ボブ 外 ハネ やり方。 【永久保存版】自分で簡単に外ハネボブを作ることができる方法・乾かし方を伝授

【スタイリスト監修】内巻きボブのやり方!簡単につくれるナチュラルヘアアレンジ

ボブ 外 ハネ やり方

・毛先が軽いと丸いシルエットになってしまうため、毛先の厚みは残して中間部分の毛量をコントロール。 \BACK/ \中間部分の毛量をしっかりそげば多い髪でも広がりにくい/ \ヘアスタイルのポイント/ ・多毛さんがカジュアルな切りっ放しボブにしたいときは、内側の毛量をそぐこと。 ・アッシュカラーの透け感で、ソフトに見せて。 サイドパート+片耳かけのスタイリングが鉄板! \BACK/ \段を入れずに重さを残し細くて少ない髪をふんわりと/ \ヘアスタイルのポイント/ ・ボリュームが出にくい人は、全体のベースを重めにカット。 ・耳周りやハチ周りなど、髪がたまりやすい部分の毛量を取り、毛先は柔らかくなじませる。 ・低温デジタルパーマでワンカールにくせづけて。 \FRONT/ 顔周りの外ハネで小顔に!エラ張りさんのショートボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・ワンカールのボブヘアでは、シェーディング効果が不充分。 ・全体的に内巻き&外巻きを混ぜて巻いた、ふわくしゅボブがおすすめです。 顔周りは外巻きにして、輪郭をえぐるようなフォルムに。 ・耳から後ろの髪は内巻きにし、横広がりのシルエットに。 この緩いメリハリが、輪郭も男性的な顔だちもカバーします。 毛流れがランダム だからエラを 隠しているように 見えない! \SIDE/ \BACK/ 毛先の外ハネが若々しいアクティブショートボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・あごラインの軽めボブベースにレイヤーを入れ、毛先にニュアンスをつけたベルシルエット。 ・マンネリになりがちなロングが、フレッシュで若々しい印象に! ・全体が短くなった分、前髪は下ろしてラウンド気味に整えると、気になる顔の輪郭が素敵にカバーできます。 \短めの前髪と毛先の ハネ感でハツラツ気分/ ・こめかみを隠しながらサイドにつなげた前髪と、躍動感のある毛先がカジュアル。 毛先を外ハネにすることでアクティブ感をUP。 ・首元に内側に入ったカールにより、フェースラインをすっきりと見せてくれる効果も。 \SIDE/ \BACK/ 丸みショートボブは裾野をハネさせて \ヘアスタイルのポイント/ ・マッシュルームっぽい、丸みのシルエットがかわいいショートヘア。 ・顔周りにはレイヤーを入れ、すそを少し絞っています。 ・パーマは毛先を中心にランダムな動きが出るようにかけ、イレギュラーな束感で軽いニュアンスを演出。 髪色は落ち着いた暖色系のアプリコットブラウン。 基本はボブベース。 ・ラインはシャープですが、表面にレイヤーを入れて、パーマを全体にかけ、緩やかな動きのニュアンスを出すことで、程よくフェミニンに。 ・前髪はトップから厚く長めに。 栗色系のブラウンにバイオレットを加えた髪色は、深みのツヤが上品さを印象づけます。 \SIDE/ \BACK/ ハネ感がキュートなショートウルフヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・巻き方を混ぜ、ランダムに毛先に動きをつけたスタイル。 ・トップは長めに、内側にレイヤーを入れることで、丸みのシルエットを作り、女らしいニュアンスもしっかりと出します。 ・カラーはアッシュがかったベージュカラー。 部分的にゴールドのハイライトを入れ、より立体的に。 ・ストレートだとシャープになってしまいがちなので、緩いパーマやアイロンでふんわり感を出します。 ・髪の遊びを強調するように、ワックスをなじませて。 \SIDE/ \BACK/ \ワックスは軽めのものを毛先中心に/ ・ストレートヘアの場合、太いアイロンで全体を緩く巻いて動きを出す。 ・前髪ははっきりと分け目を作らず、ボリューム感を出して。 ・毛先中心にスプレーワックスをシュッとした後、指先で毛先をねじるようにして、自然な動きと束感を出す。 ぺたんこをカバー!毛先は外ハネでキュートな黒髪ショート \ヘアスタイルのポイント/ ・ペタッと見えてしまうため、分け目がふわっとなるように横から分けて根元を立ち上げて。 ・毛先は外への動をつけながらこめかみは隠して、でこ広をカバー。 肩に当たってハネるイメージだから、スタイリングがしやすくて形が決まりやすい! ・カジュアルなロブに抜け感がプラスされ、ラフなのに洗練された印象。 伸ばしかけの中途半端ヘアも、このスタイルならキレイに見えるはず。 内巻きと外ハネをミックスさせるのがおしゃれ。 \艶っぽさと躍動感を兼ね備えたソフトなアクセントロブ/ \ほのかにくびれた外ハネラインがスタイリッシュな無造作さを生む/ 裾をカジュアルに外ハネしたミディアムパーマスタイル \ヘアスタイルのポイント/ ・外ハネパーマでカジュアルさをプラス。 鎖骨下8㎝、前髪は目の上でカット。 ・前髪はかわいらしい内巻きに、裾はカジュアルな外ハネにパーマをかける。 ・ワンカールなので動かしやすく、印象を変えやすい。 またアレンジもおしゃれにキマる。 \SIDE/ \FRONT/ マネしたい!外ハネミディアムスタイル \ヘアスタイルのポイント/ ・シャープなカットラインが甘さを払拭。 コンサバ服に差をつけるスタイルは必見!仕事で着る機会の多いコンサバ服をよりこなれた感じに着こなしたいと思い、少しだけエッジのあるスタイルに変えました。 コンサバコーのハズし役にはもちろん、プライベートでよく着るカジュアル服とも相性がいいんです。 ・目元が隠れる程長くて薄い前髪も、実は計算あってのもの。 流したり巻いたり、融通が利くのがいい所。 この前髪にしてからは童顔や丸顔が目立たなくなり、大人っぽい服も似合うようになりました。 ・顔周りに程よいボリュームが出て、輪郭をカバーするのでエラ張りや丸顔が気になる人に特におすすめ。 \SIDE/ \BACK/ 外ハネでフェースラインをカバー!肩ラインミディムボブ \顔周りのニュアンスと幅狭の前髪で憧れの小顔がかなう/ \ヘアスタイルのポイント/ ・広がりがちな髪なので、ベースにはきちんと重さを残しつつハチ上のレイヤーで動きをフォロー。 ・前髪は幅を狭くとって隙間を作り、重さを中和して。 ベージュカラーで優しげに。 \SIDE/ \レイヤーを入れた髪を巻いてボリューム感をサポート/ \ヘアスタイルのポイント/ ・裾は重めにしつつ、顔周りとトップにレイヤーを入れて、重軽なバランスに。 ・中太のアイロンで、耳下は外ハネ、ハチ上は内巻きのワンカールにして動きをつけ、細い髪をふわっと。 \BACK/ \毛先をランダムに外にハネさせて気になる丸顔に開放感を!/ \ヘアスタイルのポイント/ ・顔を包み込むようなカットで丸顔をカバーするのは、もう卒業。 ・全体の髪を間引くようなレイヤーを入れ、前髪は薄めに作る。 ・アイロンで毛先を外ハネにして、ハチ上は縦巻きに。 くびれのあるシルエットで、大人めなこなれ感を。 \BACK/ \頬骨の高さを長めの前髪でカバーしてキュッと小顔に/ \ヘアスタイルのポイント/ ・顔の大きさが強調される原因の頬骨に、外ハネにした長めの前髪をはらりとかぶせて小顔に錯視。 ・髪の表面にはレイヤーを入れて顔周りをリバースに巻くと、バランスの良いひし形フォルムが完成。 ・髪を振りながらスプレーワックスをON。 外ハネをミックスしたエレガントミディアム \ヘアスタイルのポイント/ ・前髪を作り、裾は鎖骨下。 女性らしさを残して、重心UP!身長が低めの人は、髪が長すぎると視線が下がり、より小さく見えがちに。 ・また、髪が短すぎると幼い印象にも。 小南さんの場合、3㎝カットし毛先を外ハネに巻いた鎖骨下にすることで、女性らしさを残しつつ重心UP。 さらに前髪を作ると視線が上がり、スラッとした印象を与えます。 \SIDE/ 肩につく髪をあえて外ハネに 外はねのカールに、上から内巻きのカールが重なり合う。 外ハネを使ったボブアレンジのやり方・アイロンの使い方 フェイスラインを外ハネに女性らしいハーフアップアレンジ 輪郭に沿って流れる毛束がまろやかな女性像を演出。 \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・顔周りの毛束を残してハーフアップにする。 ・耳から前を基準に、顔周りの毛束を残します。 ・両側のこめかみから毛束を取り始め、中央でまとめて半回転ねじり、ピンで留めます。 【STEP2】 ・顔周りの毛束を外巻きにして動きをつける。 ・残しておいた顔周りの毛束を、2~3束にざっくり分けます。 ・その後、1束ずつヘアアイロンを使って中間~毛先を外巻きにして。 【STEP3】 ・巻いた毛束にワックスをつけてニュアンスづけ。 ・ヘアワックスを指先になじませ、巻いた毛束をつまんで程よくくずして。 ・動きがより立体的&くずれにくくなり、色っぽさがアップ。 外ハネ前髪で風を感じる爽やかアレンジ 目尻を隠しながらの外への広がりにほんのり色気を潜ませて。 \How to/ 【STEP1】 ・根元をかきあげる。 前髪は8:2の横分けに。 ・前髪の根元が起きるように、かきあげながらドライヤーの熱を当ててしっかりくせをつける。 【STEP2】 ・アイロンで外流し。 ・太めの38mmのアイロンを、前髪の毛先が自然に外はねになるように、ハーフカールさせながらスルッと滑らせる。 【STEP3】 ・スプレーでキープ。 ・毛先のカールをなじませてから、ツヤの出るハードスプレーを根元と毛先に軽くシュッ。 ・かきあげ〜リバースをキープ。 ・生え際の毛束をねじって留めた爽やかなアレンジに、人気のパールピンで甘さを添えて。 ・花冠みたいなフォルム。 ラフに散らした毛先を合わせ、抜け感を! \動画でやり方をCHECK/ \How to/ ・フロントはざっくりセンターパートにし、おでこの周りの毛束を、左右それぞれ後ろ向きにねじってピン留め。 ・ねじった毛束の上から、パールピンをランダムにあしらって完成。

