赤ちゃん ヨーダ。 「ベビーヨーダ」のハンドメイドが流行?外人さんたちのベビーヨーダ創作物まとめ

ベビーヨーダの『声の正体』が予想外!『マンダロリアン』サウンドエディターが明かす

赤ちゃん ヨーダ

ベビーヨーダの見た目が可愛過ぎるとスター・ウォーズファン達の間で大きな話題となっています。 そもそもベビーヨーダとは何なのか日本ではまだ知らないという方も多いと思いますが、 実は海外のSNSではその可愛い見た目からすでにファンを中心に大人気のキャラクターとなっています。 Us: Porgs are the cutest thing in Star Wars EVER. : My beer you hold. 日本ではまだ未公開の作品に登場する為、これから映像や作品が解禁になれば日本でもベビーヨーダが人気になることは間違いないでしょう。 そこで今回はベビーヨーダについて深堀していこうと思います。 すると、スター・ウォーズ本編のエピソード6から5年後を描いたスピンオフ作品のThe Mandalorian ザ・マンダロリアン が大ヒット。 『Disney+』サービスが開始された国ではシーズン1が配信され、今回の作品に登場する、ヨーダの赤ちゃんのような愛くるしいキャラクターが注目を集めている。 公式Twitterで解禁された画像を見ると、スター・ウォーズに登場するヨーダにそっくり。 ヨーダの赤ちゃんの頃にも見えるが、時代背景は「ジェダイの帰還」から5年後のストーリーという事なので、一体何者!?と話題に。 つまりベビーヨーダとは熱狂的なスター・ウォーズファンが名付けた名前のようです。 なのでベビーヨーダの正体が何者なのかや正式な名前が何なのかはまだはっきりとわかっていません。 ベビーヨーダの正体や年齢・登場作品について ベビーヨーダの正体が何者なのかに関してはファンの間でも様々な議論があり意見が分れているみたいです。 そもそもベビーヨーダが登場する作品の舞台背景はep6のジェダイの帰還から5年後の世界となっているため なぜ赤ちゃんの姿をしたヨーダが存在しているのか時系列的な矛盾が生じてしまいます。 エピソード6のジェダイの帰還ではマスターヨーダの寿命が尽きるシーンが描かれているからです。 そのため海外ファンの間ではマンダロリアンに登場する赤ちゃんヨーダは一体何者なんだとツイッターで大きな話題になっているようです。 ひょっとしたらマスターヨーダの生まれ変わりなのかもしれませんが、 でもベビーヨーダの年齢は50歳くらいの設定とのことなので、生まれ変わりという説も無理があります。 でも50歳で赤ちゃんって凄いですよねw 確かにスター・ウォーズ本作の映画に登場するマスターヨーダの年齢が800歳~900歳なので、50歳そこそこなら赤ちゃんと言っても差し支えは無い気がします。 そもそもヨーダはSF映画のキャラですし時間の感覚や年の取り方が常識とは全く異なっているでしょうから、現実の人間の論理に当てはめて考えるのはナンセンスでしょうね。 — The Mandalorian themandalorian 日本ではディズニープラスのサービス開始時期はまだ未定ですが、 すでに日本独自の映像配信サービスとして ウォルト・ディズニー・ジャパンとドコモが今年の3月から共同で提供している Disney DELUXE ディズニーデラックス でこの度、マンダロリアンの国内独占配信が決定したと先日ニュースになってました。 がお好きなお客様 はご存知ですか? の4ブランドの新作・旧作映画が見放題の、日本唯一の公式サービスでございます! 詳しくはスタッフまで — ドコモショップ道徳店 DSdoutoku 気になるマンダロリアンの配信時期はディズニーデラックスの公式発表によると12月26日となっています。 なので今からディズニーデラックスの会員になればベビーヨーダが登場するドラマ『マンダロリアン』の視聴が可能です。 ディズニーデラックスは月額770円で一ヶ月の無料体験期間があります。 まとめ ほんと、ベビーヨーダのビジュアルは可愛過ぎてヤバいですよねW 一足先にマンダロリアンの動画が配信されているアメリカではすでにベビーヨーダは大人気であのハズブロ社からフィギュアが発売されることも決定しています。 ハズブロ社と言えばトランスフォーマーのフィギュアが有名ですが、スターウォーズのアクションフィギュアも人気があります。 これはベビーヨーダのフィギュアが個数限定で発売されたら値がつり上がりそうな予感がします。

