってから難易度をピースにしてモンスターをリセットしてください。 難易度を元に戻すとモンスターが出現し始めますが、湧き潰しをしているのでスライム穴にスポーンを集中させることができます。 これで完成です!あとは穴のフチで放置してればスライムボールが自動で溜まります。 拠点の近くに作っておけば自然とスライムボールが溜まるようになるのでオススメです。 長時間放置するとファントムが出現するので注意しましょう。 統合版のスライム出現条件 スライムが出現する条件に付いて詳しく説明します。 「興味のない方」「とりあえず動けば良い方」は読み飛ばしても大丈夫です。 【スライムが出現する条件】• スライムチャンク内である。 高さが39以下である。 プレイヤーから半径54マス以内、25マス以上離れている。 「地表」と「地下」で別々に出現数がカウントされ、他のモンスターと合わせて8体しか出現しない。 「地表」と「地下」合わせて16体になる。 「地表」と「地下」は統合版にしかない特殊な仕様です。 「地表」とはその名の通り「空に1番近い地面」のことであり、上に遮る物の無い足場のことを指します。 「地下」とは上に遮る物のある足場のことを指します。 地面の中と考えてもらっても大丈夫です。 今回のスライムトラップでは「地表」の判定を利用してモンスターの湧きをスライム穴に集中させています。 「地下」を利用すればトラップの効率を2倍にすることができますが、半径54マス以内の全ての洞窟を湧き潰しする必要があり、大変なので省略しています。 参考にした動画.

次の

【マイクラ統合版】特盛アイアンゴーレムトラップで鉄が余ってしょうがない!

ゴーレムトラップ コンパクト

ガラスブロック:いっぱい• 建築用ブロック:いっぱい• ベッド:21• たいまつ:1~• 職業ブロック(なんでも可):10• チェスト:2• 水バケツ:60(無限水源使えば1でOK)• 溶岩バケツ:1• ボタン:4• ホッパー:4• 村人:10 溶岩を用いるため、建築用ブロックは燃えない材質(丸石など)にする必要があります。 作る前の注意 チャンクの計算 今回のアイアンゴーレムトラップは「シミュレーション距離4チャンクで2台稼働させる」という前提で制作していきます。 シミュレーション距離4チャンクだと自分の周囲4チャンク以内は時間が進むわけですが、 4チャンクの端と端に建設したアイアンゴーレムトラップはそれぞれ独自にアイアンゴーレムをスポーンさせるため、1台しか稼働させない場合に比べて2倍の効率を出せるのです。 ただし4チャンクからはみ出ると時間が止まってしまうし、装置同士が近すぎるとアイアンゴーレムがスポーンしなくなってしまうため、座標からチャンクを計算してチャンクの境界線を調べる必要があります。 座標は左からX,Y,Zとなっています。 たとえば自分の立っているブロックが「3200,〇〇,3200」だったら、 スライムファインダーで見ると3200はチャンクの境界線なので、 座標が3199になるブロックと3200になるブロックの間がチャンクの境界線であることが分かります。 村から100ブロック以上離す アイアンゴーレムトラップは村から100ブロック以上離す必要があります。 正確に言うと「アイアンゴーレムトラップの周囲100ブロック以内にベッドがない状態」にしなければならないので、たとえ村でなくともベッドのある拠点付近にアイアンゴーレムトラップを置くことはできません。 作り方 処理層 待機場所のチャンクの端っこから、 53ブロック目にチェストをふたつ並べ、後ろにホッパーを4つ接続。 画像ではさも53ブロック間隔を空けて54ブロック目にチェストを置くかのような書き方ですが、 正しくは53ブロック目にチェストです。 ホッパーを囲うようにガラスブロックを積みあげて、2段目にボタンを4つ。 建築用ブロックでもう1段積んで、溶岩を投入。 ここまでが処理層。 周りをガラスブロックで3段囲います。 四隅に3つずつ仮ブロックを置いて、 画像の位置に水を投入し、仮ブロックを破壊。 中央の溶岩に向けて水流ができればOK。 村人待機所 湧き層から3ブロック目に仮ブロック。 村人が落下しないよう仮ブロックで囲んで、 ベッドを 向かい合わせ(背中合わせ?)に10台置き、 村人を10人投入。 夜になり村人が寝るのを待ちます。 たまに引っかかって寝ないヤツがいるので、殴るか押して移動させてあげると寝やすくなるかも。 ベッドの前に仮ブロックを置き、その上に職業ブロックを置くと、どれかの村人が結びつきます。 職業ブロックを壊して、さきほど結びついた村人の前に再設置。 これを10人分繰り返します。 設置できたら、 仮ブロックを壊しつつ、ベッドを設置。 このベッドの向きは不問。 横から見たらこんな感じ。 仮ブロックを全部取っ払います。 ベッドの下も忘れずに。 村人の周りをガラスブロックと建築用ブロック(木材や丸石などの不透過ブロック)で囲います。 職業ブロックの上は空間にして、その上に建築用ブロックですね。 これはアイアンゴーレムが職業ブロックの上にスポーンするのを阻止するため。 雷対策として、屋根は1ブロックせり出す形にしてください。 ガラスブロックで道を作れば村人と交易できますが、 その場合は道の上にも屋根を設置する必要があります。 不透過ブロックの上には敵が湧くので、屋根を湧き潰しすれば 完成! 動作確認 長くても5分ほど監視していればアイアンゴーレムがスポーンするはず。 落下穴に落ちて、 溶岩で処理され、 アイテムをゲット。 2台稼働させる方法 全く同じアイアンゴーレムトラップを反対方向に作って、 アイアンゴーレムトラップの中間チャンクで待機すれば、2台同時に稼働します。 チャンク内であれば移動制限も高さ制限もありませんので、ここに別の装置を作るのも面白いかもしれませんね。 ちなみに斜めの距離は近すぎて村が統合されてしまうようで、4台同時に稼働させることは難しそうです。 (天空に作ればいけるかも) 仕組みの解説 アイアンゴーレムのスポーン条件 全て解明されたわけではありませんが、アイアンゴーレムのスポーン条件は、• 就職済み• ゲーム内〇日前までに職業ブロックを使用した• ゲーム内〇日前までにベッドで寝た• 上記を満たす村人が〇人以上いる などが加えられる可能性があります。 (Java版はそうなってるっぽい?) それに対応できるよう、今のうちからベッドにも職業ブロックにもアクセスできるような村人待機所を作りました。 これでも完璧じゃなくて、今後「村人が〇回うわさ話をした」がスポーン条件に加わってくると、村人待機所を見直さなければならないかもしれません。 村人はベッドの下にブロックがないと歩くことができず、うわさ話もできなさそうなので。 もしそうなったらそうなったで、随時対応するでしょう(遠い目)。 この職業ブロック設置は以下の動画を参考にさせていただきました。