次の

【スタイリスト監修】内巻きボブのやり方!簡単につくれるナチュラルヘアアレンジ

ボブ 外 ハネ やり方

髪の毛を上下に分け、さらに下の毛束は耳の後ろと前で分けてください。 落ちてくる髪はダッカールピンを使って止めればOK。 まずは、下の耳後ろの髪から巻いていくので、他の髪が邪魔にならないようにしましょう。 毛束を多く取り過ぎてしまうと、思うように熱が加わらず、カールが付かない原因になりますよ。 毛先まではそのままコテを滑らせるようにして、 最後に手首を軽くひねって内巻きにします。 中間は外から抑えるようにコテを当てれば、ボリュームを抑えることが可能です。 次に耳の前の毛束も同じように内巻きにしてください。 上段の髪は、さらに角度をつけてカールをつければ、おさまりの良い内巻きボブを作ることができるでしょう。 最後に、表面の毛束を少量ずつ取り、毛束を持ち上げながら、毛先を巻いていきます。 これで、全体がふんわりしたエアリー感のあるボブに。 あまりべたべたつけると重たい印象になるので、 軽めのワックスがおすすめ。 キープ力を高めたいならハードスプレーで毛先を固定していきましょう。 ウェット感のあるもので、毛束間を出しながらスタイリングすればトレンド感もアップ。 スタイリング剤は根元ではなく、毛先を中心につけることがポイントです。 Q,内巻きボブをあか抜けて見せるスタイリング方法は? A. 立体感を出すこと! 提供: 内巻きボブのやり方【ストレートアイロンで作る】 次に、ストレートアイロンで作る内巻きボブのやり方を詳しく見ていきましょう。 ストレートアイロンの場合はショートボブの場合でも毛先を内巻きにすることができますよ。 髪の毛を上下に分け、内側の部分、耳の後ろから巻いていきましょう。 ブロッキングした内側の部分を、さらに2つに分けてアイロンを当てていきます。 毛先に近づいたら、手首を回転させながら内巻きにしてください。 角度を浅くすればナチュラルな仕上がりに、しっかり角度をつければキュートに仕上がりますよ。 内側、耳の前、外側の順で巻きます。 トップの髪はぺたんとなりやすいので、アイロンを使ってボリュームを出していきましょう。 トップの毛束を少量取ってアイロンで挟んだら、立ちあがるように角度をつけて持ち上げて弧を描くように下ろしていけばOK。 後頭部に丸みが出るだけで、女性らしく、こなれた雰囲気になるはず。 ここでも、スタイリング剤はまとまるタイプではなく、ふわっとエアリーなタッチのものがおすすめです。 べたつくものを選ぶと、内巻きボブが重たい印象になってしまいますよ。 内巻きはコテとストレートアイロンどっちがおすすめ? A. しっかり内巻きにするならコテです! 最近おしゃれな女性たちの間で話題になっているワンカールパーマは、内巻きボブにも活用していくことができます。 毛先だけワンカールさせてパーマを当てることで、スタイリングの時間を短縮することができるのです。 朝起きて、毛先を水に濡らしてからドライヤーで乾かしていくだけでOK。 さらに、スタイリング剤を使えば艶感と毛束感を出すことができますよ。 デジタルパーマを選べば、長い時間ワンカールを楽しむことも可能です。 ただし、毛先のワンカールは取れやすいので、 無理に引っ張ったり抑えたりすると、崩れることもあるので注意しましょう。 内巻き以外にも、外巻きやミックスなど、自分らしいデザインを楽しむこともできます。 ワンカールパーマを長持ちさせるコツは? A. 洗い流さないトリートメントでのケア ここで差がつく!内巻きボブにはドライヤーが大切 次に、他と差をつけるために知っておきたい内巻きボブのドライヤー方法を詳しく見ていきましょう。 毛先にコームを入れながら、もつれを取ってくださいね。 ある程度乾いたら、 生え際をぼかすように反対側の髪を持ってくるように動かすのがポイント。 ボリュームを出すように下から上に向かって風を当てましょう。 ある程度乾いてから、流したい方向に沿って乾かしてください。 一度流れに逆らって乾かしているので、ふんわりとした自然なボリュームが出ていますよ。 前にはねている人は、前から後ろに向かって風を当てながら癖を解消していきましょう。 きれいに流れているのであれば、顔の形に添って乾かせばOK。 指で挟んで引っ張りながら乾かせば、きれいな艶も出てきますよ。 差がつく内巻きボブの乾かし方は? A. 後ろから前に向かって乾かす 内巻きボブを上手につくるためコツ 内巻きボブを上手につくるためコツにはどんなものがあるでしょうか?• カットの時はレイヤーを入れすぎない• スタイリング剤でキープ力を高める• ブロッキングは丁寧に 次に、内巻きボブを上手につくるためコツを詳しく見ていきましょう。 毛先にレイヤーを入れすぎると、内巻きをした時のカールがうまく作れなくなってしまうのです。 スタイリング直後は、そのままでもきれいな形を維持できますが、時間とともにすぐに形は崩れてきてしまいます。 程よくキープ力のあるワックスを、中間から毛先中心に揉みこんで使ってください。 ウェット感のあるものならトレンドスタイルになります。 重たくなるのが嫌なら、オイルタイプのものもおすすめ。 ブロッキングを省いてしまったり、雑に行ってしまうと、思うように毛先のカールを作れなくなります。 上・中・下と3段に分ければ、より丁寧なアレンジを施すことができるはず。 ダッカールは100均でも何本も購入できるので、多めにあって損はありません。 コテやアイロンは少量ずつ挟んで使うことで、きれいなカールを作ることができます。

