アドセンス クリック。 NG!!アドセンスを自分でクリックすると・・・。知り合いにお願いしてもダメ!

NG!!アドセンスを自分でクリックすると・・・。知り合いにお願いしてもダメ!

アドセンス クリック

こんにちは、Google AdSense 公式ヘルプフォーラム トップレベルユーザーの竹中です。 あなたもご存知のことと思いますが、Googleアドセンスはより良いコンテンツを提供してアクセスを集めて広告がクリックされることで報酬が発生します。 サイトや広告によって異なりますが、1クリックあたりの報酬は20~30円くらいが平均的だと言われています。 しかし、広告がクリックされているのに 収益が「0円」や「1円」になってしまうことがあるのです。 AdSenseフォーラムでも度々このような状況についてご質問される方がいらっしゃいます。 このページでは、広告がクリックされても収益が「0円」や「1円」のような数字になってしまう原因と対処方法をご紹介致します。 「0円」や「1円」になる原因 収益が「0円」や「1円」などの少額の単価である原因についてです。 考えられる原因は下記の通りです。 そもそもクリックされていない。 無効なクリックと判断された。 基本的には「無効なクリックと判断された」場合が有力な原因と考えられます。 たまにアクセス数が少なくクリックされていないのにも関わらず「収益がずっと0円」という方がいらっしゃいますが、アドセンスはある程度のアクセス数がないとなかなかクリックもされません。 ではその「無効なクリック」とは何なのかですよね。 これは下記の3つに分類することができます。 スポンサーリンク 1. 自己クリック アドセンスでは自分が設置した広告を自分自身でクリックすることを禁止しています。 何回も自己クリックをすればアカウント停止になる 重大なポリシー違反です。 家族や知人にお願いしてクリックしてもらうのも絶対にやってはいけません。 アドセンスを始めたばかりの人だと「広告が機能しているか心配」という思いで、確認のためにクリックしてしまう方がいます。 このような確認もポリシー違反となりますので絶対にしてはいけません。 もし広告が機能しているのかクリックして確認したければ『Google Publisher Toolbar』を使用してください。 詳細は下記ページに記載してあります。 基本的に自己クリックをした分の収益は除外されるようになっていますので、誤って1回や2回広告をクリックしてしまったような場合は報告する必要はありません。 成果のないクリック ユーザーが広告を見るつもりがないのに誤ってクリックしてしまったようなミスクリックの場合も収益にならないことがあります。 例えば広告をクリックして広告主のサイトへ移動したけど、すぐに戻るボタンで戻ったような場合です。 広告主にとって何らメリットのないクリックは、広告主を守るために0円とするわけです。 稀に意図的にミスクリックをさせるような広告配置を見ることがありますが、このようなことは絶対にしてはいけません。 成果のないクリックが多くなれば、サイト全体のクリック単価が下がる原因ともなります。 つまりまともなクリックであっても、単価が低くなる可能性があるのです。 ですから意図的でないにせよ、ミスクリックが発生しやすい広告配置にならないように気をつけてください。 例えばSNSボタンなど、他にクリックするボタンなどが近くにあるのが原因となることがあります。 不正なクリック ロボットによるクリックや特定の人が一定期間内に意図的に何度もクリックしているような場合も収益になりません。 上記の成果にならないクリックと同じようなものですが、こちらは対処方法が異なります。 Googleでは不正なクリックがあっても、それらを自動で検知して収益対象から除外するようになっています。 昔は「アドセンス狩り」と呼ばれたりもしましたが、自動で検知してくれるようになったので不正クリックがあってもすぐにアカウント停止などにはならなくなりました。 しかし不正クリックが続くのに何も対処しないのはよくありません。 「いつもと様子がおかしい」と感じたらGoogleに報告するのが望ましいです。 具体的な対処方法は下記ページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

次の

グーグルアドセンスをうっかり自分でクリックしてしまった!どうする!?

