ロック ブラスト 剣 盾。 ‪【剣盾s4 使用構築】スカーフアシレーヌ軸【最終51位】‬

【剣盾s5シングル】氷鋼ブラパルト【最終141位&165位】

ロック ブラスト 剣 盾

はりきり 攻撃が1. 5倍になるが、 物理技の命中率が0. 8倍になる。 攻撃面の種族値は 100で、やや高めという程度ですが、特性 はりきりと、技 でんげきくちばしによって高火力をたたき出します。 ランクバトル、シーズン5の使用率ランキングでは、 17位に入っています。 特性について• シーズン5では5. はりきりは、命中率が下がる代わりに攻撃が上がる特性です。 しかし、 ダイマックスすると、 命中率が下がる効果は適用されません。 よって、ダイマックスした場合は、この特性のメリットのみを受けることになります。 シーズン5の採用率は 94. ダイジェットで素早さを上げることもできるため、ダイマックスが終わっても、先制 でんげきくちばしをくらう危険性もあります。 高耐久の地面ポケモンで受ける 電気技を無効にできる地面タイプで、ドラゴン技などを耐えられるポケモンがいれば、安定して受けることができます。 主な地面ポケモン: カバルドン、ドサイドン、トリトドン、ヌオーなど みがわりを連打する 先制でみがわりを張って、ダイマックスターンを消費させたり、通常時では、はりきりの外れに期待するということもできます。 特性 いたずらごころの オーロンゲや エルフーンがいれば、 補助技を先制で使えるため、パッチラゴンを止めることができます。 ばけのかわ・アイスフェイスで受ける ミミッキュの特性 ばけのかわや、コオリッポの特性 アイスフェイスなら、パッチラゴンの攻撃を1発耐えることができ、タイプ相性で有利なので、パッチラゴンに致命傷を与えることができます。 状態異常にする やけど状態にすることで、攻撃力を削ぐ方法もあります。 ただ、電気タイプはまひ状態にならないので、注意が必要です。 きあいのタスキ、ダイマックス きあいのタスキで無理矢理一撃耐えて、反撃の一撃で倒すか、 ダイマックスで相手の攻撃を耐えて反撃する、という方法も考えられます。 データから持ち物を予測する シーズン5では、パッチラゴンの持ち物は、多い順に、 いのちのたま 29. これを見ると、特性はりきりの命中不安を補うため、ダイマックス前提で戦う型が多いようです。 比較的いのちのたまが多いですが、弱点保険も可能性も高いため、不用意に抜群技で攻撃すると、弱点保険発動+ダイジェットにより、こちらのパーティが壊滅させられます。 しかし、パッチラゴン相手に悠長に持ち物を予測している暇は無いため、高威力の技で一撃で倒すほうがよさそうです。 おまけ 炎統一における対策 普段、炎統一でランクバトルに潜っている私がとっている対策です。 ウオノラゴンの対策とほぼ同じです。 タスキカウンター カウンターを覚える炎ポケモンは、リザードンとエースバーンの2匹だけ。 特性 もうかもあり、きあいのタスキとの相性は良好です。 リザードンはサンパワーのほうが使い勝手がいいため、 エースバーンにきあいのタスキを持たせています。 ステルスロックでタスキが潰されてしまうのが一番危険なため、私はコータスやセキタンザンに こうそくスピンを覚えさせています。 スカーフリザードン リザードンに こだわりスカーフを持たせ、 りゅうのはどうで、先制して倒します。 サンパワーが発動した状態であれば、性格がおくびょうでも、無振りパッチラゴンを 確定1発です。 ウインディもドラゴン技 げきりんを覚えますが、無振りパッチラゴンを乱数1発 31.