次の

スター・ウォーズ「マンダロリアン」ベビー・ヨーダの等身大フィギュアが米登場、一時販売サイトがダウンする人気ぶり

赤ちゃん ヨーダ

[編註:本文の後半に「ザ・マンダロリアン」のエピソード1と2のネタバレにつながる描写が含まれています。 日本では未公開(12月26日から「ディズニーデラックス」で配信予定)のためご注意ください] いつものことだが、ネットで何かが人気を博すと、必ずそれを冷笑する輩が現れる。 こうした皮肉な態度は、やがて理性的で真面目な声として受け止められるようになる。 今回の発端はベビーヨーダだった。 現在の大騒ぎの背景には、ベビーヨーダの熱心なファンだけでなく、同じだけの否定的な言説が存在する。 この天使のように愛らしい緑の生き物のミームだけでなく、つぶらな瞳の赤ちゃんエイリアンが今後どのような役割を果たしていくかについて、さまざまな予想が飛び交ったのだ。 その一方で、ネットでお決まりの否定的な見方が出てくるのも自然な流れだったのだろう。 ベビーヨーダに対する反対運動は、。 ただ、その罠に落ちるという過ちを犯してはならない。 まず思い浮かぶのはマーケティングだ。 ホリデーシーズン目前のいまの時期に、おもちゃがあれば絶対に欲しくなりそうな可愛いエイリアンが誕生したのは、どう考えても偶然ではないだろう。 かわいさを売りにしたキャラクターへの反感 この先、ベビーヨーダのグッズが大量に発売されることは確実である。 ただひとつ言っておきたいのは、スター・ウォーズのキャラクターには、どれでもTシャツやキーホルダーなどが存在する。 かわいかろうがそうでなかろうが、スター・ウォーズに登場するというだけで、あらゆる種類のグッズが用意されるのだ。 すでにベビーヨーダのぬいぐるみやTシャツなどがネットに出回っていることが。 はるか彼方の銀河系では、これまでも定期的にかわいさを売りにしたキャラクターが登場してきた。 カエルとウサギを混ぜ合わせたようなジャー・ジャー・ビンクスは、ストーリー展開という意味では正直必要ない。 一方、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のポーグは、ロケ地の自然環境に対応するために苦肉の策として誕生したキャラクターであることはご存知だろうか。 撮影が行われた孤島のスケリッグ・マイケル島にはツノメドリという海鳥が数多く生息しており、これをすべてデジタル処理で消すことを避けるためにのだ。 ただ、その理由となると奇妙なものが多く、例えばよく聞くのは、あのふわふわでだらしない感じがオリジナル三部作のシリアスな雰囲気を損ねるからだという。 ストームトルーパーを何体も倒し、エンドアの帝国軍の基地の破壊工作に功績のあったイォークたちだが、優柔不断ですぐに分解されてしまうC3-POよりさらに役に立たないという評価は不当ではないだろうか。 もしくは、誰もが愛さずにはいられないはずのキャラクターだからこそ、逆にどうしても好きになれないのかもしれない。 みんな大好きなベビーヨーダ とにかく、ベビーヨーダがイォークのようにわけのわからない理由で嫌われるのは避けなければならない。 それは、スター・ウォーズにとってはマイナスでしかないからだ。 それは、大人たちが10代の若者の熱意が何かを汚していると勝手に決めつけて、そのために若者たちの間で流行しているものに難癖をつけるのと、たいして変わらない。 ヨーダは「怒りは憎しみに、憎しみは苦痛へ」と言っていたではないか。 みんな、ベビーヨーダが大好きだ。 そうなる運命なのだ。 巨匠ヴェルナー・ヘルツォークですら、ベビーヨーダを見て涙を流したのである(冗談ではなく)。 しかしだからと言って、ディズニーがベビーヨーダをあんなにかわいくしたのはおかしいと非難するのは、料理に塩を入れたのは間違っているとシェフに詰め寄るようなものだろう。 ここからは「ザ・マンダロリアン」のエピソード1と2をまだ見ていない人にはネタバレになるが、ベビーヨーダは卵のような丸い形の乗り物で空中を漂ったり、そこでスヤスヤと眠ったりする。 カエルも食べていた。 もちろん、フォースを操るシーンもある。 主人公のマンダロリアンが巨大な獣の卵を取ったために襲われたとき、フォースでその獣を空中に浮かべてマンダロリアンを助けてやるのだ(ただ、マンダロリアンが卵を盗んだことを考えれば、フォースの力でそれを助けるのが正しいかどうかは難しいところだが)。 はるか彼方の銀河系で最も愛らしい生き物 とにかくベビーヨーダの可愛さは別格で、これは制作チームの能力がいかに高いかを証明している。 なぜなら、絶対に外さないはずの要素を寄せ集めても、必ずしもそれが成功するとは限らないからだ。 この話をすると、2016年のスーパーボウルで流れたマウンテンデューのCMに出てきた「パピーモンキーベイビー(Puppymonkeybaby)」を思い浮かべる人もいるのではないだろうか。 子犬と猿と赤ん坊という、ネットでは必ずうけるはずのネタを組み合わせてつくられた悪夢のような生命体である。