アドセンス クリック

グーグルアドセンスの運用をはじめて3ヶ月程が経った頃、Google AdSenseチームから下のような通知が来ました。 平素より AdSense をご利用いただきありがとうございます。 このたび、お客様の AdSense アカウントにおいて不正な操作が検出されました。 そのため、お客様の AdSense アカウントを 30 日間一時的に停止いたします。 アカウント停止期間中は、お客様のサイトに広告は掲載されません。 アカウントが停止された理由 お客様ご自身による AdSense 広告のクリックが確認されましたが、そのような行為は Adsense プログラム ポリシーにより禁止されております。 * Google AdSense チームのメールから引用抜粋 確認の為、グーグルアドセンスにログインしてみると、いとも簡単にアカウントは停止されていました。 スマホによるアドセンス広告の誤クリックに注意 筆者は、良くベッドに横たわりながらスマホで自分のブログをチェックすることがあります。 ブログを書かれている方ならご存知だと思いますが、自分のブログに掲載されている広告を自分でクリックするのはルール違反ですよね。 PCの操作はマウスを使うので、誤クリックをする事はほとんどないと思いますが、スマホの場合、指で画面に直接触れて、画面を下から上へと送っていくので、広告に触れてしまう事があるんですよね。 アドセンスをされている方だとわかると思いますが、広告の中でも、指が触れるとすぐに反応して少し動作するタイプの広告、あれが本当に厄介なんです。 少しでも触れるとクリックしたとみなされてクリック先に飛ばされるんですよね。 本当に誤クリックが無効になっているのか確かめ為に、自分のアドセンスを見てみると、確かにさっきまで計上されていたクリックが減って無くなっています。 筆者はそれを見て、「本当だ。 自動で無効になってるから大丈夫だ」と何方かのブログの内容を鵜呑みにしました。 そんなスマホ操作による誤クリックをしてしまった、3回目くらいの時、あることが起きました。 アドセンス広告を誤クリックした夜に事件発生 これが噂のグーグル砲か!?いや違うぞ!? その日も特に気にせず、深夜にベッドでスマホを使って自分のブログをチェックしていました。 丁度その時はグーグルアナリティクスでリアルタイムアクセスの状況を見ていました。 すると、普段はパラパラとアクセスがあるか無いかの筆者のブログにわんさかわんさかとアクセスが沸き起こってきます。 「これがうわさのグーグル砲か!?すげー」と筆者は少し興奮気味に大量のアクセスを眺めていました。 「いったいどこからアクセスが来ているんだ?」アナリティクスでアクセス元を調べてみました。 「あ? 全員アメリカ?? アメリカ人? 自分のブログ日本語なんですけど??」 アクセス元の国をみると全員アメリカからのアクセスです。 再度アクセス元のネットワークを見ると全員google botになっています。 世界中のサイトを巡回してgoogle検索に登録してくれるgoogle bot達が大襲来していたのです。 「なんだこの急襲は?」筆者は大いに戸惑いました。 「どうしたのbot君たち?なんでそんなに一度に大勢で来たの?何が起きているの??」 筆者は茫然とその模様を眺める事しかできず、bot君達の急襲が落ち着くのを待っていました。 およそ1時間にわたりbot君たちの大襲来は続きました。 最後のbot君が筆者のブログから立ち去り、「今のは何だったんだろう?」と少し安堵しながらGmailをチェックしてみると、アドセンスからメールが来ていました。 タイトル:「Google Adsense アカウントのステータス」 そうです。 記事冒頭のアカウント停止の通知メールが届いていました。 誤クリックをしてしまった事も覚えていたので、「うそ。 何もしなくて大丈夫って書いてるブログあったよね!?