次の

【ポケモン剣盾】パッチラゴンの対策【でんげきくちばし】

ロック ブラスト 剣 盾

【始めに】 こんにちは、です。 今回はs5で使用した構築について紹介します。 【構築経緯】 で感触の良かった、ドラパルト、、の4匹は続投し、残りの2枠を考えていきました。 この4匹はにスキを見せやすく、入りに選出が縛られ窮屈になっていたため、柔軟な選出が出来るように後出しが安定するチョッキを採用しました。 最後の枠は重たいエースバーンや格闘タイプに強く出られるやなど試しましたが、そもそもこの辺にサイクルを回すのは常に不利な択を押しつけられるため安定しないと思い、対面選出をした際に最もパワーが出るを採用しました。 上のリンクから飛んでください。 ここでは澤村さんの構築との違いについて書いていこうと思います。 ・拘り眼鏡ドラパルト 主に、、辺りの動かすと面倒なたちを迅速に処理したかったため眼鏡アタッカーで採用しました。 ックスを切らずに高火力が出せ、「アタッカー2枚+クッション 」とパワーのある選出を自然にできるのが強力でした。 しかしこの型では最終日環境に多くいた「+」の並びを崩すのが困難でした。 この並びには澤村さんの鬼火祟り目型が滅法強いので一長一短といった感じでした。 最終日深夜2時頃からナットカビサーバーに飛ばされて全然勝てなくなったのでサブでは鬼火祟り目型も使っていました。 こちらの調整も記載しておきます。 この2匹を倒せるのがしかいませんが、必ずといっていいほどアーマーガアが混在していてを受けようとしてきます。 なのでアーマーガアの後投げが間に合わない珠の火力を押しつけて崩しにいきます。 型破りのほうが環境に適していましたが砂下の圧倒的な速さと高火力によって相手のックスを誘える点も非常に強力でした。 相手の上からBDを上げて行動回数を稼ぎたいこと、ミラーが頻繁に発生することから最速1択です。 【結果】 TNアレクトール 124戦82勝42敗 最終141位 レート2076 TNぽけ 131戦85勝46敗 最終165位 レート2062 最終日戦績 2ロム合計51戦30勝21敗 【雑感】 s5お疲れ様でした。 対戦していただいた方はありがとうございました。 結局最後まで切断バグが直らなかったs5ですが、マッチング運に恵まれて今シーズンは一度も切断バグされることはありませんでした。 ランクマに対するモチベーションは高くありませんでしたが、これまでに1番良い感触の構築となったのでなんとか結果を残したいという思いで潜っていました。 前日に2ロムとも250位付近までいけて、もしかしたら夢の2桁に到達できるかもとうきうきでした。 しかしまあそう甘くはなく、みんなうまいし自分の立ち回りはガバいしで2桁達成とはいきませんでした。 一度だけチャレンジらしき順位 124位 になったものの初手にボコられてあっけなく落とされました。 それでも最終日51戦ほとんどを100〜500位の間で戦えたことは素直に自分を褒めたいと思います。 あと一歩で2桁というところまで来られたので、来シーズンからはがっつり狙っていきたいと思います。 special thanks 澤村さん、@コさん、クゥリさん、どなさん 参加させていただいた仲間大会の主催者様 【終わりに】 ここまで読んでいただきありがとうございます。 質問・指摘などあればこの記事か私のまでお願いします。

次の

【ポケモン鎧の孤島】教え技の場所一覧【剣盾】|ゲームエイト

ロック ブラスト 剣 盾

おおきどと申します。 シーズン4で最終51位を取ることができましたので、記念に構築記事を書こうかと思います。 【パー構成】 今シーズンから追加されたを使いたいと思い、意表をつけて対面性能が高いスカーフ型を採用しました。 また、相手のや等のエースを止めるためのストッパーとしてを採用しました。 今シーズンのランクマでは勝率約7割をキープ出来ていたので、割と安定して強い構築だったと思います。 普通にエースとしても強いので、他ので相手パーを削ってから、を通すという流れが多かったです、 技は火力を上げたかったためを採用してます。 後にもうか状態なることが多く、最後にで1体持っていくというムーブが本当に強かったです。 相手の選出を見て、通りそうであればを切るくらいで、基本はドヒドイテの処理、への受け出しとして採用しました。 基本初手に出すことが多く、スカーフ警戒をしていない、パッチラゴン、、Sを妥協したドラパルトを上から倒すことができ、そのままeasy winをすることが何回もありました。 や水のような不利対面でもムンフォのCダウンを引けば割と勝てます。 また、げきりゅうで相手を1体を処理する動きも強く、ックスしなくても活躍できるというもあり、とても助けられました。 また、環境に多かったや物理ドラパルトにも強いので、割と活躍できる機会がありました。 サブウエポンはが重いためほのおのパンチを採用。 環境に多すぎて、対策されることが多かったので必要な時しか選出しませんでした。 使い慣れていないこともあり、ほとんど選出しませんでした。 そもそも受けループを使っている方が少なかったです。 選出率6位 【選出】 基本選出 ++ パッチラゴン 先発で相手1体を削り、やに引かれたら、こちらもサイクルを回して対応します。 に飛んでくる鋼技、地面技、草技は、水技はが受けたり、に飛んでくる水技をが受ける等、有利対面を作り圧をかけるのがかなり重要でした。 意外とこの3体の相性補完が良かったです。 対受け選出 +パッチラゴン + 受け構築はとてもキツイため、つり出し交換を積極的に決めて有利対面を作ります。 ドヒドイテ入りで上手くサイクルを回されると本当に無理でした。 【感想】 今シーズンはリアルが忙しくて後半中々潜れなかったのですが、最終2桁を達成出来てとても嬉しいです。 今後はまったりやって、上位狙えそうだったら頑張ろうかなと思っています。 読みづらい部分もあったかと思いますが、構築記事は以上になります。 何か気になる事があればでご連絡いただければと思います。 ご愛読ありがとうございました。 oookido.

次の