次の

新型アイアンゴーレムトラップの作り方 高効率で拡張も自由!

ゴーレムトラップ コンパクト

マインクラフト統合版(BE,PE,Switch,Xboxone,windows10)において、鉄を継続的に確保し続ける手段といえばアイアンゴーレムトラップです。 が、正直アイアンゴーレムトラップ1基ではそこまで効率が良いとは言えません。 とはいえ統合版には「スポーンチャンク」が存在しないので、JEで猛威を振るう「ジ・アイアンタイタン」に代表される複数の村を統合した超効率の鉄生産設備を作成するのも困難・・・。 ということで、今回は統合版でも鉄を大量にGETできる特盛アイアンゴーレムトラップを紹介します。 【追記】 この記事で紹介しているアイアンゴーレムトラップは、v1. 11アップデートによる村判定の仕様変更により正しく動作しなくなっています。 ご注意ください。 Contents• 統合版にはスポーンチャンクが無い 「スポーンチャンク」とはJEに実装されている仕様で、プレイヤーが近くにいなくても常にシミュレーションがアクティブ状態となっているチャンクのこと。 初期スポーン地点がこの状態に該当するためスポーンチャンクと呼ばれています。 このスポーンチャンクに設置した施設は基本的に常に稼働しつつけるため、アイアンゴーレムトラップなどの施設を常時稼働させるのに重宝します。 しかし、統合版にはスポーンチャンクが仕様上存在しません。 そのため、施設を稼働させるためには必ずプレイヤーがシミュレーション距離内にいる必要があるんですね。 シミュレーション距離内にアイアンゴーレムトラップをいくつ作れるか ということで、今回検証したのが「シミュレーション距離内にアイアンゴーレムトラップをいくつ作れるか」。 普段作業をしている時間が長いメイン拠点を中心として、いくつのアイアンゴーレムトラップを同時稼働させられるか、と言い換えてもいいですね。 ちなみに、検証するシミュレーション距離は『4』。 これはメイン拠点の中心に設置している「非天空トラップ」を効率よく稼働させるため、もっとも小さいシミュレーション距離に固定したいという考えから来ています。 アイアンゴーレムトラップの作り方 今回使用するアイアンゴーレムトラップは、ひとつひとつはとてもベーシックな構造です。 設計図はこのようになります。 」という点に注意して下さい。 後述しますが、ゴーレムトラップは村の判定を利用したトラップであるため、近くのドアや村との距離によっては正しく動作しなくなることがあります。 そして、ドアの設置位置を内側に追い込んでいる弊害としてアイアンゴーレムが想定外の位置に湧くことがあります。 これを防止するためにドアの外がわに阻害壁を設置していますので、作成する際には合わせて設置するようにしてください。 この壁があることでゴーレムがドア周辺のブロックに湧いて水流に落ちてくれないという不具合は実動作上封殺できています。 特盛アイアンゴーレムトラップの配置 ここからは特盛検証の内容に入ります。 まず、アイアンゴーレムトラップ間の距離については、それぞれのアイアンゴーレムトラップが64ブロック以上離れている必要があります。 このことから、シミュ距離4内でそれぞれが個別に稼働するアイアンゴーレムトラップの配置は以下のようになります。 次にアイアンゴーレムトラップ間の高低差についてですが、これも64ブロック以上離すことでそれぞれが別のトラップとして稼働します。 (「村の判定は高さ無限」というのはおそらく間違い。 村人が村を感知する距離は高さ無限ですが、村同士が統合される距離はXZ距離と同じく64ブロックです。 それぞれのトラップで別個にゴーレムが湧くことで確認済み。 ) 注意点は、ドアを置いた座標で計算するとドアの高さが考慮されずに失敗してしまうこと。 