全然アウトじゃん。 」と、驚きと焦りを感じつつも、諦めの気持ちに包まれたのでした。 このようにして筆者は、たかが3回程度の誤クリックでも、アドセンスアカウントをすぐに停止にするほど、アドセンスポリシーが非常に厳格である事を身をもって知ったのでした。 アドセンス広告の誤クリックは報告した方が無難 アドセンスには、こちらの「 」というものが用意されています。 誤クリックの報告をしておけば、必ずアカウントの停止を免れるとは言いきれませんが、他の方のブログなどを読むと、無効なクリックをしてしまい、アドセンスに報告をして認められた方は、アカウント停止が早く解除されたという事例もあるようです。 筆者のように、気付いた時にはアカウント停止になっていたという事の無いように、誤クリックをしてしまった時は、念のためアドセンスに報告をしておくことをお勧めします。 アドセンス広告の誤クリック対策方法 誤クリック対策の方法はいくつかあるのでご紹介します。 1. 広告に緑色のカバーをかぶせて誤クリックできなくします。 Google Chromeの右上(下の画面の赤丸)をクリックして、「Google AdSenseを有効にする」を選択して完了です 2. ブラウザを使う fire foxのブラウザの設定で、「トラッキングの防止」を設定すると広告は表示されなくなります。 これはスマホでも設定できます。 筆者は自分のブログをチェックする際はfire foxで見るようにしています。 誤クリックを気にせずに悠々と自分のブログチェックが出来るのでとても重宝しています。 まとめ 停止されたアカウントがどうなったかというと、停止期間の30日間が過ぎた次の日にしっかりと復活しました。 ブログをマネタイズしている人間にとって、1か月間のアドセンスアカウント停止は結構痛いペナルティーですよね。 誤クリック防止の方法についても記事に記載してありますので、是非それを参考にしていただいて、皆さんも特にスマホの誤クリックには気を付けてください。 google botたちの大襲来はなかなか貴重な体験でしたが、今後もう起こらない事を祈ります。 それでは、本記事を最後までお読み頂き有難うございました。 夫・父・男として日々まったり奮闘している壮年世代。 趣味兼本業で投資もしてます。 子育て、遊び、ビジネス、お小遣い等、ジャンルを問わずに少しお役に立てたり、面白い情報を綴ってまいります。 関連する記事• 2019. 22 こちらの記事でブログのネタを考えるのと、料理のおかずを考えるのが似ているというお話をしました。 ブログを書くのと夕飯の支度に悩まないコツ(心理編) 今[…]• 2019. 12 ブログで物販アフィリエイトをするなら、アマゾン、楽天、ヤフーショッピングの3つは必須だと思います。 その中でも、アマゾンアソシエイトの審査はとても厳し[…]• 2018. 12 目次 1. グーグルアドセンス申請2度目で審査通過2. 申請1回目と申請2回目の比較3. アドセンス申請までにやっておく事3. プライバシ[…]• 2019. 20 先日、夕飯のおかずを何にしようかと悩んでいた時、ふと思ったことがあります。 ブログのネタを考える作業と夕飯のおかずを考える作業が似ていると言うことです[…]• 2018. 18 目次 1. パンくずリストとは2. パンくずリストの作り方 パンくずリストとは SEO対策としても有効なパンくずリスト。 まずはさらっと簡単に、「パンく[…]• 2018. 24 目次 1. 常時SSL化とは?1. では、SSL(Secure Sockets Layer)とは何でしょうか?2. SSL化されたサイトとSS[…]• 2018. 19 目次 1. インデックス登録する意味2. インデックス登録の手順2. 1.Google Search Consoleに登録しましょう。 […].