次の

コテを使わない【ボブの巻き方】コテなしで内巻き、外ハネ、ゆるふわカールに巻く方法♡

ボブ 外 ハネ やり方

髪の毛を上下に分け、さらに下の毛束は耳の後ろと前で分けてください。 落ちてくる髪はダッカールピンを使って止めればOK。 まずは、下の耳後ろの髪から巻いていくので、他の髪が邪魔にならないようにしましょう。 毛束を多く取り過ぎてしまうと、思うように熱が加わらず、カールが付かない原因になりますよ。 毛先まではそのままコテを滑らせるようにして、 最後に手首を軽くひねって内巻きにします。 中間は外から抑えるようにコテを当てれば、ボリュームを抑えることが可能です。 次に耳の前の毛束も同じように内巻きにしてください。 上段の髪は、さらに角度をつけてカールをつければ、おさまりの良い内巻きボブを作ることができるでしょう。 最後に、表面の毛束を少量ずつ取り、毛束を持ち上げながら、毛先を巻いていきます。 これで、全体がふんわりしたエアリー感のあるボブに。 あまりべたべたつけると重たい印象になるので、 軽めのワックスがおすすめ。 キープ力を高めたいならハードスプレーで毛先を固定していきましょう。 ウェット感のあるもので、毛束間を出しながらスタイリングすればトレンド感もアップ。 スタイリング剤は根元ではなく、毛先を中心につけることがポイントです。 Q,内巻きボブをあか抜けて見せるスタイリング方法は? A. 立体感を出すこと! 提供: 内巻きボブのやり方【ストレートアイロンで作る】 次に、ストレートアイロンで作る内巻きボブのやり方を詳しく見ていきましょう。 ストレートアイロンの場合はショートボブの場合でも毛先を内巻きにすることができますよ。 髪の毛を上下に分け、内側の部分、耳の後ろから巻いていきましょう。 ブロッキングした内側の部分を、さらに2つに分けてアイロンを当てていきます。 毛先に近づいたら、手首を回転させながら内巻きにしてください。 角度を浅くすればナチュラルな仕上がりに、しっかり角度をつければキュートに仕上がりますよ。 内側、耳の前、外側の順で巻きます。 トップの髪はぺたんとなりやすいので、アイロンを使ってボリュームを出していきましょう。 トップの毛束を少量取ってアイロンで挟んだら、立ちあがるように角度をつけて持ち上げて弧を描くように下ろしていけばOK。 後頭部に丸みが出るだけで、女性らしく、こなれた雰囲気になるはず。 ここでも、スタイリング剤はまとまるタイプではなく、ふわっとエアリーなタッチのものがおすすめです。 べたつくものを選ぶと、内巻きボブが重たい印象になってしまいますよ。 内巻きはコテとストレートアイロンどっちがおすすめ? A. しっかり内巻きにするならコテです! 最近おしゃれな女性たちの間で話題になっているワンカールパーマは、内巻きボブにも活用していくことができます。 毛先だけワンカールさせてパーマを当てることで、スタイリングの時間を短縮することができるのです。 朝起きて、毛先を水に濡らしてからドライヤーで乾かしていくだけでOK。 さらに、スタイリング剤を使えば艶感と毛束感を出すことができますよ。 デジタルパーマを選べば、長い時間ワンカールを楽しむことも可能です。 ただし、毛先のワンカールは取れやすいので、 無理に引っ張ったり抑えたりすると、崩れることもあるので注意しましょう。 内巻き以外にも、外巻きやミックスなど、自分らしいデザインを楽しむこともできます。 ワンカールパーマを長持ちさせるコツは? A. 洗い流さないトリートメントでのケア ここで差がつく!内巻きボブにはドライヤーが大切 次に、他と差をつけるために知っておきたい内巻きボブのドライヤー方法を詳しく見ていきましょう。 毛先にコームを入れながら、もつれを取ってくださいね。 ある程度乾いたら、 生え際をぼかすように反対側の髪を持ってくるように動かすのがポイント。 ボリュームを出すように下から上に向かって風を当てましょう。 ある程度乾いてから、流したい方向に沿って乾かしてください。 一度流れに逆らって乾かしているので、ふんわりとした自然なボリュームが出ていますよ。 前にはねている人は、前から後ろに向かって風を当てながら癖を解消していきましょう。 きれいに流れているのであれば、顔の形に添って乾かせばOK。 指で挟んで引っ張りながら乾かせば、きれいな艶も出てきますよ。 差がつく内巻きボブの乾かし方は? A. 後ろから前に向かって乾かす 内巻きボブを上手につくるためコツ 内巻きボブを上手につくるためコツにはどんなものがあるでしょうか?• カットの時はレイヤーを入れすぎない• スタイリング剤でキープ力を高める• ブロッキングは丁寧に 次に、内巻きボブを上手につくるためコツを詳しく見ていきましょう。 毛先にレイヤーを入れすぎると、内巻きをした時のカールがうまく作れなくなってしまうのです。 スタイリング直後は、そのままでもきれいな形を維持できますが、時間とともにすぐに形は崩れてきてしまいます。 程よくキープ力のあるワックスを、中間から毛先中心に揉みこんで使ってください。 ウェット感のあるものならトレンドスタイルになります。 重たくなるのが嫌なら、オイルタイプのものもおすすめ。 ブロッキングを省いてしまったり、雑に行ってしまうと、思うように毛先のカールを作れなくなります。 上・中・下と3段に分ければ、より丁寧なアレンジを施すことができるはず。 ダッカールは100均でも何本も購入できるので、多めにあって損はありません。 コテやアイロンは少量ずつ挟んで使うことで、きれいなカールを作ることができます。

次の