次の

スター・ウォーズ界の新キャラ「ベビーヨーダ」の人気が沸騰、非公式の“怪しい”グッズも増殖中

赤ちゃん ヨーダ

このドラマで、ベビーヨーダは登場した瞬間から大人気になることが確実視されていた。 それにもかかkわらず、この時点では公式グッズというものは存在しなかった。 制作総指揮のジョン・ファヴローは、これについて意図的だったと認めている。 キャラクターを巡る情報漏洩を避けるために、事前にグッズを用意することを避けたのだという。 しかし、ディズニーはついに「ザ・チャイルド」(これが緑の赤ちゃんエイリアンの正式名称だ)関連のグッズを発売した。 Tシャツ、トートバッグ、スマートフォンケース、タンブラーなどがあるが、誰もが欲しがること間違いなしのぬいぐるみやフィギュアなどはまだ予約しかできない。 実際に手元に届くのは、ホリデーシーズンが明けてからになる。 「Etsy」のような手づくり品販売サイトでは、ベビーヨーダの編みぐるみが大量に見つかるし、大きな緑の耳の付いた子ども用ニットキャップもある。 これをかぶれば、あなたの赤ちゃんもベビーヨーダに変身できる…というわけだ。 公式グッズがすぐには手に入らない以上、こうした商品の売れ行きは悪くないだろう。 公式グッズの状況を見てもわかるように、ぬいぐるみやフィギュアなどは、例えばTシャツとは違って量産体制に入るまでに時間がかかる。 このため、不正な抜け道を使うことにした人たちもいるようだ。 Amazonのマーケットプレイスでは、前からあるヨーダのグッズをベビーヨーダと偽って販売している例がいくつか見られた。 この商品は「ベビーヨーダのぬいぐるみチャーム」となっているが、白髪が生えている。 説明には「スター・ウォーズの公式ライセンス商品」とあるが、ベビーヨーダでないことは一目瞭然だ。 別の商品では、購入者2人が「だまされた」と文句を言っている。 ベビーヨーダのぬいぐるみだと思って買ったら、ただのヨーダのぬいぐるみだったのだ。 カスタマーレヴューには「白髪があるし、ローブがぶかぶかじゃないから、すぐにわかる」と書かれている。 ただ、子供のクリスマスプレゼントにベビーヨーダのぬいぐるみを買わなければならない親なら、リスクを承知で賭けに出るかもしれない。 子どもたちはあのかわいらしい赤ちゃんエイリアンに本当に夢中になのだから、ぬいぐるみにちょっとばかり白い毛が生えていたり、腰にライトセーバーを吊るしていたりしても、たぶん気づかないだろうと考えるのだ。 Amazonは著作権侵害の商品だらけ AmazonやEtsyでは、ほかにもTシャツやレギンス、トレーナー、シールやステッカー、マグカップ、クリスマスツリーのオーナメント、イヤリングなど、実に多様な商品が販売されている。 ディズニーの公式グッズとよく似たデザインのものも多いが、なかには「これはちょっと変なのではないか」と思わせるものもある。 例えば、ベビーヨーダがプリントされた巨大なフリースのブランケットや、ベビーヨーダの写真に「OK Boomer」と書かれたマグネットといったものだ。 特にマグネットは、人によって好き嫌いが分かれそうな商品だが、現時点では「ベストセラー」のタグが付いている。 Amazonのマーケットプレイスには、他人のアート作品を無断利用している出品者もいる。 アーティストのネイサン・メイザーは、自分の描いたベビーヨーダのイラストがプリントされたTシャツが売られているのを発見した。 メイザーとアマゾンにコメントを求めたが、回答は得られていない。 ウェブメディア「BuzzFeed News」によると、Amazonでは著作権侵害の商品が多く販売されている。 なかには、ファンによるイラストなどの二次創作物ではなく、「ザ・マンダロリアン」の映像をそのまま使っているものもある。 ディズニーは自社作品を保護する上で厳しい態度をとることで有名だが、この問題には有効に対処できていないようだ。 とはいえ、今後どうなっていくかはわからない。 スター・ウォーズでかわいらしさを売りにしているキャラクターは、ベビーヨーダだけではない。 過去にはイウォークがいたし、最近でもポーグという例がある。 ただ、ファンがその愛を捧げるためのキャンドルまで売られているのは、緑の赤ちゃんエイリアンが初めてだろう。 Amazonで22. 5ドル(約2,500円)を払う気があるなら、この「2019年の守護聖人」に祈りを捧げることができる。

次の