次の

アドセンスで不正クリックを受けた時の対処法!無効なクリックの連絡フォームの書き方|アドセンスの壁

アドセンス クリック

Googleアドセンスがクリックされない理由 1日1000PV以上ある方はGoogle Adsenseのクリック率を気にする必要が出てきます。 クリック率が0. Google Adsense広告がクリックされない理由は5つ• サイトへのアクセス数が少ない• Google Adsense広告の配置が悪い• Google Adsense広告の露出が少ない• Google Adsense広告の露出が多すぎる• Google Adsense広告と記事の相性が悪い です。 サイトへのアクセス数が少ないについては、前文でお話ししていますので省略しますね。 Google Adsense広告の配置が悪い Google Adsense広告も見られないと意味がありません。 つまり広告を配置している場所が、読者の目に止まらなければクリックされないということです。 Google Adsense広告の露出が少ない Google Adsense広告で収益化するときに、よく使う広告配信方法は• ディスプレイ広告• リンクユニット広告 です。 ディプレイ広告の例 リンクユニット広告の例 そういうサイトは、見づらいので別サイトを見ることも多いかなー 広告の露出が多すぎるとクリックされないことも少なくなりますが、離脱率も上がるため検索順位に影響を与える可能性も高くなります。 Google Adsense広告と記事の相性が悪い Google Adsense広告は• 読者の好みに合わせて広告を配信する• コンテンツに合わせて広告を配信する の2つの方法があります。 自身で比較的コントロールできるのが、コンテンツに合わせて広告配信する方法です。 つまり、書く記事によってある程度、配信する広告ジャンルを選ぶこともできるということです。 当たり前ですが、 Google Adsenseで広告を出している企業も「儲けやすい記事に広告配信を積極的にしていきたい」です。 例えば、芸能系の記事で「株式投資始めませんか?」のような広告を配信しても、コンテンツと広告がマッチしていないので、企業としても成果が上がりづらいです。 株の買い方や口座の開設方法を記載している記事に「株式投資始めませんか?」のような広告が配信されたら、クリックしたくなりますよね? 一般的にクリック率や報酬が少なくなりやすいジャンルは• 芸能系ジャンル• 子供向けジャンル などです。 クリックされないGoogleアドセンス広告をクリックされるよう改善する方法 クリックされないGoogle Adsense広告をクリックされやすいように改善することはできます。 もうお分かりだと思いますが「クリックされない理由の改善」です。 つまり、• サイトへのアクセス数を多くする• Google Adsense広告の配置を最適化する• Google Adsense広告の露出を多くする• Google Adsense広告の露出を増やしすぎない• コンテンツを見直す です。 では詳しく説明します。 サイトへのアクセス数を多くする サイトへのアクセス数が増えれば、必然的にクリック数が増えます。 特に初心者でありがちなのは、アクセス数を集める前に「Google Adsenseの配置などに注力している方」です。 偉そうに言ってますが、僕も始めGoogle Adsenseの配置などを試行錯誤していました笑 ただ、その努力の割には効果が少ないです。 まずはアクセスを増やすことに注力しましょう。 Google Adsense広告の配置を最適化する Google Adsense広告をより見やすい場所に配置する必要があります。 配置する場所としては最低でも• 記事の始まり• 記事の終わり は広告を配置するようにしましょう。 この2つの場所は広告を最もクリックされやすい場所です。 Google Adsense広告の露出を多くする Google Adsense広告の露出が増えればクリックされる可能性が高くなります。 ディスプレイ広告、リンクユニット広告は収益化しやすい広告ですし、上限がありませんの露出を増やしましょう。 Google Adsense広告の露出を増やしすぎない Google Adsense広告の露出を増やした際にどれだけ増やしていいのか? と迷うかと思います。 基準は正直ありません。 ただ、 個人的に推奨しているのは500文字あたり、ディスプレイ広告・リンクユニット広告を1つずつ配信するという方法です。 つまり1500文字ほどのボリュームであれば、3つずつ。 2000文字であれば、4つずつです。 記事中に全て入れる必要はなく、関連記事下やフッターなどに配置すれば露出はそこまで多くなりません。 コンテンツを見直す• 芸能系コンテンツ• 子供向けコンテンツ 子供がみるサイト を作っても、比較的クリックされにくく、稼ぎにくいです。 であればクリックされやい広告、つまり広告が配信されやすいコンテンツを選ぶ必要があります。 イメージしやすいサイトであれば• ダイエットサイト• 通販サイト紹介 などです。 ただ、ライバルも多いためキーワード選定がとても重要です。 まとめ.

次の