ドア自体の高さ2もしっかりと計算に入れて距離を測りましょう。 また、アイアンゴーレムトラップの真上にもう一つのアイアンゴーレムトラップを作ってしまうと、下のアイアンゴーレムトラップがうまく機能しなくなってしまいます。 これはおそらく、下のアイアンゴーレムトラップのドア周辺がすべて日陰に入ってしまうため日照差が無効化され、家判定ではなくなってしまうことが原因だと思われます。 (機能しなくなることは検証済みですが原因については私の推測です。 ) ということで、高低差を利用すると配置は以下のようになります。 今回の検証では高低差も利用して2層計8基のアイアンゴーレムトラップの稼働に成功していますが、高さの限界はY=256なのでおそらく限界としては4層まで建設可能だと思われます。 (12基稼働は未検証です。 パズルが得意な人なら最適解にたどり着けるかも。 ) 村人の数によっても効率は変わる 統合版のアイアンゴーレムトラップでは、トラップ内に配置する村人の数によっても効率が変わります。 村に所属するアイアンゴーレムの上限は村人10人につき1体なので、村人が20人いれば2体が上限となります。 そしてこれは、おそらくゴーレムの複数同時スポーンにも関係していて、村人が20人いればゴーレムが2体同時に湧くことがあります。 (一度だけ目視で確認しましたが、発生頻度的に検証が難しいので推測を含みます。 ) 下の実測値の項目で書きますが、複数同時スポーンが発生したぶんだけ効率は高いことになります。 このことからも村人を増やすことが効率アップにつながっていることがわかりますね。 ちなみに村人の人数についてはアイアンゴーレムトラップ1基ごとに有効なので、特盛配置をしていない単体稼働のトラップでも使えるテクニックと言えますね。 村人の総人数に注意 村人は増やせば増やすほどアイアンゴーレムトラップの効率が上がることになりますが、他の自然湧きトラップなどと併用する場合には一点注意事項があります。 それは、mobの グローバル上限。 統合版ではすべてのmobのスポーン上限としてシミュレーション距離内に200体という制限があります。 そのため、シミュレーション距離内に200体以上のmobが存在する場合、新たなスポーンを行いません。 繁殖によって増えた村人もこのグローバル上限にカウントされるため、村人を増やしすぎると併用する自然湧きトラップでモンスターが湧かなくなってしまうという現象がおこります。 繁殖やスポナーによってスポーンしたmobは、グローバル上限にカウントはされますが制限は受けません。 制限を受けるのはあくまで自然湧きのスポーンなので、村人や家畜の繁殖、モンスタースポナーによるスポーンは上限なく湧き続けることができます。 動画でもご覧ください Youtubeチャンネルで動画も公開しています。 サバイバルでは鉄が余りまくる ということでアイアンゴーレムトラップの同時稼働について検証してみましたが、実際サバイバルで運用したところ、6基同時稼働を超えたあたりで鉄が余りまくってしまいました。 これは鉄の消費量によって個人差がある話なんですが、ぶっちゃけ8基は効率が良すぎて最終的に鉄を捨てることになるでしょうw 経験値トラップなどは「効率が高ければ高いほど便利」なんですが、資材や食料については「効率が高すぎても邪魔になる」ことがありますので注意してください。 何でもかんでも限界まで攻めればいいってもんじゃないんですね。 まとめ ということで、特盛アイアンゴーレムトラップに関する検証でした。 ビーコンを複数設置する場合などは台座として大量の鉄があるとホントに便利ですのでぜひ試してみてください。 ただし、サバイバルでの建設はかなりの重労働になりますのでくれぐれも作りすぎに注意です。 一気に全基を作るのではなく、様子を見ながら作り足していく感じの方がいいですね。

次の